アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Lev Parnas with Rachel Maddow"レフ.パルナス:2020 年 1月15日  By    PoliticusUAS

下院議会が上院議会に弾劾記事を送った15日、トランプの個人弁護士であるルディ.ジュリアニの仲間で、連邦選挙財政法違反で逮捕されたレフ.パルナスは、ジャーナリストであるレィチョー.マドウとの独占インタビューで、ウクライナの汚職ではなくトランプ大統領の政治的動機のためであり、トランプは全てを知っていると語った。上院では、トランプの弾劾裁判のため、最初の行政的な活動が行われてた16日、ウォッチドッグは、トランがウクライナへの安全保障援助金を保留した行為は法律違反であると宣言した。パルナスの話には、解雇されたウクライナの米国大使の事務所に共和党議員が監視カメラを設置したと述べたことに言及した。弾劾裁判が上院に移行するにつれて、トランプ大統領の立場を悪化する新たな情報が暴露されている。

弾劾記事が下院から上院に移行した初日の16日、下院7人の検察官は上院を訪問し、彼らの座席に案内された。上院情報委員会のアダム.シフは弾劾記事に対する彼を含む7人の使命について簡単なスピーチを行った。米国最高裁の主席判事ジョン.ロバーツは宣誓を行うため、東部時間午後13:37に上院に到着した。上院多数派リーダーのミッチ.マコーネルの紹介により、ロバーツ判事は上院古参のチャック.グラスリーのリードに基づき宣誓した。その後すぐ、ロバーツ判事のリードに従い、上院議員99人が同時宣誓を行い、それぞれ署名を行った。午後2時35分、ロバーツ判事は21日に再開すると述べ、行政的な初日のプロセスを終えた。下院議会の7人が検察官であるなら上院議員らは陪審員であり、ロバーツ判事はこの裁判の主要進行者である。

このような活動の最中、超党派の連邦監視機関である政府の説明責任局(GAO)は議会によって割り当てられた軍事援助金を大統領が保留することは、大統領の権限を制限する法律に違反していると述べた。GAOはホワイトハウスの管理予算局が、議会によって資金が割り当てられたにもかかわらず「政策上の理由」のために約4億ドルを保留した時、議会充当資金管理法に違反したと述べた。この決定は大統領自身が指示したものであり、下院の弾劾調査の際に、行政当局は、下院情報委員会の公聴会でその合法性について懸念を提起した。GAOは「法律の忠実な履行は、議会が制定した法律を彼自身の政策優先事項に代用することを大統領に許可していません。保留はプログラムに基づく遅延ではありませんでした」と述べた。しかし、大統領補佐官代理を務めるミック.ムルヴァニー長官が率いる管理予算局(OMB)の広報担当者であるレイチェル.センメルは「私たちはGAOの意見に反対します。 OMBは大統領の優先事項と法律に従って、納税者のドルが適切に使われるように、割り当てる権限を利用しています」と反論した。

マドウとの独占インタビューでレフ.パルナスが告発した主な内容は16日に報告されている。証言する意思のあった彼は、弾劾調査を行った下院議会に書類を含む情報を提供していたようである。同日このインタビューの主要点を伝えているNBCニュースによると、 ⑴ トランプ大統領はウクライナで「何が起こっているかを正確に知っていた」とパルナスは述べた「彼は私のすべての動きを知っていました。ルディ.ジュリアニは、大統領の同意なしには何もしません」と付け加えた。トランプ、ジュリアニ、パルナス、イゴア.フルマンと4人一緒に撮影した写真が公開されている事について、トランプは「私は誰とでも一緒に写真を撮ります」と述べ、彼らを知らないと語った。このトランプの発言について、マドウに聞かれた時、パルナスはトランプに言及し、「彼は嘘をつきます。私たちは友達ではありません。しかし、彼は私たちが誰であるかを正確に知っています。特に、多くのイベントで私は彼とやり取りしましたので、彼は私が誰であるかを正確に知っています」と語った。

⑵ パルナスは、「何が起きているかをみんな知っていた」と述べ、副大統領マイク.ペンス、司法長官ウィリアム.バァー、および国家安全保障顧問のジョン.ボルトンはすべて、何が起こっているかに関して主要メンバーであるとし、弾劾調査中に欧州連合の大使であるゴードン.ソンドランドが証言した表現を引用した。パルナスは、トランプがペンスに5月に開催されたウクライナのヴォロディミール.ゼレンスキー大統領の就任式に出席しないよう命じたと言った。トランプが望んでいた元副大統領のジョー.バイデン、息子のハンター.バイデンおよび民主党に対する調査は発表されていなかった為であると述べた。又、パルナス「私は(ペンスが)トランプを代表して、ポーランドを旅行し、これについて議論したことを知っているので、彼(トランプ)は知らなかったはずがない」と述べ、ペンスの9月のゼレンスキーとの議論を引用した。 その会話は弾劾プロセスで精査されている。ソンドランドは、昨年9月1日にポーランドでゼレンスキーと会談する前に、調査についてペンスと議論したと証言し、「ウクライナ人との会談の前に、私は援助(資金)の遅れが調査の問題と結びついているのではないかと心配していた」と証言した。(続)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。