アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「グローバル」カテゴリーのアーカイブ

トランプ.プーチン関係の新たな懸念

Image result for images of social dinner at G20

親ロシア派のドナルド.トランプ大統領はロシアが望んでいる米国シリア政策の一つであるCIAの隠密プログラムを終える決定をした。この動きは、7月7日ドイツのハンブルクで開催されたG20サミットで、非公開の二回目の個人的会話があったことが報告された24時間以内である。一般的なサミットでの個人的会話と異なり、トランプ.プーチン間の個人的会話は幾つかの点で両氏の関係に新たな懸念を提起している。両氏間の会話には前例にない顕著な不透明さがあるため、潜在的に詮索の要因になっている。 (さらに…)

砂上の楼閣は崩れ落ちる寸前?

Image result for images of Don Jr. on Time cover

大統領選に関与したロシアとトランプ陣営に共謀があった事を示唆する「最初の証拠」と見られる情報を公開したトランプ大統領の長男ドナルド.トランプ.ジュニアはタイムス誌の表紙をカバーするほど有名になった。前代未聞の大規模なスケールのスキャンダルを追跡するメディアの記事は圧倒的に増加している現状で、彼は全てのことを公表していないことを示唆する新たな事実が今日判明した。加えて、このロシア調査に関連した訴訟で三人の米国市民はプライバシーの侵害でトランプ.キャンペーンを告訴した。その混沌下で、大統領個人の弁護士は暴力的気質及び他の問題があることが表面化した。トランプを勝利させる為、深刻な犯罪に関与した人物は米国内にいると見ている諜報関係者は3つの側面から捜査に焦点を当てている。隠された事実が次から次に暴露され、目まぐるしく展開するスキャンダル下のホワイトハウスはその砂上の楼閣が崩れ落ちる寸前であるように見える。 (さらに…)

トランプの長男が公開した爆発的証拠はロシアとの協力を示唆?

Image result for Images of Donald Trump Jr. and Rob Goldstone

By CNN

ドナルド.トランプ.ジュニアはロシア政府の弁護士との会合をアレンジした人物と通信した複数のEメールを公開したため複数の主要メディアは今日出版した。これらのメールはロシア政府が2016年の大統領選でトランプを援助するため、積極的にトランプ陣営の内部に到達する努力があった事、トランプ.ジュニアがそれを歓迎した表現があるため、民主党の政敵ヒラリー.クリントンを傷つける意図があった事を示唆する最初の物的証拠であると見られている。約1年間 この事実を隠していた為、法的問題に直面したトランプ.ジュニアは昨日弁護士を雇用した。トランプ大統領の一部の家族はトランプを支援するため、クリントンを害する目的でロシアに協力する意志があったことを示唆する最初の爆発的な証拠がトランプの長男によって公開された前代未聞の新たな局面に発展している。 (さらに…)

トランプ大統領長男の劇的な告白は何を示唆?

Image result for Images of Donald Trump Jr. against Clinton

トランプ大統領の長男ドナルド.トランプ.ジュニアは8日ニューヨーク.タイムスの報告を受け、9日夕方、ヒラリー.クリントンにダメージを与える情報を提供するとの約束に基づき、ロシアの弁護士にあったことを公式に告白した。トランプの家族及びキャンペーン陣営はトランプを勝利させるためロシアの援助を受ける意思があったと指摘されている。法律専門家は早速、彼らが重大な法律違反を犯した事を示唆しているが、トランプ.ジュニアはその劇的な告白で何を明かし、この唖然とする展開は何を意味しているのだろうか? (さらに…)

驚異的な人権非道国ロシアとトランプ家族の不可解な接触

Image result for images of G20 leaders in 2017

プーチン下のロシアはデモ抗議者を投獄することで有名であり、反ロシア政府の個人に対する政治弾圧または殺害が行なわれている非道な国である。これもロシアに制裁を課している米国政府の主な理由の一つであり、米国の一般的著名人はロシアを米国第一の敵国と見ている。しかし、トランプ大統領はG20サミット中7日のプーチンとの会談で「名誉」を表明した。2016年の米国大統領選に干渉したロシアに関するトランプ及びプーチンとの会談の内容を報告した両国側近は、双方に大幅な矛盾があったとして論争的である。加えて、トランプの長男はキャンペーン中、ロシアの人権非道に対して2012年に制定された米国の法律に反対しているロシアの顕著な弁護士との会合をアレンジしたと昨日報告された。 (さらに…)

トランプ及びプーチン両氏の会談は予想以上に画期的?

Image result for Images of Putin and Trump on July 7, 2017

7日トランプ大統領及びロシア大統領ウラジミール.プーチンとの最初の対面は熱狂的に注目された。メディアの予測に反し、最初の予定時間を遥かに超過した秘密の会談が行われたと報告された。驚くことに、トランプは無視すると分析されていたロシアによる2016年大統領選の干渉に関する課題を提起したようである。また、シリアでの内戦について有意義な合意に達したと報告された。今日も抗議活動は増加し、G20サミットのメッセハレン.コンベンション.センター近辺での抗議者と警察との衝突は驚異的な緊張が見られる瞬間が描写された。 (さらに…)

G20サミットで米国は孤立?

Image result for images of Trump with Merkel at 20G summit on July 6, 2017

G20サミットはドイツで2番目に大きい都市(人口約175万)ハンブルクで 7月7日から8日に開催される。今日トランプ大統領は、大規模な抗議活動及び大勢の警察との衝突があり、混沌たる最中にハンブルクに到着し、アンゲラ.メルケル首相と幾つかの議題について論議した。主要課題は主に気候変動や貿易であるが、これらの課題ではトランプは孤立する可能性があると予測された。貿易に関しては日本とヨーロッパが先導しているが、これらは何を意味している? 歴史的側面からG20はなぜ重要なのか? 今年の課題は何か? 何が注目点か? (さらに…)

トランプ大統領の外交政策と最新の現状

Image result for images of 5 congressional delegation to Afghanistan during the vacation July 4, 2017

上院議会の超党派5人の代表者は独立記念日の休暇中に中東を訪問し、戦略がないことを含めて幾つかの発見をした。キャンペーンで攻撃的なISIS戦略をアピールしたトランプ大統領は、実際には軍事関連の決定をペンタゴンに任せており、最高指揮官の権威を担っていない。北朝鮮の攻撃性は脅威的にエスカレートし、昨日実施したミサイル実験は米国を攻撃する能力があると判断された為、緊張が高まっている。その状況下で今日ドイツに向けて旅立ったトランプ大統領は、金曜日のG20でロシア大統領ウラジミール.プーチンと対面することに多大なプレッシャーがあると言われている。トランプ大統領は北朝鮮の攻撃性に対する彼個人の明確な計画は何もないとの分析もある。 (さらに…)

専門家の批判に直面した驚異的な家族定義のガイドライン

Image result for images of Travel ban on June 29, 2017

イスラム教6か国からの米国入国を禁止するトランプ大統領の旅行禁止令を部分的に許可した26日の最高裁の判定による効力は今夜から発揮している。誰が入国できるのかを具体的に決定した国務省によると、その親族の定義には祖母や祖父を含む多数の血族は含まれていない。これは非常に混乱の要因になるため、空港では1月末に起きた類似の問題が発生する懸念が提起された。既に、複数の専門家はそのガイドラインの非合理性を批判し、移民擁護団体は空港での準備を進めているが、驚異的な家族定義は何を意味しているだろうか? (さらに…)

世界はトランプ大統領をどう見ている?

Image result for Images of Trump, Putin, Merkel, Xi. Jinping

昨日公表されたピュー.リサーチ.センターの37か国を対象にしたグローバル調査によると、世界におけるトランプ時代のアメリカのイメージは急落したことを明白にした。欧州主要国、日本を含むアジア諸国、米国近隣国の同盟国ではトランプ大統領の人気はオバマ前大統領に比較して圧倒的に低く、これはトランプの外交政策や彼の性格に深い関連性があることを示唆した。 (さらに…)

旅行禁止令を部分的に許可した最高裁の決定は何を示唆?

Image result for Images of Supreme Court decision on Trump's travel ban

米国最高裁は今日、トランプ大統領のイスラム教6か国からの旅行禁止令に関する公聴会を秋に行うまでの期間、条件付で施行することを許可した。トランプの旅行禁止令はイラン、リビヤ、シリア、ソマリア、スーダン、イエメンの合計6か国からの旅行者に対して90日間、及び全ての難民を120日間一時停止することである。最高裁は72時間後の施行から秋の最終決定までの期間にこの大統領令を部分的に施行することを許可した。この最高裁の決定は何を示唆している? (さらに…)

最近の動向はトランプを制御不能にしている?

Image result for Images of Reality L. Winner

元FBIディレクターのジェイムス.コミは上院情報委員会での証言を木曜日に行うが、昨日連邦諜報部門の請負業者の女性がロシアのハックングに関する機密情報をメディアに漏らした容疑で逮捕された。これは米国政治史上前代未聞の告訴に当たる。その前日、NBCの独占インタビューで、ロシアの大統領ウラジミール.プーチンはロシアが米国の選挙に干渉したとの米国の主張は幻想であると述べ、その事実を否定したばかりであるが、絶妙なタイミングでプーチンの虚偽が証明された。トランプ大統領は、大統領の特権を利用してコミの公聴会での証言を阻止しない正しい選択をしたが、ロンドンでの連続的テロ攻撃を受け、異常なほど旅行禁止令を主張している。更に、特別検察官を任命する結果になった責任の矛先を彼が指名した司法長官に向けているため、トランプは制御不能な状態であると批判されている。 (さらに…)

アラブ諸国によるカタール外交切断は何を意味する?

Related image

幾つかのアラブ諸国はテロリストを支持していると判断しているカタールとの外交関係を切断する決定をしたことが今日報告された。トランプ大統領は5月20日サウジアラビアを訪問し、21日には 50か国のイスラム世界のリーダーが結集した首都リヤドでテロリストと戦うための行動を促し、団結する事を要請した。この決定はそのわずか約2週間後である。突然の決定の理由は何か?具体的にどのような方法で外交関係を切断するのか? カタールの経済的影響、及び米国のテロ政策に何らかの問題があるだろうか? (さらに…)

英国の連続的テロ攻撃はトランプの旅行禁止令復活要求を再燃?

Image result for Map of London Bridge and Market where attack occurred

昨夜イギリスのロンドン橋及びその近辺で発生したテロ攻撃は3ヶ月間で3回目であるが、警察は前代未聞の反撃を展開した。ロンドンの市民は、ほとんど冷静で過剰反応していないが、英国政府はテロ政策を変える必要性を表明した。英国での連続的なテロ攻撃に反応しているトランプ大統領はロンドン市長のコメントを誤解していることを示唆するツイートを投稿した。2日前、トランプ政権は現在複数の連邦裁判所で停止されているイスラム国からの旅行を停止する大統領令を復活するため、最高裁に誓願書を提起した。英国のテロ攻撃は旅行禁止令の復活要求を再燃させる可能性がある。 (さらに…)

トランプの離脱後世界はパリ協定に強烈な決意を表明

トランプ大統領のパリ協定離脱発表後、オバマ前大統領はトランプ大統領の名前を出すことはなく、2015年パリ協定の経緯と成果を簡明に説明する短い声明文を発表した。米国の富豪者を先頭に多数の市長、州、都市の代表者はパリ気候協定に合意した他国に参加するため国連との交渉を進めている。多数の世界のリーダー及び組織の代表者は地球を救うことの決意を発表し、気候変動に米国大統領がどのような態度であろうと、動揺されることも影響を受けることもなく、益々パリ協定に真摯な熱意で取り組む決意を表明した。 (さらに…)

パリ協定離脱の劇的な決定は何を意味する?

Image result for images of Trump at Rose Garden in June 1, 2016

ドナルド.トランプは東部時間午後3時半から、彼の政権閣僚及び記者団が参加したホワイトハウスのローズ.ガーデンでパリ協定からの離脱を決定したと発表した。30分以内のスピーチは非常に悲観的で、米国優先のナショナリストの立場を明白にした。 パリ協定について近日中決定すると先週公表して以来、離脱の方向に傾注していることが予測されていた。欧州委員会のトップ幹部は、先日のG7でトランプはパリ協定について理解していない事を知り、トランプが離脱を決定した場合でも即時に効力を発揮することはないと説明した。米国40州は気候変動と戦うため既に画期的なプログラムに忠実である。トランプは、米国だけでなく世界の挑戦を受ける可能性があるが、政権の劇的な変化は何を意味しているだろうか? (さらに…)

イバンカ.ブランドの海外労働者搾取の実態

Image result for Images of Ivanka Trump brand

2月初旬、複数の高級デパートはイバンカ.トランプのブランド製品の販売を中止することを公表した。その理由を示唆する幾つかの状況が判明しているが、ビジネスを保持した状態で3月末にはホワイトハウスに入ったため、倫理的懸念は残ったままである。労働者の権利を守ることを目的としたニューヨークに本拠を置く非営利組織である中国労働者ウォッチ(China Labor Watch, CLW)の創始者は、イバンカ.ブランドの靴製造工場の労働慣行を調査している複数の活動家が行方不明又は拘束されていることを今日報告した。その調査は地元の中国警察によって阻止された可能性があり、その考えられる唯一の理由はブランド名の所有者が米国大統領の娘であるからである。イバンカは手紙での連絡に応答していないという。今日公表された調査記録はイバンカ.ブランド海外工場の労働者が搾取されていることを示唆している。 (さらに…)

トランプ最初の国際舞台に対する海外リーダーの反応

Image result for Images G7 in Sicily 2017

ドナルド.トランプは最初の外交旅行で中東を訪問した最初の大統領である。また、中東では非常に歓迎されたが、 ヨーロッパでは特にNATOに対する認識と尊厳不足による否定的な発言により、多くの同盟国のリーダーに失望されたことは顕著な失敗である。ドイツのアンゲラ.メルケル首相は今日、米国を頼らずヨーロッパの運命は各国の手に委ねる決意をする必要があると表明した。これは最初の国際舞台が非常に成功したとのトランプの主張とは異なる現実を示唆している。 (さらに…)

マンチェスター.テロ攻撃捜査の進展と米国での警戒

Image result for images of Manchester in England on May 24, 2017

イギリスはテロ攻撃が今後も発生する可能性があり、警戒が増加したため、米国でも幾つかの主要都市で警備態勢が強化された。22日当地時間午後10時33分に発生したマンチェスターのテロ攻撃の捜査で同市の警察署長イアン.ホプキンスは、最初単独犯行であると信じると述べていた。しかし、24時間後には単独ではないとの見解に変わるなど顕著な進展があることを示唆した。これまでの捜査で何が判明しているのだろうか? (さらに…)

マンチェスター自爆テロ攻撃の犯行はISIS?

Image result for Images of Manchester bombing on May 22, 2017

昨日英国のマンチェスター.アリーナで発生した自爆テロ攻撃事件で22人が死亡し、約60人が負傷したと報告されている。今日容疑者の身内と思われる別の男性が拘束された。テロリズムの可能性があるが、今回もイスラム国(ISIS)は犯人の一人が彼らの仲間であると主張し、ISISの責任であることを自負している。警察当局は現時点で単独による犯行であると見ているが、このテロ攻撃は実際にISISの犯行かどうか不明である。 (さらに…)

トランプ大統領最初の外交旅行

Image result for Images Trump received gold King Abdulaziz medal

トランプ大統領は19日にホワイトハウスを発ち、20日から最初の海外訪問をしている。驚くことに、ホワイトハウスの側近のほとんどは一緒に同行している。今回の外交旅行は9日間でサウジアラビアの首都リヤド、イスラエル東部のエルサレム、ローマーのバチカン、ベルギーのブリュッセル、最後G7に参加する為イタリアのシチリアなど中東及びヨーロッパを含む5都市を訪問する。 土曜20日の初日にはサウジアラビアの首都リヤドで歓迎を受けた。トランプ家族の女性二人は中東でスカーフを使用するかもしれないとの期待があった。20日サウジアラビアと米国は億単位の顕著なビジネス取引に合意した。日曜21日、約50か国のイスラム世界のリーダーが結集したリヤドで、トランプ氏はISISと戦うため団結することを訴えた。 (さらに…)

ロシアに機密情報を漏らしたトランプの行為は何を意味する?

Image result for Images of Trump two Russian official at White House on May 10, 2017

FBIディレクターのジェイムス.コミを9日に解雇した翌日、トランプ大統領はロシア外相のセルゲイ. ラブロフ及び米国駐在のロシア大使セルゲイ.キスリャクをホワイトハウスに招待した。 トランプはNATOの同盟国にさえ共有されていなかった高度機密情報を米国が敵国であると見ているロシアに漏らしたことが昨日夕方判明した。今日、その機密情報は米国の一同盟国から提供されたものであることが報告された。次から次に驚異的な出来事が報告されている現在、ダメージの調整に奔走しているホワイトハウスは土台が崩れ始めているように見える。トランプは新たなプレッシャーに直面しているが、彼の行為は何を意味する? (さらに…)

劇的なフランスの大統領選は何を示唆?

Image result for images of Macron won on May 7, 2017

歴史的及び劇的なフランスの大統領選の結果、今日の決勝戦でナポレオン以来の若き大統領が誕生した。 幾つかの点で2016年の大統領選を回想させた選挙で勝利したその歴史的に若き大統領とはどんな人か?彼の勝利は米国を含む西洋にとって何を意味するだろうか? (さらに…)

トランプ政権及び北朝鮮間緊迫の脅威と国民の反応

Image result for images of Senate bus trip to White House

驚くことに、昨日上院議会の全議員は北朝鮮に関する諜報部の要旨説明を受けるため、ホワイトハウスに旅行した。トランプ政権は4月初旬、北朝鮮に向けた軍艦を派遣した。その軍艦は当初、何らかの理由で逆方向に航海していたと伝えられていたが、数日以内に北朝鮮半島に到着する予定である。緊張感が高まっている現在、北朝鮮はホワイトハウスを爆破するビデオを公開した。昨日公表された世論調査は米国民の大多数が現状に不安を感じている事を示唆した。 (さらに…)

相次ぐ訴訟に直面しているトランプ政権

Image result for images violent at Kentucky rally in March 2016.

ドナルド.トランプ氏は大統領就任後から2月初旬までに 50以上の判例で告訴されている。ここ数日間で報告されている主な訴訟は3件あり、その最初は集会で暴力を誘発したケース、利益相反によるビジネス団体による申し立て、及びオバマ政権下の移民法DACAで保護されているドリーマーが強制送還された事件において情報自由法に違反した判例である。いずれもトランプ大統領及びトランプ政権の言動及び慣行に問題があることを示唆している。 (さらに…)

北朝鮮の核実験と軍事パレードは何を示唆?

Image result for images of military parade in North Korea

北朝鮮は過度な核実験を行っているが、15日105年の金日成の誕生を祝うピョンヤンでの軍事パレード中に行われた弾道ミサイル核実験は不成功に終わった。しかし、最近の北朝鮮の脅威は1960年代のキューバーのミサイル危機を連想させる。アジアを訪問している副大統領マイク.ペンスは17 日韓国を訪問し、ほぼドナルド.トランプ大統領が語っているようなトーンのメッセージを伝えた。18日、ペンスは日本の安倍晋三首相と会談し、中国との協力により北朝鮮の問題を解決すると公約した。北朝鮮の連続的な核実験及び15日の軍事パレードは何を示唆している? また、キューバーのミサイル危機の歴史は何を教えている? (さらに…)

トランプ政権の移民法と環境及び気候変動政策

Image result for images of John Kelly and Scott Pruitt

最近トランプ政権下で目立った動きが報告されている部署は、国土安全保障省(DHS)及び環境保護庁(EPA)である。DHSはオバマ政権下で優先順位に含まれていなかった人々を強制送還し、不法移民の犯罪定義を変えていない場合でもその活動範囲を拡大している。EPAの長官スコット.プルートは炭素排気ガス規制において石油.ガス及び自動車産業、及び環境保護規定において化学薬品会社が望むとおりの行動を取っている。加えて、最近彼は米国がパリ協定から脱却することを公然と奨励している。 (さらに…)

シリアの化学兵器殺戮と米国ミサイル発射の劇的な余波

Image result for images of spicer and Anne Frank Center

シリアの化学兵器殺戮後、報復的ミサイル攻撃を命令したトランプ大統領及びホワイトハウスはその決定を擁護することに懸命である。トランプ氏はシリア大統領のバッシャール.アサドを「動物」であると批判した。ホワイトハウスの報道官ショーン.スパイサーはヒットラーさえ化学兵器を利用しなかったとコメントした為、アン.フランク.センターはトランプ大統領にスパイサーを即時解雇するよう要求した。11日、ペンタゴンで記者会見が行われ、国防総省はISISとの戦いがトランプ政権の優先課題であると述べた。今日モスクワを訪問している国務長官レックス.ティラーソンは米国ロシア間の関係が悪化していると表明した。シリアの化学兵器殺戮と米国ミサイル発射の騒然たる余波は当分止む気配がない。 (さらに…)

トランプ氏の決定的な報復行為は何を示唆?

Image result for images of map U.S missiles targeted on April 6, 2017

シリアで違法の化学兵器が利用され、多数の子供を含む市民が死亡した事件を受けて、トランプ大統領は即時に対応した。昨日、トランプ政権は軍事行使を考慮していると伝えられたが、昨夜、多数の巡航ミサイルが発射された数時間後にトランプ氏が認可したと報告された。東部時間午後11時頃、トランプ氏はフロリダ州にある彼のリゾート.ホテルに中国の大統領夫妻を招待している最中、非常に短いスピーチを行い、ミサイル発射を命令したと報告した。シリアの内戦中、初めて直接的且つ決定的な報復を行使したトランプ政権に対して、中国やロシアは即時反応している。この軍事行動には幾つかの重要な疑問が残ることを示唆している。 (さらに…)

残酷な化学兵器殺戮はトランプ氏に何を意味する?

Image result for image of children attacked by chemical weapon on April 4, 2017

シリアの化学兵器による殺戮で多数の子供達が犠牲になっている悲惨な光景が描写されている。死者数は情報筋により異なり、70人から100人以上であると報告されている。この残酷な戦争犯罪に国際社会は激怒しているが、米国と一部の同盟国はロシアとは異なる反応を表明している。シリア政策に対するトランプ大統領の立場は変わり、米国は軍事介入する可能性があることを示唆した。皮肉にもトランプ氏は、残忍なアサド政権が同様の極悪非道を行使し、数百人が死亡した2013年にオバマ前大統領が経験した同じジレンマに直面した。 (さらに…)

オバマ政権の気候変動対策を撤廃したトランプ氏への反動

Image result for images of Trump's executive order on March 28, 2017

トランプ大統領はキャンペーン中、石炭産業の地域の支持者に彼らの仕事を戻すと公約していた為、オバマ政権の気候変動対策による規定を撤廃すると主張し続けていた。主にその公約を果たす為、及び輸入エネルギー依存を停止する為との理由に基づき、今日オバマ政権の二酸化炭素ガス排出量基準を撤廃する大統領令に署名した。専門家は二つの重要な要因に基づき、トランプ氏の執行命令は石炭市場の雇用を拡大しない為、経済的にはさほど向上しないと推測した。オバマ政権の気候変変動政策であるクリーン.パワー計画に関する排出量の基準を書き換える為には裁判所を通す必要があり時間を要する。現在、再生エネルギーの仕事は石炭産業の仕事より遥かに多く、既に国内生産のエネルギーで満たしている。一方、米国の石炭産業は40年以上衰退傾向である。現在、圧倒的に多数の州はオバマ政権による2025年の炭素排出量削減の目標に沿った努力をしている。従って、複数の環境団体はトランプ氏の執行命令に法廷で戦うと主張している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。