アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Trump's tweet of using word "invasion"By   Twitter

テキサス州エル.パソでの銃乱射事件での死者は今日増加したことが報告されている中で、犯人が投稿したと見られているヒスパニックの侵略に言及する反移民マニフェストはトランプが使用した言葉から来ていることを明確に示唆する類似点が注目されている。大学の専門家は、トランプが使用した言葉に焦点を当て、その責任について分析した。ポッドキャストの共同ホストは詳細にトランプのレトリックを紹介し、エル.パソでの銃乱射事件の犯人が投稿した反移民マニフェストはトランプのメッセージを驚異的にエコーしていると指摘している。オバマ前大統領は連続襲撃事件に関する長いメッセージをツイートした。これらの状況は何を意味しているのか?

4日、ニューヨーク.タイムス(NYT)は「エル.パソ射撃容疑者のマニフェストはトランプの言葉を反映している」とのタイトルの記事を公開した。21歳の白人男性パトリック.クルシウスは、襲撃前に「この攻撃はテキサスを侵略しているヒスパニックへの対応です」とのメッセージを送っていた。「トランプが最初に銃撃者を刺激していなかった場合でも、彼は主流の二極化した考えと過去にアメリカ社会の周辺に委託された人々を持ち込んだ。他の指導者たちは国境警備と不法移民のコストについて懸念を表明しているが、トランプは両党の過去の大統領が避けた邪神教と陰謀説論者の強硬派をホワイトハウスに歓迎しながら、時々虚偽の恐怖に満ちた言葉やスピーチをツイートで広めた。このため、トランプは国が悲劇の時に他の大統領が予想したように、統一的で癒しの力を提供する能力を備えていない」と書いている。

専門家は、最近の政治風潮をどう見ているだろうか? NYTによると、憎悪スピーチを研究したルイジアナ州立大学の助教授であるネイサン.カルモエは「これらの攻撃を実行する人々はすでに暴力的で憎悪的な人々です。しかし、トップの政治指導者と党派的メディアが白人至上主義者のアイデアを支持し、暴力的な言葉で遊ぶ時、過激主義を奨励します。地球上で最も強力な人物(米国大統領)が彼らの憎しみに満ちた意見を反映させることは、過激主義者に免責感さえ与えるかもしれません」と述べた。ニューイングランド大学の哲学教授であり、人々の非人間化に関する本の著者であるデイヴィッド.リビングストン.スミスは、過去の日常社会では容認できないと見られていたアメリカ人をトランプが勇気づけたとし、「これは常にアメリカの生活の一部です。しかし、トランプは人々に彼らが考えていることを言う許可を与えました。 そして、それはクラック.コケインです。それは強力です。誰かがあなたを本物にすることを許すとき、それは非常に強力なことです。人々は影から出てきました」と述べた。

同様に、日頃のトランプの発言に警戒しているメディア関係者もいる。5日のNBCニュースに寄稿した LatinoRebels.comの創設者で、In The Thickポドキャストの共同ホストであるフリオ.リカルド.バレラは、犯人の「反メキシコの言葉は空虚に存在するわけではない。実際、過去4年間に繰り返し聞いた言葉を反映している」と指摘した。また「トランプ大統領自身の憎悪の『マニフェスト』は、移民の生活、特にほとんどがメキシコ系および中米系の人々を非人間化し続けている現実が現在の危険を生み出している。それは全てアメリカの白人を守るという妄想的な名目である。これは直接的な因果関係の問題ではない。トランプは月曜日、暴力と白人至上主義を非難するために慎重でした」と述べ、5日トランプが偏見、憎悪、白人至上主義を否定するよう促したホワイトハウスからのスピーチに言及した。バレラは「大統領と彼の支持者のレトリックが、移民、特にヒスパニック系移民に対する致命的な社会的恐怖の原因となっていることは明らかです」と書いている。

また、バレラは2018年6月24日にツイートしたトランプのメッセージを紹介した。トランプは、「これらすべての人々が私たちの国に侵入することを許可することはできません。誰かが入って来たら、裁判官も裁判も不要とし、すぐに彼らを来た場所から戻さなければなりません」と書いた。次に、ホワイトハウスに投稿された2019年5月30日の国境の危機に関する緊急声明では「誰もが知っているように、合衆国はメキシコを通り抜けて不法に入国した数十万人の人々によって侵略されてきました。不法外国人のこの持続的な流入は、私たちの国民生活のあらゆる側面に深刻な結果をもたらしています。学校を圧倒し、病院を過密にし、福祉システムを使い果たし、膨大な犯罪を引き起こしています。今すぐ終える必要があります」と述べたトランプのメッセージに言及した。このメッセージの一部は、パトリック.クルシウスが投稿したメッセージに非常に類似している。3月1日のツイートでも、トランプはキャラバンについて言及し「侵略」という言葉を2回使用している。

バレラによると、トランプは反移民マニフェストを推進しており「トランプのマニフェストはフェイスブック(FB)でも宣伝されている。FBの広告アーカイブの記録ではトランプは2018年5月以来、約2,200のFBの広告を『侵略』という言葉で言及しており、それらはすべて移民に関するもの」であることを示唆している(上記写真)。バレラは 「21歳のエル.パソのテロリスト」は、トランプの中心テーマである「侵略」を恐れており、「アメリカ社会を侵食していると見た者の責任を共有した」と述べていることに言及し、人々はトランプ大統領のアイデアを「真剣に受け止めている」と警告した。また「ラテン系アメリカ人に対するトランプの絶え間ない非人間化は、無意味な暴力で国内最大の国境都市の1つを引き裂く」結果になったと指摘した。

オバマ前大統領は5日、週末の連続襲撃事件を受けて、エル.パソとデイトンでの被害者とその家族に対する悲しみを伝え、恐怖の風潮を育む言葉を拒否するよう促す長文ツイートを公開した。オマバは、事件の詳細は今後判明するが「我々が既に真実であると知っている」幾つかの事があるとし「エル.パソの射撃は危険な傾向をたどります。人種差別的なイデオロギーを受け入れ、白人至上主義を維持するため、彼ら自身が暴力的な行為に義務があると見ている個人が問題を抱えている」と指摘し、「恐怖と憎悪の風潮または人種差別主義者の感情を正常化する我々のリーダーの口から出てくる言葉を健全に拒否すべきです」と書いている。

エル.パソ銃撃事件での死者は最初の報告の20人から22人に増加したことが報告された5日、トランプの過去4年間の憎悪と反移民感情のレトリックが注目されている。5月8日フロリダ州パナマ市のキャンペーンで、トランプ大統領はヒスパニックの「侵略」が起きているとして「侵略」という言葉を少なくとも5回、繰り返し使った。キャンペーン中、メキシコからの移民は「薬を持ち込み、彼らは犯罪をもたらし、彼らは強姦犯です」と頻繁に述べていた2015年のトランプのほぼ最初のキャンペーンのビデオも紹介された。これらのビデオは全て、トランプ自身がキャンペーン当時から反移民のマニフェスト.メッセージを送っていたことを回想させるものである。明らかに、パトリック.クルシウスはエル.パソでの襲撃前に、オンラインに「ヒスパニック侵略」に言及する反移民マニフェストの文書を投稿したと見られている。クルシウスはトランプの支持者であった可能性があり、その文書はトランプのレトリックを反映しているとして、多数の集会でトランプが移民を攻撃している複数のビデオが紹介されている状況である。反移民のための大量殺戮は政治的理由に基づいているため、国内テリリズムとして対処されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。