アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of super tuesday on March 3, 2020By    CBS Denver

民主党予備選の競争から3人が辞退した為、民主党大統領候補者のキャンペーンは幾分変化が生じている。先週、富豪者の一人はキャンペーンから辞退し、週末のサウス.キャロライナでの予備選ではジョー.バイデンがトップの支持を得た。2日、更に二人の候補者は彼らのキャンペーンを停止したことが判明した。明日は14州でのスーパー.チューズデイ(ST)が行われる。STでの候補者の競争状況およびSTでの重要な注目点は何か?

富豪者で気候変動の活動家であるトム.スタイヤーは彼のキャンペーンから2月29日に辞退した。彼は雄弁ではあるが、民主党候補者の中で広範な支持を得ていなかった。エイミー.クロバァシャーは2日、彼女のキャンペーンを終え、ジョー.バイデンを支持することを公表した。元サウスベンド市長のピート.バデェジェッジは最初の4州での競争で3番目に高いデレゲート数を獲得していたが、公然たる同性愛者であった彼は最初から幅広い支持基盤を拡大する上で限度があった。三人に共通した競争辞退の理由は、バイデンやサンダースのようにフロント.ランナーになれる可能性がない為である。そのような候補者が可能な限り早く辞退する事は他の可能性のある候補者のチャンスを援助することになる為、正しい決定である。マサチューセッツ州では、バデェジェッジが辞退したため、サンダースとウォーレンはここでデレゲート数を「均等に分割する」可能性がある。メイン州はサンダースが主導し、辞退したバデェジェッジに続いてブルンバーグが競争に連なった。バデェジェッジの終焉は彼と競争していたウォーレンを押し上げる可能性がある。

アイオワ、ニューハンプシャー、ネバダ、サウス.キャロライナの4州は最初のステップの競争を終えた。明日(3日)のSTは、14州の有権者が投票した結果、それぞれの候補者に割り当てられるデレゲートの数値が追加される。従って、残された候補者の中で、最終的に指名を受ける可能性のある人物は誰であるかがもっと明白になる。総体的に、今年の選挙で民主党の有権者が明白にしている点は、政策課題より、誰がトランプ大統領を打破できるかという観点から選択することである。民主党の主なイベントであるSTが行われる州は以下の14州である。このリストに含まれている数値は各州のデレゲート数である。人口の多いカリフォルニアは最も多い。各州の人口動態的要素や人気のある候補者の傾向は以下の通りである。

州名 候補者の競争状況
カリフォルニア 415 ラテン系アメリカ人は有権者の約30%を占めている。バーニー.サンダースはネバダ州で圧倒的に彼らの支持を獲得。
テキサス 228 ブルンバーグは、デレゲート数を取得するために必要な平均15%範囲内に至っている唯一の候補者である。
ノース.キャロライナ 110 黒人と年配者が多い。バイデンとサンダースはこのグループからの支持率で、バイデンが遥かにリードしている。
バージニア

 

99 バイデンは黒人有権者および40歳以上の白人女性からの支持を獲得し始めている。
マサチューセッツ

 

91 エリザベス.ウォーレンの故郷州であるが、85%は白人有権者である。サンダースはほとんどの世論調査でわずかながらリードしている。サンダースとウォーレンはここで代表を均等に分割する可能性がある。
ミネソタ

 

75 サンダースをリードしていた地元州の上院議員であるクロバァシャーの辞退後、彼が有利になると予測されている。
コロラド 67 サンダースとウォーレンが接戦になる可能性がある。
テネシー 64 バイデンはSTの広告に資金を投資している。
アラバマ 52 バイデンはアフリカ系アメリカ人の有権者の支持獲得を目指している。
オクラホマ

 

37 大学の学位を取得していない白人有権者の割合が最も高い。民主党の有権者の3分の1以上を占めている。バイデンとサンダースが接戦になる可能性がある。
アーカンソー

 

31 アーカンソー州はオクラホマ州と同様の人口動態がある。同州民主党員の27%は黒人で、34%は大学の学位を持たない白人である。マイケル.ブルンバーグとバイデンは統計的に接戦になる。
ユタ

 

29 白人州でラテン系の民主党は14%を占めている。先週の調査では、サンダースが最大28%、次にブルームバーグが19%である。
メイン

 

24 白人の有権者が最も多い州である。民主党の96%が白人であると推定されている。
バーモント 16 サンダースは彼の地元州で圧倒的に人気が高い。

情報源: NPR

2日に14州で開催されるSTの競争は民主党大統領候補者のキャンペーンで最初の転換期を迎えることになる。ここでの競争で注目する点は幾つかある。(1)サンダースは勢いを得るだろうか?バイデンがサウス.キャロライナで勝利した為、サンダースとの距離は非常に縮まっている。現在バイデンのデレゲート獲得数は53でトップのサンダースの60に近い。これがどのように変化するか注目に値する。サンダースのライバルはバイデン、ウォーレン、ブルームバーグである。彼はまだトップを維持すると確信している。

(2) デレゲート獲得数が3番目に高かったバデェジェッジは(26)は競争から辞退した為、同じく進歩的な候補者であるウォーレンが彼の支持者を握るか可能性があるだろうか?又は明日以降も彼女は「生存する」だろうか? (3) 投票でのブルンバーグの支持率はどのような状況になるだろうか? 彼はアイオワ、ニューハンプシャー、ネバダ、サウス.キャロライナの4州での競争をスキップするという「斬新な戦略」を用いた。彼は数週間前に勢いがあったが、最初の討論会で彼のパフォーマンスは「貧弱」であった為、その後の失速から跳ね返ることができるだろうか? これらはスーパー.チューズデイの競争を注目する上で最も重要な疑問点である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。