アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Gov. Cuomo warns New York will run out of ventilators in just SIX ...By    Daily Mail

著名なメディア編集委員会はトランプがパンデミックに不適切な大統領であるとの怒りを表明した。複数の専門家は、トランプ政権のコロナウイルス戦略に統一性が欠如している為、人命を危機に晒していると警告した。新聞社の批判と専門家の警告は、米国が世界で最も非常に危険な状況に置かれている事を意味するだけでなく、コロナウイルスの対策にさえ、絶望的で驚異的な実態があることを報告している。パンデミックに対するトランプ政権の対応は危険なほど腐敗し、杜撰であることを示唆している。

ボストン.グローブの編集委員会は1919年に「物事はバラバラです。中心は保持できません」とW.B.イェイツ(アイルランドの詩人、ウィリアム.バトラー.イェイツ)が書いたとし、「1世紀後に起きていることは明らかです。エピセンターは保持できません」と述べた。又、「ホワイトハウスでの壊滅的な決定は、世界で最も裕福な国を未曾有の苦痛に陥れ、長い間、世界級の研究機関と医療分野での科学の進歩と医療革新を誇る米国は世界的なパンデミックの中心になっている」と指摘した。又Covid-19の「蔓延は世界中で攻撃的であるが、米国でのコロナウイルスの深刻な影響の多くは防止できるはずあると指摘した。しかし、「アメリカの国民はこの危機の最悪の事態に対処しているため、ここでのウイルスの到達は神の行為や外国の侵略によるものではなく、リーダーシップの巨大な失敗によるものであることを覚えておく価値がある」と怒りを表明している。感染者を分離し、ウイルスの蔓延を追跡して封じ込めるとともに、全国に希少な医療用具を製造および配布するため、行政は信頼できるテストを迅速に全国で展開する必要があるが、トランプ政権は「韓国が事実上行ったような行動」を開始しなかったと指摘し、トランプはパンデミックに直面した米国で最も不適格な大統領であるとして、その理由を列挙した。

トランプ大統領は、①  1月下旬、最初に確認されたコロナウイルスの症例が米国で発表された時リスクを軽視し、すべてが制御下にあると主張した。② ウイルスに晒されたすべての人々を積極的にテストするのではなく、国の症例数を(人為的に)低く保つことができるので、汚染されたクルーズ船の乗客を陸上に連れ込まないようにする事を望んでいると大統領は言った。③ 大統領は科学に対する彼の不信と弱体化に一致し、Covid-19の証明されていない治療法について国民を誤解させた。④ 彼は感謝祭までに国を解放させる為、社会的距離を終了すると言ったが、先週その主張を変え、3月28日にはニューヨーク、ニュージャージー、およびコネチカットに隔離を課すかどうかについても立場を変えた。⑤ 最新の経済刺激策で大統領は5,000億ドルの企業救済資金を監視することを約束したが、その一部は彼の家族が投資している旅行業界に寄付される。⑥ 大統領は最近、かなりの時間を記者会見に費やし、それを自身のキャンペーンに代用し、アメリカ人はすでに仕事、彼らの健康管理、そして彼らの命を失い始めているにも関わらず、金持ちがホワイトハウスで仕えることがどれほど難しいかについて不満を言った。⑦ 大統領は伝染病を「中国のウイルス」と呼び、人種的偏見を強め、発生を抑制し、病気を研究するため、他の国と適切に協力し合うことに失敗した。⑧大統領は責任を回避し、国立衛生研究所の科学者であるアンソニー.ファウチ博士が伝えている苦い真実を認めることを拒否し、米国のテストの展開に失敗した。

次にトランプ政権は過去2か月間で重大な過ちを犯した。それは ① 世界保健機関(WHO)のテストを採用する代わりに、独自の診断テストを開発する事を選択した為、大幅に失敗した。② 保護されずに放置されている患者が急増する全国の病院の医師や看護師に必要なガウン、マスク、人工呼吸器を配布する迅速な行動に失敗した。又、マサチューセッツ州を含む個々の州が医療供給品を購入しようとしていた時、トランプ政権は価格の交渉も含めて業者と州との間に介入した為、州が治療に必要な医療品を購入する事を非常に困難にした。③ 蔓延のサイクルのピークに達した時に全国の病院に配布できるように、非常に貴重な人工呼吸器とマスクを生産に投入するための防衛生産法の発動に遅れを取っている。その為、知事と市長らは助けを求めなくてはならない状況を築いた。④ 政権がパンデミックの脅威の事前変動で無駄に費やした月とその後の誤った行動は、必要以上にCovid-19の症例が指数関数的に増加している。つまり、「大統領の手は血で汚れており、腐敗と無能さによるその混合したメッセージは市場を混乱させ、アメリカ人の安心感を揺さぶっている。パンデミックは、この大統領職の最悪の特徴を明らかにしている」と述べている。

トランプ政権に対するボストン.グローブの編集委員会の批判を裏付ける懸念は、専門家も提起している。HIVとAIDSに関する研究で有名な生物学者、ウィリアム.ハセルティンは、トランプ政権下で起きている問題について、NBCニュースに語った。トランプ政権は、国家戦略を課すのではなく、コロナウイルスの危機への対応を州に任せるという決定をしている為、何千人もの命を奪い、蔓延は全土に行き渡る「集団発生につながる可能性が高い」と、十数人の公衆衛生専門家がNBCニュースに語った。トランプ大統領が「見えざる敵との戦争」と呼んだパンデミックを克服する「唯一の方法は、統一された連邦司令部を設立することです」と専門家は主張している。しかし、トランプはまだそれを行っていない。これまでのところ、連邦政府はそのすべての権限と影響力を活用して、テストと追跡の手段を劇的に拡大し、重要な医療機器の供給を十分確保し、50州すべての居住者に自宅滞在すことを要求していない。専門家は、そのような国家戦略なしで過ぎ去る毎日は、Covid-19による米国の最終的な死者数を増やすだけであり、公開市場で必要な医療用具を購入する州はお互いに競争し、それを入手しなくてはならず、十分なテストと機材はなく、誰がウイルスに感染していて、どこに蔓延しているかを追跡する能力はほとんどない。ハセルティンは「これは私たちが国中で対処しなければならない問題です。これは国の問題です。国の対応が必要です」と述べた。専門家は「第二次世界大戦中の国の動員に似た規模で実行されるような国家の行動計画がない場合、一部の病院は引き続き不足に苦しみ、米国はCovid- 19が拡大し、ウイルスを制御する事が遥かに困難になる」と述べた。

NBCによると、トランプの「分散型アプローチは韓国の行動とはまったく対照的」である。韓国は、自宅待機、テスト、監視の積極的な国家プログラムを迅速に実施することで集団発生を封じ込めることに成功した。専門家は、米国でテストが劇的に実施されるまで、通常の生活に戻ることは非常に危険である。 Covid-19追跡プロジェクトによると、4月2日の時点で、全国で合計120万回のテストが行われているが、それは専門家が必要であると述べているほんの一部に過ぎない。政府がパンダミックを管理している韓国やシンガポールでは症例の曲線は平らになった」という。ハーバード大学公衆衛生学部の医学研究所の会長であるハーベイ.ファインバーグ博士は「大統領はコロナウイルスと戦争をしていると言っています。勝つために戦わなければならない戦争です」と語った。公衆衛生の専門家であり、パンデミックによって引き起こされる危険の増加を警告する複数の本の著者であるローリー.ギャレットは「ウイルスは私たちを打ち負かしています。それは新たに出現し、驚くべきものです。私たちはそれがどこにいるのかわかりません。どこに行くのかわかりません。どのように拡大するのかわかりません。従う戦略がありません」と述べた。

要するに、コロナウイルスの蔓延は米国が世界のエピセンターになり、日々全州に拡大している緊急事態である為、国の統一したガイドラインと対応を必要としているが、トランプは最初から、連邦政府と彼の責任義務を公的に拒否している。従って、現在米国でエピセンターになっているニューヨークでは医療用具が不足しているにも関わらず、援助を行っていない。ニューヨーク知事のアンドリュー.クオモはほぼ毎日の記者会見で状況を説明し、公衆衛生のパンデミックを指揮するのは連邦政府であり、州ではないと述べている。先週木曜日のホワイトハウスの記者会見には突然、公衆衛生の分野では素人であるトランプの娘婿ジャレッド.クシュナーが現れ、現在問題になっている連邦保存医療器具について、それらは州のものではなく「我々のものです」と言った為、記者らを混乱させた。クシュナーは、連邦政府が保持している医療品は、連邦政府が必要に応じて州に提供するが、州だけの物ではないとの意味であったと現在、解釈されている。驚くことに、州の病院で不足してる人工呼吸器を連邦政府が必要な州に速やかに提供していない状況下で、クオモ知事は4日の記者会見で、財団の所有者ジョセフとクララ.ツァイ夫妻の援助により、中国政府が寄付した1,000の人工呼吸器は4日遅く、ニューヨーク市のジョンF.ケネディ国際空港に到着すると報告した。彼は、数日以内に品切れになると述べていた為、安堵したと思われる。トランプ政権は、自宅待機指示を各知事に要請することさえ拒否していることも含めて、統一化した体制で、テスト戦略、戦略的医療システムを国有化していない為、州は連邦政府と同じ資源を求めて競争している状況である。その結果、特に民主党知事と医師は防止用具の重大な不足を報告しており、人々がウイルスの検査を受けることは依然として非常に困難であり、一部のアメリカ人はまだ他人と距離を置くための「ガイダンスにさえ注意を払っていない」状況である。現在、トランプ政権内での混乱と分裂は顕著である為、実際に連邦政府が保存している医療用具はどの州に提供されているのか不明である。しかし、エピセンターになっている圧倒的にリベラル州のニューヨークには提供されていないことは明らかである。いずれにしても、統一化した体制で、連邦政府が保存している医療用具を必要な州に運ぶ指揮官は米軍であると提案されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。