アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

パルナスはまた、代表団の一員としてポーランドにいたボルトンに言及し、ゼレンスキーと会い、話をした彼がなぜ解雇されたのかとの疑問を提起し、元国家安全保障顧問は「言いことが多数あると信じている」と述べ、彼が鍵を握る証言者であることを示唆した。ボルトンは、召喚された場合、弾劾裁判で証言する意思があることを公表したが、トランプは、ボルトンの証言をブロックすることを示唆した。司法長官のバァーについて、パルナスはジュリアニがウクライナ調査の発表に関して司法長官と「絶対に」対話し、バーは「全てを知っていなければならなかった。バァー司法長官は基本的にチームに属していました」と述べた。

⑶ パルナスは、トランプが望んでいた調査は「決して汚職ではなかった」と述べた。数ヶ月間、トランプと彼の仲間がこれらの調査をウクライナに発表させる努力は、政治的敵対者に損害を与えるのではなく、国の腐敗と戦うためであると主張してきた。しかし、パルナスはこの努力の「全てがバイデン」であり、その圧力は「決して汚職に関するものではありませんでした。それは決してありませんでした。それは厳密にハンター.バイデンとジョー.バイデンを含むブリスマに関するものでした」と言った。

⑷ 軍事安全保障援助金だけが脅しではなく、ウクライナに対する援助金は全てテーブルに載せられていたと、パルナスは新たな情報を提供した。パルナスは、ジュリアニが彼にウクライナ大統領の側近を通して、ゼレンスキーにメッセージを届けるよう命令したと述べた。パルナスは、その補佐官に「非常に厳しいメッセージ」を伝えたと語った。「ルディ.ジュリアニ市長は、ホワイトハウスで大統領と会った後、私に電話した。メッセージは、軍事援助だけではなく、すべての援助についてでした。どのような類の援助を提供することも辞めることであり、基本的に彼らの関係は不毛なものでした」とパルナスは述べた。

⑸ トランプ政権によって解雇されたウクライナの米国大使マリー.ヨバノヴィッチは、コネチカットの共和党議員であるロバート.ハイドによって厳重に監視されていたとの最近公開された彼の記録の1つに言及した。パルナスはワシントンのトランプ.インターナショナル.ホテルで会ったことがあるハイドを「奇妙なキャラクター」と呼んだが、ハイドがヨバノビッチを監視したという主張を「まあ、それは真実だとは思わない」と語った。ハイドは「酔っていたので、私はそれを真剣に受け止めなかった」と述べ、その話に懐疑的であることを示唆した。ジュリアニは先月のインタビューで、トランプが望んだ調査をウクライナに発表させるためにはヨバノビッチは障害になると述べたが、後日「多くの理由で彼女を除去する必要があった」とツイートした。パルナスは、彼女が弾劾調査官にトランプのことを悪く言っているとの非難を信じていたことを謝罪し、「ブリズマ調査が彼女を追放した唯一の動機」であると語った。

⑹ 最後に、特別捜査官ロバート.ミュラーは2016年の大統領選挙にはロシアが干渉したとの米国17の情報機関の結論を立証した。ウクライナで最も裕福なビジネスマンの一人で、ロシアの犯罪組織のトップ階層にいるドミトリー.フィルタッシュは司法省によって過去2年間、贈収賄および不当な容疑で起訴の対象になっていた。彼はジュリアニに近い親トランプの弁護士2名を雇用した。彼らのコミュニケーションにおいて通訳を務めたパルナスは、この二人の弁護士が元特別顧問ミューラーの調査に損害を与える可能性のある情報を提供すれば、彼の容疑を取り下げることができるとフィルタッシュに語ったと述べた。パルナスは、ウクライナがバイデンの調査を発表することと、米国がフィルタッシュに対する告発を取り下げることとの間に関係があるとし、議題はウクライナ人がバイデンの調査を発表することを確認することであり「すべてが繋がっている」と述べた。ジュリアニは、彼とトランプ大統領はフィルタッシュとの関係は何もないと述べた。連邦検察官は12月法廷で、パルナスがフィルタッシュの弁護士から100万ドルの支払いを受けたと述べた。

要するに、トランプに対する弾劾裁判が上院に移動すると同時に複数の新たな情報が報告されている。これは、21日から本格的に始まる裁判で、マコーネルが望んでいる証言なしに素早く、トランプを無罪にする事は益々困難になっていることを示唆している。資金保留に関して、直接認識がある人物は元安全保障顧問のジョン.ボルトンおよびトランプの大統領補佐官ミック.ムルヴァニーである。パルナスは、インタビューで公的に語ることが、最終的には自分自身にとって安全であると述べたが、実際にはウクライナ.スキャンダルの中心人物である彼はトランプ大統領と完全に縁を切ったことを示唆した。彼は、逮捕され告訴された人物であるため、又、宣誓下で語っているわけではないので、どこまで信憑性があるかという点で、トランプ支持者の共和党議員は却下すると思われる。しかし、証言者を召喚することを希望する上院共和党は少なくとも5人いる為、下院委員会に書類を提供した人物は裁判中に召喚される可能性があることを示唆している。多数の証拠があると述べている下院議会の検察官らは、パルナスとトランプ内輪の高官の人物に関連するテキスト.メッセージ、写真、ボイスメールなどの証拠を上院の裁判で提供すると述べている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。