アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of treasonBy    North of Boston

トランプ大統領は日本を訪問する前日、ホワイトハウスでのイベントで記者団に彼を調査または批判する政敵は謀叛者であると述べた。複数のメディアは、彼が反逆の意味を理解していないと指摘したが、実際に多大数の米国人は謀叛または反逆罪の意味を良く理解していないと言われている。米国憲法は、反逆罪の定義とその範囲を大幅に限定している。長い歴史の中で反逆罪の有罪判決の実例は非常に少ない。 それらの例は、トランプが考えている謀叛または反逆の意味とは全く異なることを示唆している。

トランプ大統領は23日、ホワイトハウスでのイベントに参加した記者団との交流中に下院議会民主党議長ナンシー.ペロシは「狂っている」と繰り返し述べ、幾人かは反逆罪で有罪になると主張した。具体的に誰が「死によって罰せられる」反逆罪に問われているのかを聞かれたトランプは元FBIデイレクターのジェイムス.コミ、元FBIデイレクター代理のアンドリュー.マッガビー、元FBI捜査官のピーター.ストロークの名前を挙げた。24日トランプは日本に旅たつ前に、南芝で待っていた記者団に、ペロシは彼に対して「恐ろしい」批判をしたと述べ、彼女がトランプは「隠匿している」と公的に語ったことに言及した。政敵は全て、反逆罪を犯していると考えている印象を与えたため、その反撃は即時にあった。

NBC、ワシントン.ポスト、ニューヨーク.マガジンを含む複数のメディアはトランプが反逆の意味を理解していないと指摘し、シカゴ.トリビューンは「彼が意味すると思っていることを意味しないかもしれない」と述べた。リベラル系の情報関係者や憲法学者のローレンス.トライブは、トランプの言動は謀叛またはそれに等しいと述べている。例えば、トランプ大統領は2018年7月16日ヘルシンキで、ロシア大統領ウラジミール.プーチンとの合同記者会見において、米国17の諜報機関より、プーチン側に立った。この行動に米国はショックを受けた為、専門家はトランプが謀叛を犯したかどうかを論議した。結論として、米国が定義している謀叛の意味合いから、謀叛とは言えないと結論付けた。米国の諜報および情報機関は全て、2016年の大統領選はサイバー攻撃も含めてロシアが干渉したと報告している。最近、フロリダの共和党知事はロシアの工作員が同州の幾つかの投票システムをハッキングしたと公表した。トランプは、敵国と見られているロシアに援助されて勝利したと見ている共和党もいる。共和党元米国下院議員のトム. コールマン(ミズーリ州)は複数のインタビューで、特別捜査官ロバート.ミュラーの報告に照らし、ロシアの干渉を歓迎したトランプとマイク.ペンスは非合法的な大統領と副大統領であるとして、両氏を同時に弾劾するべきであると主張した。

米国は憲法によって反逆または謀叛の範囲または定義を限定しているため、1950年以降、謀叛罪に直面した個人は存在しない。建国の父は政敵を破壊するために利用される可能性に対してナイーブであった為、狭い定義を細工した。それは、米国に対して戦争を起こすような場合である。しかし、19世紀の後半、政府のリーダーは政敵を売国奴と見なし、そのような政治的反対者を受け入れていなかった一時期もあった。謀叛とは一体何か?近年の米国人はこの意味や定義を良く理解していないと言われている。コーネル大学法学部の定義によると、「合衆国に忠誠を負う誰かが、合衆国内または外国で米国に対して戦争を起こすか、または敵と密着し、その敵に援助と慰めを与える人は 反逆罪で有罪となり、死刑に処されるか又は5年以上の刑務およびこの罪状下で10,000ドル以上の罰金が科され、米国で如何なる公職に就くことはできないものとする」と説明されている。(続)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。