アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of of Trump and Supreme CourtBy    The Atlantic 

議会はトランプ大統領を調査しているため、彼の財務情報に関する召喚状を発行しているが、トランプはこれを阻止するため告訴したことは既に報告されている。トランプ政権は下級裁判所の判定に異議があった場合、最高裁に上訴するパターンがある。19日、ロイターの二人の記者は、保守派法学者の意見に基づき、最高裁の保守判事はトランプに忠実である必要性を感じていないため、最高裁を過信しているトランプは試されると予告した。前代未聞の裁判ケースに直面しているトランプ大統領に関連性がある記者の取材記事の要点は何か?

トランプ大統領は、最初の1期目の前半部で非常に保守派として知られるニール.ゴーサッチ、および性的暴行の非難に直面し、議会聴聞会で証言したブレット.カヴァナフの2名を米国最高裁に送り出した為、最高裁は5対 4の保守派判事で固まっている。トランプは就任最初の年に幾つかのイスラム教徒国からの入国を禁止する論争的な大統領令を発行し、その後改正された大統領令は複数の下級裁判所に一時差し止めを受けた為、最高裁に上訴した。結局、最高裁はこの大統領令を保持する判定を下した為、トランプは最高裁に「好意」を抱いているが、財務問題から2016年の選挙キャンペーンに至るまで「個人的に彼を標的にした一連の法的紛争で試される」可能性があるとロイターの二人の記者は述べている。

イスラム教国からの旅行禁止に加えて、性転換の人々を軍入隊から禁止する規定、2020年の国勢調査で市民権の質問を追加した商務長官ウィルバー.ロスが追放されることを阻止するための措置など、最高裁はトランプに軍杯を上げた。しかし、法廷の専門家は、幾つかの主要な法的問題の焦点は、政策から「トランプ自身に移行している」ため、特に「最高裁が議会の調査能力を厳格に擁護する」場合、それは大統領にとって失望的な結果になると述べている。バージニア州ジョージ.メイソン大学で企業法および証券法の専門家である保守派の法学者J.Wヴェレは、政府に行政、立法、および司法部門の特定の役目を割り当てた米国憲法が詳細に示している通り「保守派裁判官はトランプに対する忠誠心を感じることはないが、むしろ強力な権力の分離を支持するだろう。つまり、税金および金融詐欺の最近の召喚状に関する問い合わせにおいて、適切な立法上の目的を見出している下級裁判所の判決を最高裁は支持することを意味する」と述べた。

トランプ政権は、トランプの個人的財政情報まで召喚している議会が彼らの権力を超えているという理由に基づき、議会の召喚に対して、ストーンウォール(強固に反対)の構えを見せている。しかし、連邦判事らは「これらの主張を却下し、最高裁は、連邦議会には政府の仕事における不正行為または不適切な行動を調査する権限があるとの最高裁の先例を引用した。ロイターによると、連邦控訴裁判所が連邦議会の権力を擁護する裁判官の判決を支持する場合、最高裁は「9対0 で支持する」か、又は控訴審理を拒否することで、下級裁判所の判決をそのまま保持する」ため、それは「議会による中核的な監督力に関する先例になる」とヴェレは述べている。アラバマ州のサンフォード大学で憲法を教えているウィリアム.ロスは「大統領の職務を妨げない限り、恥や政治的問題を引き起こす可能性のある文書を議会から要求されても、従うことを拒否する法的根拠は提供されない」と述べた。ワシントンとニューヨークの裁判官は、それぞれ召喚令状を執行することができるとして、議会側に立つ判決を下している。この判決に対し、トランプは両方の訴訟で上訴しており、彼が下級裁判所で敗北し続ける場合、最高裁に上訴することは可能である。

召喚令状は、現政権および前政権の当局者からの証言、トランプの会計事務所に関連のある納税申告書、ドイツ銀行を含む銀行取引の記録、家族経営上の利益、最近司法省を辞職した特別顧問弁護士のロバート.ミュラーによるロシアの2016年大統選の干渉に関する報告、およびトランプの司法妨害の行動に関するものである。トランプ政権の法廷での争いも前代未聞の頻度であるが、議会調査委員会の民主党関係者が提起した件を含む他の訴訟は憲法の利益相反条項に関連している。ワシントン州のトランプ国際ホテルを含む彼の事業を通して、外国政府から引き続き支払いを受けることで、エモュウメンツスと呼ばれる腐敗防止規定に違反したとしてトランプは非難されている。最高裁は、この憲法のエモュウメンツス条項に関連する下級裁判所での紛争判例にも対処する可能性がある。フロリダのステットソン大学法学部の教授シアラ.トレス.スペリィシは「裁判所は200年以上、これに対処したことがないため」最高裁はトランプのワシントン.ホテルと他の事業上の利益に関連する潜在的な利益相反に関して、最終的な判決を下すかもしれないと述べた。

要するに、下級裁判所で敗北した幾つかの判例は既にトランプの弁護士らによって、上訴されているため、潜在的に最高裁に上訴される可能性がある。法律専門家が指摘している通り、大統領が利益相反で告訴されているケースは過去のどの政権にも前例がないため、最高裁は聴聞する可能性があると法学者は見ている。一方、法専門家は、三権分立の原理を強調し、召喚をブロックしているトランプに対して、憲法は政権の汚職と犯罪行為を調査する権威を議会に与えているとの最高裁の立場を明白にした。現在トランプ政権下で見られる法的混沌は前代未聞のレベルである。近い将来 、最高裁が予定している判例は国勢調査で市民権の質問に関する紛争、党派的なジェリーマンダリングの問題、中絶に関する訴訟、トランプ大統領が撤廃を求めているバラク.オバマ前大統領のDACA(ダカ)プログラムを含めて多数ある。党派的なこれらの課題に、保守派多数派で構成されている最高裁がどこまで中立的で超党派的な立場から判定するかどうかは、特に選挙年の今後の注目点である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。