アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「グローバル」カテゴリーのアーカイブ

トランプ最初の国際舞台に対する海外リーダーの反応

Image result for Images G7 in Sicily 2017

ドナルド.トランプは最初の外交旅行で中東を訪問した最初の大統領である。また、中東では非常に歓迎されたが、 ヨーロッパでは特にNATOに対する認識と尊厳不足による否定的な発言により、多くの同盟国のリーダーに失望されたことは顕著な失敗である。ドイツのアンゲラ.メルケル首相は今日、米国を頼らずヨーロッパの運命は各国の手に委ねる決意をする必要があると表明した。これは最初の国際舞台が非常に成功したとのトランプの主張とは異なる現実を示唆している。 (さらに…)

マンチェスター.テロ攻撃捜査の進展と米国での警戒

Image result for images of Manchester in England on May 24, 2017

イギリスはテロ攻撃が今後も発生する可能性があり、警戒が増加したため、米国でも幾つかの主要都市で警備態勢が強化された。22日当地時間午後10時33分に発生したマンチェスターのテロ攻撃の捜査で同市の警察署長イアン.ホプキンスは、最初単独犯行であると信じると述べていた。しかし、24時間後には単独ではないとの見解に変わるなど顕著な進展があることを示唆した。これまでの捜査で何が判明しているのだろうか? (さらに…)

マンチェスター自爆テロ攻撃の犯行はISIS?

Image result for Images of Manchester bombing on May 22, 2017

昨日英国のマンチェスター.アリーナで発生した自爆テロ攻撃事件で22人が死亡し、約60人が負傷したと報告されている。今日容疑者の身内と思われる別の男性が拘束された。テロリズムの可能性があるが、今回もイスラム国(ISIS)は犯人の一人が彼らの仲間であると主張し、ISISの責任であることを自負している。警察当局は現時点で単独による犯行であると見ているが、このテロ攻撃は実際にISISの犯行かどうか不明である。 (さらに…)

トランプ大統領最初の外交旅行

Image result for Images Trump received gold King Abdulaziz medal

トランプ大統領は19日にホワイトハウスを発ち、20日から最初の海外訪問をしている。驚くことに、ホワイトハウスの側近のほとんどは一緒に同行している。今回の外交旅行は9日間でサウジアラビアの首都リヤド、イスラエル東部のエルサレム、ローマーのバチカン、ベルギーのブリュッセル、最後G7に参加する為イタリアのシチリアなど中東及びヨーロッパを含む5都市を訪問する。 土曜20日の初日にはサウジアラビアの首都リヤドで歓迎を受けた。トランプ家族の女性二人は中東でスカーフを使用するかもしれないとの期待があった。20日サウジアラビアと米国は億単位の顕著なビジネス取引に合意した。日曜21日、約50か国のイスラム世界のリーダーが結集したリヤドで、トランプ氏はISISと戦うため団結することを訴えた。 (さらに…)

ロシアに機密情報を漏らしたトランプの行為は何を意味する?

Image result for Images of Trump two Russian official at White House on May 10, 2017

FBIディレクターのジェイムス.コミを9日に解雇した翌日、トランプ大統領はロシア外相のセルゲイ. ラブロフ及び米国駐在のロシア大使セルゲイ.キスリャクをホワイトハウスに招待した。 トランプはNATOの同盟国にさえ共有されていなかった高度機密情報を米国が敵国であると見ているロシアに漏らしたことが昨日夕方判明した。今日、その機密情報は米国の一同盟国から提供されたものであることが報告された。次から次に驚異的な出来事が報告されている現在、ダメージの調整に奔走しているホワイトハウスは土台が崩れ始めているように見える。トランプは新たなプレッシャーに直面しているが、彼の行為は何を意味する? (さらに…)

劇的なフランスの大統領選は何を示唆?

Image result for images of Macron won on May 7, 2017

歴史的及び劇的なフランスの大統領選の結果、今日の決勝戦でナポレオン以来の若き大統領が誕生した。 幾つかの点で2016年の大統領選を回想させた選挙で勝利したその歴史的に若き大統領とはどんな人か?彼の勝利は米国を含む西洋にとって何を意味するだろうか? (さらに…)

トランプ政権及び北朝鮮間緊迫の脅威と国民の反応

Image result for images of Senate bus trip to White House

驚くことに、昨日上院議会の全議員は北朝鮮に関する諜報部の要旨説明を受けるため、ホワイトハウスに旅行した。トランプ政権は4月初旬、北朝鮮に向けた軍艦を派遣した。その軍艦は当初、何らかの理由で逆方向に航海していたと伝えられていたが、数日以内に北朝鮮半島に到着する予定である。緊張感が高まっている現在、北朝鮮はホワイトハウスを爆破するビデオを公開した。昨日公表された世論調査は米国民の大多数が現状に不安を感じている事を示唆した。 (さらに…)

相次ぐ訴訟に直面しているトランプ政権

Image result for images violent at Kentucky rally in March 2016.

ドナルド.トランプ氏は大統領就任後から2月初旬までに 50以上の判例で告訴されている。ここ数日間で報告されている主な訴訟は3件あり、その最初は集会で暴力を誘発したケース、利益相反によるビジネス団体による申し立て、及びオバマ政権下の移民法DACAで保護されているドリーマーが強制送還された事件において情報自由法に違反した判例である。いずれもトランプ大統領及びトランプ政権の言動及び慣行に問題があることを示唆している。 (さらに…)

北朝鮮の核実験と軍事パレードは何を示唆?

Image result for images of military parade in North Korea

北朝鮮は過度な核実験を行っているが、15日105年の金日成の誕生を祝うピョンヤンでの軍事パレード中に行われた弾道ミサイル核実験は不成功に終わった。しかし、最近の北朝鮮の脅威は1960年代のキューバーのミサイル危機を連想させる。アジアを訪問している副大統領マイク.ペンスは17 日韓国を訪問し、ほぼドナルド.トランプ大統領が語っているようなトーンのメッセージを伝えた。18日、ペンスは日本の安倍晋三首相と会談し、中国との協力により北朝鮮の問題を解決すると公約した。北朝鮮の連続的な核実験及び15日の軍事パレードは何を示唆している? また、キューバーのミサイル危機の歴史は何を教えている? (さらに…)

トランプ政権の移民法と環境及び気候変動政策

Image result for images of John Kelly and Scott Pruitt

最近トランプ政権下で目立った動きが報告されている部署は、国土安全保障省(DHS)及び環境保護庁(EPA)である。DHSはオバマ政権下で優先順位に含まれていなかった人々を強制送還し、不法移民の犯罪定義を変えていない場合でもその活動範囲を拡大している。EPAの長官スコット.プルートは炭素排気ガス規制において石油.ガス及び自動車産業、及び環境保護規定において化学薬品会社が望むとおりの行動を取っている。加えて、最近彼は米国がパリ協定から脱却することを公然と奨励している。 (さらに…)

シリアの化学兵器殺戮と米国ミサイル発射の劇的な余波

Image result for images of spicer and Anne Frank Center

シリアの化学兵器殺戮後、報復的ミサイル攻撃を命令したトランプ大統領及びホワイトハウスはその決定を擁護することに懸命である。トランプ氏はシリア大統領のバッシャール.アサドを「動物」であると批判した。ホワイトハウスの報道官ショーン.スパイサーはヒットラーさえ化学兵器を利用しなかったとコメントした為、アン.フランク.センターはトランプ大統領にスパイサーを即時解雇するよう要求した。11日、ペンタゴンで記者会見が行われ、国防総省はISISとの戦いがトランプ政権の優先課題であると述べた。今日モスクワを訪問している国務長官レックス.ティラーソンは米国ロシア間の関係が悪化していると表明した。シリアの化学兵器殺戮と米国ミサイル発射の騒然たる余波は当分止む気配がない。 (さらに…)

トランプ氏の決定的な報復行為は何を示唆?

Image result for images of map U.S missiles targeted on April 6, 2017

シリアで違法の化学兵器が利用され、多数の子供を含む市民が死亡した事件を受けて、トランプ大統領は即時に対応した。昨日、トランプ政権は軍事行使を考慮していると伝えられたが、昨夜、多数の巡航ミサイルが発射された数時間後にトランプ氏が認可したと報告された。東部時間午後11時頃、トランプ氏はフロリダ州にある彼のリゾート.ホテルに中国の大統領夫妻を招待している最中、非常に短いスピーチを行い、ミサイル発射を命令したと報告した。シリアの内戦中、初めて直接的且つ決定的な報復を行使したトランプ政権に対して、中国やロシアは即時反応している。この軍事行動には幾つかの重要な疑問が残ることを示唆している。 (さらに…)

残酷な化学兵器殺戮はトランプ氏に何を意味する?

Image result for image of children attacked by chemical weapon on April 4, 2017

シリアの化学兵器による殺戮で多数の子供達が犠牲になっている悲惨な光景が描写されている。死者数は情報筋により異なり、70人から100人以上であると報告されている。この残酷な戦争犯罪に国際社会は激怒しているが、米国と一部の同盟国はロシアとは異なる反応を表明している。シリア政策に対するトランプ大統領の立場は変わり、米国は軍事介入する可能性があることを示唆した。皮肉にもトランプ氏は、残忍なアサド政権が同様の極悪非道を行使し、数百人が死亡した2013年にオバマ前大統領が経験した同じジレンマに直面した。 (さらに…)

オバマ政権の気候変動対策を撤廃したトランプ氏への反動

Image result for images of Trump's executive order on March 28, 2017

トランプ大統領はキャンペーン中、石炭産業の地域の支持者に彼らの仕事を戻すと公約していた為、オバマ政権の気候変動対策による規定を撤廃すると主張し続けていた。主にその公約を果たす為、及び輸入エネルギー依存を停止する為との理由に基づき、今日オバマ政権の二酸化炭素ガス排出量基準を撤廃する大統領令に署名した。専門家は二つの重要な要因に基づき、トランプ氏の執行命令は石炭市場の雇用を拡大しない為、経済的にはさほど向上しないと推測した。オバマ政権の気候変変動政策であるクリーン.パワー計画に関する排出量の基準を書き換える為には裁判所を通す必要があり時間を要する。現在、再生エネルギーの仕事は石炭産業の仕事より遥かに多く、既に国内生産のエネルギーで満たしている。一方、米国の石炭産業は40年以上衰退傾向である。現在、圧倒的に多数の州はオバマ政権による2025年の炭素排出量削減の目標に沿った努力をしている。従って、複数の環境団体はトランプ氏の執行命令に法廷で戦うと主張している。 (さらに…)

世界はもはや米国を世界のリーダーとは見ていない

Image result for Images of Trump and German challecer

ドナルド.トランプ氏は金曜日、ホワイトハウスを訪問したドイツのアンゲラ.メルケル首相との記者会見で、幾つかの重大な発言ミスがあり世界に恥を晒した。国内外多数の専門家は、大統領が同盟国と敵国の区別もつかず、米国の核心である宗教の寛容性が希薄になり、移民政策及び外交政策には脅威さえ与えているトランプ氏の率いる米国はもはや世界における指導的存在であるとは感じていない。 (さらに…)

トランプ政権に対する気候変動の戦いは前代未聞のレベル

Image result for images of climate change in Trump administration

多数の子供たちは気候変動の対処を放棄しているトランプ政権を告訴している。ドナルド.トランプ大統領は14日、環境団体による気候変動の評価を検討することを拒否した。トランプ氏に指名を受けた環境保護庁(EPA)の長官スコット.プルートは長年、石油会社を保護することで利益を得ていたため、オバマ政権を頻繁に告訴していた。しかし、議員及び多数の科学者はそのような背景があるプルートに挑戦する手紙を送ることで挑戦している。一方、トランプ氏が指名した国防総省の長官ジェイムス.マティスは、気候変動は緊迫した問題であることを表明した。時代の風潮に逆行しているトランプ氏に対抗するため、多数の都市は電気自動車の販売を促進している。 (さらに…)

テロ対策の大統領令にはなぜテロリスト温床国が除外?

Image result for Business trips of Trump and Ivanka in Middle East

今月16日から効力を発揮するイスラム6か国からの移民禁止の大統領令は1月27日に公表され、失敗した最初の修正版である。しかし、 イラクを除外しただけで、一定のイスラム教徒国をターゲットにしているため、本質的に同様であるとして最初にハワイが告訴した。その後、昨日までに複数の州が法的挑戦を決定した。移民入国禁止の修正版は慎重に行われたが、イラクを除く6か国は再度同じ国である。ドナルド.トランプ氏のテロ対策による大統領令は、なぜテロリズムに影響を受けていない国が指定され、逆にテロリストの温床になっている国が除外されているのか多大な疑問が提起された。最近の報告は驚異的な事実を反映している。 (さらに…)

偶然にしては奇妙なトランプ氏のロシア関連人脈

Image result for images of Dmitry Rybolovlev and his jets

最近、議会多数のメンバーはドナルド.トランプ大統領及び彼の陣営が選挙前に米国の選挙に影響を与えたロシアと何らかの結びつきがあったどうかの調査に多大な関心を向けている。米国の民主主義を揺るがす重大な問題であることを真剣に受け止める議員が増えているためである。キャンペーン当時から就任直前に至るまでトランプ氏が関与する複数の人物はロシアとビジネス関係がある。選挙に影響を与えたとされる情報当局の調査に沿った路線からの報告はトランプ氏が奇妙なロシア関連の人脈があることを示唆しているため、彼に対するメディアの疑惑は深まっている。そのような状況下で、 トランプ氏及び他数名の彼の側近はトランプ氏がロシア政府関係者と会ったことはないと述べていた事実に反し、彼は昨年4月ロシアの外交官と会った事実が今日複数のメディアに報告された。 (さらに…)

新たなイスラム教徒国旅行禁止の大統領令は何を意味?

Image result for Images of Tillerson, Sessions, Kelly on Mar. 6, 2016

By U.S News & World Report

ドナルド.トランプ氏は今日正午前、1月27日に署名した7か国からの移民及び難民禁止の修正版に署名した。今回、法律の施行日は10日後であることを明確にしているため、前回のような混乱は生じないと予測されるが、イラクを除く他6か国は前回と同じ指定国である点が驚異的な類似点である。前回よりどのような点で修正されたのか?トランプ氏のイスラム教徒国に対する新たな大統領令の反応は何を示唆している? (さらに…)

米国不法移民によるカナダへの亡命者増加

Image result for images of asylum seekers arrested at Canadian border

全国的に多くの地域で降雪が見られる2月初旬、カナダへの亡命を求めて、国境に向け不眠不休で歩く人たちがいることが報告された。大半はカナダの国境で警察官に拘束されるか又は目的地に到着した時には凍傷を含む健康上のリスクに直面する場合もある。数年前、中南米から米国の国境付近で逮捕される不法移民がピークに達した時代とは異なる現象が起きている。幼い子供を連れたイスラム系の女性から青年に至るまで大量強制送還を恐れ、カナダへの亡命を求めている人々が増えている。これはトランプ新政権下で見られる新たな現象である。 (さらに…)

トランプ大統領の最大の敵は副大統領ペンス?

Related image

大統領の日の祝日である20日前後から、ドナルド.トランプ大統領の法外な主張の後始末をするため、副大統領マイク.ペンスはヨーロッパを旅行し、国防総省長官のジェームス.マティスはイラクを訪問した。先月ホワイトハウスを訪問したイギリスの首相テレサ.メイはトランプ氏を英国に招待すると述べたが、英国議会はトランプ氏を招待するべきかどうか前代未聞の白熱する論議を展開した。トランプ氏の言動の異様性に加えて、大統領職に不適格であると警告されたその要因は日々具現化している。大統領が仕事を遂行できないと判断された場合、副大統領は憲法修正第25条4項に基づき、代行大統領として大統領の仕事を継承することが可能である。つまり、トランプ氏にとって最大の敵になり得る人物は副大統領ペンスである。 (さらに…)

前代未聞の不安定なトランプ政権の安全保障

Image result for Images of Trump with Abe at Mar-A-Lago

一ヶ月も経過していないトランプ新政権下で、ホワイトハウスの米国安全保保障顧問マイケル.フリンは昨日解雇された。ロシアとの接触に関し、疑惑が持たれていたフリンはドナルド.トランプが就任する前にロシアの米国駐在に外交官と交流があった。また、トランプ氏は11日夜、彼が所有するフロリダのマー.ア.ラゴ.クラブで阿部晋三首相夫妻と夕食のテーブルを囲んでいた時、北朝鮮がミサイルを発射したとの電話を受けた。トランプはそのテラスで、レストランのウェイターなどにも聞かれる安全保障の会話を繰り広げた。前代未聞の不安定な安全保障状況があることを指摘した両党の議員らはトランプの行動は非常に軽率であると批判した。多数の疑問が残されたフリンの辞職を受けて、両党の議員らはホワイトハウスを広範に調査する必要があると指摘した。 (さらに…)

日米同盟の維持強化を確認した二カ国間のリーダー

Image result for Images of Abe Shinzo and Donald Trump on Feb. 10, 11 2017

北朝鮮が核ミサイルを実験発射したほぼ同時期にトランプ大統領を訪問した安倍晋三首相は、 最初のアジア同盟諸国のリーダーである。合同記者会見で両国のリーダーは二カ国間の揺るぎない友好関係を築くことを表明した。その後の合同声明で、トランプ氏は同盟の強化及び二カ国間の経済関係について語った。トランプ氏は彼のゴルフ.コースがあるフロリダ州ウェス.トパーム.ビーチに安倍氏を招待し非常に歓迎した。安倍首相がトランプ氏を訪問した理由は何か?トランプ氏の日米同盟の認識に向上が見られた合同声明は何を示唆している? (さらに…)

移民禁止標的の7か国は圧倒的にイスラム教徒の国

Image result for images of terrorists foreign born in U.S

昨日のスーパー.ボールは例年より幾分政治化した傾向があったが、最も注目されているコマーシャルの一つは、大統領令の移民禁止に対するエモーショナルで感動的なメッセージである。それが非現実的な感情論だと一笑する人もいるかもしれない。しかし統計によると、少なくとも米国入国を禁止された7か国からのテロリスト数は、他の注目すべき幾つかの国に比較すると非常に少ないため、むしろこの大統領令は非現実的であることを示唆している。加えて、CIAの最新記録によると、トランプ大統領が一時的に禁止した7か国は全て圧倒的にイスラム教徒が占めている。明らかにイスラム教徒に対する差別政策であることを示唆している。 (さらに…)

チェックとバランスに欠けた大統領令の多方面からの拒絶

Image result for images of James Robert Judge

7か国からの移民及び難民の入国を停止する大統領令は、意外に早く複数両党の裁判官によって一時停止された。トランプ大統領を代表する司法省の弁護士は昨夜遅く、3日シアトル連邦裁判所判事による大統領令の一時停止命令を却下することを第九巡回連邦控訴裁判所に要請したが、その要請は拒否され、論議することを求められた。裁判所命令に即時に従っているトランプ政権下の幾つかの関連部署は、この大統領令プロセスについてホワイトハウスと対立があり、米国大統領が絶対的な権力を保持していないことを示唆している。チェックとバランスを無視し、独断的に発令された大統領令に対するデモ抗議も含め、多方面からの反発と法的紛争は当分続く可能性がある。 (さらに…)

トランプ初の対テロ襲撃作戦は終始無残な失敗

Image result for images of osprey with hard landing in Yemen

1 月 29日、イエメンで一人の米国ネイビー.シールズの上級軍人、及び米国市民と思われる8歳の少女に加えて、子供及び女性を含む多数の市民が死亡した。大統領就任後1週間以内にドナルド.トランプが認可したイエメンでの襲撃作戦の決定は夕食会中に行われた準備不足のテロ戦略である。襲撃地域での銃撃戦に発展した詳細な情報及び軍事関係者の証言は最初から失敗する危険性があったことを明白にした。この事件には幾つかの疑問が提起されているが、ホワイトハウスは非常に成功したと述べている。しかし、幾つかの証言はトランプ政権が危険を認識しながら急いで決定した対テロ襲撃作戦であったことを示唆した。 (さらに…)

早急に署名された難民禁止大統領令のホワイトハウスの内幕

Image result for Images of Stephen Bannon and Trump with executive order on refugees

27日に発令された7カ国からの難民及び旅行者を一時禁止するトランプの論争的大統領令はほとんど法的査察がなく、急遽署名されたものであった。裁判所及び議会での戦いに発展することは必然的であるが、この大統領令を推進した中心人物は選挙キャンペーン中、トランプ陣営の議長として採用され、大統領選の勝利後、ホワイトハウスの戦略アドバイザーに任命された人物である。また、トランプ氏は彼を最大の意志決定機関の一つである国家安全保障理事会のトップに指名した。興味深いことに、現在トランプ及び彼の側近のロシアとの結びつきを調査しているオバマ前大統領に指名されたFBIのディレクター、ジェイムス.コミはトランプ政権下で引き続きFBIディレクターに就任した。 (さらに…)

特定国難民禁止の論争的な大統領令

Image result for Map of 7 countries where refugees ban

昨夜、ニューヨークにあるブルックリンの連邦裁判所は、憲法違反であるとして一時的に大統領令をブロックし、拘束された人々を解除した。その後別の空港で拘留されていた地域の裁判所も次から次にブルックリンの例に従った。7か国からの旅行者の入国を禁止する大統領令に対する反発は増大しているが、トランプ大統領はこの大統領令を撤回する様子はない。現在もこの措置は維持されたままであるが、詳細なことが不明であるためメディアは特に永住権保持者に対する拘束の正当性を追求している。ホワイトハウスは今日、幾分この点で緩和する声明を発表した。大統領令の撤廃を求めるデモ抗議は全米各所の空港に拡大し、中東からのイスラム教徒を禁止する近代政治史で異例の大統領令は論争的な問題に発展している。 (さらに…)

不当な難民一時禁止の大統領令の余波

Image result for image of protesters at JFK airport in NY

ケネディ国際空港

トランプ大統領は、選挙中公約していた政策課題に集中しているが、27日国防総省の長官に任命されたジェームス.マティスの就任セレモニーに参加し、軍隊システムの資源増加と移民及び難民を7か国から一時的に保留する大統領令に署名した。この署名前に飛行機に搭乗した2人のイラクからの難民及び永住権保持者を含む10人以上の旅行者は、昨夜ニューヨークのケネディ国際空港で拘束されたため、これら合法的ビザ保持者の弁護士は今朝連邦裁判所に告訴した。その特定の国から入国し、大統領令が発行される前に米国外に旅行していた留学生が米国に戻れない状態になっていることが報告された。トランプの大統領令は明らかに憲法違反であるため、難民禁止令は国際問題に発展している。遂にトランプ大統領は精神的に不安定であると公然と述べる議員もいるほどこの大統領令の余波は多大である。 (さらに…)

早急で論争的な壁建設の大統領令

Image result for images of Trump and Mexico President

ドナルド.トランプは今日、国土安全保障省(DHS)を訪問し、二つの大統領令に署名した。その一つはキャンペーン中の公約であった壁建設の準備を開始することであり、二つ目は移民管理当局の人員を増加することで南部国境の警備を強化することである。これらの移民政策はトランプが最も強調した政策であり、不法移民を保護するサンクチュアリー.シティを打破すること、合法的移民、難民受け入れも限定する可能性があることを示唆した。長年米国は移民の国であることを誇ってきた歴史はトランプ政権下で、幕を閉じることになる。複数の学者はトランプの壁建設には多大な地形的チャレンジがあることを指摘した。 (さらに…)

ロシアのスパイ問題に集中した驚異的な最近のニュース

Related image

ドナルド.トランプの大統領就任が間近に迫っている週末、次々に奇妙なニュースが報道された。元英国諜報部員の調査はトランプの主張に反し、彼がロシア政府とのビジネスを求めて頻繁にロシアを訪問したことを示唆した。トランプの顧問マイケル.フリンは2015年12月にプーチン及びロシア政府関係者と連携があった証拠が公開された。更に驚くことに、フリン及び元大統領候補者の一人はロシアの国営テレビ10周年記念に参加し、プーチンと同席していたことが判明。先週連続的に開催された公聴会のある時点で、C-SPANはそのロシアの国営テレビに頻繁に中断された。トランプとロシアに関連する不可解な情報に関して、幾つかの疑問が提起されている状況下で、複数の世論調査機関は大多数の米国民がロシアを「脅威」と感じていることを公表した。またトランプは、就任初日から近代政治史上最低支持率の大統領になることを示唆した。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。