アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Police officers kneel and march in solidarity with protesters ...By   CBS News

現在、幾つかの地域で、抗議者らに敬意を表する為、膝まずいて首を垂れるジェスチャーを示し、抗議者と握手し、抱擁する警察官達もいる中で、トランプ大統領は知事を弱いと批判し、抗議者を支配するよう呼びかけている。一方、オバマ前大統領は、この抗議がまだ続くなら、司法システムを変えるため、州や地元の政治家に選挙を通して訴えるよう呼びかけた。抗議者らを意識したオバマの記事は、白昼、公然と黒人を窒息死させる行為も含めて、繰り返し、致命的な拘束方法を用いる人種差別者の警官らによる正義欠如の社会を変革するための抗議になるなら、それは真の転換期になると述べている。

今日、全米の各地で、警察官が抗議者らに同情を示す場面が描写されている。ワシントン州では5月31日、スポケーンにある郡庁舎に集まった抗議者たちの歓声に警察官らは彼らに対する敬意と同情を示す為、彼らの前に一列になってひざまずいた。中には抗議者と握手する警官もいた。フロリダ州のマイアミでは多くの警察官らが、抗議者の前でひざまずいて首を垂れた。アイオワ州デモインでは、抗議者と警察官集団を分離する柵の前で、全員の警察官がひざまずく場面があった。又、二人の警察官はひざまずいた状態で、抗議者らは安全で平和的に留まるよう声をかけた。ミシガン州フリントでは二つの郡で、それぞれ警察署長が平和的な行進を行う抗議者たちに参加した。又、昨夜、抗議者の一人と話をした警察官は、二回その抗議者を抱擁し、抗議者の悲しみを分かち合おうとする瞬間が放映された。6月1日、これらの感動的な瞬間がテレビ.ニュースやソーシャル.メディアに紹介されている。ほぼ全ての抗議者は、携帯を握った状態で可能な限り、事件の記録を残そうとしている事も、進化したテクノロジー時代の強みである。

日曜日の夜も喧騒と波乱が続いている中で、トランプ大統領は1日、ホワイトハウスでの電話会議中、全州の知事は「弱い」と呼び、もっと抗議者を「支配する」ように促したとホワイトハウスの役員が匿名でワシントン.ポストに語った。7日間続いている抗議中に、二人が死亡している。その事件の一つはケンタッキー州で起きた。同州の民主党知事アンディ.ベシャーは、ルイビル警察と国家警備隊との夜間の対立で、男性が致命的に撃たれた為、1日に州の調査を命じた。昨夜までに、4,000人以上の人々が逮捕された。ニューヨークでは、市内で何百人もの人々が逮捕され、その中の一人はビル.デ.ブラシオ市長の娘キアラである。Facebookの数人の従業員は、デモ参加者に関するトランプ大統領の分裂的な投稿に対して、何の措置も講じない最高経営責任者マーク.ザッカーバーグを公的に非難したとワシントン.ポストが伝えている。

オバマ前大統領は、トランプ大統領が抗議者に対して公式声明を行う前に、体制的な変化に関する提案をした。オバマは、怒りと悲しみの抗議活動が現在の司法システムを変革する方向に導く為であるなら、それは真実の転換期になると抗議者に伝えた。比較的長い彼の記事は「この瞬間をどのように真の変化による転換期にするか(How to Make this Moment the Turning Point for Real Change)」というタイトルが示す通り、幾つかの観点から、司法制度を変える為には政治家にその変革を促さなくてはならないと述べている。オバマ前大統領はその記事の中で次のように述べている。

⑴  全国的な抗議の波は米国での警察の慣行と、より広範な刑事司法制度の改革に対する長年の失敗に対する真の正当な欲求不満を表している。参加者の圧倒的多数は平和的で、勇気があり、責任があり、尊敬と支援に値する。しかし、少数の人々は純粋な怒りや単なる日和見主義であるかどうかに関係なく、無実の人々を危険に晒している為、暴力を正当化及び合理化するべきではない。事実、近所の唯一の食料品店が破壊された為、涙を流しながら、インタビューを受けた年配の黒人女性の姿を見たと語り、その店が戻るまでに何年もかかるかもしれないと指摘した。投資が不足していることが多い近隣地域の破壊を悪化させていると述べた。又、刑事司法制度やアメリカ社会全体がより高い倫理規範であることを望むなら、その規範を自分たちでモデル化する必要があると書いている。

⑵  我々の刑事司法制度における人種的偏見が再発する問題は、抗議行動と直接的な行動のみが変化をもたらすことができる。抗議の要点は、国民の意識を高め、不正にスポットライトを当て、その不正の力を不快にすることである。実際、アメリカの歴史を通じて、政治システムが疎外された地域社会に注意を向けさせるのは抗議行動と市民の不服従に応じたものであることがよくある。しかし、最終的には特定の法律や制度的慣行を変える必要があり、民主主義社会では、我々の要求に対応する政府関係者を選出した時にそれは起きる。しかし、警察部門と刑事司法制度を改革することを重視する選出された役人は州と地方のレベルで機能する。

⑶ 警察署長を任命し、警察組合との団体交渉協定を行うのは、ほとんど市長と郡の行政機関である。警察の違法行為に関与した者を調査して、最終的に告訴するかどうかを決定するのは、地区の弁護士と州の弁護士である。彼らはすべて選出された地位にある。一部の地域では、警察の行動を監視する権限を持つ警察の審査委員会も選出されている。残念ながら、これらの地方の競争における有権者の投票率は通常、特に若者の間で非常に低い。これは、それらの機関が社会正義の問題に直接影響を与えることを意味しない。誰が勝利し、誰がそれらの議席を失うかは、ほんの数千、または数百の投票によって決まることが多いという事実がある。つまり、肝心な事は、我々が真の変化をもたらす事を望むなら、選択は抗議と政治の両方を実行する必要がある。我々は意識を高めるために動員する必要があり、改革に取り組む候補者を確実に選出するため、投票用紙を整理し、投票する必要がある。

⑷  刑事司法と警察の改革をより具体的に要求できるようになればなるほど、選挙で選ばれた役人がリップ.サービスを提供するだけで、抗議者が去った後はいつものようなビジネスに戻る事は難しくなる。すべての法執行機関は、違法行為の疑いの調査を行う独立機関を含め、明確な政策を持っている必要がある。地域社会の改革を調整するには、地元の活動家や組織が調査を行い、どの戦略が最も効果的であるかに関して、地域社会の人々を教育する必要がある。

最後に、オバマ前大統領は、今後正当な怒りを平和的、持続的、及び効果的な行動に向けることが可能であれば、この瞬間は、我国の最高の理想を実現するための長い旅で、真の転換期になる可能性があると述べ、一緒に「仕事に取り掛かりましょう」と呼びかけている。

6月1日、ミネアポリスで、抗議者らはジョージ.フロイドが死亡した近辺の通路に多数の花束や飾りを置き、彼を追悼する静かな集会を行った。2014年7 月17日、ニューヨークのストアー入り口の前で大柄な黒人男性であるエリック.ガーナーは複数の警察官から、コンクリートの地面に顔を向けた状態で、頭を抑えられ「息ができない」と訴えた。ガーナーが死亡した直後、抗議活動は全国に拡大した。怒りとフラストレーションが溜まっている若者達が引き続き、正義を求めている中で、多数の州知事らは今日、門限を強化する方針を発表した。トランプは知事らに彼らが抗議者らを通りから除去するよう要請しているが、大統領である彼自身は、直接抗議者に対して、平和的に呼びかけていない。彼は午後、ホワイトハウスからの短いスピーチで「私は、暴動や略奪を停止させる為、民間および軍のすべての利用可能な連邦政府の資源を動員します」と語った。オバマは州や地元で司法体制を変えるのは、抗議者の強く正しい情熱と行動力に基づく抗議活動と政治的改革の両方が必要であると訴えた。プロテストに対する現役と前大統領の反応には明白な違いがある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。