アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of climate change and environmental protectionBy   Science in Poland – PAP

気候変動は実際に起きているとの大多数の科学者の結論に反して、気候変動説は虚偽であると主張するトランプ大統領は、自然保護区域でさえ、化石燃料の掘削を拡大する政策を打ち出している。一方、米国 50%以上の州や領土は独自の空気清浄と環境保護を維持する為の政策を推進している。加えて、米国多数の州は2017年6月1日、トランプがパリ協定から離脱宣言を行なった同日から今日までに米国気候同盟を結び、グローバル視野で、気候変動対策に取り組んでいる。しかし、前政権の空気清浄規定は廃棄または縮小された為、統一性がないことの困難性も指摘されている。気候変動と環境保護は2020年総選挙の課題であるが、各州はどのような具体的な行動を取っているのか?

トランプ大統領は、2016年大統領選のキャンペーン中、衰退している石炭労働者を救済すると公約した為、前大統領バラク.オバマが推進したパリ協定から離脱し、天然資源として保護されている場所さえ、化石燃料の掘削を推進する政策を進めたが、実際には、時代の流れには逆らえない現象がある。20日のワシントン.ポストによると、気候変動と環境保護問題でトランプ政権の議題と州の取り組みにはギャップが拡大している。これらの課題は大幅に人類の健康に直結しているため、各州は積極的に対処している。

例えば、① 子供の神経系に問題があることが提起された農薬を最近数カ月間で禁止した州はハワイ、ニューヨーク、カリフォルニアである。② 環境保護庁が行動を起こすのを待つことができないとして、飲料水中に遍在する種類の化合物を制限することを推進している州はミシガンとニュージャージーである。③ コロラド州とニュー.メキシコ州は、化石燃料の掘削による温室効果ガスの排出をターゲットにし、これらの操業が行われる場所を制限する新しい方針を採用した。④ 13州 (ワシントン、オレゴン、カリフォルニア、コロラド、メイン、ニューヨーク、ペンシルベニア、マサチューセッツ、ロードアイランド、コネチカット、ニュージャージー、デラウェア、メリーランド )およびDCは、自動車メーカーに連邦基準で要求される基準より、もっと燃料効率の良い車を生産させるという政策を採用した。少なくとも、⑤ 6州はポリフルオロアルキルおよびペルフルオロアルキル物質(PFAS)として知られる化合物の種類を制限するため、州が独自の計画を進めている。

実験室で製造された化合物は、焦げ付き防止鍋、撥水性の布地、消火用フォームのような消費者製品に長年利用されている。研究者は人間の健康への影響を研究し続けており、PFASの長期的被曝は甲状腺疾患、免疫力の低下、不妊、特定の癌など、さまざまな健康問題に関連している。PFASは環境中で分解されないため「永久化学物質」として知られている。 ニュージャージー州のEPAの最高環境責任者キャサリン.マァケイブは、飲料水中のPFASに関する国内で最も厳しい基準の1つを提案している。彼女は、連邦政府が飲料水中のPFASに対して、単一の国内制限を設定すれば、国にとっても産業にとっても良好であるとし 「私たち全員が異なる数値を考え出すことに、誰かの関心を集めることはできません」と述べた。

トランプ政権は、オバマ大統領下で国際協定に従って制定された「多数の環境規則を縮小し、複数の汚染物質と農薬に関する連邦政府の制限を課すことを拒否」した。現政権は、空気洗浄政策に関しては、州独自に取り組むことを認可しているが、「商取引を妨害する」か、または「消費者や企業にとって不確実性を生み出す」可能性がある政策に反対し、前オバマ政権で定めた連邦統括基準を採用されていない為、問題が提起されている。ボストン大学の環境保健教授であるウェンディ.ハイガーバーネイズは「結局のところ、規制当局は期待が何であるかを知りたいと思います。彼らは2つの異なる標準を持つことを望みません。1つはある州にあり、別の標準は別州にあります」と述べた。地元当局者は、政策の混乱は企業に課される義務だけでなく、さまざまな地域社会の健康を保護するレベルにおいても、格差を生み出す恐れがあると述べている。ミシガン州アナーバーの水処理管理者であるブライアン.ステグリッツは先週、米国下院エネルギー商業委員会の前で「ニュージャージー州又はミネソタ州又はバーモント州は、住民に対するリスク評価が異なり、ある州では公衆衛生の保護に他の州よりも低い評価基準を定めていることを顧客に伝えるのは困難です」と証言した。

トランプ大統領は気候変動のグローバル的な取り組みを目指すパリ協定から2017年6月1日に離脱したが、米国では同日に気候同盟州が結成された。この初日に加盟した州はカリフォルニア(知事所属党:民)、ニューヨーク(民)、ワシントン(民)である。翌日2日に加盟した州はコネチカット(民)、ロードアイランド(民)、マサチューセッツ(共)、バーモント(共)、オレゴン(民)、ハワイ(民)である。5日にはバージニア(民)、ミネソタ(民)、デラウェア(民)、プエル.トリコが加盟した。7月11日にはコロラド(民)、9月20日にはノース.キャロライナ(民)が加入した。2018年1月10日にはメリーランド(共)が、2月21日にはニュージャージー(民)が加盟した。2019年には1月23日から4月29日までにイリノイ(民)、ニューメキシコ(民)、ミシガン(民)、ウィスコンシン(民)メイン(民)、ネバダ(民)、ペンシルベニア(民)が加入している。

これらの同盟州は気候変動問題に早急に取り組む地上での行動を実現することを約束している。それらの政策は、⑴ 温室効果ガスの排出量を2025年までに2005年のレベル以下の少なくとも26〜28%を削減することを目指し、パリ協定の目標を推進する政策を実施する。⑵ パリ協定に取り組むため世界の代表者が集合した時、適切な状況で進歩を追跡し、世界の地域社会に報告する。⑶ 炭素汚染を減らし、州および連邦レベルでクリーン.エネルギーの普及を促進するための新規および既存の政策を加速することである。

最初、数州でスタートした気候同盟州は短期間で急速に拡大しているため、加盟する州は共和党知事の州も含めて、今後も増加する可能性がある。この組織の、共同議長名誉創設者は、2011 年1月からカリフォルニア州の元知事を務め、2019年1月に辞職したジェリー.ブラウンである。4月から、気候変動の課題は重要になり、20人以上の民主党候補者の中で18人の候補者は、パリ協定に戻ると公約している。2009年から米国上院議員で、候補者の一人であるマイケル.ベネット(コロラド:民)は20日、気候変動のリサーチとプロジェクトに1兆ドル導入する政策をアピールした。明らかに気候変動と環境保護は2020年総選挙の課題の一つである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。