アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of end of impeachment of Trump Pelosi shred paper of Trump's speechBy    WDET

上院議会が弾劾記事に投票を行う前夜の4日、下院議会でトランプ大統領は一般教書演説を行なったが、弾劾という暗雲が立ち込めたフロアーで、色濃い党派的な分裂のドラマがあった。下院議会の議長ナンシー.ペロシは、スピーチの最後にトランプの原稿を引き裂くというフラストレーションを見せた。彼女は下院議会が12月18日に認可した二つの弾劾記事に対する5日の投票で、全ての上院共和党がトランプを無罪にすることを予測していたと思われる。しかし、その約一時間前、ミット.ロムニーは公式声明で、トランプ大統領は罪を犯したと述べ、「職権の濫用」では有罪に投票すると宣言した。

4日の東部時間9時から行われた一般教書演説を行う為、議長座席の前の表彰台に着いたトランプは、スピーチの原稿を視聴席から左側に立っていた副大統領マイク.ペンスに渡し、次に素早く隣のペロシにも渡した。彼女が握手を提供しようとした時、トランプは背を向けた。両氏の表情には最初から緊張感が見られた。彼が「職権の濫用」と「議会への妨害」で弾劾を受け、上院裁判に直面した事実は歴史に記録される為、トランプは生涯その傷を残すことになる。彼は日頃から原因を自身の内側に向けることはなく、恨みと報復の行動パターンを繰り返している為、和解はありえない。トランプは一般教書演説というドラマの舞台でもそれを見事に描いた。ペロシは、トランプのスピーチが終わった直後、彼が表彰台を完全に離れる前に彼から渡された全ての原稿を幾つかに分けて真っ二つに引き裂いた。彼女の行動には何の躊躇もなく、大統領と下院議長の溝は埋めることが不可能なほど深いことを示唆した。

最も党派的に分裂した瞬間は、トランプのスピーチ中、幾分過激的な発言をすることで知られている保守的なラジオ評論家ラッシュ.リンボーに大統領自由勲章を授与したことである。二階正面のゲスト席で彼の隣に座っていた大統領夫人メラニア.トランプはリンボーの首に青いリボンを結んだ。リンボーは数日前、進行性の肺癌と診断されたばかりである。共和党からは立席と拍手喝采があったが、民主党は着席のまま無言の驚きを表現した。国の分裂を促進する人物に、名誉の勲章を授与するという理由は、死を待つだけの状態になった彼れに対する同情だけである。トランプはその直後のスピーチで、憲法修正第二条の権利に触れ、彼が大統領である限り、銃保持の権利を守ると言った。共和党は拍手で歓迎したが、民主党は白けた表情で座っていた。ペロシと同様に、白い服装で身を包んでいた民主党女性達の姿は特に目立った。この日、銃の暴力で子供を失った幾人かのゲストが招待されていた。ペロシの夫であるポール.ペロシやその他の特別ゲストの後ろに並んでいたフレッド.グッテンバーグは彼の14歳の娘が、2018年2月14日にフロリダ州パークランドの高校で射殺された悲劇を経験している。彼は立ち上がり「私の子供….」と叫んだが音声は明白ではなかった。

5日の東部時間午後4時から、二つの弾劾記事に対する投票が行われた。上院弾劾裁判はこの投票が最後のスケジュールになっていた為、最高裁主席判事ジョン.ロバーツは最後の進行役を務め、トランプの弁護士団及び下院検察官らも全員参加した。投票結果は以下の通りである。

弾劾記事 無罪 有罪
1.職権の濫用 52 48
2.議会への妨害 53 47

共和党多数派は53議席、独立派の2議席を含む47議席は民主党である。投票結果はいずれも党派的に割れたが、少なくとも「職権の濫用」に対して、一人の共和党議員が有罪に投票した為、一部は超党派の結果になったことを意味した。しかし、議会の妨害に対する投票では、全ての共和党議員が無罪にした。予測されていた通りトランプはいずれも二つの弾劾記事で無罪を宣告された。東部時間午後4時41分、キャピタル.ヒルでの全てのドラマは幕を閉じた。

投票の一時間以上前に上院のフロアで、ミット.ロムニー(ユタ州)は最初の共和党上院議員として「権力の濫用」の記事に賛成票を投じるとの声明を発表した。ロムニーは上院議員として、神の前で「公平な正義」を行使することを誓ったとし、真剣に証拠を検討した結果、大統領は「ひどい公共の信頼に反する行為をしたと確信させた」と述べた。又、大統領の弁護士らは「上院が弾劾決定を有権者に任せるべきだと主張しました。その論理は、有権者ではなく上院が大統領を試すという憲法の要件に矛盾しています。この義務を有権者に任せるのではなく、上院議員に委ねた建国の父らの決定は、国民の党派感情を可能な限り最小限に抑える事を意図しているとハミルトンは説明しました」と語った。ロムニーは、トランプが有権者のお金を利用し、ウクライナに政敵の調査を要求した「大統領の目的は個人的および政治的でした。それは私たちの選挙権、国家安全保障上の利益、そして私たちの基本的価値に対するひどい攻撃でした。選挙を腐敗させて職を維持することは、おそらく私が想像できる最も虐待的で破壊的な職務の宣誓違反です」と述べた。ロミニーは「大統領は国民の信頼の恐ろしい虐待に対して有罪です」と宣言し、「高犯罪と軽罪」をトランプが犯したと結論付けたことが「権力の濫用」の記事に賛成票を投じる理由であると説明した。彼は信仰者として、真剣にこの問題に取り組み、自党の大統領を有罪にする「最っとも厳しい決定に直面した」との苦痛を表明した。

上院のフロアーでロムニーの声明を聞いた民主党の幾人かは、感動して言葉にならなかったとの意味の感想を述べている。3日の最後の閉会論議で「もう十分です」と言える共和党は一人もいないのかと聞いた下院検察官らのリーダーであるアダム.シフは、ツイートで「この危険で不道徳な大統領に立ち向かい、道徳的な勇気を示し、宣誓に従い、公平な正義によって、有罪判決を下した人がそこにいました」とロムニーを称賛した。トランプの長男であるトランプ.ジュニアはロムニーを「共和党から離党させるべきである」とツイートした。弾劾のドラマは幕を閉じたが、ワシントンの党派的分裂は非常に根が深く、それは11月の選挙まで熾烈な戦いが続くこを示唆した

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。