アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of high price medication in the United States"By    Complete Online Pharmacy.com

世界でもっとも利用されている多数の薬品の値段は、幾つかの要因により他の先進国に  比較して米国では3倍高い。米食品医薬品局(FDA)は、自社製品のサンプルにアクセスすることを潜在的に阻止している多数の医薬品会社名をリストし、世間に恥をかかせるため、それらの会社を公的に批判し、法律に違反しているこれらの企業名を公表すると警告した。医薬品価格低下への挑戦で、大衆政策的なアプローチを諦めたトランプ大統領は、医薬品価格低下を公約している彼の努力の一環として不透明な計画を公表した。しかし、大多数の国民が支持する可能性が高いにも関わらず、医薬品価格を低下させる努力は、昨年後半に完終した。

ロイターによると、世界で売れているトップ20の医薬品の米国価格は平均して英国の3倍である。イギリスのリバプール大学の研究者は、米国の価格は他のヨーロッパ市場より一貫して遥かに高いことを発見した。他の国と比較した場合でも、米国の価格はブラジルに比べて6倍高く、最低価格の国であるインドに比較すると平均16倍も高い。2014年に世界医薬品支出の15%を占める20の医薬品はAbbVieAstraZenecaMerckPfizerRocheなどの企業にとって主な利益源である。事実、米国のトップ.ブランド名の薬品は2008年から2014年の間に127%上昇した。これは一般的な家庭用品の値段上昇11%に比較すると驚異的な高さである。

米国が世界でもっとも薬品の価格が高い要因は他の国のように政府が直接または間接的に薬品の値段を調整していないからである。それは、医薬品会社がもっとも利益を得ている結果になっている。医薬品会社は医薬品が市場に出るまでに研究およびリスクにかかる費用は、相当なものであるため、見返りが必要であり「価格は医薬品が提供する経済的価値を反映している」と主張している。加えて、癌を含む致命的な病気に対して、生存率を高めるための新医薬品の開発及び貧困の市民がアクセス可能な医薬品の企業支援制度の利用性についても指摘している。

トランプ大統領のキャンペーンの公約の一つは、メディケアを通して薬品の価格を低下させることであるが、ホワイトハウスは、最近その方法は不可能であることを示唆する声明を公表した。しかし、一部の分野では、それが完全に放棄されたことを意味していない状況も報告されている。FDAの弁務官スコット.ゴットリーブは2018年5月17日、ジェネリック医薬品(後発医薬品)メーカーからの薬物サンプルのアクセスを遮断している約40の製薬企業名を公開する計画を公表し、彼らの行為を「ゲームの戦術」と呼び非難している。なぜなら、薬品の競合性を促進するため、価格を低下することを目指しているトランプ政権の方針に反しているためである。ジェネリック医薬品は、最初に開発した企業のパテントの有効期限が切れた場合、他の医薬品会社が全く同じ投与量、効果、副作用、用途、投与経路、リスクおよび安全性のあるブランド医薬品をコピーした薬品のことである。これは、薬品の値段を下げる方法の一つであり、1984年に制定された米国連邦法ハッチ.ワックスマン法において、製薬業界はジェネリック医薬品の製造を奨励している。

現在、トランプ政権の保健福祉省長官であるアレックス.アザール(2005年からジョージW.ブッシュ政権下で保健福祉省の長官として2年間奉仕し、2018年1月に同省の長官に任命される)は2007年から医薬品会社のCEOであった関係もあり、トランプは医薬品会社を攻撃することには控えめである。また、議会共和党の大半は、手頃な価格の薬品の入手を希望する国民を考慮することより、企業を保護する傾向が強いため、トランプ大統領が企業と直接交渉することを試みた時、肯定的な反応を示していない。彼らの党派的態度も米国で医薬品の価格が低下しにくい隠れた一因である。

2018年5月11日ホワイトハウスのローズ.ガーデンでのスピーチで、トランプ大統領は透明性に欠ける医薬品価格低下の計画があることを公表した。その計画には競合性を高め、製薬会社が初期価格を引き下げるインセンティブを生み出し、民間保険会社が低価格交渉を困難にしている連邦規則を緩和する」ことなどが含まれていた。しかし、これには具体的な目標の要であるタイムラインは設定されていなかった。また、トランプ政権は連邦プログラムであるメディケアを通して、製薬会社と直接価格交渉を行う計画を放棄している。これはトランプの大衆政治的な政策を諦めた格好になっている。民主党下院議会の少数派リーダーであるチャック.シューマーは「真の透明性」に基づいて、もっと良好な方法があると述べた。ゴットリーブは「現行制度の透明性の欠如は、製薬会社や他のヘルスケア企業が患者を犠牲にして、価格上昇から恩恵を受けるという逆説的なインセンティブを生む」と述べている。トランプ大統領は重要な公約の一つである医薬品価格低下の努力の葛藤を続けていたが、2019年7月11日、幾つかの障害に直面し、高齢消費者の自己負担費用を削減する為、処方薬の価格を下げる提案を放棄した。弾劾に翻弄され、集会でも2020年の政策課題を語ることはほとんどないという状況が2019年の終わりまで続いていた。

昨年7月10日トランプ大統領は腎臓病を患っているアメリカ人の医療の改善に関する行政命令に署名した。医薬品価格低下の努力と葛藤は、トランプ政権の取り組みの中で最も称賛に値する。政権と議会の主要メンバーは、昨年、いくつかの薬の価格上限を設定するために企業と直接交渉し、メディケア受益者による自己負担を制限するなど、それに関する法案についても議論したと報告された。医療保険料の引き上げを懸念している有権者が増えている中で、トランプが2020年のキャンペーンで、ほとんどの国民が必要としている医薬品価格低下の努力を続けることを再度アピールする場合、弾劾と裁判で動揺されているより、遥かに再選のチャンスは向上するはずである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。