アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of abraham lincoln statueBy   123RF. com

歴史的な弾劾の論争と投票が行われている18日、別に注目されている政治的イベントはリンカーン.プロジェクトと呼ばれる反トランプの共和党メンバーによるスーパーPAC(パック)の開始である。このPACを利用して、2020年の選挙でトランプ大統領を打破する運動を全国的に展開すると公表している保守派グループが注目されている。17日、リンカーン.プロジェクトを開始したメンバーの顧問は8人であり、その主な顧問の一人はニューヨークの弁護士ジョージ.コンウェイである。彼はホワイトハウスの弁護士で、顧問の一人であるケリアーン.コンウェイの夫である為、特に注目されている。

グループの一部は2016年のキャンペーン当時からNever Trump(決してトランプではない)運動を掲げた最も熾烈な反トランプ派として、存続しており、2020年にはトランプ及びトランプ主義(Trump and Trumpism)を打破するため、全国でトランプの再選を阻止する運動を展開している。グループの主な顧問は、共和党の戦略家で作家のリック.ウィルソン:脳腫瘍で死亡したベテラン上院共和党議員ジョン.マケイン、元共和党大統領ジョージW.ブッシュ、及びカリフォルニア州共和党知事であったアーノルド.シュワルツェネッガーの元アドバイザーであるスティーブ.シュミッツ:ジョージH.Wブッシュ大統領、ジョン.マケイン上院議員、及びオハイオ州共和党知事ジョン.ケイシックの元アドバイザーであるジョン.ウィーバーなどが良く知られている。コンウェイ、ウィルソン、シュミッツ、ウィーバーの4人はリンカーン.プロジェクトを開始するにあたり、17日ニューヨーク.タイムスに「私たちは共和党員であり、トランプを打破したい」とのタイトルのオプ.エドを投稿した。

このグループは政治的基盤として「法の支配、憲法、アメリカ人の特性」の重要性を強調し、「ドナルド.トランプの犯罪、腐敗、腐食性に直面した私たちの国の生存と愛国心は、単なる政治よりも高い召命である」ため、「わが国の価値、そして国民の犠牲と義務を強調する努力」としてリンカーン.プロジェクトを開始したと述べている。今後11か月間、投票箱でトランプ大統領とトランプ主義を打ち負かし、法の支配、憲法を保持する愛国者を選出することに専念する」と述べている。又、彼らは現在も「政治と展望において広く保守的(または古典的にリベラル)であると主張し、「憲法に対する私たちの忠実性は共通の努力を要求しています」と述べている。この4人の共和党はトランプが「憲法違反を犯し、秩序、礼儀正しさ、品位、アメリカ社会に反映する公約の基準を満たしていない」と述べている。又、議会の共和党は、そのような「トランプを受け入れ、コピーし、トランプの残酷さと彼の腐敗を擁護し、採用さえした。トランプと彼の容認された仲間は保守主義と長年の共和党の原則を放棄し、虚偽の預言者が率いる空虚な信仰であるトランプ主義に置き換えた」とトランプと議会共和党を批判している。

彼らは有権者から、寄付を募る活動をリンカーン.プロジェクトと命名し、その寄付者がアクセス可能なサイトを構築している。そのサイトには、その寄付金をどのように利用するかを具体的に説明していないが、サブ.タイタル「我々の使命」の中で、「投票箱でトランプ大統領とトランプ主義を破る」ことを掲げている。又、「私たちはこの仕事を軽く受け止めたり、イデオロギー的な好みから引き受けたりしていません。全国的に民主党との多くの政策の違いは残っています。しかし、全ての愛国心のあるアメリカ人の優先事項は、憲法に対する忠実を共有し、政党に関係なく憲法上の誓約を放棄した候補者を打ち負かすという公約がなければなりません。 憲法を支持する民主党を選出することは、支持しない共和党員より、価値ある努力です」と述べている。

エイブラハム.リンカーンの時代と現在の米国は、国が対極化しているという点で共通点がある。この4人は、ジョージW.ブッシュ時代までは、憲法の保護を強調することはなかった。しかし、憲法と法律の無視が目に余るトランプ大統領下で、初めて超党派のジャーナリスト、政治戦略家、批評家らは米国が憲法の危機に直面していると言い始めた。リンカーン.プロジェクトの主な主導者であるジョージ.コンウェイは、ホワイトハウスでトランプの再選を推進する妻に反して、トランプを打破するためなら、憲法を保護する民主党候補者に投票することさえ躊躇しないとの声明に同意している。トランプを打破するため、大金を集めて広告宣伝に利用し、共和党の有権者がトランプの再選への支持投票を思いとどまらせる運動を展開するという。反トランプの動きが強烈なほど、トランプ基盤の団結も強くなることは確実である。上院多数派リーダーのミッチ.マコーネルは17日、上院での裁判に4人の証言者を招待することを希望した少数派リーダーのチャック.シューマーの要請を拒絶した。民主党上院議員クリス.マァーフィは、マコーネルの短期裁判戦略について、証言者を招待した場合、新たな証言が表面化することで、裁判が長引くほどトランプを無罪にできなくなる可能性が高くなるからであると語った。このプロジェクトのアドバイザーの一人である共和党戦略家で作家のリック.ウィルソンも同様のコメントをした。18日下院議会では、歴史的なトランプ弾劾の投票を行う前に全体の討論が行われている。民主党議員の一人は、下院で可決しても、上院に弾劾記事を送らず、トランプが罪を犯す度に弾劾記事を書き続けることを提案した。彼は、憲法で禁止されている利益相反も含めて、実際にはもっと多くの罪状があると指摘した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。