アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「経済」カテゴリーのアーカイブ

全米で「移民のいない日」のプロテストは何を意味?

Image result for Images of Day Without Immigrants in New York

木曜日の16日、トランプ政権の反移民政策に抗議する大規模なプロテストが全米の各地で開催されている。多数の都市で抗議活動を開始した移民及び活動家は仕事を休み、学生は休学することで「移民のいない日」のスローガンを掲げたプロテストを展開している。米国の移民は経済の血流になっていることを表明することが主な目的である。特定国からの移民の入国を禁止し、長年米国に在住している約1,100万の移民を強制送還した場合、移民が消える日のアメリカは経済的に壊滅的な状況になることを幾つかの経済報告が示唆している。 (さらに…)

トランプ反移民政策の経済的影響

Image result for images of high tech students and Silicon Valley

海外留学生の入学は2017年に減少している。多数の大学で、特にエンジニアリング部門の学生の入学申請が減少しているため、高度技術の業界に及ぼす影響が懸念されている。大学側は2016年の選挙キャンペーンでドナルド.トランプがメキシコ移民及びイスラム教徒を一時的に禁止することをアピールした反移民政策が主要因であると見ている。反移民政策は多額の授業料を支払っている高度専門分野の留学生が減少するだけでなく、経済にも影響を及ぼすことを明白に反映している。 (さらに…)

次期トランプ政権下の税制に対する専門家の分析

Image result for Images of Trump and his tax plan

次期大統領ドナルド.トランプは、労働者及び中産階級の減税をアピールした為、大半の米国人は彼の税政策を支持した。次期トランプ政権の税法の主な強調点は簡素化した税率分類と相続税の廃止である。無党派、保守派、リベラル派の税専門家はそれぞれ異なる角度からの研究において、トランプの税制下で数千万の労働者及び中産階級の所帯は増税に直面し、トップ富裕層に大幅な減税の利益配分があり、米国の赤字を約7兆ドル増加すると述べている。 (さらに…)

最新の雇用情勢はクリントンに有利?

Image result for Images of good economy and Clinton

10月は161,000の雇用を拡大し、失業率は9月の5.0%から4.9%に減少した。また賃金も増加し、先週公表された米国の国内総生産(GDP)は予測より増加した為、引き続き良好な雇用情勢を示唆する報告である。複数の経済学者は、今日の報告は激戦が予測される大統領選挙で民主党のヒラリー.クリントンに有利であることを示唆するコメントを提供した。 (さらに…)

TPPは大統領選の最も論争的な課題の一つ?

ヒラリー.クリントンは昨夜、国連総会に参加する為渡米中の阿部晋三首相と会う機会があった。阿部氏の狙いは環太平洋戦略的経済連携協定( TPP)の迅速な推進であるが、TPPは大統領候補者にとっても決断しにくい最も論争的な課題の一つである。オバマ大統領は交渉を完了させたが、この協定はまだ批准されていないため、残された最後の任期中に日本との批准にこぎつけたい希望があるようだ。米国民は国際貿易をどう思っているだろか? (さらに…)

転換期を迎えた米国の経済回復

Image result for images of income rose and decrease of poverty between 2014 and 2015

2015年の米国人の所得は景気後退前の中間所得値に戻り7年ぶりに増加した。更に貧困率及び健康保険未加入率も減少した。米国の経済は幾つかの要因により、2007年の経済恐慌から回復に向かっている段階で転換期を迎えたこと示唆している。 (さらに…)

なぜトランプ支持者の一部は労働者階級白人男性なのか?

Image result for images of abandoned factory in Muncie

インディアナ州のミドルタウンと呼ばれるマンシーで世界的な自動車部品メーカーのボルグワーナー社は1960年代のピーク時5,000以上の労働者が強力な全米自動車労働組合下で繁栄していた。マンシーを含むデラウェア郡は米国の白人労働者階級の男性が極端に衰退した都市である。70,000の人口であるこの都市は10,000以上の工場の仕事が海外に流れ、労働組合の衰退により、1970年以降に産業の空洞化が進んだ。現在引退している自動車工場の労働者グループは主に労働者階級の白人男性であり、過去20年間で多大な経済損失を経験している。マンシーの労働階級白人男性は、皮肉にも海外で製品を生産しているビジネスマンである大統領候補者ドナルド.トランプの経済政策を圧倒的に支持している。それはなぜだろうか? (さらに…)

トランプの経済政策を対比したクリントンの経済スピーチ

ヒラリー.クリントンは11日東部時間午後1時半頃、ミシガン州ウァーレンで経済政策のスピーチを行い、同州のデトロイトで8日にドナルド.トランプが語った経済政策と鋭く対比した。トランプの経済政策は超リッチを益々金持ちにし、中産階級及び労働者には機能しないと批判した。トランプの莫大な税削減と規制廃止は結果的に一般の人々に何も利益を与えないことを強調し、経済格差を煽ると指摘した。トランプの経済政策の趣旨が「アメリカ優先」であることに対して、クリントンの経済政策のテーマは「家族優先」である。 (さらに…)

2016年米国民の退職預金現状

米国の中間所得は過去10年間で減少し、2016年の米国人1/3の人口は退職後の預金が全くない状況である。この傾向は総体的に全ての年齢層に見られるが、若い世代が最も顕著であり、更に女性は男性よりもっと深刻である。芳しくない米国民の退職預金状況の要因は何だろうか? (さらに…)

強く明るい経済状況を示唆する7月の雇用情勢

7月の雇用情勢は雇用及び賃金の着実な増加を示し、引き続き米国の経済は明るい見通しであることを示唆した。経済は大統領選で重要な課題であるため、共和党の大統領候補者ドナルド.トランプは具体的な経済政策を提供していないが、今日10人以上の経済顧問チームを紹介した。しかし、彼の選択は労働者の経済を重視することで庶民性をアピールしてきた彼の路線とはイメージが異なることを示唆した。 (さらに…)