アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Opinion | What Would Happen if Twitter Banned Trump? - The New ...By     The New York Times

トランプは記者会見又はツイートで日々虚偽又は誤情報を平然と伝えるが、ここ数日の動きは黙認可能な範囲を超えている。最近、党派に関係なく、多数の州は郵送による投票又は不在者投票を推進している為、トランプは誤情報に基づき、郵送による投票に対抗し、その言動はエスカレートしている。主要なソーシャル.メディアのツイッターは遂に、トランプの連続ツイートの末尾にそれぞれ、郵便投票に関する事実を確認するようブルーの文字で一行のメッセージによるファクト.チェツクをリンクした。これに怒ったトランプは大統領令によってソーシャルメディアを弾圧する方針を明らかにし、28日夕方その行政命令に署名した。

トランプは26日午前中、長いツイートを分割して「郵送投票が実質的にほとんど詐欺にはならないということはありません。ゼロです。郵便受けは強奪され、投票用紙は偽造され、さらには違法に印刷され、不正に署名されることさえある」と書いた。これに続くツイートで「カリフォルニア州知事は何百万人もの人々に投票用紙を送っています。彼らが誰であるにせよ、彼らがそこにたどり着いたとしても、州に住んでいる人は誰でもそれを得るでしょう。その後、専門家はこれらすべての人々に告げることになります。その多くは、以前どのように、誰のために投票するかさえ考えたこともありませんでした。これは不正選挙になります」と書いている。この二つのツイートに対して、ツイッターは同日の午後、彼の各ツイートにリンクを追加し、ユーザーに「郵送投票に関する事実を入手する」オプションを提供したと、ビジネス.インサイダーが解説した。又、「リンクをクリックすると、トランプは、郵送による投票が有権者の詐欺につながるという根拠のない主張をしている」というツイッターの『モーメント』ページにユーザーを連れて行きます。上部近くに『知っておくべきこと』というタイトルのセクションがあり、トランプの主張とそれらが何らかのメリットを持っているかどうかを要約した幾つかの箇条書きが含まれています」とそのリンクを説明している。加えて、「トランプの主張に反して、有権者詐欺、特に不在者投票用紙の不正使用は非常に稀です。それでも大統領は不在者投票を繰り返し罵り、彼と彼自身の家族が郵便投票したにもかかわらず、それが広範囲の投票詐欺につながると誤って主張しました」と述べている。

郵便投票に対する大統領のツイートに困惑する有権者も出てくる為、トランプのその虚偽のツイートはファクト.チェックをリンクしたツイッターによって、彼の間違いが修正された。これは非常に珍しいエピソードである。一般的に、全ての主要メディアは党派に関係なく、全ての大統領に対して、彼らが公的に正確ではない情報を国民に伝えた場合、ファクト.チェック機能を利用し、訂正することは頻繁にある。しかし、トランプの大統領令の脅しは27日に始まり、28日夕方、彼が署名する様子が報道された。その大統領令は、彼の政権内の連邦通信委員会(FCC)に対して、ソーシャル.メディアを監視する結果になる行動を取るよう命令している。論争的なトランプの大統領令は、両党の二人の議員に紹介され、1996年に施行された通信品位法の230条項に関連している。トランプはこの「230条項を攻撃している」という。この法律は「インターネットの対話式コンピューター.サービスのプロバイダーまたはユーザーは、他の情報コンテンツのプロバイダーによって提供される情報の発行者または話者として扱われない」と規定している。

トランプの大統領令の論争的な問題を解説している28日のワシントン.ポストのオピニオン.ライター、グレッグ.サージェントによると、この法律は多くのコンテンツに対して責任を負うことから保護している。しかし、「トランプは保守派からの議論を進めており、トランプは彼のツイート記事に対して、独自のファクト.チェックのコンテンツが追加されることによって、(ツイッターは)彼を検閲している為、パブリッシャーの役割の方向性を変えている為、もはや特別な責任保護に値しない」と主張している。この法律の起草者であるロン.ワイデン(民主党)上院議員が指摘したように、トランプの「この議論はばかげています」とし、「ソーシャル.メディア企業は、中傷的なコンテンツに対して責任を負うことなく、社会的に有益な理由で、特定の本当に悪質なコンテンツを監視することができます。それはプラットフォームに残されたため、監視の少ない、より多くの声を特徴付けることができるようになりました」とサージェントは説明している。ワシントン.ポストのファクト.チェック.チームは既にツイートでのトランプによる16,000の虚偽を記録している。トランプが望んでいることは二つある。その一つは「トランプは、事実確認を一切行わずに、ツイッターやその他のプラットフォーム上で一切の責任を負わず、虚偽を語りたいと考えている」事である。二つ目は「トランプは、病気や死への恐怖が投票を阻止し、投票率を低く抑えることを期待し、ツイッターがパンデミック中、安全に投票するための選択肢を人々に知らせることを望んでいない」と分析している。それを達成する為に「トランプがこれらの深く腐敗した目標に向けて国家権力を利用しようとしている現在、トランプの嘘の遺産に新たな低級さを示めしている」とサージェントは述べている。

トランプが今日署名した「大統領令は、Twitter、Facebook、Googleなどのテクノロジー企業が享受する法的保護を制限するための措置を講じることである。大統領令の「表面的な正当化は、行政命令の草案が伝えているように、それがテクノロジー企業による『選択的検閲』と戦うのに役立つということです。しかし、トランプ自身は『保守的な声を完全に沈黙させる』ソーシャルメディア企業を『強力に規制』する計画を明示的に宣言することにより、すでにゲームを放棄しています。トランプがここで話している「声」とは自分の声である事を明確にしました」とサージェントは伝えている。ツイッターがトランプの「郵便投票が詐欺にまみれた」という嘘を修正した後、トランプはそのファック.チェックを引用し、ツイッターが選挙に「干渉している」とツイートした。

この論争的な大統領令は法廷での紛争に発展する可能性がある。28日のニューヨーク.タイムスによると、この法律に関する法的紛争は以前も何回かあるが、最高裁は230条を保持することで、インターネット企業を繰り返し味方し、現代のインターネットの繁栄を可能にした。サイトは許可されているものと許可されていないものに対して独自のルールを設定し、コンテンツを管理することが可能であり、訪問者によるすべての投稿に対して責任を負うことはない。多くのテクノロジー企業を含むこの230条項の擁護者は、法令の廃止又は如何なる変更もオンラインでの議論を妨げる場合があると主張している。一方、一部の共和党議員は、テクノロジー企業は保守派を検閲し、それによって法律に違反しているため、もはや保護を享受してはならないと主張し、インターネットは「真の多様な政治的談話の場」であるべきだと述べている。一部の民主党議員は、小規模および大規模のインターネット.サイトは、230条項で保護されているため、問題のあるコンテンツを削除したり、嫌がらせに取り組んだりすることに真剣ではないと主張している。ボストン大学の法律教授であり、この法律について広範囲に書いたダニエル.シトロンは「それを稼いでいない人、それに値しない人々に免除を与えています」と言った。

シトロンのコメントは憎悪表現、人種差別、反ユダヤなど、実際に銃撃事件を招いているコンテンツも230条によって保護されているという事実を指摘していると思われる。ソーシャル.メディアの暴力的メッセージのコンテンツも放置されている状況を見直す必要はあるかもしれないが、米国のリーダーが政治的利点から、極端な虚偽を語ることが無視され続けた場合、人種差別のメッセージに劣らず、秩序を乱す場合がある。230条の変化を求めているトランプ自身がソーシャル.メディアを利用し、重要な課題に関して、自由奔放に虚偽をツイートすることほど有害な混沌はない。トランプ大統領には、再選されなくてはならない個人的な動機が幾つかあることは既に知られている。彼は大統領の立場を利用して如何なる手段を使ってでも、再選に勝利する努力をするとの予感は的中している。要するに、今起きている論争的な問題はトランプの虚偽のツイートに対して、ファクト.チェックでその虚偽又は誤情報を訂正したツイッター又はソーシャル.メディアを閉鎖するような手段で弾圧する意図があるということである。トランプは26日のツイートを通して、彼が郵便投票にかなりの恐怖を抱いている事を明らかにした。彼はそのツイートで、郵送での投票用紙は、投票登録名簿から確認されている有権者のみに郵送される為、投票権のない個人に郵送されることはないという現実を知らないか又は認識不足のふりをしているかのいずれかである事を示唆している。憲法学者のローレンス.トライブは今日、MSNBCのテレビ.インタビューで、トランプの大統領令は憲法に影響を与えることはないと述べている。別の批評家は、選挙に敗北した場合、犯罪捜査に直面するトランプは絶対的に再選される必要がある為、これは彼の顕著な妨害であると指摘した。つまり、トランプは益々彼が敗北すると認識し始めている事を示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。