アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「歴史」カテゴリーのアーカイブ

米国の弾劾プロセスと弾劾の歴史

Image result for images of historical presidents who faced impeachmentBy    Telegraph

ドナルド.トランプ は米史上3人目の弾劾に直面する大統領になりそうである。24日、下院議会の民主党議長ナンシー.ペロシの公表は、弾劾の調査を認可したことで、公式に弾劾プロセスの第一歩を踏まえたことになる。25日夜、下院議会では弾劾決定に必要な投票数に達する十分な議員らが支持していることが判明した為、下院では弾劾可能な状況になっている。25日、ホワイトハウスによって公開された7月25日の電話会話のメモは、トランプが大統領の権力を利用し、バイデンの調査をウクライナの大統領ヴォロディミール.ゼレンスキーに押し進めたことを明白にした為、議会弾劾の方向性を強化している。 (さらに…)

9月3日は米国が236年前パリ条約に署名した日

Image result for images of sign of paris in 1783 Sep. 3By    Medium

米国至上、最も意義深いイベントのひとつは1783年9月3日にパリで、米国、英国、フランス、スペインがイギリス王ジョージ3世と共に、パリ条約に署名したことでアメリカの独立戦争を公式に終えことである。パリ条約は様々な困難を乗り越えて成就した結果であるため、その意義は深淵である。この画期的な歴史は近年のプレジデンシィと比較する機会を与えるかもしれない。 (さらに…)

エメット.ティルの殺人事件はなぜ歴史的に意義深いのか?  

Image result for images of emmett tillエメット.ティル   By    Smithsonian Magazine

1955年8月28日、白人女性に口笛を吹いただけで、残虐に黒人少年が殺害された。この日14歳のエメット.ティルは、ミシシッピー州マネーで拷問を受け、射殺され、川に捨てられた。ティル殺害事件は、人種分離があった同州で新たな公民権運動に拍車をかけた。彼の母の要請に基づき、遺体が一般公開された黒人少年ティルの棺桶は、現在スミソニアンに展示されている。少年が殺害されてから64年後の現在も、この事件は非常に衝撃的であることに加えて、幾つかの理由に基づき歴史的に意義深い。 (さらに…)

最初のアフリカ人奴隷がバージニア州に到着してから400年

Image result for images of the first slave trade in 1619 in Virginia16198月:ジェームスタウン    By  National Park Service

2019年8月は、奴隷化された最初の人々が西アフリカからアメリカに到着して400年目を迎える。大西洋を横断し1619年8月にバージニア州のジェームスタウンで売られた最初少数のアフリカ人奴隷は、最終的に大規模な奴隷貿易で何百万人ものアフリカ人が当時「新世界」と呼んでいた米国で、奴隷制度の礎を築いたことになる。400周年記念として、ニューヨーク.タイムスは米国創設の基盤となった奴隷制度の歴史的背景とレガシーを理解するため、幾つかのプロジェクトを主催している。 (さらに…)

トランプ大統領の独立記念日の論争的な計画

Image result for images of military parades in New York in 1946By   YouTube

歴史的に大統領は独立記念日にホワイトハウスから簡単な祝辞を述べる程度であるが、トランプ大統領は明日4日リンカーン.メモリアルで開催される独立記念日に、彼が2年間切望していた軍隊式イベントを行う計画である。歴史的に米国では国民の祝日に軍隊式の催しを行うことは稀であるが、今回はトランプ自身が軍隊用のタンカーや空軍機などのディスプレイを要請したと言われている。ホワイトハウスは、共和党の献金者と政治的任命者にVIPチケットを無料で配っていることが報告されているため、彼の再選のためのキャンペーンとして利用される可能性があると懸念されている。トランプの独立記念日の計画は何が論争的なのか? (さらに…)

続編2:連邦政府の謀叛の概念と歴史の反逆罪例

Related imageBy  Pixels.com

しかし、一部のメディアが指摘した通り、米国の反逆罪の歴史はトランプが考えている反逆罪とは非常に異なっていることを示唆している。 (さらに…)

続編1:連邦政府の謀叛の概念と歴史の反逆罪例

Image result for images of treasonBy    North of Boston

トランプ大統領は日本を訪問する前日、ホワイトハウスでのイベントで記者団に彼を調査または批判する政敵は謀叛者であると述べた。複数のメディアは、彼が反逆の意味を理解していないと指摘したが、実際に多大数の米国人は謀叛または反逆罪の意味を良く理解していないと言われている。米国憲法は、反逆罪の定義とその範囲を大幅に限定している。長い歴史の中で反逆罪の有罪判決の実例は非常に少ない。 それらの例は、トランプが考えている謀叛または反逆の意味とは全く異なることを示唆している。 (さらに…)

日米間で神奈川条約が署名された日

Related imageBy    Navy & Marine Living History Association

165年前の今日、日本政府は米国と神奈川協定に署名した。この歴史上の画期的なイベントは1868年に徳川政府が崩壊した短期的要因の一つである。長期的要因も考慮する必要がある。続きを読む

マッカーシィズムと市民権略奪の歴史

Image result for images of mccarthyism and TRUMPBy  Franklin & Marshall College

トランプ政権の市民権略奪の動きは、1940年代から1950年代にかけて台頭したマッカーシィズムの一部の動きに類似しているが、その性質は異なっている。ウィスコンシン出身の米国上院議員右翼派共和党ジョセフ.マッカーシーは、全米の隅々に共産党員が潜んでいるとして赤狩りを先導した。妄想的なその赤狩りは、ハリウッドにもおよび、議会、政府の職員、国務省および財務省を含む政権の閣僚、ホワイトハウス、軍隊の中にも多数の共産党員がいると主張した。特に、1953年から1955年の期間に、マッカーシーは共産党員が米国のあらゆる社会に浸透しているとする激烈な宣告は全米で恐怖と疑惑の風潮を生み出した。これはマッカーシィズムと呼ばれているが、当時34代大統領ドワイトD.アイゼンハワー(1953-1961)は、正面からマッカーシーに対抗することはなく、ホワイトハウスの影響力を利用し、背後からマッカーシーと彼の仲間を追い詰め、妨害する方法で対処した。 (さらに…)

性的暴行:判事に対する告発の歴史と根強い社会風潮

        Image result for Anita Hill with Thomas in 1991          By ABC News  アニタ.ヒル(1991年10月)

米国最高裁指名者のブレット.カヴァナフの任命プロセスは混沌に陥っている。今週予定されていた上院司法委員会の投票は中止された。来週、月曜日カヴァナフと性的暴行を受けたと主張しているスタンフォード大学の心理学者クリスティン.ブラスセイ.フォードは公聴会で証言する事が決定した。別々の時間帯で行われる二つの公聴会でどちらが先に行うかは微妙な問題である。米国最高裁判事の任命前に性的暴行が暴露された歴史が示唆していることは、女性軽視の風潮が本質的に変わっていないことである。カヴァナフに対する告発は、25年以上前の事件と幾つかの類似性があり、その告発者は同様に大学の教授である。当時有名になったその教授は、18日上院司法委員会の公平な対処を求めるオプエドを投稿した。 (さらに…)

7月4日独立記念の奇妙な偶然の歴史

Image result for images of three presidents died on 4th of JulyBy History By Zim

今日は、一般的にアメリカが重視する米国の独立記念日による休日である。トランプ大統領はホワイトハウスの南芝で独立記念日の祝辞を披露した。大統領が祝辞を述べることは恒例の行事であるが、約190年前の同じ日に、奇妙にも偶然歴史的に著名な3人の大統領が死亡した7月4日は米国人にとって何に意義があり、なぜ米国民はこの日を祝うのか? (さらに…)

家族分離政策による前代未聞の国境警備隊利用

Related image

100年前メキシコ国境を護衛するウィスコンシン州民兵 By Wisconsin gov.

国境で子供たちを両親から引き離すトランプ政権の「ゼロ許容」政策に対して、アメリカを誇りに思っている人々の反応は「アメリカ人らしくない」との表現であり、その戦略は大幅に批判されている。多数州の両党の知事らは4月から、国境に警備隊を派遣するようトランプ大統領に要請されていたが、その政策はアメリカ人らしくないとの理由で、要請を却下した。米国には奴隷廃止後も家族を分離する政策は存在し、長年子供を両親から引き離した歴史があるため、歴史的観点から言えば、トランプ大統領下のアメリカは再び暗い歴史を繰り返していることになる。しかし、家族分離のため国家警備隊が利用される例は前代未聞である。 (さらに…)

北朝鮮に対するテロ支援国指定の歴史とトランプ大統領の方針

Image result for Images of North Korea as terrorist sponsor state

トランプ大統領は今朝ホワイトハウスでの閣僚との会議中、北朝鮮をテロリスト支援国家として指定する事を決定したと記者団に公表した。彼は北朝鮮が「外国の土地での暗殺」を含めて「繰り返し」テロ行為のスポンサーになっていると述べた。しかし、正式な公表は国務省によって明日公表される予定である。ホワイトハウスは、アジア旅行の最後の段階で、この方向性は決定されたと述べた。トランプはなぜ突然、ジョージW.ブッシュ 時代のテロ指定除去から再度北朝鮮をリストに挙げるのか明確な理由は不明である。北朝鮮は近年テロリストを潜伏させてはいないが、北朝鮮は多数の米国市民を含む外国人を拘束している甚だしい人権問題がある。 (さらに…)

連合軍シンボルの撤去論争

Related image
シャーロッツビルの事件後、南北戦争の連合軍の象徴であった銅像およびモニュメントの撤去活動が全国各地で促進されている。ここ数日間で現在15の都市では既に撤去し、同数の都市は現在考慮中である。トランプ大統領は今朝連続ツイートを通してこの活動に抗議した。連合軍のシンボルである銅像およびモニュメントを撤去することは賛成派および反対派にとって何を意味するのだろうか? 歴史家は15日にトランプがトランプ.タワーで記者団に表明したような意見の類にどのように反論しているだろうか? (さらに…)

今日は米国が日本に経済制裁を課した日

Image result for images of U.S & Japan on July 26, 1941

1941 年7 月26 日は、米国が日本に厳しい経済制裁を課した日である。その制裁は米国に保持している日本の資産を凍結し、貿易を停止することであった。米国が日本に経済制裁を課した理由は日本がフランス領インドシナを占領にした事が引き金になったと思われる。平均的アメリカ人は、なぜ日本は真珠湾を攻撃したと思うかと尋ねてもそれを正確に答える人は少ないが、歴史は米国の日本に対する経済制裁が要因であることを示唆している。第二次世界大戦後、米国の制裁は人権侵害のある一部の国及びテロリストを保護している国に対して禁輸措置を講じている。 (さらに…)

独立記念日の基本原理から見る最近の政治風潮

Image result for images of declaration of independence on July 4, 2017

1776年7月4日、ペンシルバニア州フィラデルフィアで建国の父達が先導した大陸会議は英国とその国王に対して独立宣言を採択した。米国民がその独立記念日を祝っている今日、特に思い出すことは革命期1776年の独立宣言草稿でトーマス.ジェファーソンが最初に使った「全ての人は平等に創造された」という句である。この歴史的宣言句は 240年以上幅広く認識され、引用されている。最近の政治風潮は独立記念日の基本原理が益々失われている傾向がある。オバマ前大統領は数日前、グローバリズムに反する過激なナショナリズムの台頭によって、少数派が攻撃的な待遇を受けていると指摘した。しかし、建国の基本原理を守る動きも完全に衰退していないため、幾つかの要因により米国にはまだ希望があることを示唆している。 (さらに…)

司法妨害の顕著な歴史例:アラバマ州の人種分離

Image result for images of George Wallace vs John F. Kennedy on June 11, 1963

1963年6月11日、ジョンF.ケネディ大統領はアラバマ州知事ジョージ.ウォレスに対して、裁判所命令を遵守させるため大統領宣言を発行した。ウォレスは近代政治史の中で、人種差別政策を最も露骨に行使した政治家として知られているが、その6日前、アラバマ州連邦裁判所は、入学資格のある2人のアフリカ系アメリカ人学生がアラバマ大学のタスカルーサとハンツビルの二つのキャンパスへの入学阻止を禁止する裁判命令を発行した。しかし、ウォレスは裁判所の命令を無視する前代未聞の司法妨害を犯した。現在頻繁に司法妨害の疑いが懸念されているドナルド.トランプ氏の例とは異なる歴史の一例である。 (さらに…)

会話の秘密テープの暗示:火に油を注ぐトランプ

Related image

FBIディレクター.ジェイムス.コミを解雇した後、1月にコミと食事をしたトランプは彼に忠誠を要請したと ニューヨーク.タイムスが伝えた。しかし、そのコミの同僚が語っている内容とは正反対の事を主張しているトランプは先週、両氏の会話を収録したテープがある事を示唆するツイートを投稿した為、火に油を注ぐ結果になっている。トランプはコミを脅迫していると多数のメディアは批判した。超党派の議会はテープを提供するよう要請し始めた。皮肉にも、トランプ陣営とロシアとの調整に関する捜査は、益々エスカレートしており、1974年に弾劾に直面したリチャード.ニクソンより深刻であることを示唆している。 (さらに…)

大統領令合憲性の疑惑拡大の要因

Image result for images of sally yates

昨夜、トランプ大統領は司法省長官の代理的役目を果たすサリー.エイツ(右)を解雇した。その後、移民執行当局の責任者も解雇されたため、歴史にちなんで「月曜日の殺戮」と呼ばれている。また、司法省長官としてトランプ大統領が早くから指名していた論争的なアラバマ州米国上院議員ジェフ.セッション(左)の認可はかなり遅れているが、7か国からの移民及び難民を禁止する大統領令の合憲性を疑ったエイツをトランプが解雇した結果、皮肉にも上院での承認プロセスにおいて、民主党はセッションへの不信を更に強化する結果になっている。論争的な大統領令の合憲性の疑惑が拡大している背景には幾つかの要因がある。 (さらに…)

次期大統領トランプと歴代大統領との顕著な相違

Image result for Images of Trump vs. CIA

今日米国諜報当局は上院議会情報委員会の公聴会で、ロシアは次期大統領ドナルド.トランプを勝利させるため米国の選挙にハッキングしたことを再度明白にした。トランプはこの安全保障問題及びロシアとの外交政策に関して、彼の党から最も孤立し、歴代の大統領、特に共和党大統領の歴史的記録からも顕著な相違がある前代未聞の次期大統領である。引き続き米国情報部の報告を否定し、CIAの規模を削減する計画を表明しているトランプは明日ロシアのハッキングに関する報告を受ける予定である。その後も彼の態度に変化がない場合、著しく危険な大統領になる可能性がある。 (さらに…)

日米両国リーダーによる歴史的な真珠湾の合同訪問

Image result for images of Obama and Abe meet at Pearl Harbor on Dec. 27, 2016

今年は真珠湾攻撃から75周年を迎えた。安倍晋三首相は26日にホノルルを訪問し、27日には、米国政府が政権交代する前にハワイで休暇中のオバマ大統領と共に真珠湾を訪問した。既に3人の歴代首相が真珠湾を訪問しているため阿部氏の決定は初めてではないが、阿部氏による真珠湾の訪問は幾つかの有意義な理由により歴史的なイベントである。 (さらに…)

不透明になった米国.キューバ関係

Image result for images of Fidel Castro, Obama, Trump

キューバ革命の先導者フィデル.カストロは米国の政権が変わる時期である11月25日90歳で死亡した。1959年の混沌たる革命を機に、米国に亡命した一部のキューバ系アメリカ人はカストロの死を祝い、一方地元キューバの人々は静かに追悼の日々を不安な心境で過ごしている。カストロはジョンF.ケネディの就任中一時期、米国との和解を求めたが、ケネディ暗殺後、悔恨と葛藤の思いを抱き続けたままその生涯を閉じた。革命当時から44代大統領バラク.オバマ以前の10人の歴代大統領はキューバとの平和的外交政策に失敗した。ちょうど2年前、友好関係の正常化を図る努力をしたオバマ大統領のキューバ政策は不透明な状況になったことを意味し、少なくともトランプ次期政権下での二国関係はもっと緊張を増す可能性がある。 (さらに…)

米国侵略の歴史を反映したハワイの合併

1959年8 月21日、ハワイはアメリカ合衆国の50番目の州になった。19世紀初期、ハワイ島に到着した最初のアメリカ人は宣教師である。1870年代の中頃にはアメリカのサトウキビ栽培業者が最初の移民として定住し、次第に米国との条約を結ぶことでアメリカはサトウキビ市場を開拓した。1880年代初期には条約を改正し、真珠湾に米国の海軍基地を構築した。1890年代 、アメリカのサトウキビ生産業者は米国海兵隊の援助により、君主制下でハワイを統治していた女王を追放し、ハワイを合衆国として併合した。1941年、日本軍の真珠湾攻撃はハワイの重要性を最も認識させる歴史の一因となった。ハワイがアメリカ合衆国50番目の州になった歴史的背景は、日本も1850年代同様の経験をした米国の侵略的側面を反映している。 (さらに…)

独立宣言240周年記念の米国各地の様子、警戒、歴史

7月4日は米国の歴史上著名な3人の建国の父が死亡している歴史に加えて、240年前トーマス.ジェファーソンが草案した独立宣言をフィラデルフィアの大陸会議で採択した有意義な日である。一般的な米国民は毎年英国からの独立を宣言したこの日を祝い、スポーツ番組を観ながらホット.ドックを食べる習慣がある。全国各地で花火大会を含めて、独立記念日を祝うイベントが開催されるが、素人が扱う花火による死亡及び負傷事故の主要因になっている。また、1週間以内に3つの国で大規模な自爆テロが発生した直後であり、1日には独立記念日に幾つかの空港をターゲットにするとのISISの脅しもあった為、複数の大都市では警戒態勢が増強された。 (さらに…)

トランプはゴールドウォーターのエコー?

トドナルド.トランプは共和党の原理を根本的に覆す可能性性がある危険な存在として、多くの共和党は彼に対する支持をためらっている。歴史学者はこの現状と似たような政治史があることを指摘している。1964年大統領選で、民主党の現役大統領リンドン.ジョンソンと対抗していた バリー.ゴールドウォーターはトランプとイメージが重なる幾つかの共通点がある。しかし、歴史はある側面でトランプは稀に見る型破りの共和党大統領候補者であることを示唆している。 (さらに…)

ブースは何故リンカーンを暗殺したのか?

奴隷解放、南北戦争、再建を先導し、歴代大統領の中で最も動乱の時代に生きた指導者はエイブラハム.リンカーンかも知れない。リンカーンは1865年4月14日ワシントンDCのフォード劇場でジョン.ウィルクス.ブースに頭を後部から射殺された後、約10時間生存した。しかし、介護も空しく翌朝他界した。4月15日は、米史上最初に暗殺された大統領であるリンカーンが151年前に劇的な死を遂げた日である。ブースは何故リンカーンを暗殺したのか? (さらに…)

公的記録によるとオバマ氏の先祖は奴隷所有者

最近日本では、丸山和也参議院議員によるオバマ大統領の祖先に関する発言が話題になったが、米国のメディアはほとんど注目していない。オバア氏二期目の2012年大統領選年の7月、先祖調査会社アンセストリー.ドット.カムはオバマ氏の先祖は米国初の奴隷であるとの調査結果を公表した為、多大な衝撃があった。100%真実であるとする確証はないものの、その後この報告に挑戦した別の調査結果はなかった。しかし、オバマ氏の祖先に関する調査は実際にはオバマ氏が米国上院議員当時、最初に2008年大統領選の立候補を表明した2007年から開始され、記録上確実に残っている証拠はオバマ氏の祖先は「奴隷所有者」であったという事である。これは奴隷であったとする説とは全く異なるイメージの報告であるが、公表された 9年前オバマ氏の側近はこれを否定しなかった。 (さらに…)

エマ.ゴールドマンが逮捕された日

1916年2月11日、社会活動家、作家、アナキスト及びフェミニストとして知られるエマ.ゴールドマンは産児制限運動を展開した為、コムストック法違反で逮捕された。今日はその日からちょうど100年目を迎える。ロシア系ユダヤ人の移民として10代で米国に移住した彼女は罪の無い労働者が有罪判決を受け死刑に処された事件を知り、米国に深く失望した。また、多数の死亡者または負傷者を出したアンドリュー.カーネギーが所有する鉄鋼工場の歴史的な組合紛争で犠牲になった労働者を哀れみ、復讐を試みた友人に深く関与した。ゴールドマンは2度逮捕された後、ロシアに強制送還されたが、北米とヨーロッパで生きながら、言論と愛の自由、女性の投票権など多数の課題についての執筆活動を続けた。ゴールドマンは動乱の時代に波乱の人生を生きた女性である。 (さらに…)

N.Y.Tの歴史的変化と両党候補者の支持表明

多数の大統領候補者は明日アイオワで開催される最初の予備選(指名選挙)に向けて当地でのキャンペーンを実施している。昨日、米国で最大の全国紙ニューヨーク.タイムスは民主党候補者のヒラリー.クリントンおよび共和党候補者で最も温厚な印象のあるジョン.ケイシック両氏に対する支持を表明した。過去の女性差別の歴史及び同紙の超党派の記者採用の事実は、同紙が完全なリベラルとは言えない側面がある。同紙がこの両氏を支持表明した理由は何か? (さらに…)

軍産複合体の強化を印象づけるクルーズとルビオの論争

フォックス.ニュースおよびグーグルの主催により28日アイオワ州デモインで開催された共和党の討論会にはボイコットしたドナルド.トランプの姿は見られなかった。また、支持率が壊滅的なメンバーは全てメイン.ステージから除外されたため、参加者は最も少ない7人であった。ISIS はネットで最も多く検索されるほど世界の人々が関心を抱いている課題であるが、大統領としてISISとどのような戦略で対抗するかという質問に対して、特にテッド.クルーズとマルコ.ルビオは軍事力強化を主張した。両氏は55年前の1月、軍産複合体の危険性を警告したアイゼンハワーのメッセージ、及び世界における米国軍事費の現実をどう思っているのか疑問を感じさせる論議を展開した。 (さらに…)

貧困への戦いが宣言された52年後の今日

1964 年 1月8 日は36代大統領リンドン.ジョンソンが一般教書演説で多数の国内政策プログラムを紹介し、貧困への戦いを宣言した日である。「貧困への戦い」は非公式の名称であるが現在頻繁に使用されている為、貧困の戦いは終っていないことを示唆している。52年前、ジョンソンは、特に黒人を意識した有色人種の貧困、失業率の高い若者の機会と経済向上を目指す野心的な多数の国内経済政策を打ち出したが、今日一部の成功者を除き黒人は相変わらず貧困である。最近、米国一握りの億万長者は年間億ドルの余剰収入がある事が報告されている一方、最新の国勢調査の貧困率と貧困者数の実態は50年前とさほど変化はなく、近年向上は低迷している現状である。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。