アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of trump and mitch mcconnell vs Nancy Peloci on Jan. 12"By    ABC News

イランの将軍カシム.スレイマニを殺害した理由として、トランプ大統領は、複数の米国大使館が攻撃を受ける危険性があると主張したが、国防総省の長官は、その証拠を発見することができなかったと公言した。トランプの動機は、2020年の再戦に関係している可能性があるとの見方もある。12月18日にトランプを弾劾する二つの記事が通過して以来、下院議会の議長ナンシー.ペロシは、その記事を上院議会に送ることを保留していたが、今週上院に送る可能性がある。今週の主な進展は、イラク危機と弾劾裁判である。

トランプ大統領は4つの大使館が攻撃を受ける差し迫った危機があるとの新たな主張をしている。しかし、これは情報報告に関する「新たな疑問」を提起していると報告されている。最初、トランプは、スレイマニの勢力がバグダッドで「我々の大使館を爆破する」計画があると述べていたが、その後、オハイオ州トレドでの集会で「スレイマニは積極的に新しい攻撃を計画しており、バグダッドの大使館だけでなく、大使館を非常に真剣に見ていました」と最初の主張を拡大した。10日、フォックス.ニュースのキャスター、ローラ.イングラハムは、彼とのインタビューでスレイマニは「他の大使館に対して大規模な攻撃を計画していたのですか?もし、それらが計画されていたら、なぜ私たちはそれをアメリカの人々に明らかにできないのですか?それは貴方のケースに役立ちませんか?」と尋ねた。トランプはこれに対して「おそらく4つの大使館だっただろうと私が信じている事を明らかにすることができます」と言った。

しかし、機密情報を議論するために匿名を条件にワシントン.ポストに語った幾人かの行政官と防衛官は「バグダッドの大使館に対する陰謀について漠然とした情報しか知らず、その情報は完全に形成された陰謀を示唆していない」とし、具体性がないことを明らかにした。いずれの当局者も、複数の大使館に対する脅威はないと述べた。国防長官マーク.エスパーは12日、CBSの番組Face the Nationでのインタビューでイランが「4つの米国大使館を攻撃する」とトランプが主張したその「イラン計画の証拠を発見できなかった」と述べた。しかし、大統領の見解を共有していることを示唆した。アメリカ大使館は際立った存在感がある為、大使館は攻撃される可能性があると考えていると語り、大統領の発言に矛盾する態度を避けたが、政権の関係者は具体的なその証拠は発見されていないことを明白した。エスパーはCNNのジェイク.タッパーとのインタビューでも同様のことを語っているが、12日、両党の議員らは多種のニュース番組でのインタビューで、議会が要旨説明を受けたことに矛盾があると反応している。

下院議会のナンシー.ペロシは、12日、ABC ニュースのThis weekのホストであるジョージ. ステファノプロスとのインタビューで、証言を含む公正な裁判を「却下することは隠蔽です」と述べた。又、証言者を召喚するかどうかを投票しない場合、「その責任を負う必要があります」と述べ、「この大統領は終身弾劾されます」と述べた。ペロシは約3週間、弾劾記事を保留している理由について、上院議会多数派のリーダーであるミッチ.マコーネルを信頼していないからであると述べ、「私たちは弾劾に自信を持っています。そして、私たちは彼を職から追放するのに十分な証言があると思います。しかし、私たちはアメリカの人々に真実を見てもらいたいのですが、なぜ「共和党員は真実を恐れているのですか?」とペロシは語った。

これらの展開は、今週再度論争的になる可能性が高い主な注目点である。既に、トランプは彼のイラク政策でも、彼が再戦に有利であると考える個人的な理由に基づき、イランのスレイマニ将軍を殺害したのか、又はオバマのイラン政策に対抗しているのかとの疑問を提起している。スレイマニ殺害後、「イランの将軍殺害はトランプの再選を援助するか?」との疑問はBBCニュースの記者アンソニー.ズーチャーを含めて、ニューヨーク.タイムスなど幾つかの主要メディアが同様の疑惑を提起している。そのような状況から9日、下院議会は「イランとの戦争を行うトランプの能力を制限する」為の決議案に投票を行い通過した。下院議会はマコーネルから、上院裁判の詳細な規定報告を受けていない状況下で、今週上院裁判での管理者を決定するための投票を行い、議会への妨害と職権の乱用による二つの弾劾記事を上院に送る予定であると報告されている。ナンシーがトランプは「終身弾劾」されると述べた意味は、他にも多数の弾劾の理由があることを示唆している。ウクライナ.スキャンダルも含めて、トランプの外交政策は彼の政権の公職者の認識と一致していない為、引き続きイラン政策も、自身の政治的利益の為であることが証明された場合、彼は引き続き弾劾されるとの意味を暗示している。トランプは非常に不安的な大統領であることを示唆する状況は全く衰えていない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。