アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of ukrainian plane crash"By   Voice of America

‘High confidence’ that Ukraine plane hit by Iranian air-defense missile, U.S. official says  2020年1月9日:ワシントン.ポスト

この記事は、8日に176人が死亡したウクライナの旅客機墜落の原因を解明するには困難な状況があることを伝えている。身元不明の当局者は、イランの将軍カシム.スレイマニが米国の空爆によって殺害されたことに対するイランの報復であると推測している。9日、トランプ大統領はホワイトハウスからの声明で「ミスの可能性がある」と述べた。ワシントン.ポスト(W.P)が9日に伝えた記事は以下の要点が含まれている。

⑴イランの対空システムには、ロシア製のTorミサイルが含まれている。記録上の問題を議論するため、匿名の条件(condition of anonymity)で語った米国当局者は「航空機がSA-15地対空ミサイル、Tor 防空バッテリー(Tor air-defense batteries)としても知られているロシア製システム(a Russian-made system)に打撃を受けたと考えている」と述べた。しかし、状況に関する他の詳細な情報は提供されていない。Torは、冷戦にまで遡り(dates back to the Cold War)、飛行機、ヘリコプター、無人機(drones)、または入って来るミサイル(incoming missiles)に対抗するシステムである。ロシアは2005年に、イランを含む多くの国に短距離から中距離(the short to medium range)のターゲットを達成するように設計されているTorシステムを輸出した。

⑵トランプ大統領は、ウクライナ旅客機の撃墜は「間違い」である可能性が高いと述べた。ホワイトハウスでの記者会見で、「まあ、疑念があります(I have my suspicions)。 他の人にもそれらの疑いがあるので、私はそれを言いたくありません。反対側で誰かがミスを犯したかもしれません。それは機械的なものだ(it was mechanical)と言う人もいます。 個人的には、それは質問外だと思います」と記者団に語った。欧州の情報当局はミスである可能性について同じ評価に達し、「飛行機はイラン人によって誤って射撃されたと信じている」と報告した。しかし、その情報はまだ評価されていない(that intelligence was still being assessed)。

⑶ウクライナの捜査官には、2014年にマレーシア航空17便の墜落事件の調査を支援した専門家が含まれている。ウクライナからの45人の専門家と捜索救助隊(search-and-rescue personnel)のチームは調査(probe)に参加する為、9日早くテヘランに到着し、9人の乗組員を含む11人のウクライナ人の遺体を特定して送還(identify and repatriate the bodies)した。ウクライナの調査官は、可能な撃墜の原因(possible causes of the crash)をエンジン故障(engine failure)とテロ攻撃の側面からも検討していると述べた。ウクライナの情報筋によると、捜査官はエンジンに火痕がないことを発見した。ウクライナの情報機関によると、米国は対空ミサイル.システム(an antiaircraft missile system)が飛行機を撃墜させた可能性が高いという評価をまだ共有していない(has not yet shared its assessment)。ウクライナは、紛争時(in times of conflict)に対空兵器(antiaircraft weapons)が民間航空機(civilian aircraft )にもたらすリスクに精通(familiar with)している。

2014年7月、マレーシア航空17便は、ウクライナ東部の反乱軍の領土(rebel territory)で作動しているロシアのBuk地対空システム(a Russian Buk surface-to-air missile system)によるミサイル発射で墜落した。アムステルダムからクアラルンプールへの飛行中に紛争地帯を通過していたボーイング777への攻撃により、機内298人全員が死亡した。オーストラリア、ベルギー、マレーシア、オランダ、ウクライナの共同調査チームは、対空ミサイル.システムを担当する(in charge of)ロシア軍ユニットを特定し、関与したロシアとウクライナ市民の告訴を追及した(have pursued prosecution)が、ロシアはこの事件の関与(any involvement in the incident)を否定した。

⑷ イランは、事故原因の分析に必要なフライト.データ.レコーダーをボーイングに送信できないと報告した。誰かが誤って撃墜させた(if someone mistakenly shot it down, )可能性があり、全体的なシステムは非公式性である為、米国の調査員が調査に参加する可能性がある。ウクライナ国際航空便は、8日午前6時12分にテヘランを出発し、地上管制との接触を突然失った時に8,000フィートに近づいていた(was approaching 8,000 feet)と当局者(officials)は述べた。飛行機の乗客は主にイラン人であったが、ヨーロッパ人と60人以上のカナダ人が含まれていた。イランの民間航空機関(Iran’s Civil Aviation Organization)からの報告では、地上および付近(in the vicinity)の別の飛行の乗組員間の目撃者は、ボーイング737-800が空中にいる間に火災が発生し、その後、遊園地近辺の現場に激突した(it slammed into a field near an amusement park)時に爆発が発生したと報告した。イランはフライト.データ.レコーダー(the flight data recorder)とコックピット.ボイスレコーダー(cockpit voice recorder)は復旧したが、破損していると伝えている。又、イランはこれらの「ブラックボックス」をボーイングと共有しないと述べたが、米国を含む他の国々が国際ガイドラインに従って(in accordance with international guidelines)調査に参加するよう招待された(have been invited)。

米国の無人機攻撃によって、ソレイマニ将軍が殺害された為、イランが単に犠牲者であると世界の人々を信じさせる巧妙さがあるかどうかも提起された疑問の一つである。ウクライナ政府は、イランとイラクの空域でウクライナ機の飛行をすべて停止した。この事件は米国がイランに対して旅行及び情報共有の制限を含めて、制裁を課している為、米国が調査に参加する点において、非常に問題を複雑にしていると伝えられている。ウクライナの旅客機事故は、人為的ミスか、又はテロ攻撃か、又は復讐か、その謎を解明するには困難な状況になっていることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。