アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Trump Robot in LondonBy    NBC  Philadelphia

ロンドンでは携帯を手にしたトランプ大統領のロボットさえ登場し、大勢の抗議者が溢れ、米国内では国際的に不人気な大統領に対する弾劾の要求が議会の内外で高まっている。下院議会の民主党議長であるナンシー.ペロシは、待つという忍耐と段階的アプローチを選択し、弾劾に消極的であるため、弾劾を押すグループは彼女に対して圧力をかけ始めている。

トランプ大統領は4日、テレサ.メイとの合同記者会見でイギリスのEU離脱は可能であると語った。また、「今日になっても、何千人もの人が応援していました」と述べ、彼に対する抗議者の数は非常に少なく、彼自身は見ていないので、彼に対する抗議活動の報告の多くはフェイク.ニュースであると主張し、現実に起きていることを却下した。しかし、カメラはロンドンの中心街、特に、トランプ大統領が会合を行っているダウニング.ストリートで、鋼鉄のバリケードと多数の警官による厳重体制が敷かれている状況、および大規模な群衆が反トランプのサインを掲げ、抗議活動を行っている様子を捉え、新たなロボットの登場に注目した。今年、話をするトランプ.ロボットはキャンペーンのメッセージである Make America Great Again(MAGA)表示がある赤の野球帽を着用し、便座に座り、携帯を手にしている。NBCの海外特派員リチャード.エンゲェルの報告によると、抗議者の数は推定50,000 から75,000人である。

一方国内では、5月29日に特別捜査官ロバート.ミュラーが沈黙を破って以来、弾劾プロセスの開始を求める民主党議員は約55人に増加した。議会は先週休暇であったが、共和党議員で唯一弾劾を奨励しているジャスティン.アマッシュの集会では、カメラは、弾劾について語っている彼に多くの参加者が同意している様子を描写した。従って、有権者を含めると、弾劾は超党派的な動きになっている。しかし、下院議長ナンシー.ペロシは弾劾プロセスの開始には慎重であり、トランプを調査することから始めることを主張しているが、弾劾支持派からの彼女に対する圧力は高まっている。ワシントン.ポストによると、4日に24以上のリベラル派の連立グループは、「人種差別主義者で外国人嫌悪的である」トランプを放置していた場合、「危険な不作為をもたらす結果になる」として、トランプに対する弾劾手続きを開始するよう下院議長ペロシに手紙を送った。

その手紙はナンシーに対するフラストレーションを明白に描写している。彼らはペロシに「大胆で道徳的な指導力」を発揮するよう求め、「あなたは自分の力を使う代わりに、あなたがしたくない政治的理由を私たちに言い訳している。先導する代わりに、あなたとあなたの同僚は私たちに待つように依頼した。ミュラー報告を待ち、ミュラー報告に関するミュラーの証言を待ち、更なる調査を待ち、超党派的な合意を待ち、弾劾を待ち、 世論調査の改善を待ち、または2020年の選挙を待つことを依頼した」との不満を表明した。しかし、「まだ好転する可能性があります。貴方は女性の権利を擁護し、他の女性が議会に参加するための道を切り開き、私たちにアフォーダブル.ケア.アクトをもたらした強力なリーダーです。 あなたの強力な指導力は、弾劾だけでなく、全てのアメリカ人にもたらすトランプの大統領職の危険性について、世論を動かすのに役立ちます」と述べている。

トランプを弾劾する支持率は4月の37%から現在41%に増加しているが、明らかに大多数ではないため、大半の国民が支持していない弾劾を無理に行うことは賢明ではない。しかし、弾劾前の聴聞プロセスを開始することで国民を教育し、弾劾の理解を深めることは重要である。1970年代、 ウォータゲート.スキャンダルでリチャード.ニクソンを弾劾するためのプロセスを開始した議会は、国民を教育したため、弾劾の支持率は大幅に増加した歴史がある。1973年に弾劾の聴聞会が始まる前、弾劾を支持していた有権者はわずか1/5未満であった。しかし、彼に対する弾劾の支持が増加したのは 弾劾公聴会を通して主要人物が証言し、ニクソンに対する重大な証拠が提示された為である。従って、世論での弾劾支持率が上がることを待つのではなく、支持をあげる努力は議会による弾劾質問と呼ばれる弾劾プロセスを開始することで世論を変えることは可能である。ニクソンは、結局実際に弾劾される前の1974年8月に辞職した。近代政治史の中で弾劾を通してホワイトハウスから除去された大統領の例はないため、国民が十分に納得または理解しない状態で弾劾することは2020年の選挙に有害であることを既に一部の政治戦略家は指摘している。そのような意味で、ペロシが躊躇している理由は理解できるような気がする。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。