アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Trump vs. Nancy PelosiBy    The Guardian

NATOのリーダの一部から陰で批判されたビデオを発見した後、予定より早めの帰国を決定したトランプ大統領は下院議会での弾劾の厳しい現実に直面している。一方、ホワイトハウスの弁護士や顧問、およびトランプは多数の上院共和党議員と裁判について戦略を練っており、早くから共和党議員らを昼食に招待していることが報告された。トランプ政権の腐敗は悪名高いものの、トランプが代表している共和党の腐敗の行動も過去に前例がない。下院議会のリーダー達がトランプの弾劾を強く推進している理由を裏付けている。

バッキンガムでグラスを片手にしながらトランプの事を話しているNATOでの一部リーダー達のビデオが公開された後、トランプ大統領はNATOを早めに切り上げ帰国したことが報告された。そのグループには、カナダの首相ジャスティン.トルドー、フランスの大統領エマニエル.マルコン、イギリスの首相ボリス.ジョンソンを含む少なくとも4人が含まれている。火曜日にトルドーはトランプ大統領の行動について発言していると思われる場面がビデオに捕らえられた。5日のニューヨーク.タイムスによると、トランプ大統領は2日の夕方ロンドンに到着したが、48時間以内にカメラの前で守備的になり、それからバッキンガム.パレスでの世界の指導者のプライベート.レセプションでゴシップの話題になり、そのビデオの内容を知った後、トランプは予定されていた記者会見をキャンセルし、早くワシントンに戻る為、その場を去ったという。トランプは水曜日、ドイツのアンゲラ.メルケル首相と会談する前に記者団に「多数の質問に答えたと思います」と述べ、公式記者会見の計画を「突然破棄」した。

大統領が予定より早く帰国した米国では5日、下院議長のナンシー.ペロシは公開声明で、トランプ大統領の弾劾記事に取り組むことを委員会のリーダーらに指示した。来週月曜日には2回目の公開証言が行われれる予定であるが、ナンシーは短い声明で、「弾劾以外に残された道はない」と述べた。長年のキャリアの中で、賢く冷静であることから幅広い民主党の支持を受けてきた彼女は、非常に強固になっている。5日の午前中、ペロシのアカウントからツイートされた白黒の画像のニクソンとトランプ両氏が顔をしかめる下向きの表情で、左側のトランプは「私は何も間違ったことはしなかった」という言葉が表示され、ニクソンは彼の有名な「私は詐欺師ではない」という表現が表示されている。このツイートで、ナンシーは「私たちは、大統領ではなく、憲法を守ることを誓っています。ワシントンの共和党が彼に説明責任を負わせて、民主主義を擁護しないなら、彼らは彼と一緒に出て行かなければなりません」と書いている。下院議会ではクリスマス前までに弾劾記事に対する投票を行う予定である。

一方、ホワイトハウスの弁護士は、上院共和党の主要メンバーと秘密の会議を行っていることが報告された。保守寄りのポリティコによると、ホワイトハウスは上院での裁判で、陪審員の役目を果たす共和党議員らにトランプを弾劾しないよう「懇願することについて恥を知らない」という。ホワイトハウスの弁護士らは「共和党に会う機会を秋に開始して以来、トランプは主に毎週の昼食に40人以上の共和党の上院議員を招待している」という。ホワイトハウスは共和党議員を週末にキャンプ.デイビッドでの会議に招待しており、トランプは議員をワシントンのワールド.シリーズやニューヨーク市のアルティメット.ファイティング.チャンピオンシップを含むいくつかのスポーツ.イベントに連れて行ったという。上院共和党との会合を提案した人物はホワイトハウスの弁護士パット.シポローネであり、彼は4日も、下院司法委員会が4人の憲法学者との公開証言を行っている時、「上院共和党とランチを共にし、下院での弾劾手続を非難し、上院裁判の戦略を企てた」という。これは「大統領と彼の運命を決定する上院議員の間の調整を増加させる最新の例」である。共和党上院議員との昼食時に、ホワイトハウスの弁護士は「上院は大統領に下院よりも良い待遇をすることができる」と言う以外に何も上院に指示しないよう注意したと述べた。つまり、弾劾の投票に賛成票を投じるような指示はないと述べているが、弾劾裁判に直面する可能性の強い大統領が、その裁判の潜在的な決定の鍵を握る共和党らと陰で会っているという驚くべき腐敗があることを示唆している。

下院弾劾の調査がエスカレートした頃から、トランプおよび彼の法務チームが共和党上院議員らと会っていることが10月末に報告された。11月下旬、トランプは裁判を望んでいると述べ、彼は上院では弾劾されないことを知っていることを示唆した。トランプに頻繁に会っている上院共和党は、ほとんどトランプの強固な支持者がであるトム.コットン(アーカンソー)、リンジー.グレイアム(サウス.キャロライナ)マイク.リー(ユタ)、ロン.ジョンソン(ウィスコンシン)、テッド.クルーズ(テキサス)、ジョン.ケネディ(ルイジアナ)である。クルーズはホワイトハウスが大統領を擁護する権利があると述べている。彼らは、下院議会での弾劾プロセスが不透明であると苦情を述べているが、個人的なランチ会合でトランプと共和党上院議員らが何を協議しているのか、一般の国民にとっては不透明である。このグループは下院議会では弾劾しないかもしれないと推測し、もし上院で弾劾裁判が始まった場合、その時期やどのくらいの期間続くのかなどについて論議していると記者らに報告している。ホワイトハウスは、議会が召喚状を送った書類および証言者がブロックされている為、まだ、公開されていない隠された情報がある事実を共和党は無視し、トランプを弾劾する十分な証拠がないと主張している矛盾がある。国民が全ての真実を知るのは、遅かれ早かれ時間の問題かもしれない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。