アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for IMages of Video" Trump is ordering to fire Yovanovich"By    Daily Mail

下院検察官らは三日間の裁判冒頭論議で、真実は出てくると結論づけた。その直後、ウクライナへの米国大使を解雇するよう命令しているトランプ大統領の会話ビデオが公開された。トランプの弁護士チームによる25日の最初の冒頭論議は、わずか2時間の短縮セッションで終えた。彼らはトランプ大統領は何も悪い事はしていないと主張したが、ウクライナ策略に関して、ほとんど事実に基づく論理的な意見を提供しなかった。彼らは月曜日東部時間午後1時から本格的に反論を再開するが、下院検察官のように長い時間をかけないと述べている。

土曜25日のトランプ弁護士チームの反論は、実際に何があったかを語ることより、真実を逸すかまたは歪める努力、及び個人攻撃が見られた。東部時間午前10時から開催された彼らの初日の冒頭論議で、ホワイトハウスの弁護士であるパット.シポロンは「彼らはここの上院に来て、貴方に大統領を解任する」よう要請し、選挙結果を覆すことが「彼らのプレゼンテーションの総体的象徴です」と言った。又、ワシントン外部のトランプの個人弁護士であるジェイ.セキュローは午前11時頃、2016年の大統領選でトランプ.キャンペーンとロシアとの共謀を調査した特別捜査官ロバート.ミュラーは共謀があるとの結論を述べていないと主張したが、ミュラーは報告書の中で、大統領が司法妨害を犯している可能性のある複数の事例を特定した事実を何も語らなかった。又、3日間の論議で、アダム.シフは2018年7月ヘルシンキでのトランプ及びロシアの大統領プーチンとの合同記者会見で、トランプが彼自身の情報機関より、ロシアのプーチンを信頼していることを示唆するトランプの発言を記録したビデオを紹介し「なぜ、トランプはクリストファー.レイ(現役共和党FBIディレクター)よりプーチンを信じているのか」との疑問を提起した。これに反応したと思われるセキュローは「大統領は、情報機関から与えられたアドバイスの幾つかを盲目的に信頼しない理由がある」と述べたが、その理由を説明しなかった。

論争能力では、現在のところ、下院議会メンバーのチームが優っている印象を与えている。事実トランプの熱心な支持者の一人で、主な共和党上院議員の一人は、下院検察官のリーダーであるアダム.シフのパーファーマンスを記者団の前で称賛するという稀なシーンがあった。昨年から、非常にトランプを擁護し始めた上院司法委員会の共和党委員長リンジィ.グレイアムは、23日午後10時頃、シフについて「彼の話は優れており、つづれ織りを作成し、証拠と電子メールの断片を利用し、美辞麗句を盛大に与え、良い仕事をしました」と評価した。

下院検察官らは三日間の裁判冒頭論議に割り当てられた24時間に満たない約22時間を費やし、トランプ大統領を事務所から解任するべきであると結論づけた。24日の最後の論議で、シフと彼のメンバーは、トランプ大統領が独裁者で危険な人物であり、彼が事務所に留まる場合、ロシアの攻撃を容易にし、大統領が外国政府に選挙援助を要請する憲法違反の行為を正常化し、米国は引き続き安全保障の危機に晒されると力説した。又、全ての証人と書類をブロックすることで、議会に対して前代未聞の隠匿を行ったとし、威厳のあるべき上院議会が、トランプと彼の政権にブロックされている証人と書類に対する召喚に投票しない場合、いずれ歴史がそれを裁くと述べた。又、今後も真実は引き続き現れると述べた直後にその一例が現れた。

24日、下院検察官らの約22時間の論議が終わった直議、トランプ大統領が幾人かの彼の同盟と食事をしながら、ウクライナへの米国大使マリー.ヨバノヴィッチを解雇するよう命令している会話のビデオが公開された。それは、大統領がウクライナの米国大使の追放を要求している新しい証拠である。その録音記録を入手し、最初に報告したABCニュースによると、トランプ大統領の個人弁護士であるルディ.ジュリアニの元ビジネス関係者で、昨年ニューヨークで起訴されたレフ.パルナスとイゴア.フルマンを含む小さな集会でドナルド.トランプが当時米国大使ヨバノヴィッチの解雇を望んでいたことを仲間に伝えている会話を記録したものである。この録音はトランプが彼らを「知らない」との主張に「矛盾している」ようであり、最近、NBCのジャーナリストであるレイチョー.マドーとの「インタビュー中にパルナスが語った事を裏付けている」という。その会話は「彼女を追い出しなさい。明日彼女を追放して下さい。私は気にしません。明日彼女を追い出しなさい。オッケー?」と話している。

このビデオは「2018年4月30日ワシントンD.C.のトランプ.インターナショナル.ホテルでの夕食会で記録された」と伝えられている。トランプは、特に彼が下院議会に弾劾されて以来、ソビエト生まれのアメリカ人であるパルナスを知らないと繰り返し語っているとABCは指摘している。会話の録音はフルマンによって行われたという。ジュリアニは2019年5月「私はウクライナ政府全体を威嚇できるほど強力である。三回試みたが、この歪曲した大使を解雇できない。彼女はまだそこにいると誰にも言わないでください」と、パルナスにメッセージを送った。ABCによると、このビデオにはトランプの長男ドナルド.トランプ.ジュニアが他の人と一緒に写真を撮るためにポーズをとっている様子も記録されている。トランプは彼を支援するスーパーPACのために、その夜ホテルで行われた大きなイベントに参加していた。トランプの会話を録音していた携帯電話はテーブルに置かれていたようであり、音声は大統領と他のゲストとの間の会話を録音し続けた。ビデオは他に誰が参加しているのか全て明白ではない。現在、この記録のコピーはニューヨーク州南部地区の連邦検察官の管理下にあり、当局はABCニュースが要請したコメントを拒否したという。このビデオは、国務省でも長年評価の高かったヨヴァノビッチ大使を不当に解雇したトランプの動機とウクライナ大統領ヴォロディミール.ゼレンスキーに同国のガス会社に勤務した元副大統領の子息ハンターを調査するよう要請した動機との関連性を解明する上で、重要な証拠になると見られている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。