アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of John Bolton and McConnel Jan. 7, 2020" By   Raw Story

下院議会の弾劾調査に対する協力を拒否するよう指示されていた元ホワイトハウスの国家安全保障顧問ジョン.ボルトンは上院の裁判で証言するよう召喚された場合、証言する意図があることを明白にした。しかし、ウクライナ.スキャンダルに関する真実を知る意欲のない上院議会多数派のリーダーであるミッチ.マコーネルは7日、幾人かの穏健派の共和党の希望に反し、証人なしに裁判を行う方向性を明確にした。ボルトンとマコーネルは政治ゲームを行っていると分析されている。

6日のニューヨーク.タイムスによると、ボルトンは月曜日「上院が私の証言のために召喚状を発行した場合、証言する準備ができていると結論付けた」との声明をウェッブ.サイトに公表した。その声明は、トランプ大統領が彼の証言を阻止しようとするかどうかに関係なく、証言する意思があることを強く示唆している。その声明で、ボルトンは「弾劾を試みる憲法上の義務を果たすことは現在上院に委ねられており、上院が行動する前に、未解決の憲法問題の最終的な司法解決が得られる可能性はないと思われる。従って、私の証言が再び問題になっているため、慎重な検討と研究に基づいて、できる限り深刻に競り合いのある問題を解決しなければならない」と述べた。ボルトンは下院議会での弾劾調査の時、裁判所が下院委員会で証言するよう命令した場合、証言すると述べていた。上院議会民主党少数派リーダーであるチャック.シューマーは、ボルトンの証言を要求している為「この展開は、弾劾を変える可能性のある劇的な転換であり、トランプがウクライナへの圧力キャンペーンについて、下院の調査で証言することを妨げた批判的な証人からの聴聞に対する民主党の主張を失った。ボルトンは「ウクライナに関する大統領の行動と会話」について、弾劾調査の「空白を埋める」ことが可能な重要な知識を持つ、潜在的に重要な証人である。この状況は、民主党ボルトンの証言を強く共和党に押し出す機会を与えていると分析されている。

マコーネルは、証言者が参加した場合、トランプを無罪にすることを困難にする可能性がある為、証人を召喚する意欲は全くないと言われている。しかし、関連性のある問題に直接的情報を保持しているボルトンの強い証言の意思は、証言を求める穏健派上院共和党がマコーネルにプレッシャーをかける可能性を強化している。少なくとも、メイン州のスーザン.コリンズ、アラスカのリサー.マーカウスキー、ユタ州のミット.ロムニーを含む4人の共和党上院議員は彼の証言を望んでいる。この4人の共和党以上に公正な裁判を望んでいる下院議会民主党リーダー達は、マコーネルがその公正性のある裁判を避けようとしていることを批判している。上院少数派の民主党リーダーであるチャック.シーマーは「ボルトン氏の弁護士達が共有すべき新しい関連情報があると述べていることを考えると、私たちが要求した4人の証人と文書への召喚状の発行を上院共和党が反対すれば、彼らは隠蔽に参加していることを完全に明らかにするでしょう」と述べた。

マコーネルは証人に関して、民主党との合意なしに、トランプの裁判を進める準備ができていると上院の共和党議員らに、語ったことが7日に報告された。ワシントン.ポストのベテラン編集者であるルース.マーカスは、ボルトンの宣言について、幾つかの要点を指摘した。例えば、① ボルトンはウクライナ.スキャンダルに関連するトランプの内情を直接知っている人物であり、② トランプのウクライナへの対応を「麻薬取引」と呼んだことを強調した。つまり、ボルトンはトランプがウクライナに対して要求した内容の性質は犯罪であることを示唆している。又、③ワ シントンの大物であるボルトンは、マコーネルが彼の証言を拒否する余裕があることを知っており、④ それは「間違いなくマコーネルの本能である。⑤ 多数派のリーダーは、トランプ大統領のウクライナとの取引の真実に興味がなく、したがって、元国家安全保障顧問が大統領と彼の内輪との取引について提供できるような直接的証言を聞きたいとは思わないだろう」と述べている。マーカスによると、「用心深い」ボルトンはそれを知っていながら、あえて積極的に証言することを公言し「究極のシニカルな策略」を利用していると述べている。もっと詳細な、何らかの真実を知っている可能性が非常に強いボルトンを証言者として召喚する意思がないマコーネルとほとんどの共和党は「憲法上の義務にあまり注意を払っていない」為、「ボルトンから話を聞く機会を得ることは不可能であるか?」との疑問を提起した。マーカスは、ボルトンを召喚するためには、単純過半数の投票で、上院共和党4人のみがマコーネル、トランプ、共和党の支持基盤に立ち向かう必要があると述べている。

証人を望む民主党と、証言を拒否する共和党は、トランプの裁判に関して両方から手綱を引きあっているような状態である。そのような状況下で、下院議会は二つの弾劾記事を上院に送っていない。一部の共和党上院議員は、その状況から抜け出すことを論議している。トランプの強固な支持者である共和党のリンジィ.グレイアムは、下院議会が弾劾書を保留している場合でも、裁判を可能する上院議会での規定を変えることを提案した。彼は5日フォックス.ニュースでのインタビューでペロシ議長による弾劾記事の保留を「政治的芸当」であると述べ、今週記事を入手できない場合、上院で対処する為、裁判規定を変え、上院での裁判を開始し、下院を招待し、彼らが参加しない場合、この弾劾を却下する必要があると述べた。又、「上院の規則をナンシー.ペロシに有利に使用させません。これは機関としての大統領職にとって危険です」と述べた。いずれにしても、多くの国民は、トランプの弾劾に注目している為、ウクライナの対処について、トランプの中心にいる人物からの証言を上院共和党が拒否した場合、彼らはトランプを擁護する彼らの立場を正当化することが困難になる。裁判で真実を知った場合、彼らがトランプを無罪にすることも困難になるが、どちらの困難性を選択するか、上院共和党は試されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。