アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for IMAGES OF FOOD STAMPS AND TRUMP ADMINISTRATIONBy   Common Dreams

米国70都市の市長は21日トランプ政権のフード.スタンプの削減は、特に子供や老人に壊滅的な影響を及ぼすとして、 栄養補助プログラムを管理している農務省に、彼らは署名入りの手紙を送ったことが報告されている。政府サイトに意見を投稿した人々は、トランプ政権のフード.スタンプ削減の提案に対して、幾つかの共通の批判的表現を含めて、激しく抗議している。彼らの現実的な訴えは何を示唆しているだろうか?

70人の市長が署名し、農務省(USDA)に宛てた8月21日付の手紙によると、子供、高齢者、および障害者を含む全国の地域や都市で310万人の個人が影響を受けるとし、大統領令による行政計画の新たな提案に強い反対を表明している。「この提案は、健康な学校給食へのアクセスを削除することにより、子どもの健康と発達を危険に晒し、地域およびビジネスの経済活動に拍車をかけるため利用可能なSNAPドル額を減らす計画は私たちの経済に有害です」と述べている。つまり、学校での健康的な食事にアクセスする機会および、栄養補助プログラム(SNAP)に関連する経済活動を除去する危険性があると警告している。また、手紙は「私たちの国は、子供達が十分に食べられない場合、市民が手頃な価格のヘルスケアを利用できない場合、住宅やその他の基本的なニーズにアクセス不可能な場合、 働く意思のある成人が家族を支援する為に役立つ仕事を見つけることができない場合、私たちの国は世界的な競争力を維持することはできません」と述べている。また、彼らの手紙は「SNAPは飢餓と食料の安全性に対する闘いにおいて重要な資源であるだけでなく、人々を貧困から救い出します」と述べている。

新たなSNAP規定は「広範な分類適格性」に基づくもので、SNAP受益者の適格を限定することを目的にしている。現行の規定では、貧しい家族のための一時的な支援(Temporary Assistance for Needy Families : TANF)として知られる別の連邦政府プログラムから恩恵を受けている場合、SNAPとして知られるフード.スタンプを自動的に得ることが可能であり、43州で利用されている。しかし、トランプ政権はTANF給付金を受け取る人々に、彼らのSNAPからの無料の食事の資格があるかどうかを判断するため、彼らの収入と資産の情報を求めることで、政権の基準に合格した人々のみフード.スタンプを受けられるようにするということである。これは可能な限り、福祉プログラムを削減するトランプ政権の政策の一貫である。そのような政府のプログラムに依存しているグループは、一般的に子供、高齢者、及び身体障害者であり、非常に緊迫した環境に置かれている人々である為、それを削減することはできないと市長達は抗議している。

多くのケースで、政府プログラムの規定変更には一般からの意見を求めることが要求されている為、USDAは規定サイトに投稿を掲載している。少なくとも、フード.スタンプの規定変更は慎重に進める必要があることを示唆している。投稿者は4,100人以上であり、投稿した本人が、フード.スタンプを受けていないが、受けている友人や家族を代表して、強い反対を表明している人達もいる。また、複数の寄稿者が強調した表現には、残酷、非人間的、非良心的、ナンセンス、深く非人道的で非キリスト教的、人間の思いやりを完全に無視、企業や富豪者には巨大な減税をするが、貧困者から食べ物を取り上げる行為は残酷以外のなにものでもない、貧しさへの残酷で異常な罰、貧困者を罰するな、削減より拡大が必要であるとの意見が目立っている。

匿名者の寄稿の中に、「私たちの市民は貧しいことで罰せられるべきではありません。それは 個人の管理外の問題であり、食物への人々のアクセスの減少が増加すると仮定するのは残酷です…」との意見もある。匿名で投稿したある人物は「私たちの費用でゴルフをするためにトランプに1.02億ドルを支払うことができれば、空腹のアメリカ人を養うために支払うことができます」と書いている。別の匿名者は「絶望的な家族から食糧援助を奪うことは残酷です。このアクションには他に理由はありません。企業と大金持ちに与えられる大規模な減税は..」と書いている。別の匿名の個人は「飢餓の政治化を停止してください。多くの人々が苦労しており、文字通り子供、高齢者、または他の人の口から食べ物を奪う理由はありません」と抗議した。

リチャード.カスバートソンは「残酷で非アメリカ的です。アメリカで最も裕福な国は、国境内で誰も空腹にならないようにすべきです」と述べている。ジュリア.マーフィーは「これは非常に残酷です。300万人からSNAPを取り上げないでください」と書いた。カウラ.ウェッブは「あなたが人間であるなら、他の人間に栄養を与え続けてください」と強力な一言のメッセージを送っている。ロバート.ゴールドバーグは「300万人のSNAPのメリットを否定するのは残酷で非人道的です。私たちの国はこれよりも優れています。正しいことをする時です」と述べた。キャンディス.サクレは「ドナルド.トランプ政権は、中流階級と貧困層を破壊する意図があるようだ。彼の税法は、ウォルマートのような企業の巨人に税金を削減して報いる…」と述べている。ジェーン.ウィルコックスは「大統領はゴルフを止め、自分のためのパレードを止め、退役軍人を含むこの重要なプログラムに資金を提供し続けるべきです」と抗議した。ブルック.チェスナットは「 これは恐ろしい計画です。このプログラムを必要とする何百万人もの人々にこれをしないでください。これは解決策ではありません」と 書いた。

アーシャド.カーンは「アメリカ人は地球上で最も思いやりのある人々です。なぜ、私たちは自分の市民を傷つけるのでしょうか? いいえ、この受益を保持してください」と言った。 ジェイムス.ヘイは「貴方たちはどうかおかしいのではないですか? もっと飢餓を生むことは残酷で逆効果です。SNAPの利点はそのまま残してください。(拡張したくなければ)」と強く反対した。カレン.レアは「1973年に3 つのアルバイトをしていた大学生でしたが、私の収入はフード.スタンプの資格がありました。これにより、大学教育を継続できるようになりました…」と経験からの利点を強調。シャノン.ヒグレーは「これは、私たちの地域の食料が不安定な家族にとって災難になります。 私たちはSNAPのメリットを拡大する必要があります」と述べている。 リンダ.デーンは「トランプは減税で何兆ドルも、必要としない最も裕福なアメリカ人に与えました。一方、最低賃金レベルは彼らの子供を世話し、家族を支えることを不可能にしている…」と述べている。また「私の名前はクリスティーン.ザルコーネです。私は62歳の障害を持つ女性で、月に858 ドルの収入とフード.スタンプ180ドルで生活しています。私は毎月生き残るために本当に苦労しています…」とSNAPの必要性を切実に訴えている。リサ.ロスは「私はこれを、アメリカの最も裕福な人々に税控除を提供するため、トランプの兆ドルのプログラムから数十億ドルを削減することによって、相殺する為の努力の一部であると理解しています」と述べている。

投稿には文字数制限があるようであり、長い文章は途中で切れている。SNAPを削減する計画の提案には、そのプログラムの重要性を知っている人々からの多大な反響があったようである。低所得者、高齢者、病弱の人々、退役軍人を含む障害者に食生活を援助するためのプログラムを削減する政府の提案はほとんど希である為、何よりも驚きとショックの反応が多い。投稿者の大部分は実際にプログラムの受益者である為、非常に多大なショックを受けた彼らの心境が伝わってくる。恐らく、SNAPの受給者にはトランプの支持者もいると思われる。マット.リードは「大統領がフード.スタンプを取り上げた後に、まだ何人のトランプ有権者が大統領を支持しているのかを知るのを待ちきれません。金持ちは益々豊かになり、私たちの国は螺旋階段を下り続けています。投票…..」と述べている。投稿者にはSNAPの受給者でない人々もいるが、SNAPを維持または拡大することを支持し、実際の受給者の声はすべて現実的な葛藤の日々の真実性を反映している。2017年に通過したトランプの減税法は、中産階級や低所得者にはほとんど恩恵を与えていなかった為、フード.スタンプを削減するより、拡大するべきであるとの主張は多数ある。それはフード.スタンプが悪用されていると考えているトランプ政権の誤認識の範囲を超えて、真にSNAPを必要としている人口層は想像以上に多く、政府と一般国民との認識には顕著なずれがあることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。