アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of resolution of impeachment against Donald J. TrumpBy    Reuters

下院司法委員会は10日、トランプ大統領に対する弾劾記事を公開した。この記事に基づき、下院委員会のメンバーはトランプが米史上、高犯罪と軽罪で起訴される唯一の大統領になるべきかどうかを決定する論議を行う。8ページを若干超える弾劾文書は二つの内容で構成されている。一つはウクライナ.スキャンダルに関する職件の濫用である。二つめは、このスキャンダルに対する調査を行なった議会に対する妨害である。トランプ大統領は米史上、議会の召喚及び弾劾の権威ある議会に対する協力を拒否するよう指示した前代未聞の大統領である。

弾劾記事の条項1はトランプ大統領が大統領執務室の特権を利用し、議会が承認した安全保障援助金を保留することで2020年のライバルを調査するよう要請したトランプの行動、すなわち職件の濫用が最初の弾劾理由に挙げられている。以下の「記事は米国大統領のドナルドJ.トランプが高犯罪と軽罪で弾劾されており、弾劾記事は上院議会に表示される」と述べている。記事I:権力の濫用の最初のパラグラフで、下院議会が「唯一、弾劾の権限」を有しており、大統領は反逆罪、贈収賄、またはその他の高犯罪および軽罪で事務所から解任される」と憲法は規定していると述べている。また、米国大統領は、憲法上の誓約と米国大統領職を忠実に遂行し、彼の能力の及ぶ限り、憲法を保持し、擁護し、アメリカ合衆国の法律を忠実に実行すべき「憲法上の義務に違反し、ドナルドJ.トランプは大統領職の力を濫用した」と述べている。

その濫用は ⑴ トランプ大統領は直接および米国政府内外のエージェントを通じて、ウクライナ政府に調査を公表するよう不正に求めた。その調査は(A)政治的敵対者である前副大統領ジョセフ.バイデン、および(B)2016年の米国大統領選に干渉したのはロシアではなく、ウクライナであると主張する信憑性のない理論を促進した。⑵ 同じく、腐敗した動機でトランプ大統領は、直接および米国政府の内外の代理人を通して、彼が要求した公表に基づいて2つの公式活動を条件付けた。⑶ 彼の行動が暴露された事に直面し、トランプ大統領は最終的にウクライナ政府に軍事および安全保障援助を解放したが、彼の個人的な政治的利益のために、調査を行うようウクライナに公然と不正な要請を押し続けた。これらの行動は、トランプ大統領が米国選挙の干渉を外国に招待した以前の行動と一致していている。従って、自治および法の支配と大幅に両立しない方法で行動しているトランプ大統領は、国家安全保障と憲法に対する脅威であり続けることを実証している。故に、トランプ大統領は米国下の事務所の名誉、信頼、または利益を保持および享受するため、弾劾と裁判、解任、および失格を保証していると述べている。

議会に対する妨害に関する条項2では、トランプ大統領が法的な理由や弁解なしに、行政機関、事務所、および役人に下院議会の召喚状を遵守しないよう指示したことを指摘している。従って、トランプ大統領は下院議会の合法的な召喚の権力に対して、彼の権限を課し、憲法によって定められた下院議会の「唯一の弾劾権力」の行使に必要な機能と判断を彼自身の権利として仮定した。また、トランプ大統領は、次の手段を通して高官の権力を濫用した。(1)ホワイトハウスに対し、委員会が求めている文書の作成をブロックすることで合法的な召喚状を拒否するよう指示した。(2)他の行政機関および事務所に対し、合法的な召喚状を無視し、委員会からの文書および記録の作成を含めて、下院委員会に協力しないよう指示した。これに応じて、国務省、管理予算局、エネルギー省、および国防総省の現政権および元行政官9人の政権当局者は、単一の書類または記録さえ作成することを拒否した。これらの行動を通じて、トランプ大統領は、彼自身の行為に対する弾劾調査の妥当性、範囲、および性質を決定する議会「唯一の弾劾権力」である行使の権利を自分自身に委ねようとしたと説明している。

最初の予測では、下院司法委員会は「贈収賄」を含めることになっていたが、この条項は除去されていることに気付く。職権の濫用と議会に対する妨害の記事は、2017年1月就任時からの大統領の行動パターンを強調しており、特別捜査官ロバート.ミュラーの調査結果にも示唆された。建国の父は、大統領の職権の濫用を最も恐れた為「反逆罪、贈収賄、またはその他の高犯罪と軽罪」の罪状を、ホワイトハウスから大統領を除去可能な理由として憲法に謳った。高犯罪と軽罪は一般的に非合法の汚職または活動が挙げられ、それは大幅に国民の信頼を失い、同時に国民の確信が大幅に損なわれる結果になる為、もはや大統領執務室に存続する資格はない。大統領に選出される個人は少なくとも、この基本的な認識とその憲法を遵守しなくてはならない。しかし、これらの弾劾記事は、トランプ大統領が三権分立の意義をほとんど理解していないことを示唆し、又は法律や憲法に無頓着であるという就任当初からの行動パターンと傾向性を益々明白にしている。

これらの基本的な最重要点を蔑ろにし、国益より党の存続を優先する多くの共和党は引き続き、彼らの弾劾の決定が地元の有権者にどのような影響を与えるかどうかの判断に基づいて投票を決定するはずである。10日の記者会見で、司法委員会の委員長ジェリ.ナドラーは「トランプ大統領が2020年の大統領選挙に干渉するようウクライナに要請し、圧力をかけた事はまさに、国家安全保障を損ない、次の選挙の誠実性を損ない、米国民に対する彼の宣誓に違反する」と述べた。下院情報委員会の委員長アダム.シフは、この行動が放置された場合、米国は次期大統領や将来の指導者に同様の過失を繰り返えさせる土台が築かれるとの懸念を表明した。公聴会では多くの民主党が同様の声を上げ、彼らは米国の指導者が憲法を守ることの重要性を訴えた。上院裁判での結果がどうであれ、公開裁判を通して、国民は真実を知る必要があることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。