アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for pictures of house judiciary committeeBy    NBC News

先月26日に下院司法委員会は、今週4日から下院司法委員会での公開証言を行うと公表した。加えて、同委員会はトランプ大統領と彼の弁護士を招待し、彼らが証言者に対して、質問をすることができる機会を与えていた。しかし、1日ホワイトハウスの弁護士は、その申し出を却下した。水曜日の公聴会の4人の証言者は、ほとんど大学の教授であり、法律専門家であることが2日に判明した。引き続き公聴会での喧騒的な論争が予測されているものの、11月の下院情報委員会での公開証言は、有権者に多大な影響を与えていない為、民主党リーダーらは弾劾記事に関する論議を慎重に行っている。

下院司法委員会がトランプ大統領とホワイトハイスの弁護士を招待した理由は、ホワイトハウスと共和党議員らは、彼らに質問の機会を与えていないとして不公平であると批判していた為である。50%以下の共和党のパネル.メンバーも含まれている委員会は民主的に行われている為、共和党は公聴会で、証言者に鋭い質問を浴びせることが可能である。しかし、共和党議員らは民主党主導の公開および非公開の証言では、彼らに公平な機会が与えられていないと苦情を述べていた為、下院司法委員会の委員長ジェリ.ナドラーはホワイトに手紙を送り、トランプ大統領と彼の弁護士らを招待し、質問の機会を与えていた。しかし、ホワイトハウスはその招待を却下し、弾劾調査に対する弁疏の機会を放棄したと1日に報告された。ホワイトハウスの弁護士パット.シポロンは「証人の名前が不明であり、司法委員会の別の公聴会を通して、大統領に公正なプロセスを提供するかどうかは不明のままである為、公聴会に参加することはかなり期待できません」と述べ、「学術的論議への招待」は「大統領に公正なプロセス類似性を提供」しないので「現在の状況では、水曜日の公聴会に参加するつもりはありません」と手紙で返答した。

トランプ大統領は3日と4日にロンドンで開催されるNATOに参加する為、彼自身は物理的に不可能である。しかし、トランプの弁護士らは参加できるはずであるが、彼らがナドラーに宛てた招待への返事は、彼らが著名な現役の法学者らと論議する意図はないことを示唆している。2日のニュースウィークによると、司法委員会で多数派の民主党は3人、少数派の共和党は1人、合計4人の法律専門家を4日の証言者として招待している。ハーバード大学法学部でユダヤ人とイスラエルを専門とする教授であるノア.フェルドマン、スタンフォード大学で公益法と最高裁訴訟クリニックの共同ディレクターであるパメラ.カーラン、ノース.キャロライナ大学法学部の教授マイケル.ゲルハルトおよびジョージ.ワシントン大学の公益法教授ジュナサン.ターレイである。公聴会に参加する共和党メンバーの一人であるトム.マクリントックはこの機会にホワイトハイスの弁護士らが、法律専門家と論議する機会を却下したことは「間違いである」と指摘し「彼の弁護士らがそこにいることは大統領の利点になると思う」と1日ABCニュースでのインタビューで語った。

このような状況下で、今後の下院司法委員会での弾劾調査は「面倒で騒々しいプロセス」になる可能性があり、過去の大統領の弾劾手続の調停者である下院司法委員会は、民主党が何らかの形で何ヶ月も期待していた「大渦の中心に再びいるという兆候」があるという。ホワイトハウスがトランプ大統領に対する公平性を強調している為、下院議会の民主党リーダー達は、シポロンの要求をどのように処理するかを協議し、決定する必要があり、司法委員会に進んだ「弾劾調査が重要な段階に入った」ことに伴い、多くの繊細な仕事の一つは「政治的リスクと法的複雑性」があると分析されている。情報委員会での公開証言中とその後の世論は、国民の心理がさほど変化していない為、最後のチャンスはトランプを上院議会での裁判に押し出す前に、独立系の有権者からの支持をどのように得ることが可能であるかどうか、リーダー達の論議の重要なポイントになりそうだ。また、弾劾記事を準備する前に、弾劾調査をウクライナとの大統領の取引に焦点を絞って続けるか、または2016年ロシアの選挙干渉に対する特別顧問ロバート.ミュラーの調査で概説された大統領による「潜在的な司法妨害の事例」を調査するかどうかについて、民主党員の間で議論があるようだ。

要するに、4日から開催される上院司法委員会での公聴会でも、実際に委員会が召喚した複数の著名なホワイトハウスの現役および退職した上級顧問らは、裁判所の命令にもかかわらず、トランプによって証言が阻止されているため、下院での調査は年内で終わる可能性がある。下院議会民主党のトランプに対する罪状は「賄賂」であり、賄賂は犯罪であると憲法が定めている。1970年代後半から1980年代初頭にかけてFBIが調査した賄賂事件では7人の米国議員が有罪判決を受けた。最近では2006年に政治家が賄賂で告訴された前例がある。トランプのウクライナ.スキャンダルのケースは、ニクソンのスキャンダルより酷く、賄賂の証拠は十分あると複数の専門家が述べている。ホワイトハウスの弁護士が上院司法委員会での公聴会に参加しない別の理由は彼らが何かを隠しているからであるとの分析もある。しかし、大半の共和党は、彼らの党のリーダーを擁護する立場を変えていないことに加えて、弾劾を支持する率は幾分高いものの、トランプに対する弾劾の世論はまだ対立していると言える状況もホワイトハウスの弁護士を強気にさせる要因である。ABC、CBS、NBC、PBSは昼間の番組より、公聴会の放送を優先する予定であることから、トランプが法的に弾劾可能な罪を犯したかどうか懐疑的な共和党メンバーと法学専門家との間で白熱した論争が展開される可能性がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。