アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Joseph Maguireジョセフ.マグワイヤ    By   USA Today

26日、内部告発者の苦情の文書は情報機関の検査官によって一般公開された。ニューヨーク.タイムス(NYT)が提供した完全文書によると、トランプ大統領は2020年の大統領選に大統領の権力を利用して、外国からの干渉を求めるため、国内の主要な政治的ライバルの一人を調査するために外国に圧力をかける努力があった。この取り組みの中心人物は大統領の個人弁護士であるルディ.ジュリアニであり、司法長官ウィリアム.バァーも同様に関与している。NYTはこの完全文書の重要箇所を解説している。

内部告発者の文書によると、7月25日の大統領の電話について、同日の早朝、大統領はウクライナのヴォロディミール.ゼレンスキー大統領と電話で会話した。内部告発者はどちらが通話を先に開始したかを理解していないが、これは、4月21日にゼレンスキーが大統領に就任した後の短い祝福の電話以来、2人のリーダーの間で最初に公式承認された電話であった。電話について直接知っている複数のホワイトハウスの役人は、最初の快い挨拶交換の後、大統領は個人的な利益を促進したことを内部告発者に知らせた。つまり、大統領はウクライナの指導者に圧力をかけ、2020年の大統領の再選を支援する行動を取ろうとした。電話について直接知っていたホワイトハウスの役人によると、大統領は、特にゼレンスキー大統領に圧力をかけたと述べている。内部告発者は重大な問題における大統領の法律違反、虐待、及ぶ権力の乱用は「米国の国家安全保障にリスクをもたらし、米国選挙の外国の干渉を抑止し、これに対抗する米国政府の取り組みに損失を与えていることを深く懸念している」と述べている。

725日の大統領の電話

❶ 告発者:私の公務の過程で、私は複数の米国政府高官から、米国大統領が2020年の米国選挙で外国からの干渉を求める為、彼の事務所の力を使用しているという情報を受け取った。

NYTの解説: 内部告発者はこの告発で、トランプ氏が7月25日の電話でウクライナ大統領にウィリアム.バァー司法長官と共にバイデンの調査を行うよう要請したことを他の当局者から聞いたと伝えた。

❷ 告発者:この情報を私に語ったホワイトハウスの役人は、電話で起き事に深く困惑した。

NYTの解説:ウクライナ大統領との7月25日の電話で、トランプ氏は明示的に言及せず、その国に提供されたアメリカの数億ドルの軍事援助パッケージを凍結したことを提起し、その後、ウクライナの指導者にバイデン氏を調査するよう強要した。ホワイトハウスの当局者はトランプが個人的な政治的利益のために彼の力を乱用するのを目撃したと信じていた。

通話に関連する記録へのアクセスを制限する努力

❸ 告発者:電話を受けた数日後、私は複数の米国当局者から、ホワイトハウスのシチュエーション.ルームによる慣例として、ホワイトハウスの高官が電話の全ての記録、特に作成された公式の電話会話の逐語録を「遮断する」努力に介入したことを知った。

NYTの解説: 7月25日の電話記録を、通常そのような文書が保存されるシステムから削除し、代わりに、機密関連ファイルのような高度分類された情報を保存するシステムに置くことで、それが基準を満たさなかったにも関わらず、それを見ることができる役人の数を制限するため、ホワイトハウスの弁護士がホワイトハウスの役人に「指示」したと内部告発者は書いた。

725日の大統領の電話に至るまでの状況

❹ 告発者:ゼレンスキー氏は、検察総長としてのルッチェンコ氏を入れ替える彼の望みを明らかにした。

NYTの解説:広範に批判されたウクライナの検察官は、浮かび上がった疑惑によるトランプ氏とジュリアニ氏の関心をThe Hillに伝えたが、その主張を撤回した。7月25日の電話で「私は 貴方が非常に良い検察官を保持し、彼は辞めたと聞いたが、それは本当に不公平です」とウクライナ大統領に言った時、明らかにトランプ氏はルッチェンコ氏に言及していたようである。

❺ 告発者:5月中旬から、ウクライナ当局と関与し、キエフと大統領の間でメッセージを中継するための国家安全保障の意思決定プロセスに対するジュリアニ氏の回避と彼らが見たものに深く懸念していると私は複数の米国当局者から聞いた。

NYTの解説:国務省は、トランプのためにジュリアニ氏によるウクライナへの不正な接触を国家安全保障への脅威と見なした。米国の上級外交官が対処すべき問題に大統領の個人弁護士であるルディジュリアニがウクライナ当局にバイデンに対する汚れを開発するよう圧力をかける為、7月25日の電話とその余波の両方で、大統領が作った混乱に対処するための闘争を内部告発者は詳述している。

トランプ大統領に対する弾劾の調査が公式に開始されている中で、26日内部告発者に関する公聴会が開催されている。召喚された米国情報部のディレクター代理を務めるジョセフ.マグワイヤは、内部告発者は「正しいことを行った」と述べた。マグワイヤは急遽開催された下院情報委員会の公聴会で、ホワイトハウスの行為は彼が過去に経験したことがない「前代未聞」の事件であるとし、内部告発者は「良い信念」に基づいて告白しており、告発者を「保護」しなくてはないらないことを明白にした。同日に公開された内部告発者の苦情の文書が明らかにしていることは、トランプが大統領の権力を乱用したことである。それらの弾劾に値する行動は、2020年の大統領選で、彼自身の勝利を有利にする為、ウクライナの大統領にジョー.バイデン及び彼の子息ハンターの調査を要請し、複数の彼の高官が関与し、電話での会話を隠匿する努力があったことを明白にしている。超党派の複数の情報源は、ハンター.バイデンの違反は何も報告されていない、または不正行為はなかったと報告しているにも関わらず、ウクライナの大統領に調査を強要した行為は、彼の政権の国務省さえ脅威と見ている前代未聞の腐敗行為である。内部告発に関して、集中的に取り上げたワシントン.ポストは26日「トランプは個人的な利益のために彼のオフィスを悪用し、国家安全保障を危険に晒したが、正体不明のホワイトハウスの役人はその行為を隠そうとした」と同様の結論を書いている。今日東部時間午後7:30頃までには、弾劾を支持する下院議会のメンバーは224人に増加した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。