アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「経済」カテゴリーのアーカイブ

コロナウイルスの恐怖が景気後退を促進する可能性

Image result for images of bigger threat of Coronavirus and world economy"By   Australian News Today

コロナウイルスの恐怖がグローバル経済に深刻な影響を与える可能性があると専門家が懸念を表明したと報告されている。米国では2月1日の時点で8人が感染したと伝えられている中で、隔離の準備を初めている。中国では14,000人以上が感染したと言われている現状を受けて、トランプ政権は過激な旅行禁止を制定した。米国の経済学者及び著名な米国企業の関係者は、この旅行禁止が経済的懸念を深める要因になっていると指摘している。 (さらに…)

政治、経済、社会的側面による2020年の期待と予測

Image result for images of 2020 with high tech communicationBy    123 RF. com

2020年は総選挙年である為、2019年より更に煩雑な年になる。政治、経済、社会的側面から2020年の米国はどのようなことが予期されているだろうか? 2020年の総選挙で、トランプ大統領は再選を成就する可能性があるだろうか?景気後退及びトランプが2018年から開始した貿易戦争は専門家の最大の関心事であるが、経済的観測はどのようなものだろうか? (さらに…)

737 MAXの生産凍結と世界経済の影響

Image result for images of parked 737 MAXBy    Reuters

米国最大の航空機メーカーであるボーイング社は2つの致命的な事故で、最大の売り上げがあることで知られている737 MAXモデルの生産を20年以上中断することを決定した。これは、雇用を含む経済的側面でグローバル的に多大な影響があると言われている。この決定に反応している経済専門家は、どのような経済的影響を懸念しているだろうか? (さらに…)

良好な経済状況はトランプの再戦を援助するか?

リーマン.ショックによる2008年の景気不況から回復し始めた2010年以降、米国の経済は上向きになり始め、景気は現在最もブーム時期に達していると言われている。今年下半期後半から失業率は50年ぶりに3.5%に達し、平均時給は47年ぶりに、10月の前年から初めて、住宅ローンの率を超過した。加えて、選挙年の景気後退の可能性は予測よりかなり低い状況下で、経済専門家は、今年の経済状況が弾劾に直面しているトランプ大統領を援助するかどうかを分析している。 (さらに…)

米国の中産階級の家計は圧迫傾向

Image result for images of middle class with 4By     USA Today

中産階級の意味には幾つかの定義があり、米国成人の50%以上は中産階級の所帯に属している。中産階級の所得には近年変化がないと言われているが、住宅、医療費、その他の高騰により、家計を圧迫しているのが現状であると報告されている。 (さらに…)

貧困率は減少する一方で医療保険を失う人口層は増加

Image result for images of Trump and uninsured health careBy    Washington Post

10日に公開された国勢調査局によると、2017年から2018年の間に、全労働者の実質所得中央値は3.4%増加した。一方、2018年中に2,750万人または人口の8.5%が健康保険に加入していていなかったことが判明した。 これは、2010年3月にオバマ政権下で制定されたアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)の全面撤廃を目指した共和党と引き続きトランプ政権下で極度に弱体化させる努力のあった結果である。専門家は国勢調査局の報告をどのように解釈しているだろうか?これは選挙の関連性から何を示唆しているだろうか? (さらに…)

白人に恐怖を煽る戦略はもはや無効であるが、経済はトランプの再選に不可欠?

Image result for Images of recession in 2020
By   Hill

複数の政治学者によると、ドナルド.トランプは2016年の大統領選で人種に関する白人の悲哀を訴える戦略で成功した。しかし、トランプ大統領はその成功した同じ戦略を2020年の再選でも利用しようとしているが、最新の本格的な世論調査は、2020年にはそれは成功しない可能性があることを示唆している。政治学者は、白人労働者クラスがトランプの政策を益々支持するようになっていると分析している為、2020年の再選時も引き続き経済が良好である場合、トランプの再選は一部有利である。しかし、先週から2020年には景気後退に入ると予測され始めた為、ホワイトハウスの二人の経済関係者は18日慌ててその懸念を払拭する努力を見せ、経済状況はトランプの再選に非常に重要であることを示唆した。 (さらに…)

ドルは今後も世界優位の通貨であり続けるか?

Related imageBy   qz.com

米国のドルは1944年に世界の通貨になり、世界中での貿易を通して最も受理され、現在日々外国為替取引の90%がドルである。近年もっとも人気のある通貨は米国のドル、ユーロ、日本円である。なぜ75年間もドルが世界の通貨の中で最も影響力があるのか? ドルは今後も強い状況が続くのか? これらは非常に興味深い疑問である。 (さらに…)

最低賃金を時給15ドルに増加した場合の経済的影響

Related imageBy    Politifact.com

民主党が支配する下院議会は今月、連邦政府の最低賃金を15ドルに引き上げるための投票を行う予定である。超党派の議会予算局(CBO)は、最低賃金を15ドルに増加した場合の経済的影響に関する幾つかの分析結果を公表した。CBOの経済学者は最低賃金を時給15ドル、12ドル、10ドルに増加した場合、どのくらいの人々が収入増加の恩恵を受け、何人が雇用を失うかどうかについても分析した。2019 年、州での最低賃金引き上げの努力はどうなっているだろうか? どのような州が連邦政府と同様の最低賃金を採用しているのか? (さらに…)

2020年の経済予測:景気後退の懸念

Image result for images of 2020 recession predictionsBy     Fox Business

2019年も半年が過ぎ、今日7月1日から下半期に入るが、6月には多くの経済専門家が 2020年から経済後退に入ると予測している状況が目立った。中国に対する貿易戦争を含む経済的および政治的な不安定性が要因で、2020年後半までには景気後退になるとの懸念を表明した専門家もいる。景気後退に関する見解は経済専門家の間で分かれているという現実もあるが、消費者や企業は経済情報を知ることで、将来の準備を可能にすると述べている。 (さらに…)

トランプ大統領が試される国内外の状況は何を示唆?

Image result for Iran vs TrumpBy    Daily Express

主要接戦州でトランプ大統領の支持率が低下している要因は彼の虚偽による混乱も一因であるが、国民が失望する国内外政策、特にキャンペーン当時からの重要な公約を果たしていないことが要因である。現在の経済報告や、戦争に発展するのではないかと懸念されている米国対イランとの最近の緊張は、トランプ大統領がオバマ政権下での核協定をスクラップした後からエスカレートし始めた。トランプ大統領は明らかに様々な角度から試されることになる状況が見られる。 (さらに…)

人種別の所得格差は移民のパターンにも一因あり?

Image result for images of income inequalityBy  Lown Institute

一部の民主党大統領候補者は、所得の平等性を訴えているが、長年米国の人種による所得格差は根強い状況がある。アジア系アメリカ人は最も高収入のグループであり、黒人は最下位である。このパターンは約50年続いており、人種による所得格差の現状を候補者が変えることは非常に困難であることを示唆する幾つかの理由がある。研究者は、その格差の多大な一因が移民法や移民のパターンにもあると指摘している。 (さらに…)

関税の影響を理解しないトランプの貿易戦争に対する不安

Related imageBy    Nopa.org

上院財政委員会の委員長はトランプ大統領との個人的会話で、トランプは関税の影響を良く理解していないと語ったと報告された。多数の共和党議員らは懸念を表明し、トランプの関税に反対している。民主党候補者のジョー.バイデンは米国の労働者と農家を苦しめていると警告した。専門家は、農産物生産業者が貿易紛争による農産物価格の不確実性を懸念している現状を伝えた。農民は経済的ダメージが長期化することの多大な不安をつのらせている。 (さらに…)

トランプの関税に関する理解度はどの程度?

Image result for images of Trade War between Trump and ChinaBy    Conflict Observer

トランプ大統領の中国に対する貿易戦争は、明らかに米国経済にも多大な影響を及ぼしている。中国は、報復措置を講じているため、13日午前11時過ぎのニューヨーク市場(NYSE)は午前中の取引で、ダウジョーンズ工業平均株価とスタンダード&プアーズ(S&P )500指数がいずれも急落した。どのような点で、トランプ大統領の措置は米国の経済に悪影響を及ぼすのだろうか? 驚くことに、トランプは関税の影響について、その全体的な構造を正しく理解しているかどうかが疑問視される状況がある。 (さらに…)

国境閉鎖を脅すトランプへの反応と壊滅的経済の警告

Related imageBy   MLive.com

トランプ大統領は先週末、米国とメキシコ間の南部国境を閉鎖すると述べた。明らかに米国の経済的悪影響があると指摘されており、最近の政府閉鎖により、地元の経済的な打撃の記録は想像以上であることを示唆している。共和党リーダーは、国境閉鎖の経済的ダメージは壊滅的であるとの深い懸念を表明した。米国通商関係者は第二の貿易相手国であるメキシコと米国間の国境を閉鎖した場合の多大な経済的悪影響を警告した。 (さらに…)

政府閉鎖が為替相場に及ぼす影響と経済損失

Image result for images of Japanese yen and U.S dollarBy   The Business Times

米国政府閉鎖は、米国への世界の旅行者、貿易業者、および米国を含む海外送金に関与する人々に影響を及ぼすだけでなく、世界の為替に多大な影響を与える。政府閉鎖は昨年1月中旬にドルの弱体化が懸念され、2013年10月に16日間の政府閉鎖があった時、ドルは低下した記録がある。また、今回の閉鎖は、過去のどの閉鎖より長引く可能性があるが、2013年の16日間の政府閉鎖による経済損失はトランプ大統領が要求している壁費用の規模より大きい。政府閉鎖から15日目である今日、ホワイトハウスは妥協案を暗示しているが、トランプは場合によって、数日後に彼の壁建設に関して米国の緊急事態宣言を発表すると脅している。このような状況は何を示唆している? (さらに…)

2019年から景気後退に入る理由

Image result for images of recession in 2019By   Live Index

米国は景気後退または経済不況に入る可能性がある。6月末から毎月その懸念が提起され、新年が近い今日も、その声は高くなっている。圧倒的多数の経済専門家又は経済関連メディアは2019年には米国が景気後退に直面すると予測している。それにはトランプ大統領の外交および経済政策の問題も含めて幾つかの理由があると言われている。 (さらに…)

トランプの中国に対する貿易戦争に影響を受けるのは誰か?

Related imageBy   Washington Post

トランプ大統領が中国に関税を課すと発表した後、中国は報復すると反応したため、貿易戦争という言葉が生まれた。トランプの中国に対する関税の貿易戦争は多くの農業関係者に顕著な影響を与え、一部の地域社会で既に影響を受けている。特に大豆を栽培する小規模農家、鉄鋼、天然ガスと石油化学事業、およびこれらの貿易分野でインパクトが顕著である。米国の消費者にとってもプラスになる貿易政策ではないようである。 (さらに…)

人種、富、税金に関する研究は何を意味?

Image result for images of richest in the United States in 2018By CBS News

専門機関による人種、富、税金の研究によると、トランプ大統領の大幅な減税に基づく2018年施行の税制と雇用法は、豊かなアメリカ人の所得上位20%に最も利益を与えている。人種的に見ると、白人は圧倒的に裕福であり、人口の割合からすると黒人及びラテン系の所帯は税制と雇用法による利益を受けている率が最も低い。 (さらに…)

米国の経済ブーム:トランプは徴候であり原因ではないと指摘したオバマ

Related imageBy BBC

特に選挙前の良好な経済は、大統領にとって無視できない魅力的な課題である。トランプ大統領は先週彼が就任して以来、過去には見られない経済成長があると主張した。10日もGDPと失業率についても誇張した為、彼の上級経済顧問はトランプの間違いを訂正した。オバマ前大統領は先週イリノイ大学で、経済格差がなく、中産階級が成長した歴史と所得格差が拡大している現状を比較し、一部の富のパワーは政治、経済、社会的側面の全てに影響を与えていると語った。また、2008年の経済恐慌を乗り越えた米国の経済成長はトランプが就任する前から始まったと指摘した。前大統領が、現役大統領の経済的コメントを訂正することは稀であるが、経済も中間選挙の課題である事を示唆している。 (さらに…)

トランプのNAFTA撤廃による論争とは何か?

Image result for Images of NAFTA & TrumpBY NBC News

北米自由貿易協定(NAFTA)の撤廃はキャンペーン当時からの公約の一つであった為、トランプ大統領は就任直後からこの政策をアピールしているが論争的である。米国とメキシコの暫定的な貿易協定について、トランプは今日大統領執務室で両国が合意に達したと発表した。メキシコとの暫定的な貿易協定の概要は何か?なぜ、カナダが含まれていないのか?NAFTAの主なゴールは関税などの障壁を取り除くことであるが、なぜトランプはNAFTAに否定的なのか?トランプは議会の承認なしにNAFTAを撤廃できるか? (さらに…)

米国と世界に多大な影響を及ぼすトランプの論争的な関税政策

Image result for Free images of steel and aluminum tariffBy Global News

経済学者は一般的に、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課すトランプ大統領の貿易政策は、米国多数の州や地域社会及び日本を含む外国に悪い経済的影響を与えると述べている。この特定の関税は他の国にもネガティブな波及効果があり、日本、ロシア、トルコは鉄鋼とアルミニウムの関税に対する潜在的な報復について警告している。トランプの貿易戦争に対する専門家の反応は何を示唆している? (さらに…)

トランプの対中国貿易戦争はトランプ有権者に悪影響

Image result for Images of Trump vs. China

2016年11月の大統領選から約1年半年後の最近、ドナルド.トランプに投票した有権者が最もトランプ大統領の政策に悪影響を受ける可能性があることは益々明白になっている。特にトランプの中国に対する貿易戦争は、特定の農産物を生産する農家の人々および一部産業の労働者に有害であり、それらの農業および産業はトランプ支持者の郡に多い傾向がある。しかし24日、ホワイトハウスは中国に対する関税について、中国との交渉計画を公表したため、幾分、深刻な懸念が薄らいだとの見方もある。これは約一ヶ月、対中国貿易戦争の危機状態から改善があることを示唆している。 (さらに…)

トランプ大統領の保護主義と関税計画に対する強い反応

Image result for images of Trump signing executive order

トランプ大統領は26代大統領セオドア.ルーズベルト(1901-1909)以来、近代史の中でプロテクショニズム(Protectionism)と呼ばれる保護主義を唱える稀な大統領である。米国の保護主義は他国との貿易に関税及びその他の障壁を築く保護的な経済政策に言及する。日本人として、最も理解しやすい日本のお米の例について考えることは可能である。歴史的には米国工業産業を保護するため輸入を制限した19世紀に最も浸透していた経済政策である。トランプは各方面からの喧騒的な反対に直面したにも関わらず、関税を課す大統領令に既に署名している。また、米国知的所有権を侵害している中国に対して、多額の関税を課す決定について今週末までに発表する予定である。これには多数の企業関連グループからの多大な反響がある。 (さらに…)

トランプの貿易戦争は何を意味している?

Related image

ドナルド.トランプ は選挙キャンペーン中、NAFTAは米国にはマイナスであると主張していたが、大統領は1日、ホワイトハウスの閣僚との会合で鉄鋼及びアルミニウムの輸入にそれぞれ一定の関税を課すと述べた。即時に株式は大幅に下落し、多方面からの反応は主に悲観的であるため、これは経済に悪い影響があることを暗示した。選挙にも影響があるほど共和党には政治的マイナス要素があると言われているトランプの関税計画は貿易戦争と呼ばれている。 (さらに…)

モノプソニーとは何か?

Related image

米国の経済は2007年及び2008年の経済恐慌から大幅に回復し、現在非常に安定していると言われているが、賃金上昇は非常に緩やかであるか又は長年スローな状態である。その背景に、企業は労働者クラスに対して、賃金抑制のための市場力を利用する構造があると専門家は指摘している。その要因は企業の規模が大きくなるにつれて、地方の労働市場を支配することが可能になっているモノプソニーと呼ばれる現象があると説明している。ブルッキングス研究所の複数の学者は、高所得者を除き、モノプソニーの影響を受けている一般労働者を保護するため、州及び連邦政府に対して幾つかの提案をしている。 (さらに…)

最近の株急落は米国経済に何を意味している?

Image result for images of stock plunged

米国民の大半は株を保持しているが、最近株の急落により株式市場はパニック気味であり、投資家は12月に通過した共和党の大幅な減税が米国の経済を傷つけると恐れている。グローバル経済はまだ危機に陥っていないが、最近次から次に株が暴落している要因は幾つかある。近い将来の米国経済にはどのような意味があるだろうか? (さらに…)

税制改革は一部のレッド州をブルー州に変えると予測

Image result for images tax cuts and election of 2018 with Trump & Ryan

昨年末から共和党の税制改革の結果は選挙に影響があると言われている。今年の中間選挙と2020年の大統領選で、ジョージア州やテキサス州など幾つかの重要なレッド(共和党州)はブルー(民主党州)に変わる可能性が高いため、共和党の税制改革は民主党を援助する結果になると予測されている。専門家はこの減税により、複数の州、特に国内移住率の高い複数州で民主党の投票率が大幅に増えると分析している。 (さらに…)

規制緩和は経済を向上させるか?

Image result for Images of Trump stood between two piles of paper representing government regulations

トランプ大統領は就任約10日後には規制緩和と規制コストを調整するための大統領令に署名し、全て行政がオバマ政権の規制を撤廃しやすい環境を整えた。昨年トランプ政権は一年間で米国の規制を撤廃したか、又は延期しているか、または凍結しているかのいずれかで驚異的に多数の規制緩和の努力を行っている。企業経営者に及ぼす肯定的な心理的要素は多大であり、企業側は規制緩和が経済向上を促進すると主張しているが、その証拠はあるだろうか? (さらに…)

2017年の最優秀国ランキング

Image result for images of Switzerland

国の経済的成功を決定する要素は、 優れた政策、それを推進するリーダーの努力と展望性、環境、歴史的基盤などの総合的要因が挙げられる。ペンシルベニア大学のデイビッド.ライブシュタイン教授および他複数の専門家とU.S. News & World Reportとの協議に基づく2017年の最優秀国ランキングのカテゴリーは、国境を越えて国の存在を拡大したグローバル性、貿易、旅行、投資を促進していることで世界的に認識されている質的な特徴、および国の経済に直接影響を及ぼす可能性のある印象に基づいている。日本はアジアで唯一ベスト10のランキングに含まれ、この調査では米国より優れていると評価されている。 (さらに…)

米国の健全な雇用情勢と安定した経済状況

Image result for images of U. S. economy in october 2017

ハリケーンで影響を受けた米国の経済は先月回復し、261,000の雇用を増加した。失業率は4.1%であり、経済は後退の兆しはないようである。10月の経済状況に関する幾つかの分析によると、労働者の賃金上昇はスローであるが、雇用情勢は健全であり、総体的に米国の経済は安定しているようである。 (さらに…)

米国中産階級の中間所得収入は2016年に増加

Related image

今日公表された米国勢調査局によると、2016年の中産階級の収入は過去10年以来最高記録に達した。米国中産階級の中間所得収入はオバマ政権最後の年に増加し、公式貧困率も減少したことを示唆した。中産階級の表現は曖昧であると言われているため、そのイメージを明確に捉える時、インカム.クインタイル(Income quintile)または収入五分位と呼ぶ概念を意識すると理解しやすい。 (さらに…)

トランプ大統領の経済政策:公約と現状

Image result for Images of Trump and mining progress

2016年大統領選のキャンペーン中、総体的に有権者は彼らの経済向上を最も重視した。ドナルド.トランプは彼の主な経済政策として大幅な減税及び連邦政府の負債減少を強調し、彼の支持者はこれらの公約を支持した。石炭生産を増加することで、衰退した鉱夫の雇用を取り戻すと公約したため石炭産業の労働者に支持された。また、鉄鋼輸入品に関税を課す保護主義政策を掲げたため、米国の鉄鋼産業及びその労働者に支持された。ブルーカラー労働者に悪影響があると信じたトランプの支持者に対して、北米自由貿易協定(NAFTA)の廃棄を公約したが、最近再交渉の計画を発表した。就任から200日を迎えるトランプ大統領の主な経済政策における公約の現状は何を示唆している? (さらに…)

G20サミットで米国は孤立?

Image result for images of Trump with Merkel at 20G summit on July 6, 2017

G20サミットはドイツで2番目に大きい都市(人口約175万)ハンブルクで 7月7日から8日に開催される。今日トランプ大統領は、大規模な抗議活動及び大勢の警察との衝突があり、混沌たる最中にハンブルクに到着し、アンゲラ.メルケル首相と幾つかの議題について論議した。主要課題は主に気候変動や貿易であるが、これらの課題ではトランプは孤立する可能性があると予測された。貿易に関しては日本とヨーロッパが先導しているが、これらは何を意味している? 歴史的側面からG20はなぜ重要なのか? 今年の課題は何か? 何が注目点か? (さらに…)

イバンカ.ブランドの海外労働者搾取の実態

Image result for Images of Ivanka Trump brand

2月初旬、複数の高級デパートはイバンカ.トランプのブランド製品の販売を中止することを公表した。その理由を示唆する幾つかの状況が判明しているが、ビジネスを保持した状態で3月末にはホワイトハウスに入ったため、倫理的懸念は残ったままである。労働者の権利を守ることを目的としたニューヨークに本拠を置く非営利組織である中国労働者ウォッチ(China Labor Watch, CLW)の創始者は、イバンカ.ブランドの靴製造工場の労働慣行を調査している複数の活動家が行方不明又は拘束されていることを今日報告した。その調査は地元の中国警察によって阻止された可能性があり、その考えられる唯一の理由はブランド名の所有者が米国大統領の娘であるからである。イバンカは手紙での連絡に応答していないという。今日公表された調査記録はイバンカ.ブランド海外工場の労働者が搾取されていることを示唆している。 (さらに…)

トランプ氏の100日間の誓約と現状

Image result for Images of Trump and 100 days

ドナルド.トランプ大統領は就任前、アメリカの有権者に100日間で達成する誓約を公表した。それらは腐敗を防ぐための措置、米国労働者を保護する行動、安全保障と法律の憲法規定を回復、及び議会と協力し法律を制定または撤廃することである。トランプ氏は100日間で10の法案を制定すると公約したが、一つも達成していない。今月末にその100 日目を迎える現在、彼はどれほどの公約を果たしただろうか? 折しも今日、経済成長は非常にスローであることを示唆するデーターが公表された。 (さらに…)

トランプ大統領の保護主義は世界からの孤立?

Image result for images of protectionism vs free trade

保護主義にはプラスとマイナス要素があるが、トランプ大統領の米国優先主義、特に保護主義は米国の重要なアジアの同盟国に影響を与えている。日本の鉄鋼産業はトランプ氏の保護主義に懸念を表明し、グローバル経済にマイナス要素があることを示唆している。一方、トランプ氏の保護主義と反自由貿易傾向は中国を鼓舞しているようである。世界の風潮と逆行しているトランプ時代の米国は、世界から孤立する結果になると懸念されている。しかし、経済学者とは異なり、保護主義に対する政治家の立場は状況によって変わるため、まだ就任100日未満であるトランプ氏が保護主義を永続的に心棒する保証はない。 (さらに…)

全米で「移民のいない日」のプロテストは何を意味?

Image result for Images of Day Without Immigrants in New York

木曜日の16日、トランプ政権の反移民政策に抗議する大規模なプロテストが全米の各地で開催されている。多数の都市で抗議活動を開始した移民及び活動家は仕事を休み、学生は休学することで「移民のいない日」のスローガンを掲げたプロテストを展開している。米国の移民は経済の血流になっていることを表明することが主な目的である。特定国からの移民の入国を禁止し、長年米国に在住している約1,100万の移民を強制送還した場合、移民が消える日のアメリカは経済的に壊滅的な状況になることを幾つかの経済報告が示唆している。 (さらに…)

トランプ反移民政策の経済的影響

Image result for images of high tech students and Silicon Valley

海外留学生の入学は2017年に減少している。多数の大学で、特にエンジニアリング部門の学生の入学申請が減少しているため、高度技術の業界に及ぼす影響が懸念されている。大学側は2016年の選挙キャンペーンでドナルド.トランプがメキシコ移民及びイスラム教徒を一時的に禁止することをアピールした反移民政策が主要因であると見ている。反移民政策は多額の授業料を支払っている高度専門分野の留学生が減少するだけでなく、経済にも影響を及ぼすことを明白に反映している。 (さらに…)

次期トランプ政権下の税制に対する専門家の分析

Image result for Images of Trump and his tax plan

次期大統領ドナルド.トランプは、労働者及び中産階級の減税をアピールした為、大半の米国人は彼の税政策を支持した。次期トランプ政権の税法の主な強調点は簡素化した税率分類と相続税の廃止である。無党派、保守派、リベラル派の税専門家はそれぞれ異なる角度からの研究において、トランプの税制下で数千万の労働者及び中産階級の所帯は増税に直面し、トップ富裕層に大幅な減税の利益配分があり、米国の赤字を約7兆ドル増加すると述べている。 (さらに…)

最新の雇用情勢はクリントンに有利?

Image result for Images of good economy and Clinton

10月は161,000の雇用を拡大し、失業率は9月の5.0%から4.9%に減少した。また賃金も増加し、先週公表された米国の国内総生産(GDP)は予測より増加した為、引き続き良好な雇用情勢を示唆する報告である。複数の経済学者は、今日の報告は激戦が予測される大統領選挙で民主党のヒラリー.クリントンに有利であることを示唆するコメントを提供した。 (さらに…)

TPPは大統領選の最も論争的な課題の一つ?

ヒラリー.クリントンは昨夜、国連総会に参加する為渡米中の阿部晋三首相と会う機会があった。阿部氏の狙いは環太平洋戦略的経済連携協定( TPP)の迅速な推進であるが、TPPは大統領候補者にとっても決断しにくい最も論争的な課題の一つである。オバマ大統領は交渉を完了させたが、この協定はまだ批准されていないため、残された最後の任期中に日本との批准にこぎつけたい希望があるようだ。米国民は国際貿易をどう思っているだろか? (さらに…)

転換期を迎えた米国の経済回復

Image result for images of income rose and decrease of poverty between 2014 and 2015

2015年の米国人の所得は景気後退前の中間所得値に戻り7年ぶりに増加した。更に貧困率及び健康保険未加入率も減少した。米国の経済は幾つかの要因により、2007年の経済恐慌から回復に向かっている段階で転換期を迎えたこと示唆している。 (さらに…)

なぜトランプ支持者の一部は労働者階級白人男性なのか?

Image result for images of abandoned factory in Muncie

インディアナ州のミドルタウンと呼ばれるマンシーで世界的な自動車部品メーカーのボルグワーナー社は1960年代のピーク時5,000以上の労働者が強力な全米自動車労働組合下で繁栄していた。マンシーを含むデラウェア郡は米国の白人労働者階級の男性が極端に衰退した都市である。70,000の人口であるこの都市は10,000以上の工場の仕事が海外に流れ、労働組合の衰退により、1970年以降に産業の空洞化が進んだ。現在引退している自動車工場の労働者グループは主に労働者階級の白人男性であり、過去20年間で多大な経済損失を経験している。マンシーの労働階級白人男性は、皮肉にも海外で製品を生産しているビジネスマンである大統領候補者ドナルド.トランプの経済政策を圧倒的に支持している。それはなぜだろうか? (さらに…)

トランプの経済政策を対比したクリントンの経済スピーチ

ヒラリー.クリントンは11日東部時間午後1時半頃、ミシガン州ウァーレンで経済政策のスピーチを行い、同州のデトロイトで8日にドナルド.トランプが語った経済政策と鋭く対比した。トランプの経済政策は超リッチを益々金持ちにし、中産階級及び労働者には機能しないと批判した。トランプの莫大な税削減と規制廃止は結果的に一般の人々に何も利益を与えないことを強調し、経済格差を煽ると指摘した。トランプの経済政策の趣旨が「アメリカ優先」であることに対して、クリントンの経済政策のテーマは「家族優先」である。 (さらに…)

2016年米国民の退職預金現状

米国の中間所得は過去10年間で減少し、2016年の米国人1/3の人口は退職後の預金が全くない状況である。この傾向は総体的に全ての年齢層に見られるが、若い世代が最も顕著であり、更に女性は男性よりもっと深刻である。芳しくない米国民の退職預金状況の要因は何だろうか? (さらに…)

強く明るい経済状況を示唆する7月の雇用情勢

7月の雇用情勢は雇用及び賃金の着実な増加を示し、引き続き米国の経済は明るい見通しであることを示唆した。経済は大統領選で重要な課題であるため、共和党の大統領候補者ドナルド.トランプは具体的な経済政策を提供していないが、今日10人以上の経済顧問チームを紹介した。しかし、彼の選択は労働者の経済を重視することで庶民性をアピールしてきた彼の路線とはイメージが異なることを示唆した。 (さらに…)

好調な雇用情勢はクリントンに有利

6月の雇用は著しく拡大し、失業率は0.2%上昇したものの4%範囲を維持している。イギリスの欧州連合(EU)からの離脱に基づく経済不況が懸念されたが、8日その景気後退の懸念を払拭した好調な雇用情勢が報告されている。賃金も継続的に着実な増加を見ている為、総体的な経済向上は大統領選で民主党候補者に有利であると分析されている。 (さらに…)

反グローバルの動きに対する世界経済の影響

イギリスの 欧州連合(EU)からの離脱決定による反グローバルの経済的影響が懸念されている。英国民の意見を二分したBrexit投票後、英国民の数百万人は再度国民投票を行なうことを要求する請願書に署名した。最新の全国世論調査は、ドナルド.トランプがスコットランドの旅行先から反グローバル的なコメントを公表したことも一因として、複数の世論調査でヒラリー.クリントンは二桁代で彼をリードした。アジア諸国は世界経済の安定性に警戒し始めたが、米国複数の専門家は米国経済の影響に関して大半は楽観的な傾向がある。 (さらに…)

財政見通しが良くないメディケアと社会保障

社会保障とメディケアは連邦政府支出の割合が大幅に高いプログラムであるが、いずれも20年以内に枯渇すると予測されている。大統領選の両党の推定指名候補者はいずれも、国民にとって重要な二つのプログラムを保護する政策を打ち出しているが、現状はそのような公約は危ういことを示唆する事実が明白になった。その要因及び米国の社会保障の統計的現状は何を意味しているだろうか? (さらに…)

アメリカン.ドリームは文字通り夢?

景気回復の徴候として、8年ぶりに新築住宅の価格が急増している。中西部州を除くほぼ全米で新築一軒家の価格が高騰している傾向がある。総体的に在庫が不足している影響もあるが、カリフォルニア州の住宅価格も上昇している。4月のロスアンゼルス.タイムスの報告では特に南カリフォルニアで3月に5.6%の上昇があり、引き続き急増傾向である。 (さらに…)

2016年米国で最も物価の高い都市ベスト10

3月に公表されたイギリスに本部を置くリサーチおよび分析組織のエコノミスト.インテリジェンス.ユニット(EIU)の年間報告によると、2016年世界で最も物価の高い都市50の中でシンガポールは一位であり、米国の11都市が50番内に含まれている。 住宅費、飲食費、衣料費、光熱費、教育費、娯楽費などが物価基準の比較対象になっている。これらの基準に基づき、2016年に米国で最も物価の高いベスト10都市は下記の通りである。 (さらに…)

租税回避を示唆する驚くべきオフショアの事実

10日前公開されたパナマ文書は米国多数の企業もタックス.ヘイブンにリンクしていることを示唆した。世界中の貧困および不正を考慮した解決策を模索するため世界94カ国で活動している17団体の国際連合であるオックスファムは、今日25ページの調査報告書を公開した。その報告書によると、アップル、ゼネラル.エレクトリック、マイクロソフトのような米国50の大企業はオフショア(国外)に大金を保持し、多数の不透明な子会社に依存する大規模な組織的乱用があることを指摘した。 (さらに…)

米国の経済支援プログラム低迷の現状

3月の雇用情勢は215,000の雇用を拡大し、失業率はわずかながら2月の4.9%から5.0%に上昇した。米国の雇用は順調に増えている一方で、連邦政府の失業保険制度および栄養補給支援プログラムはいずれもここ数年間低迷している。今日4月1日から少なくとも50万の米国民はフード.スタンプと呼ばれていた栄養補給支援プログラム(SNAP)又はスナップを受理できなくなる。失業保険援助プログラムおよびスナップ制度の延長停止は、益々貧困家庭および低所得者を圧迫する結果になる。 (さらに…)

最低賃金上昇と大統領選

11月の総選挙では多数の州で最低賃金は重要な課題になっているため、8日の大統領選の投票日、複数の州は最低賃金引き上げの発議権に投票する。特に、カリフォルニア州は全米で最も進歩的な$15を目指している。また、多数の州で、2016年1月から 最低賃金が上昇した。7月及び8月から更に上昇する州もあれば、2018年までに施行される州もある。時代に即した生活賃金を目指す最低賃金の上昇はトレンドであるが、アラバマ州は先月、地元での最低賃金上昇を阻止する法案を通過した。 (さらに…)

11月の総選挙と2 月の雇用情勢

米国の2月の雇用情勢は24万以上の雇用拡大があり、失業率は8年ぶりに5%以下に低下した。米国の経済は正しい方向性を示唆したが、賃金の低迷は引き続き挑戦課題である。2016年の大統領選の共和党候補者で賃金の上昇を公約する人は誰もいないが、彼等はキャンペーンで、男女労働者および中産階級の向上をアピールしている。専門家はドナルド.トランプの支持者は長い間賃金の低迷を経験している部類に属する人達であると指摘している。また、個人の賃金状況には地理的および業界別を含む幾つかの条件によって差があると指摘した。 (さらに…)

社会保障の重要性を示唆した所得格差と寿命の相関関係

教育、医学、テクノロジーの進歩は全ての人々に向上の機会を提供しているが、高所得層の寿命と低所得層の寿命のギャップは過去40年間で大幅に拡大している。経済格差と寿命には相関関係がある。所得格差が中産階級の生活を向上させていないことを頻繁に強調している大統領選の候補者は特に民主社会主義者のバーニー.サンダースかもしれない。この問題を修正することは全ての国民が退職後健康でゆとりのある老後を生きていくために非常に重要な課題であることに気付く。社会保障庁は、所得格差と寿命のギャップの拡大は社会保障を維持する公約が重要になることを示唆した為、今後の予備選は個人の経済向上を重視する州で候補者がアピールするべき課題である。 (さらに…)

経済学者による2016年のグローバル経済予測

最近のグローバル経済は不安定な幾つかの要因がある。最近、米国株式市場はあまり芳しくないため懸念が拡大している。15日、ニューヨークの株式市場はパニックによる売りが相次いでいることが報告され、今年は景気後退に突入する可能性も懸念されている。そのような状況で、著名な研究所による複数の経済学者は2016年のグローバル経済を予測している。 (さらに…)

貧困への戦いが宣言された52年後の今日

1964 年 1月8 日は36代大統領リンドン.ジョンソンが一般教書演説で多数の国内政策プログラムを紹介し、貧困への戦いを宣言した日である。「貧困への戦い」は非公式の名称であるが現在頻繁に使用されている為、貧困の戦いは終っていないことを示唆している。52年前、ジョンソンは、特に黒人を意識した有色人種の貧困、失業率の高い若者の機会と経済向上を目指す野心的な多数の国内経済政策を打ち出したが、今日一部の成功者を除き黒人は相変わらず貧困である。最近、米国一握りの億万長者は年間億ドルの余剰収入がある事が報告されている一方、最新の国勢調査の貧困率と貧困者数の実態は50年前とさほど変化はなく、近年向上は低迷している現状である。 (さらに…)

2016年の政治および経済的予測

政治的に2015年は極右派台頭の年であった。社会的には暴力が目立ち、米国の異常気象は益々気候変動の顕著な影響を露呈した。現在トップ.ランナーのドナルド.トランプは2016年には大統領選の選挙キャンペーンを辞退すると予測されている。経済的には、米国多数の州でマリファナを合法化する為、税収が増えオイル価格は更に低下するが、ソーラー.エネルギーの使用率も増えると推測。更に、2016年の世界経済成長は減速傾向になると予測されている。 (さらに…)

ツーリズムはテロリズム及び自然災害に影響を受けない

2015年の国際旅行は増加することが予測されている。テロリズム及び自然災害はツーリズムに長期的影響を与えない。 感染病が流行した国及びテロ攻撃が発生しやすい国も含めて、グローバル旅行は最も雇用と経済を促進する部門の一つである。観光客に人気のあるフランス、日本、米国は歴史的に悲惨な事件発生後一時的にツーリズムが衰えたが、必ず回復しているとことを示唆するデーターがある。 (さらに…)

幾分確信が揺らぐ8月の雇用情勢

労働省の最新の報告によると、米国は8月173,000の雇用を拡大し、失業率は5.1%に減少した。雇用は医療、レジャーおよび歓待産業で引き続き拡大しているが、三ヶ月前に比較すると総体的に控えめな増大である。製造業は減少し、幾分ミックスした印象のある経済状況は、連邦準備制度が今月末に金利を引き上げる決定をするかどうか、確信的な手がかりを与えていないようである。 (さらに…)

米国の生産性と賃金の歴史的ギャップ

中産階級の経済向上は、2016年大統領選の重要な論争課題である。経済専門家の研究によると、米国の労働者の賃金は長年停滞している。1970年代以来、総体的な生産性の伸びと米国大半の労働者の賃金にギャップが増大していると指摘した。つまり、典型的な労働者の賃金および報酬は、生産性の伸びに反して大幅な遅れがあり、大多数の労働者は生活水準を上げる経済機能が中断している状況を反映している。従って、専門家は米国の歴史的な所得格差の原因を追求し、それに対応するため解決可能な経済政策を提案している。 (さらに…)

最新の住宅価格情報:全米主な都市の中間価格

住宅市場は、引き続き強い兆候を示している。 大手不動産業者リオターが今月公表した前月の住宅市場に関する分析によると、7月の一戸建て住宅価格は 昨年の同時期に比較して7.3%上昇し、一ヶ月で0.9%増加した。全米での住宅の中間価格は$234,000である。需要は引き続き高く、最近更新された全米の住宅中間価格は下記の通りである。 (さらに…)

24日の株急落とトランプのグローバル経済観

2週間前、中国は自国の通貨を切り下げたが、その主な理由は2つあると言われている。ここ数日間で、幾つかの米国大企業は多大な損失を受けており、世界の株式市場に何らかの影響を与えているようである。24日米国の株式市場は急落した為、経済に強いと自負しているドナルド.トランプは、ホワイトハウスを獲得する別の理由を見つけたと指摘され、株式の下落を選挙に利用していると見られている。トランプはジェブ.ブッシュの2倍の支持率を確保し遂に30%台に上昇した。 (さらに…)

最近の住宅価格上昇傾向

不動産業者の最新情報によると、住宅価格は上昇傾向である。WSJは、最近の米国の経済状況を見るポイントとして、 9月の金利引き上げの可能性、消費者価格、 製造業活動、住宅建設状況および中古住宅販売などを挙げている。住宅売り上げ数および中間価格は全米で上昇していることが最近報告されているが、住宅価格上昇は幾つかの点で問題があると指摘されている。 (さらに…)

興味深い新たな経済格差の調査報告

複数の経済学者による新たな研究によると、経済格差は益々拡大している。1/4の人口層は富を蓄積し、益々豊かになる一方で、3/4の大半の国民は葛藤を続けている。1989年から2013年まで40,000所帯を対象にした一連の調査で、人種、教育、年齢は経済格差に直接リンクしていることを発見した。誰が豊かになり、誰が低迷しているのか判断する上で、これらの人口動態的要素は新たな経済の重要な判断基準になっているが、今回の報告は主に年齢と富に集中している。この研究の専門家は、過去の世代に比較して学歴レベルが上がっている若い世代が必ずしも経済的に恵まれていないことを示唆し、幾つかのアドバイスも提供している。 (さらに…)

先進国の子供達の貧困状況

子供達の貧困は豊かな国でグローバル的に増大している。 21日に公表された国連子供の援助機関ユニセフの報告によると、2008年に襲った世界的な金融危機以来、世界で貧困ラインに落ちた子供達が増えた。特に41カ国の最も豊かな国で推定3%以上増加し、貧困に属する未成年者の数は7,650万人に達した。ユニセフの分析によると、経済後退は最も豊かな国で所得減少の要因になり、子供達に直接長期的な影響を与えた。 (さらに…)

ギリシャの経済危機は米国に影響があるか?

先週ギリシャ政府は重大な債務不履行に陥った為、ギリシャの銀行は閉鎖を余儀なくされた。5日、ギリシャ国民はヨーロッパの緊縮要求を拒否し、圧倒的な投票数で金融救済をしないことを決定した。従って同国の銀行は現在、崩壊の危険に晒され、国は歴史上ユーロ圏から離脱する最初の国になる瀬戸際に直面している。この投票後の6日、米国で微妙な経済変化が報告され、専門家も多様に反応している。ギリシャ国民の投票は何を意味しているのか?その結果は米国市場に何らかの影響を及ぼすだろうか? (さらに…)

金利上昇の兆しがある5月の強い雇用情勢

5 月の非農業民間部門の雇用は28万増加し、失業率は4月から変化がない。雇用は専門職、サービス産業、レジャー、歓待業、および健康産業で拡大した。賃金が上昇傾向であるため、経済専門家は強い経済を示す5月の雇用情勢は、連邦準備制度理事会(FRB)による金利上昇の展望を加速すると予測している。 (さらに…)

オバマ大統領の主な貿易課題は難関を突破

上院議会は21日、オバマ大統領の優先課題である環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関する貿易促進権限(TPA)法案に手続き投票を行い圧倒的な票差で通過した。論争的なこの法案の最終的な成立までは様々な障壁が予測されるが、この通過は何を意味しているのか? また、一般的な米国市民および大多数の民主党議員はTPPを支持していないと言われているが、その理由は何か? (さらに…)

卵及び卵関連食品の値段の高騰が予測

昨年12月以降、鳥インフルエンザが蔓延し、多数の州で数千万の家禽類が影響を受けていることが判明した。米国では各地で多量の鶏が死亡している状況が報告されている為、卵および卵関連製品の値段が高騰することは必然である。日本を含む幾つかの国は米国からの家禽類の輸入を禁止した。 (さらに…)

最低賃金引き上げは2016年大統領選の課題

4月15日は税金申告の締め切り日である。この日を意識的に設定し、全米多数の都市でファースト.フード労働者のキャンペーンが開始された。また、小売店など他の産業の労働者も参加し、カナダ、ニュージーランドやイタリアなどを含む他多数の国でも開催され、最低賃金引き上げの戦いはグローバル的に発展している。また一部の都市では、時給$15を2016年大統領選挙の投票課題に掲げている。 (さらに…)

CAは最早住みやすい州ではない

サンフランシスコ

同州で知名度の高いカウンティ(郡)の中間平均価格は全米の平均よりはるかに高い。これは経済の生産性を鈍らせ、 通勤時間が長くなり、混雑した生活条件につながる為、カリフォルニアはもはや魅力のある州ではないと専門家は指摘した。一部の地域では住宅価格は高騰し続ける一方で、州全体の貧困率は増加している。カリフォルニア州の住宅価格はまだ旱魃の影響を受けていないようであるが、なぜ同州の住宅価格は全米の平均より高いのか? (さらに…)

結婚式の費用とゲストに対する合理性

3月4月は全米で、特に比較的日中は快適な気温が続くカリフォルニア州でも結婚式のシーズンである。過去数年前に比較的して、総体的に結婚式の費用は増大していることが判明した。これは米国人の良好な景気感を反映しているようだ。結婚式の費用は、地域、式場、個人の選択によって当然大きな変化はあるが、米国の結婚式は日本と比較して、幾つかの点で合理的である。 (さらに…)

米国主要都市での住宅購入に必要な収入

米国の主要都市に家を購入する場合に必要な収入は、カリフォルニア州のサンフランシスコが最も高く、最も低いのがペンシルベニア州のピッツバーグである。これらの都市の中間価格の家に住む為にはどれくらいの収入が必要か? また、一部の地域では住宅価格が上昇傾向であるが、米国2014年の最高中間値住宅価格と最安中間値住宅価格はどのくらいなのか? (さらに…)

順調な経済改善の徴候を示す米国の雇用情勢

Bureau of Labor Statistics (労働統計局)

2月の非農業民間部門の雇用は295,000増加し、失業率は5.5%まで減少した。雇用拡大は主に飲食サービス業、専門職、小売業、建設、 健康産業、輸送及び倉庫業で増大したが、鉱業の雇用は前月より低下した。米国の失業率は2012年から急速に減少し、今年2月にはほぼ健全なレベルに達した為、賃金を押し上げる徴候が顕われている。 (さらに…)

無人機は数年後に商業化:経済的利点が強調

ホワイトハウスは15 日、経済競争力と革新性を促進する為、無人機システム(UAS)の概要に関する大統領覚書を公表した。無人機が商業化されるようになるまで時間を要するが、連邦航空局は一部の分野で2013年に無人機の試験を認可し、オバマ政権は近い将来の実現を示唆する5つの概要を提供した。幾つかの安全性の規則と利用目的を明確にすることで、数年後には一部の分野で商業化する方針である。まだ安全性の懸念はあるものの、研究機関による経済的メリットが強調されている。 (さらに…)

アメリカン.ドリームは衰退傾向?

最新の調査では、米国多数の大都市で住宅価格が高いだけではなく、アメリカン.ドリームからほど遠い賃貸住民が多いことが判明した。8日にナスダックが紹介したWSJの調査によると、2006年にはわずか5つの都市の大半の住民が賃貸人であった状況から急激な変化があり、2013年には全米11 の大都市圏9の主要都市で人口の大半が賃借人である。主な大都市では、幾つかの要因により賃貸の住民が増えていることが判明した。 (さらに…)

ビジネス用無人機の利点とマイナス点

アマゾンのドローン(無人機)配達の研究に始まって、現在実施されている研究は農業分野でのドローンである。農業分野では多大なメリットが強調されていて、その用途も多様である。しかし、無人機はいずれもまだ完全に認可される可能性はない。論争的なドローン.ビジネスの長所と欠点にはどんなことが挙げられるだろうか? (さらに…)

米国の社会保障の現状

2016年末までには身体障害者に支払われる信託基金が減少するが、先週下院議会はこれに対して、調整をしない手続き規定に同意した。現在、総体的に社会保障は給与税の収集額より支払い額が多い状態であり、財政不均衡に対処するためには法的変更が必要である。社会保障システムは論争的な要因があるため、下院共和党は民営化を望んでいるが、一部の民主党議員は常識的な行動を取るよう要請した。 (さらに…)

新年の明るい経済ニュース

2014年12月の消費者信頼度感指数は2008年ぶりに最も高く、2015年1月1日の新年から20州の最低賃金が上昇し、3州で年内には段階的に増加する為、多数の労働者の収入が向上し、総体的に国内総生産(GDP)を押し上げることが予測されている。全米で最低賃金を定めていない州はディープ.サウスと呼ばれる保守の根強い5州のみである。しかし、まだ10以上の州が連邦政府と同じ時給であり、2州は約5ドルの最低賃金を採用している現状もある。 (さらに…)

減税は質の良い雇用創出に拍車をかけない

米国労働市場の展望は向上し、現在国民がもっと良い仕事を探すことが可能であるとの楽観的観測は先月より上昇した。11月は1990年以来の著しい雇用拡大があったが、来年から軍事費以外の減税による税制改革が行われた場合、現時点での雇用状況がどのように変化するかどうかは重要な注目課題である。ある共和党大統領はこれを「ブードゥー経済学」と呼んだが、歴史は、減税が一般の国民に労働条件の良い仕事を保証しないことを示唆している。 (さらに…)

1990年代以来の顕著な雇用拡大と賃金上昇

11月は大幅に雇用市場が拡大し 321,000 の仕事を追加したが、失業率は5.8%で前月と変化はなかった。雇用市場は専門職及びサービス業、小売業、健康、製造業で増加した。幾分賃金の上昇もあり、オイル価格が2010年以来の低水準になった為、景気活性化傾向の楽観的な状況が報告されている。オバマ大統領は1990年代以来の雇用拡大であり、総体的に賃金も伸びているため歓迎の徴候があるとし、米国の労働市場のペースの早さを強調した 。 (さらに…)

米国は慈善寄付に積極的な社会

2013年の寄付金は2012年より上昇した。驚く事に米国所帯の95%以上は慈善団体に寄付し、1所帯当たり年間で平均約3,000ドルを寄付している。総体的に、企業より個人の慈善寄付額は遥かに高いが、時代を反映し、オンラインでの慈善寄付も増えている。また、ボランティア活動を含めて、特に年間で最も商売が繁盛する感謝祭やクリスマスの時期は、慈善団体の寄付金も増加すると言われている。社会への還元に奉仕することに積極的な国民が多いことを示唆している。 (さらに…)

米国は予期せぬ日本の景気後退に動揺

世界第三位の経済を誇る日本は 4月から値上がりした消費税が要因で日本経済を押し下げ、不景気に陥った可能性があるため、世界経済に及ぼす影響が懸念されている。株の下落、ドルに対する円安、生活費の高騰、貿易の影響などが数値に顕われている為、予期せぬ景気後退の状況を描写する報告が目立っている。17日、複数の経済専門家は今後の展望も含めて日本の顕著な問題を指摘した。 (さらに…)

10月の雇用情勢は将来の楽観的な経済観測を示唆

10月の雇用情勢は、有権者の主張に反して数値的には良好である。失業率は2008年以来の低水準で5.8%まで減少し、雇用は214,000拡大した。しかし、労働者の給与の伸び率は停滞ぎみである。70%の有権者は、主に収入が上がらないため経済に不満を抱いていると指摘された。複数の経済学者は、今月の雇用報告は近い将来生産性が伸びた場合、給与上昇の徴候がある事を予測している。総体的には近い将来の楽観的な経済観測を予測している。 (さらに…)

早期妥結を目指す日米二国間のTPP交渉

オバマ大統領は環太平洋経済連携協定(TPP)を促進する為、4月に日本を含む幾つかのアジア国を訪問したがほとんど成功していない。日米二カ国間の交渉は最終段階を迎えていると言われているが、20日から日本を訪問している米国商務省のペニー.プリツカー長官は日本がTPP を通して市場を大胆に開放することを求め、米国企業の代表団を伴い引き続き交渉を展開している。過去のTPP交渉では、特に農産物の分野で進まない要因があったが、今回早期妥結に向け努力する双方の意志が確認されている。 (さらに…)

消費者信頼度が向上した最近の米国経済状況

米国の経済は、ほぼ全てのビジネス部門で2年半ぶりに最も早いペースで成長している事が報告されている。米国民は景気向上が見られる最近の経済状況に信頼度を回復し、消費者真理も向上したと言われている。2015年1月から、連邦政府契約企業で働く大勢の人口層が最低賃金上昇の恩恵を受けるため、今後更に消費者支出が増えることで景気の活性化に繋がることが予測される。 (さらに…)

最低賃金15ドルの戦いの運動

4日の今日は、全国の飲食業労働者による最低賃金引き上げ要求の大規模なデモが行われている。平和的なデモ活動であるが、正午を過ぎた頃には既に多数の参加者が逮捕されている。この運動は、労働組合が数ヶ月前から計画した「15ドルの戦い」 の草の根運動である。多くの州では、最低賃金も今年11月の投票課題であるが、オバマ大統領は2日、2年間続いているこの運動を支持すると表明した。 (さらに…)

フード.スタンプの減少傾向とチャレンジ

米国の補助的栄養支援プログラム(SNAP)であるフード.スタンプの利用者はまだ4,500万人以上いるため依然として高いが、最近減少傾向を示唆している。これは、長期的失業者が減少しているなど肯定的な雇用状況を反映している。しかし、正当な理由もなくフード.スタンプを提供することを拒否している幾つかの州で、低所得の適正資格者はフード.スタンプ反対の圧力によるチャレンジに直面している。 (さらに…)

健全性を示唆する最近の経済状況

米国の経済状況は比較的健全であることを示唆する各種の統計が報告されている。失業率は6月の6.1%より僅かながら増加したが、若い世代の就労率は増加し、雇用は引き続き20万以上拡大した。また、GDPは4.0%の年率で予測以上の増加を示しているが、住宅の販売価格の中間値は減少傾向であるため住宅市場は幾分低迷ぎみである。 (さらに…)

延滞的な負債と低所得の相関関係

今日公表された都市研究所の報告によると、米国人の35%は請求書の未払いによる負債があり、生活苦に喘ぐ人口層であるという。主にどのような類いの負債なのか、負債の人口層が多い州および地域はどこか、根本的な要因は何か?これらはある側面で、最低賃金引き上げの重要性にも関連性がありそうだ。 (さらに…)

食品値段の上昇傾向は続くと予想

カリフォルニア州は全米で深刻な旱魃を経験している州の一つであり、過去数年間続いている旱魃は食品の値段を上層させる要因になっている。しかし、食品値段の上昇傾向は、旱魃に加えて様々な要因がある為、米国農務省(USDA)は2014年および2015年も引き続き、歴史的な平均レベルで上昇すると予測している。 (さらに…)

カリフォルニア州分割提案は主に利己的発想?

カリフォルニアは、日本全土にほぼ匹敵するほどの広大な面積を誇る州であるが、あまりにも広すぎる為、6つに分割する提案が公表されている。カリフォルニアを6つの州に分割した場合の財政上の統計的現状が浮き彫りになっているが、それを分析すると、提案者の発想は、彼の政治的および経済的なメリットに基づいていることを示唆している。この構想は両院議会の承認を得るまで複雑なプロセスと時間を必要とする。最初のステップとして、同州民は2016年の大統領選挙で投票を行う予定である。この構想を紹介したのは誰か、その構想の背後にある動機は何か、実現の可能性はあるのだろうか。 (さらに…)

米国経済の回復と安定の徴候を示す6月の雇用情勢

米国労働統計局が3日発表した雇用情勢によると、6月の民間非農業部門は総体的に288,000の雇用を増加し、失業率は5 月の6.3%から6.1%に低下した。雇用拡大は、専門ビジネス、サービス業、小売業、飲食産業、健康産業などで広範な成長が見られた。 (さらに…)

少数派の新世紀世代が住宅市場回復の鍵

研究者は、少数派の所帯が2025年までには増大することを予測している。様々なハードルがある現状を指摘しながら、少数派所帯の増加に伴い、米国住宅市場で初めての住宅購入者になる少数派の新世紀世代が住宅回復の鍵であると発表した。 (さらに…)

税制改革を提起したCEOと労働者の劇的な所得格差

2013年の最高経営責任者(CEO)の年間収入は一般労働者に比較して約300倍多く、フェイスブックはこの分析に含めることができないほどCEOの収入がずば抜けて多いことが判明した。また、CEOの収入は引き続き増大する一方で、労働者の収入はほとんど増加していない不条理な所得格差があることを公表した経済学者は、税制改革の必要性を指摘し、幾つかの政策を提案している。 (さらに…)

オバマ氏は学生ローン支払い援助の大統領令に署名

米国の学生ローンは1兆ドル以上あると言われている。オバマ大統領は9日、学生ローンの負債で苦しむ学生の支払いを軽減するため大統領令に署名した。これは2011年10月から始まった学生ローン.プログラムの拡大であり、中産階級の成功と経済の安定性を目指す政策である。 (さらに…)

投資有望国としてナイジェリアが一位にランクイン

米国及びヨーロッパの多国籍企業200社が、投資国として最も関心を寄せている国は20カ国あり、その中でトップ3位までにリストされた国はナイジェリア、アルゼンチン、ベトナムの順である。一方、政局の不安なウクライナは昨年と比較して最も投資の魅力を失った国である。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。