アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of shortages of masks, gloves, ventilators for hospitalsBy     USA Today

現在、数値は情報源によって異なり、引き続き一貫性はないが、グローバルでのCOVID-19確定症例は310,000から320,000の範囲であり、死者数は13,000から14,000の範囲である。米国では症例が27,000から29,000件、死者数は350から380人の範囲である。ニューヨーク市は今後人口の40%から80%が感染すると予測されている。議会は既に二つのコロナウイルス救済の法案を通過し、現在規模が大きい第3の法案に取り組んでいる。連邦準備銀行の専門家は、議会による数兆ドルの提供がある場合、経済的打撃にバランスを与えると述べている。現在、問題であるのはテスト器具と病院での医療用具が不足していることである。しかし、トランプ大統領はホワイトハウスの記者会見で、彼の医療チームと同席しながら、彼らとは180度異なる発言をしている。例えば、コロナウイルスのテスト器具不足、海軍の病院船派遣、抗マラリア薬の使用、医療用具での供給について全て矛盾している。

議会は、財務省と交渉した3つのコロナウイルス対策法案に取り組み、最初の法案であるコロナウイルスの準備と対応に関する補足予算法は既に可決し、トランプは3月6日に署名した。19日のタイム誌によると、この法案は83億ドルの資金を提供するためである。その用途は ① 予防接種の開発と研究、② 患者を治療する医療機関向けのマスクおよびその他の保護用具の費用、③ コロナウイルスを制御するためのテストを増やし、対策を実施するために政府のあらゆるレベルの保健機関を援助し、④ 中小企業向けのローン助成金に充てられる。下院議会が先導した二つ目の法案は、家族の最初のコロナウイルス対応法でありトランプは3月18日に署名した。この法案の資金は1,000億ドルを超えており、目的は ① 現在閉鎖に直面している学校給食に依存している子供のための食糧援助、② 解雇された労働者の失業保険、③ 州および地方政府の労働者のためのメディケイド基金、④ 無料のコロナウイルス.テストの支払いを援助する、⑤ 労働者に病気有給休暇を与える企業への払い戻しに利用することである。現在、第3の法案に取り組んでおり、最大の規模になる予算の詳細については交渉中である。現時点では、少なくとも「3つのバージョンの提案」があり、議員は通過する数日前に交渉する必要がある。

もし、三番目の法案が2兆ドルを超える規模であれば、全てが経済危機を救うと述べている専門家もいる。22日のロイターによると、セントルイス連邦準備銀行のジェームス.ブラード社長は数百万人のアメリカ人が社会隔離し、米国経済を閉鎖しているため「急速な跳ね返りの土台となる公衆衛生への投資」の重要性を強調している。彼は今後の経済打撃は推定2.5兆ドルになる可能性があるとして、パンデミックの経過を短縮するために閉鎖は不可欠である状況で、議会が2.5兆ドルを提供する事で「大規模な連邦政府の支援と結び付け、今後の隔離を通して人口を維持し、経済を停滞した場所から回復するための準備を整えなければならない」と述べた。その提供は失われた賃金及び失われたビジネスと一致するため、バランスを回復すると述べている。

問題はトランプの発言が当局者と異なっているため、引き続き混乱の要因になっている事である。コロナウイルスのテスト器具不足について、トランプ大統領はコロナウイルスのテストを受け、陰性の結果であったことが14日に公表された。副大統領マイク.ペンスと彼の妻は、側近の一人が陽性の結果を受けて、試験を受けた。21日に公表された夫妻の試験結果は陰性である。現在も簡単に試験を受けることができない米国人は多い。トランプが大幅に強調又は誇張していることはコロナウイルスのテストの頻度と利用度である。しかし、実際にはまだ大幅にテストを受けることが制限されている。加えて、海軍の病院船派遣に関して、トランプは18日、海軍がUSNSカンフォートとUSNSマーシィの2隻の病院船を派遣して、コロナウイルス患者のために治療を支援すると述べた。彼は2隻の船は準備ができており、来週から派遣することが可能であると言った。しかし、実際には、海軍の病院船は即時に治療を開始できる状態ではない。実際にはカンフォートはノーフォークで修理中であり、ニューヨークへ航海する準備が整うまでに数週間かかるという。サンディエゴに停留しているマーシィは医師や看護師を配置するまでに数日かかり、西海岸のどこかに配備する準備を進めているが、二つの病院船が即時に派遣できる状態ではないという。

抗マラリア薬の使用について、トランプは19日の記者会見でも、食品医薬品局(FDA)がコロナウイルスに苦しむ患者を治療するためにクロロキンと呼ばれる抗マラリア薬の使用を「承認」したと宣伝した。トランプは20日に彼が抗マラリア薬の使用を押し出していることを示唆するツイートを転送ツイートした。しかし、コロナウイルスに対する抗マラリア薬の使用はまだ保証されていない。疾患対策予防センター(CDC)によると、CDCはマラリア予防薬を選択する際いは幾つかの点について考慮する必要があると述べている。FDAは、更に研究が必要だと言っており、一部の専門医は懐疑的であるという。しかし、トランプはこれを熱心に奨励している。実際には、FDAは「FDAが迅速に承認した」とのトランプ発言の直後にそのような事実はないとし、トランプの主張を否定したと科学者サイトが述べている。

医療用具での供給:トランプ大統領、副大統領ペンス、国立衛生アレルギー感染症研究所の所長アンソニー.ファウチ博士、その他の数人の関係者が出席した21日のホワイトハウスでの記者会見では、医療用品の供給について、トランプの主張とファウチが現状を語る報告には驚きの違いがあった。米国は現在、医者や医療関係者を保護する医療用具が大幅に不足し、テスト器具も不足している状況である。医療品の供給が不足していると記者らが懸念を表明する中で、トランプは「私たちは、それがどれほど速いのか信じられないほど、多くの人々から素晴らしい見解を得ました」と言った。つまり、トランプは、医療供給は非常に早く行われていると主張した。彼の右側後部に立っていた、ファウチはその数分後、表彰台の前に移動し、そのトランプの主張とは180度異なり「本当に供給危機があった」ことを質問した記者の一人に「我々はそのようなことがあって欲しくありませんが、それは起こっています」と伝えた。

トランプは17日の記者会見で「私は常に知っていました。これは本当です。これはパンデミックです。それがパンデミックと呼ばれるずっと前から、私はパンデミックであると感じていました」と言った。議会メンバーとホワイトハウスは1月に情報当局から、米国でも蔓延することを報告されていたが、トランプはこれを深刻に受け止めていなかったことを示唆する発言を繰り返していた。現在トランプも参加するホワイトハウスでの記者会見は日々の日課になっている。20日、NBCの記者ピーター.アレクサンダーは、アメリカ人に「虚偽の希望」を与えようとしているのかと質問し「恐れているアメリカ人に何と言いますか」と聞いた。トランプは「貴方はひどい記者です。嫌な質問だ」と批判した。トランプは感染の症例が60に達した時、わずか15である為すぐ解消されると述べた。共和党コラムニストのマックス.ブーツはワシントン.ポストのオプエドで、ヒラリー.クリントンが勝利していたら、現在のような状況にはなっていないと主張している。つまり、1月には既に情報地域社会に警告されていた為、クリントンなら即時に拡大防止に取り組んでいたと仮説的批判をした。ホワイトハウスの最高司令官が混乱を招いている中で、幸い22日、米国上院多数派リーダーのミッチ.マコーネルは大規模な経済救済法案に23日投票する予定であるが、現在法案について民主党との交渉が続いていると記者会見で記者団に伝えた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。