アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Trump vs John Roberts"By    Mother Jones

下院議会は明日投票を行い、上院議会に二つの弾劾記事を送ることを決定する。下院議長ナンシー.ペロシは、上院多数派リーダーのミッチ.マコーネルが公正な裁判を行うことを明白にするまで、記事を保留していたが、上院議会複数の共和党は、新たな証人を必要とする場合、その証人に関する投票を行う可能性がある状況になっている。ロシアがウクライナのガス会社をハッキングしたことが報告された同日、トランプは下院の弾劾記事を無効にするよう上院共和党に呼びかけたが、彼らはその要求を拒絶した。トランプは歴史上、三人目の大統領として上院での裁判に直面するが、最も気になる側面は最高裁判事の役割についてである。法律専門家は、この点についてどのように分析しているだろうか?

13日ペロシは弾劾記事を上院に送る準備をしている中で、民主党は上院共和党が証人を認可すると見ていると報告された。ペロシ議長は14日、公式に下院の弾劾管理者を任命し、二つの弾劾記事を上院に送信する決議案に15日投票を行い、トランプ大統領の裁判を今週開始できるようにしたと発表した。加えて、14日CBSニュースによると、ホワイトハウスの高官はCBSに、少なくとも4人、おそらく、それ以上の上院共和党が証人を呼ぶことに投票するだろうと益々信じていると語った。リサ.マーカウスキー(アラスカ)、スーザン.コリンズ(メイン)、ミット.ロムニー(ユタ)、おそらくコリー.ガードナーに加えて(コロラド)、ランド.ポール(ケンタッキー)、制度主義者と見られているラマー.アレクサンダー(テネシー)は「証人を呼ぶために投票するかもしれない」と予測されている。コリンズは上院共和党議員の小グループと協力して、新しい証言を可能にし、「証人を呼び出すことに対して完全にオープンであるべきだ」と述べた。ロムニーは、召喚状下で証言すると宣言した元国家安全保障顧問のジョン.ボルトンからの聴聞に興味を示しており、マーカウスキーは先週、上院はビル.クリントンの弾劾裁判のように進めるべきだと述べ、証人を必要とする場合、上院は裁判中に投票する公平な裁判を行うべきであると主張している。

トランプ大統領は最初、証人を召喚することを望んでいると述べていた。しかし、13日彼に対する弾劾容疑の完全な却下を要請した後に共和党上院議員はそれを拒否した。ほとんどの上院共和党は、トランプがウクライナとの取引で彼のオフィスの力を濫用し、その後下院での調査を妨害したという容疑に対する無罪を立証する裁判を熱望している。しかし、トランプは週末、上院に対し、下院調査官や彼自身の法務チームからの議論を聞くことなく、単に彼に対する告発を却下するよう促した。共和党は53議席の多数派であるが、即時却下の投票では通過しない可能性が高いと言われている。

先週、弾劾調査の真っ最中にロシアは、ジョー.バイデンの子息が役員を勤めたウクライナのガス会社ブリズマをハッキングしていたことが伝えられた。カリフォルニア州にあるサイバーセキュリティ会社の報告を引用した13日のワシントン.ポストによると、ロシアの軍事スパイは、トランプ大統領の弾劾裁判の中心にあるウクライナのガス会社をハッキングした。トランプ大統領は昨年、ガス会社とジョー.バイデンの息子との繋がりを調査するようウクライナに圧力をかけた。GURとして知られるロシアのスパイ代理店は11月初旬、ハッカーが電子メール.アカウントにアクセスできるようブリズマに対するサイバー.フィッシング.キャンペーンを開始した。この作戦は、トランプがウクライナ大統領ヴォロディミール.ゼレンスキーに、ブリズマとハンター.バイデンの調査を発表するよう求めることによって彼が彼のオフィスを濫用したかどうかを調査していた議会弾劾の時期と一致した。GURは2016年の大統領選で民主党大統領候補者ヒラリー.クリントンの選挙委員長のサーバーをハッキングし、盗んだメールを夏と秋に公開した。その開示は民主党大会を混乱させ、重要な最後の数週間でクリントンのキャンペーンを弱体化させた。米国の情報社会はそのような行動で「モスクワがトランプを援助し、クリントンを傷つけることを目指していた」と結論付けた。

上院裁判における最高裁主席判事ジョン.ロバーツの役割については非常に興味深い。14日、イエール大学の法学出身のアダム.リプタックは、ロバーツが「理性と礼節を誇る機関を後にして、党派戦争でマークされた機関に入る」が、裁判での最高裁判事の「責任は流動的で不明確であり、おそらく大部分は儀式的であることが判明するでしょう。確かなことは、彼の評判と最高裁の評判においては危険に満ちているということです」と述べている。コロンビア大学の法学教授であり、弾劾:ハンドブックの著者であるフィリップ.ボビットは「それは重いリフトではありませんが、彼を非常に不快な役割に置くでしょう。彼は確実に潰瘍になるでしょう」と述べた。ミズーリ大学の法学教授であり、高犯罪と軽罪:トランプ時代の弾劾の歴史の著者であるフランク.ボウマンは「大統領弾劾裁判は最高裁を不慣れで歓迎されない領域に押し込んでいる。特にこれは非常に有毒です」と述べ、どちらの側に対する偏見の認識も、裁判所の制度的正当性を損なう可能性があることを彼は心配するでしょう」と述べた。

最高裁による党派的な態度は、その機関の評判を著しく低下させると警告されている中で、ロバーツ判事は12月年次報告書を公開し、連邦司法の論争に関する彼の立場を暗示した。彼は「私たちは、国家の団結と安定の重要な源泉である強く独立した司法を祝うべきです。しかし、正義は不可避である事も忘れてはなりません。新年が始まり、私たちの前の仕事に目を向けます。私たちはそれぞれ、法の下で平等な正義に対する厳然な義務を忠実に果たすという国民の信頼を維持するために最善を尽くすことを決心すべきです」と書いた。

下院議会のリーダーらが、弾劾記事を上院に移送する決定をした現在、公平な裁判を望む声が高くなっているタイミングに一致しているようである。1999年、裁判に直面したビル.クリントンとトランプの違いは、前者は全て書類や証人を提供したが、トランプは無実を主張しているものの、書類や証人の提供を全面的に拒否していることである。下院議会が弾劾調査を開始した時期にロシアがウクライナのガス会社をハッキングした事件も米国情報地域社会の調査結果が正しいことを印象づけている。最高裁主席判事ジョン.ロバーツの上院裁判での役割は儀式的なものであると言われているが、少なとも彼が印象づけた威厳を示す必要がある。トランプ大統領は彼に反する判決を下す判事に対して「オバマの判事」であると司法制度を分裂するコメントをした。2018年11月、ロバーツ判事は「オバマ裁判官やトランプ裁判官、ブッシュ裁判官、クリントン裁判官はいません。私たちにあるものは、彼らの前に現れた人たちと同等の権利を果たすために最善を尽くす献身的な裁判官の並外れたグループです」との声明を公開した。これは記録的なエピソードになっている為、ロバーツ判事はトランプの裁判で彼の公正性と威厳性が試されるはずである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。