アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of New York governor with convalescent plasmaBY     NBC News

世界保健機関(WHO)は今後世界で米国がコロナウイルスのエピセンターになると警告している中で、米国ではニューヨークがエピセンターになると予測されている。しかし、ニューヨークは、ジョンズ.ホプキンスの専門家さえ肯定的に反応している治療薬を最初に試験する州になる。このウイルスに抗体を示すコンバレスセント.プラズマと呼ばれる回復期血漿を利用する治療法の大規模な試験に成功した場合、Covid-19の感染は予想より早く減速する可能性もある。この治療法はどのようなものであり、どの程度、期待できるだろうか?

複数の情報筋によると、WHOは米国がCovid-19のエピセンター(震源地)になる可能性があると予告されている。24日のロイターによると、24日午前中までに194カ国での確認症例は約377,000に達し、死者は16,500人に達した。WHOの広報官マーガレット.ハリスはジュネーブで、記者団に米国での感染は急激に増加していると語った。過去24時間で、新規症例の85%はヨーロッパと米国で発生し、そのうち40%は米国で発生した。米国では23日の時点で、ウイルスは42,000人以上の人々に感染しており、少なくとも559人が死亡している。米国が新たなエピセンターになる可能性があるかどうかを尋ねられたハリスは「米国では現在、非常に大きな加速が見られているため、その可能性があります」と答えた。

そのような状況であるにも関わらず、トランプ大統領は感謝祭までに米国をオープンしたいと言っている。これは単なるトランプの個人的な希望であり、医療関係者や専門家の意見とは無関係であるようだ。特に、病院では医療用具、特にベンチレーターと呼ばれる人工呼吸器が不足している状況下である。ニューヨーク(NY)では10倍以上不足していると言われている。米国での感染で次のエピセンターになると予測されているNYは、試験薬を最初に利用する州になることが23日に報告された。NBCニュースによると、確定症例は23日午後の時点で約20,000件であり、150人が死亡しているNYの保健当局は、回復した人々から血漿を収集し、ウイルスと戦っている患者に抗体の豊富な液体を注入する事を計画している。

同州の知事アンドリュー.クオモは23日に1918年のインフルエンザの流行期に使用された回復期血漿(convalescent plasma)として知られるこの治療法を試験的に使用する計画を発表した。これは現代のワクチンや抗ウイルス薬が開発される前のものである為、一部の専門家は、「その治療は幾分原始的ではあるが、数か月かかる可能性がある更に洗練された治療法が開発されるまで、コロナウイルスと戦うための最良の希望かもしれない」と述べた。クオモは「その疾患に対する免疫系を刺激及び促進するテストで注射された人が抗体を示した」と語った。NY州の保健当局は、血漿試験を数日後に始める為、食品医薬品局(FDA)から承認を得ることを期待すると語った。FDAの広報当局は回復期血漿の「開発と入手を容易にするため、迅速に取り組んでいる」ことをNBCニュースに明確にした。先週、ホワイトハウスでの説明会で、FDA委員のスティーブン.ハーンは、この治療法が近い将来に闘う有望な選択肢として選択されたと述べた。加えて、専門家も称賛している。ジョンズ.ホプキンス.ブルンバーグ公衆衛生校の感染症専門家であるアルトゥーロ.カサデヴァル博士は、回復期血漿の広範な使用を求めていた為、「それは素晴らしいニュースだ」と述べた。彼は「これについて数週間前に話し始めたとき、それは単なる着想でしたが、今ではそれが現実になるようです」と語った。

コンバレスセント.プラズマの治療について調査しているFDAが24日に発表した公開文書によると、① 回復期血漿の使用は2009〜2010年のH1N1インフルエンザ.ウイルスの大流行、2003年のSARS-CoV-1の流行、および2012年のMERS-CoVの流行を含む他の呼吸器感染症の発生で研究されている。② 有望ではあるものの、回復期血漿は研究されたすべての疾患に有効であることを示唆していない。従って、Covid-19患者に回復期血漿を定期的に投与する前に、臨床試験を通して安全で効果的であることを確認することが重要である。③ 回復期血漿の使用の研究を望んでいる研究家は、伝統的な治験薬の規制に基づく治験的使用を求める要求をFDAに提出することを勧めている。④ Covid-19の回復期血漿はこの病気から回復した個人からのみ収集する必要があり、献血の資格に適合する個人に限定されている。それを判断するために必要なテストを通して、適切性が証明されている必要がある。

* H1N1インフルエンザはヒト.インフルエンザの最も一般的なグループ内の特定の人々に発生したAウイルスに言及する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。