アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of impeach Trump on Sep. 24, 2019トランプ弾劾を公式に発表するペロシ下院議長:By   ABC  News

ウクライナ.スキャンダルの最初の報告では、トランプ大統領は事実を否定し、次にジョー.バイデンと彼の子息の汚職の調査を要請したことを認め、24日には他の国がウクライナに援助していないからであると表現を変え、議会が承認したウクライナへの軍事援助資金を保持したことを認めた。前代未聞の職権乱用があるとして、トランプに対する弾劾の要求は共和党コンサルタントである大学の政治専門家や下院民主党議員による内外超党派のメンバーの間で急増している。下院議長のナンシー.ペロシは24日夕方、初めて公式に弾劾調査を認可した。

23日、トランプはウクライナ大統領のヴォロディミール.ゼレンスキーに電話する数日前に軍事援助資金を保留したことが報告された。同日のワシントン.ポストによると、トランプ大統領が元副大統領ジョー.バイデンの子息を調査するよう圧力をかけたとされる7月25日の電話の少なくとも1週間前に、ウクライナの軍事援助で約4億ドルを控えるよう彼の代理の首席補佐官ミック.ムルヴァニーに命令していたと3人の上級管理職は同紙に語った。7月中旬の省庁間会議で、管理予算局の職員は国務省とペンタゴンにトランプの命令を伝えた。彼らは、大統領には「懸念」があり、出費の必要性の有無を検討したいと説明した。詳細な情報を提供することなく、行政当局は遅延が「省庁間プロセス」の一部であると議員に伝えるように指示され、その遅れはホワイトハウスが9月11日に資金を提供するまで、約二ヶ月続いた。トランプの前代未聞の職権乱用は議会で承認された援助資金を彼が「政治的ライバルを傷つけるために活用しようとしたキャピトル.ヒルでの彼の決定の動機とその疑念に燃料を供給する可能性が高い」とポストは指摘している。

同日、国連でトランプは記者団に、汚職を調査することは当然の権利であると述べ、バイデンの子息を調査する為、保持したことを認めた。トランプ政権の関係者は援助を阻止したこととゼレンスキーにバイデンを調査させることの間に何らかのリンクがあることを強く否定し、a quid pro quo(私は貴方に何かを与えるので、貴方は私に何かを与えてください)とは無関係であると述べた。しかし、民主党議員らは、議会の意図を無視した大統領の権力乱用が一線を超えているとして強い警戒を示している。上院議員クリス.マーフィーは、大統領が 2020年の選挙を干渉しなければ、安全保障の支援を受けられないと明示的にウクライナに伝えたかどうかは本当に重要だとは思わない。米国大統領が外国勢力に求めるあらゆる要求には暗黙の脅威があります。その外国は、彼らがそうしなければ、二次的結果が出る可能性があることを知っています」と述べた。

下院議会では、トランプの弾劾を支持する民主党議員の数は、数ヶ月前の約130人から24日には徐々に拡大した。 午前中のある時点では163人から167人に増加し、東部時間午後9時頃には203人に急増したことを示した。22日上院共和党議員のミット.ロムニーはツイートで「大統領がウクライナの大統領に政治的ライバルを直接または個人の弁護士を通して調査するよう要請または圧力をかけた場合、極端に厄介なことになります。事実が明らかになることは重要です」と述べ、弾劾は避けられないことを示唆した。弾劾以外に選択の余地がない下院議長ナンシー.ペロシは24日午前中、アトランティツクが主催するフォーラムで「事実を知ったので準備ができています。今日の遅く」発表すると述べた。 公表されたビデオ声明によると、東部時間午後5時頃、ペロシは、今週トランプ大統領が自身の政治的利益のため、ウクライナ大統領に行動を取るよう要請したことを認めたとし「大統領の行動は大統領の就任宣誓の裏切り、国家安全保障の裏切り、そして選挙の誠実さの裏切りの不名誉な事実を明らかにしました」と述べた。

議会外からの共和党もトランプの弾劾を支持するオプエドをワシントン.ポストに公表した。南カリフォルニア大学政治未来センターの共同ディレクターで、共和党のコンサルタントであるマイク.マーフィーは上院共和党がトランプに対して、困難な質問を避ける時は終わったと述べ、弾劾の準備を始めるよう促した。彼は「有権者はトランプのウクライナとの取引について明確に知ることに値します。それを得る一定の方法があります。下院民主党は大統領を弾劾し、上院が質問する事を強制しなければなりません。ドナルド.トランプに賛成するか又は反対するかです」と書いている。マーフィーは「ウクライナの大統領ヴォロディミール.ゼレンスキーへの大統領の7月25日の電話をめぐる驚くべき啓示は、私たちの歴史の中でこの容赦のない瞬間を強いられました。トランプ が選挙に干渉することで再選キャンペーンを支援するようにウクライナ政府に実際に圧力をかけていた場合、その事実は、これまでのところ、彼がまさにそれを行ったことを示唆している。それは、大統領は就任宣誓に違反し、鮮明に弾劾可能な犯罪を犯しました」と述べている。また「彼が全ての容疑で無実である場合、大統領は彼の悪名高い電話のテープと複写を即座に公開することによって、彼自身を免罪することが可能であった。その代わり、彼はいつものように(注意を)そらし、不明瞭にし、拒否のパターンを開始し、法の支配に対する彼の侮辱に関する古い疑問を新たに提起した」と述べた。

国連総会に参加しているトランプは、ゼレンスキーとの会話記録を全面的に公開すると述べた。24日のWPによると、トランプは「完全に機密解除され、編集されていないウクライナのゼレンスキー大統領との電話会話の写しを明日公表する事を承認した」と24日の午後にツイートした。また「非常に友好的で完全に適切な電話であることがわかるでしょう。ジョー.バイデンと彼の息子とは異なり、圧力はありません。NO quid pro quo. これは、米国史上最大かつ最も破壊的な魔女狩りの続きにすぎません」と述べた。トランプはまた、米国がヨーロッパ諸国よりもウクライナに貢献しているという懸念のため、ウクライナから軍事援助を差し控えたことを確認した。彼は国連総会で、記者団に「私の苦情はこれまでずっと続いています。ヨーロッパや他の国がウクライナに貢献していないため、ウクライナに貢献するまで、私は再び差し控えます」と語った。

保守系フォックス.ニュースの複数のキャスターらは、バイデンの汚職の証拠はないと述べており、トランプは2020年の再選でバイデンに敗北するからであるとコメントしている。ウクライナの現役検察官であるユーリー.ルッチェンコは「バイデン又は彼の息子による 不正行為の証拠はない」と言ったことが5月にブルンバーグ.ニュースに引用された。24日、下院議長は初めて公式に弾劾調査を開始することを認可した。複数の下院委員会は、既にトランプの調査を開始しているが、ペロシの決定は、公式に弾劾調査に入る事を意味する。トランプは、虚偽、就任宣誓違反、憲法違反、議会とのチェックとバランスの規定違反、安全保障違反などの複数の罪が問われている。上院議会は告発者の苦情に関する記録をトランプに要求する決議案に満場一致で可決した。共和党多数派リーダーであるミッチ.マコーネルはトランプが電話会話の写しを公開するまで、公式な弾劾調査を待つべきであると述べている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。