アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Trump, Melania, and Epsteinジェフリー.エプスタイン(右から二人目)By   BBC News

トランプ大統領の長年の友人であると言われている超富豪者ジェフリー.エプスタインは多数の少女の性的人身売買で逮捕された。彼は自家用ジェット機で海外を飛び回る贅沢なライフスタイル、著名人との交流があることで知られ、性犯罪者として今週告訴された。2008年、エプスタインは二つの売春事件で、当時フロリダ州南部地区の米国検察官であったアレクサンダー.アコスタとの交渉で、ほとんど服役のない寛大な刑務を与えられた。現在トランプ政権の労働省の長官であるアコスタに対する辞職の要求が高まっているため、トランプも著しいプレッシャーに直面していると言われている。先週からメディアが執拗に集中しているエプスタインの犯罪は、米国社会の最も道徳的堕落の一例である。

ニューヨーク.タイムスによると、ジェフリー.エプスタイン(66歳)はヨーロッパ、カリフォルニア、およびカリブ海に私有地を所有し、マンハッタンとフロリダ州のパーム.ビーチに大邸宅を保持している富豪者である。彼は大統領や王子のような署名人とも交流があるが、記者とは語ったことはなく、どのような顧客リストさえも不思議なほど非公開にすることを可能にした謎の人物である。エプスタインは8日、性的人身売買と陰謀の容疑で逮捕され、告訴された。彼は 14才の少女をマンハッタンとフロリダ州パームビーチの自宅に連れて行った容疑で起訴され、他の女児を勧誘するために彼らのうちの何人かに支払いをしたと非難されている。性犯罪のための資金調達家であるエプスタインは無罪を主張している。

10日のUSA Todayによると、性犯罪者エプスタインのマンハッタン.イースト.サイドにある大邸宅を捜索した連邦捜査官は、安全に封じ込められた何百もの少女たちの完全または一部ヌードの写真を含む、他多数の下品な写真を発見した。これらは、名前も含めて手書による細心のラベルがついたCDに収録されたものである。ニューヨーク南部地区の検察官によるメモには、7月6日にパリからプライベート.ジェットで帰国した際に、性的人身売買の容疑で逮捕されたエプスタインは、裁判が保留されている間、解放されるべきではないことを連邦判事に説得するための説明が記載されている。捜査官は彼らが発見した全ての写真や資料を見直しているが、彼女の弁護士によると、少女のうちの1人は「関連写真が撮られた時に未成年者であった」とメモは記述している。裁判所の文書には、エプスタインが刑務所に留まるよう要求する際に、彼がフロリダで2008年の有罪判決の後に登録された性犯罪者であり、彼は「改革されず、彼は懲罰されず、彼は悔い改めておらず、むしろ、彼は引き続き地域社会にとって危険であり、深刻な起訴を支持する壊滅的な証拠に直面した個人である」と記載されている。家宅捜索されたマンハッタンの大邸宅は5,500万ドルを超えると評価されている。2階には、有刺鉄線、警察官や警備員と共にエプスタインが真ん中に並んでいる写実的な刑務所シーンの壁画が飾られていた。彼は、彼の家を訪問した広報スペシャリストに「それは私です。私がこれを描いたのは、いつでも私になる可能性があるからです」と言ったという。この大抵宅には、負傷した兵士のために作られた人工眼球のコレクション、シャンデリアからぶら下がっている等身大の女性の人形など奇妙な物が見られた。

エプスタインは2008年に2件の売春でニューヨークの連邦大陪審によって告訴された。当時マイアミのトップ連邦検察官であったアコスタは、法廷で最終決定されるまで、彼の告発者から秘密にされた同様の性犯罪ケースの申し立てに同意した。アコスタはエプスタインとの交渉によって、刑務所での服役を免除したため、エプスタインは自由の身になった。連邦法はその同意を被害者に報告する必要があるが、アコスタはその義務を怠ったと批判された。アコスタが辞職しない場合、大統領が解雇するべきであるとの圧力が高まっている中で、大統領補佐官代理を務めるミック.ムルヴァニーは、政権が著しくダメージを受けるため、彼を解雇するよう大統領に説得したと9日に報告された。トランプ大統領は8日、ホワイトハウスでの記者会見で、アコスタは素晴らしい仕事をしていると擁護した。

辞職を迫る声が高まっている10日、アコスタは質問を受けるため、午後から記者会見を行った。彼はトランプ大統領が記者団に語るようアドバイスしたとして、大統領のリーダーシップを賛美した。また、特に子供に関連する事件は「 複雑である」とし、「事実は重要であり、事実は見落とされています」と述べた。彼は彼の事務所はその時に違反は犯していないとし、エプスタインと非起訴の取引をしたことを擁護し、州検察官らがエプスタインに低い罪罰を課すと決定した時に彼の事務所はこの事件に関与したと述べた。つまり、彼が事件を引き継いだ時には、エプスタインは服役の必要があったにも関わらず、自由な身であったと語った。また、アコスタは2008年にエプスタインの事件を交渉した時を振り返ると、現在は非常に違っているので、被害者に対する扱いも非常に異なっているとし、当時エプスタインとの交渉を適切に行ったと語った。 アコスタの記者会見は、彼自身が辞職する意思はなく、トランプも彼を保護していることを示唆した。アコスタが批判されている要点は、彼がエプスタインを服役から解放したという点である。

1990年代、ドナルド.トランプとジェフリー.エプスタインはフロリダにあるトランプが所有するクラブのマー.ア.ラゴで開催される多様なイベントで、大勢の女性らに囲まれた機会が多くあり、長年の友人であると言われている。その友人関係の完全な性質については明らかではないが、富と若い女性を好み、隣接する不動産を長年所有しているなどの共通点があり、2人の男性は何十年間も日常的な付き合いのある関係であると伝えられている。トランプは2002年にエプスタインを 「素晴らしい男」と呼んだが、エプスタインが逮捕された後に「彼のファンではありません」と述べたことが報告された。エプスタインは結婚の経験はなく、大学を中退しているが、1970年代の前半に私立高校で微積分学と物理学を教えたことがあるという。彼は45年間の刑務に直面すると予測されているが、無実を主張した為、法廷でそれを証明しなくてはならない。10年以上前、売春事件で告訴されたエプスタインは、トランプ大統領の友人であり、連邦大陪審に告訴されたエプスタインの服役を免除したと言われているアコスタは現在トランプ政権下の忠実な高官の一人である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。