アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of bigger threat of Coronavirus and world economy"By   Australian News Today

コロナウイルスの恐怖がグローバル経済に深刻な影響を与える可能性があると専門家が懸念を表明したと報告されている。米国では2月1日の時点で8人が感染したと伝えられている中で、隔離の準備を初めている。中国では14,000人以上が感染したと言われている現状を受けて、トランプ政権は過激な旅行禁止を制定した。米国の経済学者及び著名な米国企業の関係者は、この旅行禁止が経済的懸念を深める要因になっていると指摘している。

中国での感染が拡大している中で、トランプ政権は前代未聞の旅行制限を制定している。1日のワシントン.ポストによると、中国ではコロナウイルスの確定症例が14,400以上確認されており、そのうち10症例は台湾の自治島であり、300人以上が死亡している。世界保健機関(WHO)は、中国と台湾以外の20か国以上で約130のウイルスの感染症例を確定し、フィリピンは、中国とは無関係のウイルスに起因する最初の死を報告した。米国では最近中国の武漢市を旅行したボストンの男性が米国で8番目の症例として確認された。中国では経済的リスクが増大している。なぜなら、アップルのストアを含む全国の多くの企業は、少なくとも1週間閉鎖され、消費者は外出せず支出を削減している状況である。又、中国でコロナウイルスが急速に定着し、世界中に拡散し、世界中で約14,500人が記録されているため、国境は閉鎖され飛行便もキャンセルされている。米国は31日、中国への往復移動に前例のない旅行制限を課した。永住権者や米国市民の親族を除き、最近中国を訪問した外国人に対する米国入国を拒否し、帰国する米国市民に14日間の隔離を課した。国防総省は、海外から米国に到着したときに隔離する必要があるかもしれない1,000人に住宅支援を提供すると述べた。隔離場所を提供する可能性がある為、コロラド、カリフォルニア、テキサスの軍事施設が選択された。

程度の差はあれ、日本や中国を含めて、世界的に様々な旅行制限が行なわれている為、経済に影響がでて来るのは必然的かもしれない。1月28日のCNBCによると、モーガン.スタンレー.アジアの前会長スティーブン.ローチは同日CNBC の番組Trading Nationでのインタビューでコロナウイルスの発生が世界経済に大打撃を与える可能性があると警告した。彼は2003年の致命的な重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行の際に中国に滞在しており、増加が危険域にあるため、予期しない経済後退に導く可能性があるとし「弱い経済に耐えるクッションがない大きなショックは、予想外の不況に繋がる可能性があります」と述べた。ローチは博士号を取得した後、ワシントンD.C.のブルッキングス研究所の研究員を務め、ワシントンD.C.の連邦準備制度理事会の研究職員であり、1979年にモーガン.スタンレーに入社するまで、1972年から米国経済に関する連邦準備制度の公式予測の準備を監督していた経済学者である。

グローバル.ビジネスのCEOは既に、財務的な予測に影響を与えていると述べている。2日のニューヨーク.タイムスによると、地球規模での健康上の緊急事態は、世界経済をこれまで以上に米国を支援するより傷つける可能性が遥かに高いと指摘している。アップルやスターバックスなどのアメリカ企業も、中国とのビジネスで大きな損失を被る可能性がある。スターバックスは、2番目に大きな市場である中国で半数以上の店舗を閉鎖した。アップルの最高経営責任者(CEO)であるティム.クックは、この感染病の発生は既に財務予測に影響を及ぼしていると述べた。週末までに、幾つかの航空会社は中国への航行便をキャンセルし始め、出張や商品輸送を混乱させた。

中国経済と米国とのより深い商業的関係は急速に成長している為、新規コロナウイルスは、2003年に流行したSARSよりも「大きな経済的影響を与える」可能性があると予測されている。2月1日のフォーブスによると、2003年にSARSが拡散した時、中国のGDPは約1.6兆ドルであった。今日中国のGDPは約13兆ドルである。当時、中国は収益を上げる方法を探している米国企業の成長の中心であったが、これらの企業は現在、コロナウイルス拡散を最も懸念している「最前線」に置かれていいる。又、世界からの旅行者が多いラスベガスでは、億万長者であるシェルダン.アデルソンは、ラスベガス地域では「全ての従業員がマスクを着用しており、訪問者は感染の可能性を示す温度上昇についてスクリーニングされている」と述べたという。この状況は、外国から、特に中国から入国するビジネスマンさえ、隔離される可能性がある為、旅行の足止めになっている。

経済が成長している国ほど、その影響も大きくなる可能性があることを示唆している。ホワイトハウスの経済顧問は、このような状況が米国の経済に及ぼす影響を懸念していると伝えられている。世界又は米国で何らかの危機又は懸念に直面した場合、株式市場は必ず反応する。コロナウイルスの拡散により中国が足踏み状態になっている為、グローバル経済は悪い状況がエスカレートする恐れがあると伝えられている。事実1月31日には、ダウ.ジョーンズ工業平均は600ポイント以上下落し、スタンダード&プアーズ500指数とナスダック総合指数もそれぞれ下落した。デルタ航空とアメリカン航空などを含む米国の幾つかの航空会社はヨーロッパの航空会社と同様、中国への飛行便又はサービスを一時停止したと報告されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。