アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Related imageBy   qz.com

米国のドルは1944年に世界の通貨になり、世界中での貿易を通して最も受理され、現在日々外国為替取引の90%がドルである。近年もっとも人気のある通貨は米国のドル、ユーロ、日本円である。なぜ75年間もドルが世界の通貨の中で最も影響力があるのか? ドルは今後も強い状況が続くのか? これらは非常に興味深い疑問である。

ニューハンプシャー州のブレトン.ウッズと呼ぶ街で、1944年7月に44カ国からの代表者が新たな国際通貨制度を構築した歴史がある。その通貨交換制度は会合が行われた場所にちなんでブレトン.ウッズ体制と名付けられた。その44ヶ国は自国通貨を米ドルに結び付けることによって、為替レートを固定することに同意した。米国の議員は米ドルを金にリンクさせることによって通貨が信頼できると約束した。ブレトン.ウッズに集まった世界の代表者は為替レートを監視する国際通貨基金(IMF)及び、世界大戦後の復興と発展途上国に資金提供を援助する世界銀行グループの二つの新たな機関を設立することに同意した。しかし、ブレトン.ウッズ体制は1971年に終焉を迎えた。当時、大統領であったリチャード.ニクソンは、米ドルから金の転換を終わらせ、ブレトン.ウッズ体制を終えることでドルを並の通貨にした。これはニクソン.ショックと呼ばれているが、結果的に米ドルは多くの国が使用する「準備通貨」という状況を引き起こした。

経済分析専門家のキンバリー.アマデオによると、ドル、ユーロ、円のようなグローバル通貨は「準備通貨」とも呼ばれており、その中でも「米ドルが最も人気」がある。アマデオはドルが強い理由について、現金は世界通貨としてのドルの役割のほんの一例であるが、世界の国内総生産(GDP)の3分の1以上は、通貨をドルに固定している国から来ている。また、外国為替市場ではドルが支配しており、外国為替取引の大部分は米ドルに関与している。2018年に最も取引されている10通貨のうち、ドルは90%を占め、次にユーロは31%、日本円は21%である。また、世界の債務の約40%はドルで発行されている。その結果、外資系銀行は業務を遂行するために多くのドルを必要とする。2008年の金融危機の時、米国以外の銀行は、外貨建の国際債務を27兆ドル保持し、そのうちの18兆ドルは米ドルであった。その結果、米国連邦準備制度理事会は世界の銀行がドルを使い果たすのを防ぐため、ドル.スワップ.ラインを増やす必要があった。スワップ.ラインは、中央銀行間の一時的な相互通貨交換のことであり、彼らが行っている為替レートで、他の中央銀行との取引に利用可能な自国の通貨の供給を維持することに同意することである。

世界の通貨の中でドルが「最も人気のある」状況が今後も長く続くだろうか? 米国の選挙は2020年もターゲットにされ、執拗に米国の経済を崩壊したいと願っているロシアのような敵国が存在する中で、通貨の価値に影響を与えるグローバル経済は複雑である。アマデオによると、2008年に米国が経済恐慌に直面した後の2009年3月、中国とロシアは「新しい世界通貨」の変化を求めた。両国は世界が個々の国から切り離され、長期的に安定した状態を維持できる別の準備通貨を作ることを望んでいた。中国はドルのインフレが発生すればドルで何兆ドルも保有する価値がないと懸念していた。米国の赤字支出の増加と米国の債務を補うため米国財務省が紙幣を印刷する結果として、それは起こる可能性がある。中国はドルに代わる通貨を開発するようIMFに要請した。

ドルが弱体化する危機が懸念されるその一因である最近の例は、トランプ大統領の中国に対する「貿易戦争」である。知的所有権などの盗みによる報復として、中国を処罰する意味で始めたトランプの対中国関税について、彼は約2週間前、関税は中国経済を罰しながら、米国では何億ドルというお金を生み出しているので、米国は経済的に中国に勝利していると述べた。しかし、中国は米国から農産物を購入することを停止し、ラテン.アメリカを含む安い国からの輸入に変えている為、実際に傷ついているのは米国の農家と、中国からの輸入品の値段が増加している現状に直面している消費者である。米国が中国製品からの関税で生む歳入は、米国の農家を救済するコストに追いついていないのが現状であると報告されている。経済学者は大幅に貿易戦争で、他の国が米国ドルに対する依存から徐々に離れるため、消費と投資パターンがグローバル化から別の方向に向かう危険性があるため、ドルの支配力は減少すると懸念している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。