アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Biden and SandersBy     The Hill

スーパー.チューズデイ(ST)と呼ばれる14州の予備選での結果は昨夜判明した。前副大統領ジョー.バイデンは10州でリードし、再度支持率トップのフロント.ランナーに戻った。ほとんどバイデンとバーニー.サンダース両氏の対戦であったが、エリザベス.ウォーレンはまだ諦めていないようである。昨夜、競争から辞退した億万長者のマイケル.ブルンバーグは4日午後からのイベントでバイデンを支持すると宣言した。これらの状況は何を意味するだろうか?バイデンの勝利はなぜ、印象的なのか?

最初の3州の予備選またはコーカスで、バイデンは投票率が三位以下であったが、先週末サウス.キャロライナで勝利したことから、昨夜のスーパーチューズデイは注目されていた。ニューヨーク.タイムスの統計に基づく結果は以下の通りである。(D)はデレゲートと呼ばれている代議員又は代議人に言及する。以下の数値は今後更新される。

候補者名 投票数 STでの獲得数 合計獲得数(D)
バイデン 4,502,350 380 433
サンダース 3,660,250 328 388
ウォーレン 1,636,557   28   36
ブルンバーグ 1,700,570   12   12

サンダースは最もリベラルなカリフォルニア州で勝利した。同州では14州の中で代議人数が最も多い415あったにも関わらず、バイデンは他10州で勝利した為、14州での競争で獲得した代議人数もリードした。又、トランプ大統領が2016年にヒラリー.クリントンをリードしたテキサス州でもバイデンが勝利した。地元州であったバーモントでサンダースは圧倒的に勝利した。ウォーレンは地元州のマサチューセッツでさえ、トップで勝利したバイデン及び二位であったサンダースにリードされ、彼女の支持率は三位であった。それでも彼女は、競争を辞退せず先に進むと報告された。4日、彼女の投票は無駄になる為、辞退するよう要求する声もあり、プレッシャーに直面していると伝えられている。彼女の辞退決定は時間の問題かもしれない。サンダースは中道左翼派のバイデンに10州でリードされた為、これらの州では民主社会主義者であるサンダースを拒否したことを意味する。又、10州の民主党有権者は、非常に正常な政権の運営を望んでおり、政権後退を可能にする候補者はバイデンであると信じていることを示唆している。

これらの選挙結果は幾つかの点で、通念を破った印象がある。例えば、最初のアイオワ、ニューハンプシャー、ネバダなどで敗北した場合、フロント.ランナーに戻ることは非常に困難であると言われていたことが真実ではないことを示唆した。バイデンはST前のサウス.キャロライナの予備選で勝利した為、それが跳ね返りの原動力になったことは明白である。ワシントン.ポストの共和党ジャーナリストであるジェニファー.ルビンは4日の記事で、昨夜のSTでバイデンの勝利が印象的である理由について、バイデンの領域ではないと思われていたテキサス及びマサチューセッツで彼が勝利したことを挙げている。次に、ブルンバーグのように広告宣伝に大金を投資していないバイデンを有権者が支持したことは、もはや広告宣伝など「気にしない」状況になっていると述べた。又、今回の有権者は、論争で秀でるハーバード大学の教授であるウォーレンのように雄弁で「論争に勝つ候補者も気にしなかった」ことを示唆した。又、指名獲得争いはサンダースとの競争になる可能性がある為、バイデンは「民主党の民主党」という表現を好むとし、有権者は真の民主党を選ぶのか又は民党社会主義者を選択するか、競争は「二者択一」になった状況を見ていると述べている。

又、ルビンは、選挙の報道には幾つかの神話と誤解を招く観点があると指摘した。それらは ⑴ ブルームバーグの数字は、単なる名前の認識ではなく、真の支持を示しているとの誤解に対して、実際には幅は広いが深さがないと述べた。又、⑵ 全国で勝つには、多数の現地事務所と数百万ドル使って広告宣伝する必要があるとの神話に対して、バイデンには地方での事務所はほとんどなく、勝った州には事実上広告はなかったと説明した。⑶ 民主党はもっと左側に動いていた。しかし、実際には「党の偉大な真ん中は硬い中央左」である。⑷ 政策論争と討論でのパフォーマンスが結果を促進する。しかし、実際にはウォーレンは「投票箱で見事に失敗」した。⑸ 大群衆は大きな投票総数を意味する。しかし、サンダースの大群衆は、彼の支持者が望んだほど多くの勝利につながらなかった。⑹ サンダースには新しい若い有権者という武器があった。しかし、それは決して実現下しなかった。郊外の白人とアフリカ系アメリカ人は「トランプを追い払おうと必死になり、バイデンのために多大な投票参加」を促進したとルビンは説明している。

彼女が指摘した通り、知名度があり、広範に知られているが、政策では中身がなかった為、成功しないことを認識したブルンバーグは4日ニューヨーク市で東部時間午後3時に開催された集会で、彼をこれまで支持してきた有権者に感謝を表明した。又、彼はトランプを打破する戦いは終わっていないことを明確にし、バイデンを支持すると公表した。ブルンバーグは非常に真面目で正直な彼の友人であるバイデンがトランプを打破する最大のチャンスがある候補者であると述べ、彼の支持者が彼と一緒に参加し、バイデンを支持するよう要請した。ブルンバーグは「ドナルド.トランプを倒すことは、それを行うために最大の可能性がある候補者の後ろで団結することから始まると常に信じていました。昨日の投票後、その候補者は私の友人であり、偉大なアメリカ人であるジョー.バイデンであることは明らかです」と語った。サンダースとウォーレンは富豪者に課税する政策をアピールしている為、ブルンバーグのような富豪者を含むウォール街の金持ちはこの二人の候補者を好まないという現実的な側面を見逃せない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。