アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Prince Andrew and Virginia Robert2001年 ヨーク公爵アンドリュー王子:    By    NBC News

富豪者の性的人身売買の高度性犯罪者であったジェフリー.エプスタインの自殺には多数の謎が残されている。10日自殺による遺体が発見された彼に対する調査の要求は高まっている。米国下院議会の司法委員会は徹底した調査を求め、米国司法省もその必要性を公的に表明している。地中海の一つの島も所有するほどの金持ちであったエプスタインに対するする主な調査は、マンハッタンのメトロポリタン矯正センター(MCC)の拘置所での自殺監視の不規則性を含む他の事情や彼の財務関連である。エプスタインは著名な富裕者とコネクションがあったことは既に知られているが、過去にスキャンダルで注目されたアンドリュー王子が再浮上している。

個人的な財務情報はコンピューターから発見される可能性が高い為、地中海にあるエプスタインの邸宅の家宅捜査から、複数のコンピューターが押収される様子が 13日に報道された。しかし、遺書は発見されていないようである。捜査当局は、海外に設立された複数の会社も含めて、彼の法的財務関連の書類を集めているようである。彼の富はどこから来ているのか? エプスタインは性的人身売買の活動を長年続けていたわけであるが、そのお金は何のためにどこから来ていたのか?誰が彼に送金し、誰が彼から受理していたのか? エプスタインの財源はほとんど謎であるため、彼が死亡した後に特にこれらの疑問が提起されている。ある一定の期間に彼はJPモーガン.チェイスやドイツ銀行と長年取引があったようだ。

エプスタインは2008年に2人の売春罪で刑務が登録された性犯罪者であった為、それ以前に彼と交流があった人々は疎遠になったとの報告もある。エプスタインはトランプ大統領、ビル.クリントン、イギリスのアンドリュー王子と繋がりがあったことは既に知られている。彼の自殺後に新たな精査下でアンドリュー王子に対する疑惑が再浮上している。13日のワシントン.ポストによると、中年のヨーク公爵アンドリュー王子がお腹を一部さらけ出した服を着たバージニア.ロバーツの腰の周りに腕を回し、笑っている写真が公開されている。背景に立っている女性は、エプスタインのガール.フレンドであり、英国の社交界で知られるギスレイン.マクスウェルである。その写真は2001年にマックスウェルのロンドンの家で撮影されたと伝えられており、その当時ロバーツは17歳であった。

彼女は後にエプスタインから王子との性的な関係に対して支払われたと主張している。2011年に初めてこの画像が浮上した時、王室のスキャンダラスな速報を引き起こした。ポストが紹介した写真は2015年に再びニュースになり、アンドリューの名前は性的不正行為の深刻な申し立てを概説した米国の裁判文書に記載されていた。チャールズ皇太子の兄弟であり、イギリスの王位に並んでいるアンドリューはロバーツとの性的関係を否定している。連邦判事は、裁判所の記録から申し立てを取り消し、それらは「証拠はなく差し出がましい」と述べた。しかし、フロリダとニューヨークで未成年者の性的人身売買の連邦容疑で7月6日にエプスタインが逮捕された後、アンドリュー王子の古いスキャンダルは再度注目されている。10日のガーディアンによると、アンドリューはエプスタインの長年の友人である。彼らの関係は1990年代初期に遡っている。両氏はサントロペとタイで一緒にパーティーを開いたと伝えられた。バッキンガム宮殿はヨーク公の不適切な行為について、すべての申し立てを完全に否定している。

アンドリュー王子に加えて、ビル.クリントンおよびドナルド.トランプもエプスタインと社交的または慈善活動で付き合いがあった著名人のトップ.クラスである。クリントンは、雑誌のインタビューでエプスタインの知性と慈善活動について称賛している。飛行記録は、クリントンがエプスタインの民間飛行機で旅行したことがあることを明らかにしている。クリントンはエプスタインとは密接な関係はないが、彼らの接触は発展途上国での援助に繋がっていると述べているという。トランプはエプスタインを「素晴らしい男」であり、「一緒にいるのはとても楽しい」と語ったことがあるという。エプスタインは、1997年と2000年にフロリダ州パーム.ビーチにあるトランプが所有するマー.ア.ラゴ.クラブを2回訪問し、その両方の機会に彼らは一緒に写真撮影した。2009年に漏れたエプスタインの個人アドレス帳には、トランプと彼のスタッフのメンバー14人の電話番号が含まれていたと報告されている。

クリントンおよびトランプ両氏が過去にエプスタインとどのような交流があったのか、金銭的な絡みがあったかどうかについて、信憑性のある詳細な情報はまだ発見されていない。一方、司法省はエプスタインが自殺したマンハッタンのMCCの拘置所で、エプスタインのユニットを監視していた2人の職員は行政的な業務のため、職務から外され、30分毎に監視するべき業務は数時間ブランクになっていたと12日に報告した。米国司法省の長官ウィリアム.バァーは、施設で不特定の「不規則性」があったことに触れた。バァーは記者会見で、性犯罪の犠牲者は「正義に値し、彼らはそれを得るでしょう」と語った。また、エプスタインと「共謀した人に対する訴訟は続く」ことを保証するとし「共謀者は安らぐ」ことはないと警告した。司法省は、MCCの不規則性とエプスタインの自殺に焦点を当てながら、著名人の関与と財務的な繋がりに関する調査も監督していることを示唆した。しかし、エプスタインの自殺後に始まった調査は、彼の自殺の前後に何があったか、なぜ監視が中断されたのか、などの平凡な疑問に加えて、彼と共謀者に関する調査が漫然としていることを示唆した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。