アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Roger Stone and Andrew McCabe2020年 2月20日    By   New York Post

トランプ大統領の長年の友人であるロジャー.ストーンの判定は東部時間正午約30分過ぎ、ワシントンDCにある地区裁判所前で待っていた記者らが伝えた。この判定は、ほぼトランプ下の司法省長官が、服役年数を減少した通りの判定になった。米国最高の地位にある大統領と司法省長官が干渉した圧力はかなりの効力がある事を示唆した。判事はストーンが大統領のために隠匿したことで起訴されたと明言した。次の疑問は、トランプがストーンに恩赦を与えるかどうかである。トランプの最初の標的となった元FBIの副ディレクターのケースは閉鎖されたことが先週判明した。これらは何を示唆している?

辞任及び辞職した4人の検察官らはストーンの罰則を7年から9年に勧告していた。これに対するトランプの不満は怒涛のように響き、司法長官のウィリアム.バァーは37から46ヶ月の刑務の減少に調整する要請をしていた。20日ストーンは40ヶ月または3年4ヶ月の服役が言い渡された。加えて、20,000ドルの罰金が科せられ、40ヶ月の刑務後に2年の保護観察が与えられた。ロシア関連調査で、当時の特別捜査官ロバート.ミュラーが告訴した複数のトランプ.キャンペーンのメンバーの事件に関与している地区裁判所の判事エイミー.バーマン.ジャクソンは、判定前の長いスピーチで、ストーンは「大統領のために立ち上がったとして起訴されたのではなく、彼は大統領のために隠匿して起訴された」と述べた。又、刑罰を減少する推薦は「前代未聞」であると言った。しかし、彼女は「事件を取り巻く政治が彼女の最終決定に影響を与えなかった」ことを明確にしたと20日のワシントン.ポストは伝えている。

又、ジャクソン判事は「真実はまだ存在しています。真実はまだ重要です。そうではないロジャー.ストーンの主張、彼の信念、彼自身の嘘へのプライドは私たちの最も基本的な機関、私たちの民主主義の基盤に対する脅威です。罰せられない場合、それはある党にとっても別の党にとっても勝利ではありません。みんなが敗北します」と述べた。彼女は「被告の攻撃的な態度での周章狼狽と嫌悪は、党を超越すべきである」と付け加えた。ほとんど無感情で、コメントもせず、裁判所を出たストーンに対するトランプの恩赦は現実化する可能性がある。トランプはフォックス.ニュースのホストであるタッカー.カールソンが語ったビデオ.クリップをツイートした。そのビデオは、18日大統領が既に承認した一連の恩赦と服役軽減に言及していた為、トランプはストーンに恩赦を与えることができることを示唆した。

19日のニューヨーク.タイムスによると、トランプの恩赦は、友人、過去のビジネス関係者、支持者、又は寄付者であり「共通点」は、全てトランプとの「コネクション」であるという。弁護士事務所で取り扱われていない14,000件の恩赦の請願書は、現在司法省の事務所にあると言う。18日に恩赦又は刑務期限が軽減された人物らは、他の司法関係者が一切関与せず、全てトランプが個人的に選択したようである。ビル.クリントン大統領の下で恩赦弁護士を務め、現在は寛容を求めるクライアントを代表しているマーガレット.ラブは「もはや規則性の口実はありません」と述べ、「大統領は、公式の助言源に頼らずに自分で決定を下すことを誇りに思っているようですが、友人、同僚、政治的同盟者の推薦に基づいて行動しています」と述べた。トランプの顧問は「このプロセスがこの大統領に固有のものであることを認めた」が、彼は「刑事司法制度の過剰性に対抗することに個人的に従事した」ことを強調した。 2018年にトランプは恩赦に加えて、多くの犯罪者に判決の救済を提供するファースト.ステップ法に署名した。基本的に、トランプが最近恩赦又は服役軽減の恩恵を与えた人物を選択する「プロセスは、元大統領が使用した正式な手順を外れて、代わりに友情、名声、個人的な共感、および迫害の共有感覚によって推進された」という。その選択された11人は再選への寄付者、支持者、知人、以前のビジネス仲間などである。

トランプ大統領は、最近、特に上院での裁判が終わった後、大統領及び彼のキャンペーンがロシア関連の調査下に置かれたこと、彼が弾劾された最近までの苦い体験に激しい怒りを秘めていることを示唆する言動が目立っている。18日、トランプはアンドリュース共同基地の駐機場で、恩赦と服役軽減について、彼自身が「実際には、国の最高法執行官であると思います」と述べ、刑事事件に干渉する「法的権利」があることを強調した。自分自身を「国土の法律」であると宣言したトランプは別の機会で、ロシア関連調査でミュラーに協力した元FBIのディレクターであるジェイム.コミ及び検察官、電子メール問題では、調査されたものの、告訴する必要はないと宣言されたヒラリー.クリントンなどに対する罰は何もない為、不公平であると主張した。ロシア関連調査は「でっち上げ」であると繰り返し主張しているトランプは、ミュラーに告訴された判決を受けた人々を恩赦し、彼を調査下に置いた人々を全て罰する意図があるのではないかと懸念されている。上院裁判で釈放された後、トランプは鎖から「解き放たれ」益々「大胆」になったと言われている。その大胆さは、ロシアを調査していたコミを解雇した時から現れていた。事実、FBIの副ディレクターを務めたアンドリュー. マッガビーも大統領の標的にされ、昨年2月に解雇された。彼はその後、バァー下の司法省の調査に置かれていたが、その調査は先週閉鎖された。

今月14日、マッガビーは告訴されていないことが判明した。つまり、調査の結果、彼を起訴するような理由がなかったことを示唆している。同日の中道系メディアNPRによると、司法省はメディアに情報を漏洩した事ついて、捜査官に虚偽を語ったという同省の検査官による申し立てがあった後、マッガビーはしばらく調査の対象に置かれていたが、彼は「起訴されない」と伝えられた。マッガビーの弁護士の手紙で、同省は「現時点での全体的な状況と政府に知られているすべての情報に基づき、我々は問題が解決したと考えている」と述べた。しかし、この報告はトランプを満足させていない。トランプは繰り返し、公的にマッガビーを批判し、共和党はFBI内に政治的偏見があると主張し、コミの次に彼を攻撃の標的にした。調査員が記者への情報公開に関するエピソードについて率直性に欠けると結論付けた後、マッガビーは解雇された。マッガビーは無実を主張し、彼が「政治的報復の犠牲者」であると言い続けた。彼の弁護は「ついに、この問題に関して正義が行われた」と述べた。マッガビーは、ロシア関連調査に関与し、トランプに標的にされた最初の元FBI職員である。国土の法であると宣言し、益々大胆になっていると言われている大統領が、他の政敵を標的にし、彼と「コネクション」のある犯罪者を恩赦するという、過去には見られなかった事態があることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。