アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Trump Jr. and Hope Hicksホープ.ヒックスと大統領 By   Slate.com

共和党のトランプ政権と民主党多数派の下院議会の紛争は激化している。行政府(トランプ政権)と立法府(議会)の権力が同等である法則を無視したトランプ政権は、議会委員会のほぼ全ての召喚に従っていない 。12日、下院監視&改革委員会は、論争的な国勢調査における市民権の質問に関する書類の提供を拒否した司法長官ウィリアム.バァーと商務省長官ウィルバー.ロスに対する侮辱罪の決議案投票に成功した。同日その投票を行う寸前にトランプは執行特権(executive privilege)と呼ばれる大統領の特権を主張することで、再度この書類の召喚を拒否した。しかし、彼は議会の行動を阻止することには成功していない。侮辱罪決議案と執行特権とは何か?

先日、司法長官バァーは下院司法委員会での聴問会に参加しなかった為、侮辱罪を問われていた。下院議会は11日トランプ政権に対して、全ての下院委員会が召喚令状を執行するため、裁判所に要請することを決定する決議案の投票を行い229対191票の党派ラインで採択された。加えて、司法長官バァーと商務省長官ロスの両氏は、市民権質問に関する下院監視&改革委員会の委員長イラジャ.カミングスによる書類召喚を無視していたため、12日同委員会は、両氏に対する侮辱罪の決議案に投票し、24 対 15票で通過した。11日に下院議会で通過した 「決議案により、民主党はカミングスによって4月2日に発行された書類提供の召喚令状を無視した「バァーとロスに対して民事及び刑事の両方で侮辱罪状を問うことができる」ため、更に紛争は深刻化する可能性がある。

なぜなら、トランプ政権は召喚執行を遅らせる為、次から次に裁判を繰り返すからである。市民権に関する共和党のトランプ政権と民主党多数派の下院議会の紛争は、選挙に多大な関連性があるため、市民権の質問を国勢調査に追加した動機について、虚偽を語ったロスに対して、犯罪の角度から追求することが可能になる。しかし、一部の政治評論家および委員会一部のメンバーはトランプ政権が共和党に有利な極端なジェリーマンダリングを可能にするため、裁判所の命令に対して上訴することで2020年の選挙前後頃まで遅らせる作戦を利用する不誠実な「遅延ゲーム」を続けると予測している。

加えて、トランプは召喚を受けた個人および機関に対して、彼らが議会に協力することを拒否するよう指示している為、議会調査は多大な妨害に直面している。加えて、トランプは12日、監視委員会が司法長官バァーおよび商務省長官ロスに対する侮辱罪の投票を行う直前、執行特権を主張した。その為、同委員会は国勢調査の市民権質問に関する書類の召喚を拒否した両氏に対する侮辱罪の決議案投票を一時的に延期した。しかし、数時間後に投票を行うとの結論に達した。執行特権とは何か?コーネル大学法学部によると、「一定のコミュニケーションを開示することで、行政の機能または意思決定プロセスを妨害する」可能性がある場合、大統領および行政機関は「特定のコミュニケーションを秘密にすることを可能にする 」ための執行特権を行使できるが、その特権は「犯罪捜査に密接に関係する情報には及ばない」と説明している。つまり、議会がトランプ大統領の犯罪の可能性を調査している場合、大統領は執行特権を主張できないことを示唆している。従って、トランプは、下院監視及び改革委員会が行う投票を阻止することはできないことを意味する。同委員会の委員長カミングスは「国勢調査の完全性を保護」するため、および憲法で保証されている議会の権限下での監督義務に従うため「立ち向かう」との意思を表明した。

今年1月から多数派になった下院議会では司法委員会だけでも3月初旬に100を超える機関および個人に対する召喚状を送付した。3月4日のニューヨーク.タイムスによると、同委員会の民主党委員長ジェリ.ナドラーは同日付の手紙を81の機関、個人および大統領と結びつきのある他の団体に送った。それらはトランプ組織、トランプ.キャンペーン、トランプ財団、大統領就任委員会、ホワイトハウス、及び「実質的な証拠を集めている」トランプ政権下の司法省やFBIが含まれている。また、手紙はトラン大統領に最も近い家族のメンバーおよび大統領に助言した人々や顧問ら数十人に送られた。

トランプは彼に近い個人および彼に関連性のある文書の召喚をブロックするため、前代未聞の妨害を展開しているが、トランプに近い個人、特に既に退職した個人に対して、ホワイトハウスの影響力は及ばない場合もある。トランプ大統領の司法妨害に関する質問で召喚された可能性があるトランプの元側近であったホープ.ヒックスは議会での証言に協力すると述べたことが12日に報告された。大統領の長男トランプ.ジュニアは12日、共和党多数派の上院情報委員会での非公開の聴問会で証言した。今日キャピタル.ヒルに姿を見せたジュニアは、語ることは前回と同じであると述べたが、その後、議会は新たな情報を得ているため、質問の内容または角度が異なった可能性もある。トランプが召喚を含む議会調査に激しく抵抗していても、現実的には複数の議会委員会による調査は引き続き行われている。ロシアが前代未聞の規模で米国の大統領選に干渉した為、潜在的に繰り返される将来の危機を防ぐため、下院および上院による情報委員会、司法委員会、監査委員会、その他の委員会で、公聴会または非公式の聴問会が常に開催されている。現在見られて状況は、ウォーターゲート.スキャンダルの規模を遥かに超えた歴史のページに記録される日が来ることは明白である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。