アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「歴史」カテゴリーのアーカイブ

大統領令合憲性の疑惑拡大の要因

Image result for images of sally yates

昨夜、トランプ大統領は司法省長官の代理的役目を果たすサリー.エイツ(右)を解雇した。その後、移民執行当局の責任者も解雇されたため、歴史にちなんで「月曜日の殺戮」と呼ばれている。また、司法省長官としてトランプ大統領が早くから指名していた論争的なアラバマ州米国上院議員ジェフ.セッション(左)の認可はかなり遅れているが、7か国からの移民及び難民を禁止する大統領令の合憲性を疑ったエイツをトランプが解雇した結果、皮肉にも上院での承認プロセスにおいて、民主党はセッションへの不信を更に強化する結果になっている。論争的な大統領令の合憲性の疑惑が拡大している背景には幾つかの要因がある。 (さらに…)

次期大統領トランプと歴代大統領との顕著な相違

Image result for Images of Trump vs. CIA

今日米国諜報当局は上院議会情報委員会の公聴会で、ロシアは次期大統領ドナルド.トランプを勝利させるため米国の選挙にハッキングしたことを再度明白にした。トランプはこの安全保障問題及びロシアとの外交政策に関して、彼の党から最も孤立し、歴代の大統領、特に共和党大統領の歴史的記録からも顕著な相違がある前代未聞の次期大統領である。引き続き米国情報部の報告を否定し、CIAの規模を削減する計画を表明しているトランプは明日ロシアのハッキングに関する報告を受ける予定である。その後も彼の態度に変化がない場合、著しく危険な大統領になる可能性がある。 (さらに…)

日米両国リーダーによる歴史的な真珠湾の合同訪問

Image result for images of Obama and Abe meet at Pearl Harbor on Dec. 27, 2016

今年は真珠湾攻撃から75周年を迎えた。安倍晋三首相は26日にホノルルを訪問し、27日には、米国政府が政権交代する前にハワイで休暇中のオバマ大統領と共に真珠湾を訪問した。既に3人の歴代首相が真珠湾を訪問しているため阿部氏の決定は初めてではないが、阿部氏による真珠湾の訪問は幾つかの有意義な理由により歴史的なイベントである。 (さらに…)

不透明になった米国.キューバ関係

Image result for images of Fidel Castro, Obama, Trump

キューバ革命の先導者フィデル.カストロは米国の政権が変わる時期である11月25日90歳で死亡した。1959年の混沌たる革命を機に、米国に亡命した一部のキューバ系アメリカ人はカストロの死を祝い、一方地元キューバの人々は静かに追悼の日々を不安な心境で過ごしている。カストロはジョンF.ケネディの就任中一時期、米国との和解を求めたが、ケネディ暗殺後、悔恨と葛藤の思いを抱き続けたままその生涯を閉じた。革命当時から44代大統領バラク.オバマ以前の10人の歴代大統領はキューバとの平和的外交政策に失敗した。ちょうど2年前、友好関係の正常化を図る努力をしたオバマ大統領のキューバ政策は不透明な状況になったことを意味し、少なくともトランプ次期政権下での二国関係はもっと緊張を増す可能性がある。 (さらに…)

米国侵略の歴史を反映したハワイの合併

1959年8 月21日、ハワイはアメリカ合衆国の50番目の州になった。19世紀初期、ハワイ島に到着した最初のアメリカ人は宣教師である。1870年代の中頃にはアメリカのサトウキビ栽培業者が最初の移民として定住し、次第に米国との条約を結ぶことでアメリカはサトウキビ市場を開拓した。1880年代初期には条約を改正し、真珠湾に米国の海軍基地を構築した。1890年代 、アメリカのサトウキビ生産業者は米国海兵隊の援助により、君主制下でハワイを統治していた女王を追放し、ハワイを合衆国として併合した。1941年、日本軍の真珠湾攻撃はハワイの重要性を最も認識させる歴史の一因となった。ハワイがアメリカ合衆国50番目の州になった歴史的背景は、日本も1850年代同様の経験をした米国の侵略的側面を反映している。 (さらに…)

独立宣言240周年記念の米国各地の様子、警戒、歴史

7月4日は米国の歴史上著名な3人の建国の父が死亡している歴史に加えて、240年前トーマス.ジェファーソンが草案した独立宣言をフィラデルフィアの大陸会議で採択した有意義な日である。一般的な米国民は毎年英国からの独立を宣言したこの日を祝い、スポーツ番組を観ながらホット.ドックを食べる習慣がある。全国各地で花火大会を含めて、独立記念日を祝うイベントが開催されるが、素人が扱う花火による死亡及び負傷事故の主要因になっている。また、1週間以内に3つの国で大規模な自爆テロが発生した直後であり、1日には独立記念日に幾つかの空港をターゲットにするとのISISの脅しもあった為、複数の大都市では警戒態勢が増強された。 (さらに…)

トランプはゴールドウォーターのエコー?

トドナルド.トランプは共和党の原理を根本的に覆す可能性性がある危険な存在として、多くの共和党は彼に対する支持をためらっている。歴史学者はこの現状と似たような政治史があることを指摘している。1964年大統領選で、民主党の現役大統領リンドン.ジョンソンと対抗していた バリー.ゴールドウォーターはトランプとイメージが重なる幾つかの共通点がある。しかし、歴史はある側面でトランプは稀に見る型破りの共和党大統領候補者であることを示唆している。 (さらに…)

ブースは何故リンカーンを暗殺したのか?

奴隷解放、南北戦争、再建を先導し、歴代大統領の中で最も動乱の時代に生きた指導者はエイブラハム.リンカーンかも知れない。リンカーンは1865年4月14日ワシントンDCのフォード劇場でジョン.ウィルクス.ブースに頭を後部から射殺された後、約10時間生存した。しかし、介護も空しく翌朝他界した。4月15日は、米史上最初に暗殺された大統領であるリンカーンが151年前に劇的な死を遂げた日である。ブースは何故リンカーンを暗殺したのか? (さらに…)

公的記録によるとオバマ氏の先祖は奴隷所有者

最近日本では、丸山和也参議院議員によるオバマ大統領の祖先に関する発言が話題になったが、米国のメディアはほとんど注目していない。オバア氏二期目の2012年大統領選年の7月、先祖調査会社アンセストリー.ドット.カムはオバマ氏の先祖は米国初の奴隷であるとの調査結果を公表した為、多大な衝撃があった。100%真実であるとする確証はないものの、その後この報告に挑戦した別の調査結果はなかった。しかし、オバマ氏の祖先に関する調査は実際にはオバマ氏が米国上院議員当時、最初に2008年大統領選の立候補を表明した2007年から開始され、記録上確実に残っている証拠はオバマ氏の祖先は「奴隷所有者」であったという事である。これは奴隷であったとする説とは全く異なるイメージの報告であるが、公表された 9年前オバマ氏の側近はこれを否定しなかった。 (さらに…)

エマ.ゴールドマンが逮捕された日

1916年2月11日、社会活動家、作家、アナキスト及びフェミニストとして知られるエマ.ゴールドマンは産児制限運動を展開した為、コムストック法違反で逮捕された。今日はその日からちょうど100年目を迎える。ロシア系ユダヤ人の移民として10代で米国に移住した彼女は罪の無い労働者が有罪判決を受け死刑に処された事件を知り、米国に深く失望した。また、多数の死亡者または負傷者を出したアンドリュー.カーネギーが所有する鉄鋼工場の歴史的な組合紛争で犠牲になった労働者を哀れみ、復讐を試みた友人に深く関与した。ゴールドマンは2度逮捕された後、ロシアに強制送還されたが、北米とヨーロッパで生きながら、言論と愛の自由、女性の投票権など多数の課題についての執筆活動を続けた。ゴールドマンは動乱の時代に波乱の人生を生きた女性である。 (さらに…)