アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for senate intelligence committee vs mitch mcconnellBy    Washington Examiner

元特別捜査官ロバート.ミュラーは24日の公聴会で2020年もロシアは米国の選挙を攻撃するため、十分な警戒が必要であると警告した。25日上院情報委員会は2016年にロシアは50州をターゲットにしたことを報告した。昨日ミュラーの証言後、上院議会では、民主党が先月下院議会で通過した選挙安全性の為の法案の投票を推進しているが、外国の政敵が米国の選挙システムを再びハッキングするとの懸念が拡大している中で、多数派リーダーのミッチ.マコーネルは投票をブロックしていると報告されている。

ロバート.ミュラーは、我々が座っている今もロシアは我々の選挙に干渉しようとしていると警告した。上院情報委員会は25日、「50州の全てが2016年に標的にされた」と結論を下し、2018年の選挙前に「最高の選挙の脆弱性は残った」と報告した。上院情報委員会は、「ロシア政府が2016年の選挙に先立って、米国の選挙制度に対して広範な活動を指示したことを確認した調査の完全な結果」を発表した。情報委員会の査定では、ロシアは2年後の中間選挙に先立って、ほとんど変化はなく「2018年には選挙インフラを標的とした悪意のある活動が増えていることを認識している」と発表した。この報告書は、各州政府に対し「時代遅れで脆弱な投票システムを安全なシステムと入れ替えるための緊急措置を講じる」ことを奨励しており、その為、州は資金を必要としている。

選挙の安全性が脅かされている状況下で、6月27日に下院議会が通過した選挙安全法案を上院議会の共和党リーダーであるミッチ.マコーネルによって、上院での投票はブロックされている。24日、ミュラーは2020年もロシアが干渉すると警告したにも関わらず、ブロックされている状態は続いているため、夕方上院議会のフロアーで、上院情報委員会の副委員長であるマーク.ワーナーは投票の必要性を訴えていた。マコーネルが米国の選挙を外国の政敵に妨害されない為の安全措置を含む法案の投票を阻止している理由について、ワシントン.ポストのポール.ウォルドマンは、選挙を安全にするという事は「もっと民主党が選出される 」からであると述べた。

25日、民主党議員らはロシアの干渉から壊滅的な被害を防ぐ為、選挙治安措置に関する二つの法案を通過することを推進しているが、マコーネルは、民主党議員達は自分たちに「政治的利益」を与えようとしていると主張し、その投票を阻止した。上院議会少数派のリーダーであるチャック.シューマー(N.Y)は下院議会で、225対184票で通過した選挙支援委員会への資金提供を含む下院法案を可決するための同意を得えようとしたが、マコーネルは「党派的な法案」であるとして拒否した。しかし、下院では幾人かの共和党も賛成票を投じた。マコーネルは「明らかにこの要求は法律を作るための深刻な努力ではありません。明らかに党派的なものであり、それが下院で共和党単独投票を受けたとしても、全会一致の同意で上院を通過することはありません」と述べた。

ウォルドマンは「マコーネルは正しい」との皮肉を述べ、「私たちの選挙を安全にするための法律は党派的です。そして、それが党派的であるという事実は、共和党が権力を保持することを決心している中で、どれほど病理的になっているかを示しています」述べた。この二つの選挙安全法案は ⑴ インターネットに直接接続しない投票者確認可能な紙の投票用紙と投票機を必要としている。⑵ これにより、再集計が正確に行われ、ハッキングの脆弱性が低下する。⑶ それは地元での投票システムを安全にするため州に資金を提供する。⑷ 選挙支援委員会に、投票者の混乱と誤りを最小限に抑えるため、最適な投票デザインを決定するための調査を行うよう指示している。その結果、① 投票システムを外国のハッキングから保護する、② すべての有権者の投票を可能にする、③ アメリカ人ができるだけ簡単に投票できるようにする、④ すべての投票が平等にカウントされるようにする、などの利点がある。しかし、ウォルドマンによると、これは明らかに共和党より民主党に有利である。

しかし、ウォルドマンによると、マコーネルが反対する本当の理由は、現在のシステムが共和党に多大な利益を与えているからである。また、「共和党議員は私たちの現在の選挙機能不全の状況を非常にはっきりと見ていて、それは彼らにとってはかなりうまく機能していると結論を下しました。2016年の大統領選で、共和党はトランプ大統領を得たことで、素晴らしい成果を生み出すシステムを台無し」にすることはしないとウォルドマンは述べた。また、「私たちの選挙制度を悩ませているのは、共和党の利益のために働いているからです。その一部は、共和党の有権者は高齢者で裕福である傾向があり、一部は民主党寄りの有権者が投票しようとする過程で障害を生むために注いだ全ての共和党の努力(少数派の投票を制限する有権者ID法などを含む)を無駄にしたくないためであり、共和党の票をもっと価値あるものにするジェリーマンダリングやエレクトラル.カレッジは言うまでもありません」と説明した。彼は、現在の政治システムは既に党派的であると指摘している。また6月12日、トランプは外国政府が選挙を援助しようと申し出た場合、受け入れると述べたことや、有色人種で若い世代の有権者は民主党傾向であり、全てのアメリカ人有権者が投票した場合、民主党が勝利する米国の人口動態の変化を共和党リーダーは認識しているからであると指摘した。

25日、共和党多数派が支配する上院情報委員会は、ロシアが米国の選挙システムを50州で攻撃したとの脅威的な調査結果を報告した後、一部の批評家は、外国の政敵が米国を再度標的にすると警告されている時、民主党に利益を与えるための党派的な法案であると言っている場合ではないと批判している。現時点でミュラーの警告を無視していることも含めて、最近連続的に伝えられているマコーネルは、実際にはトランプ大統領より、もっと党派的で危険なリーダーであると指摘されている。ジェリーマンダリングに関しては、既に最高裁は共和党に有利な判定を下している為、彼が病的なほど党派的になっていないのであれば、投票により、彼の共和党議員の意見を反映させる正当なシステムを維持するべきである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。