アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Senate trial on Feb. 3, 2020 Adam Schiff vs Seculow"By    WSIL

上院裁判で3日に開催された閉会論議は約4時間後の東部時間午後3時に終了した。今週、上院議会は下院議会の二つの弾劾記事に投票する為、トランプ大統領の弁護士はトランプに対する裁きは国民が選挙によって判断するべきであると主張し、二つの弾劾記事を却下するべきであると主張した。一方、弾劾調査を行った下院民主党側は、この混乱に対処する義務は国民ではなく上院議会であるとし、トランプを有罪にするよう説得する為の論争を展開した。検察官の役目を果たした下院民主党をリードしてきた下院情報委員会の委員長アダム.シフは閉会論議の幕を閉じる最後のスピーチで非常に流暢且つ情熱的に、真実、公正、品位の重要性について語り、上院議員らに対してHe is not who you areと警告した。最も簡単な英語でありながら、非常に深い意味のあるこの短い表現は何を意味している?

今年はトランプ大統領にとって重要な再選の年である為、トランプを擁護する弁護士らは有権者に委ねることを主張した。トランプの個人弁護士であるジェィ.セキュローは、下院議会は「弾劾の驚くべきパワーを安っぽくしました。残念なことに、この国はそれほど良くありませんが、私たちはこの母体(上院議会)に、国のため、憲法のため、これらの党派的な弾劾記事を廃止するよう強く要請します」と述べた。又「選挙には結果が伴います」とし、特定の政権又は特定の候補者の政策を好まない場合、他の候補者に自由に投票することを歓迎しますが、弾劾ではありません」と語った。彼らは最初から最後まで、事実及びトランプの行動の正当性について論議することを避け、下院の弾劾は党派的であると批判した彼らも党派的に公正な裁判を拒絶した。

27分のスピーチで閉会論議の全体の幕を閉じた下院検察官らのリーダーであるアダム.シフはトランプを有罪にしない限り、彼は引き続き不正を働く為、彼をホワイトハイスから除去することは上院の義務であると述べた。又、真実、公正、品位を強調し、彼は上院議会が真実を支持するよう訴えた。真実は「トランプには大したことではなくても、貴方にとっては重要です」と述べた。又「人格や倫理的羅針盤のない人は、最近、最も悪質な不正行為が発見され、決して彼の道を発見することはできないでしょう。彼は謝罪することはなく、悔い改めず、最も危険です」とトランプについて言及した。又、「彼は我々の国家安全保障を裏切ました。そして彼は再びそうします。彼は私たちの選挙の公正性を弱体化しました。彼は再びそうします。貴方は彼を変えません。彼を拘束することはできません。 彼はそのような人です。真実は彼にとって重要ではありません。 公正性は更に彼にとって重要ではなく、品位はまったく重要ではありません。真実は貴方にとって重要です。貴方にとって正しいことです。貴方は正当です。彼は貴方のような人ではないのです(He is not who you are)」と白熱したスピーチで、上院議員らが正しい行動を取らない場合、「歴史はトランプに親切ではない」為、彼らの決定は全て記録として歴史に残ると強烈に警告し、「もう十分です」と言える人がいるかと聞いた。

共和党議員はトランプ大統領をほぼ間違いなく無罪にすると予測されている中で、民主党下院議員らは、上院の正しい選択は、犯罪を犯した大統領を有罪にし、彼を事務所から解任することであると主張した。先週の投票で、51人の上院共和党議員らは証人や他の証拠文書を召喚することに反対票を投じた為、裁判を早急に終え、国民の希望を無視したことを示唆した。投票前日までは賛成票に投票すると言われたラマー.アレクサンダーとリサ.マーカウスキーの二人の共和党議員が立場を変えた為、民主党は直接詳細な事情を知っている元安全保障顧問ジョン.ボルトンを召喚することができなかった。アレクサンダーは基本的にトランプの行動が間違っていたと理解した為、他の情報を得る必要はないとの結論に至ったと後日語った。再選に直面している多くの上院共和党議員は、トランプ支持者の投票を必要としていることも事実である。再選に勝利することは、彼らの生存と多数派を維持する上で最も重要な党派的目標であることを示唆した。

アダム.シフは、歴史的な上院裁判での閉会論議の幕を閉じる最後のスピーチで、真実、公正、品性を訴え、虚偽を語り、真実を欺き、就任以来、数々の不正行為、倫理違反、告訴などの問題が報告されているドナルド.トランプと威厳と誇りある上院議員が同じ次元であってはならないと恥の意識を促した。又、上院共和党がトランプを無罪にすることで、彼ら自身が歴史に汚名を残してはならないと警告した。恐らく、3日のシフのスピーチはこれまで上院裁判での論議の中で最も迫力があったと思われる。シフが述べたように、大義名分より政治的な有利性を選択した彼らの行動は全て歴史の記録に残ることも真実である。一連の上院裁判で、シフは熱心に正義を訴えたが、パワーに固執しているリーダーに操作されている上院共和党を説得することはほとんど不可能であるとの印象を受けた。下院議会が弾劾した二つの記事に上院議員らは5日東部時間午後4時から投票を行う予定である。同時に、ワシントンDCでは多数のグループが、トランプの除去を求めてデモ抗議を行うことが計画されている。組織化された反トランプのグリープには一般市民、グリーンピース、女性の行進、銃規制推進組織、その他の団体が参加し、彼らは米国史上初めて証人を拒否した上院での裁判は無効であると主張する可能性もある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。