アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「経済」カテゴリーのアーカイブ

トランプ大統領の保護主義は世界からの孤立?

Image result for images of protectionism vs free trade

保護主義にはプラスとマイナス要素があるが、トランプ大統領の米国優先主義、特に保護主義は米国の重要なアジアの同盟国に影響を与えている。日本の鉄鋼産業はトランプ氏の保護主義に懸念を表明し、グローバル経済にマイナス要素があることを示唆している。一方、トランプ氏の保護主義と反自由貿易傾向は中国を鼓舞しているようである。世界の風潮と逆行しているトランプ時代の米国は、世界から孤立する結果になると懸念されている。しかし、経済学者とは異なり、保護主義に対する政治家の立場は状況によって変わるため、まだ就任100日未満であるトランプ氏が保護主義を永続的に心棒する保証はない。 (さらに…)

全米で「移民のいない日」のプロテストは何を意味?

Image result for Images of Day Without Immigrants in New York

木曜日の16日、トランプ政権の反移民政策に抗議する大規模なプロテストが全米の各地で開催されている。多数の都市で抗議活動を開始した移民及び活動家は仕事を休み、学生は休学することで「移民のいない日」のスローガンを掲げたプロテストを展開している。米国の移民は経済の血流になっていることを表明することが主な目的である。特定国からの移民の入国を禁止し、長年米国に在住している約1,100万の移民を強制送還した場合、移民が消える日のアメリカは経済的に壊滅的な状況になることを幾つかの経済報告が示唆している。 (さらに…)

トランプ反移民政策の経済的影響

Image result for images of high tech students and Silicon Valley

海外留学生の入学は2017年に減少している。多数の大学で、特にエンジニアリング部門の学生の入学申請が減少しているため、高度技術の業界に及ぼす影響が懸念されている。大学側は2016年の選挙キャンペーンでドナルド.トランプがメキシコ移民及びイスラム教徒を一時的に禁止することをアピールした反移民政策が主要因であると見ている。反移民政策は多額の授業料を支払っている高度専門分野の留学生が減少するだけでなく、経済にも影響を及ぼすことを明白に反映している。 (さらに…)

次期トランプ政権下の税制に対する専門家の分析

Image result for Images of Trump and his tax plan

次期大統領ドナルド.トランプは、労働者及び中産階級の減税をアピールした為、大半の米国人は彼の税政策を支持した。次期トランプ政権の税法の主な強調点は簡素化した税率分類と相続税の廃止である。無党派、保守派、リベラル派の税専門家はそれぞれ異なる角度からの研究において、トランプの税制下で数千万の労働者及び中産階級の所帯は増税に直面し、トップ富裕層に大幅な減税の利益配分があり、米国の赤字を約7兆ドル増加すると述べている。 (さらに…)

最新の雇用情勢はクリントンに有利?

Image result for Images of good economy and Clinton

10月は161,000の雇用を拡大し、失業率は9月の5.0%から4.9%に減少した。また賃金も増加し、先週公表された米国の国内総生産(GDP)は予測より増加した為、引き続き良好な雇用情勢を示唆する報告である。複数の経済学者は、今日の報告は激戦が予測される大統領選挙で民主党のヒラリー.クリントンに有利であることを示唆するコメントを提供した。 (さらに…)

TPPは大統領選の最も論争的な課題の一つ?

ヒラリー.クリントンは昨夜、国連総会に参加する為渡米中の阿部晋三首相と会う機会があった。阿部氏の狙いは環太平洋戦略的経済連携協定( TPP)の迅速な推進であるが、TPPは大統領候補者にとっても決断しにくい最も論争的な課題の一つである。オバマ大統領は交渉を完了させたが、この協定はまだ批准されていないため、残された最後の任期中に日本との批准にこぎつけたい希望があるようだ。米国民は国際貿易をどう思っているだろか? (さらに…)

転換期を迎えた米国の経済回復

Image result for images of income rose and decrease of poverty between 2014 and 2015

2015年の米国人の所得は景気後退前の中間所得値に戻り7年ぶりに増加した。更に貧困率及び健康保険未加入率も減少した。米国の経済は幾つかの要因により、2007年の経済恐慌から回復に向かっている段階で転換期を迎えたこと示唆している。 (さらに…)

なぜトランプ支持者の一部は労働者階級白人男性なのか?

Image result for images of abandoned factory in Muncie

インディアナ州のミドルタウンと呼ばれるマンシーで世界的な自動車部品メーカーのボルグワーナー社は1960年代のピーク時5,000以上の労働者が強力な全米自動車労働組合下で繁栄していた。マンシーを含むデラウェア郡は米国の白人労働者階級の男性が極端に衰退した都市である。70,000の人口であるこの都市は10,000以上の工場の仕事が海外に流れ、労働組合の衰退により、1970年以降に産業の空洞化が進んだ。現在引退している自動車工場の労働者グループは主に労働者階級の白人男性であり、過去20年間で多大な経済損失を経験している。マンシーの労働階級白人男性は、皮肉にも海外で製品を生産しているビジネスマンである大統領候補者ドナルド.トランプの経済政策を圧倒的に支持している。それはなぜだろうか? (さらに…)

トランプの経済政策を対比したクリントンの経済スピーチ

ヒラリー.クリントンは11日東部時間午後1時半頃、ミシガン州ウァーレンで経済政策のスピーチを行い、同州のデトロイトで8日にドナルド.トランプが語った経済政策と鋭く対比した。トランプの経済政策は超リッチを益々金持ちにし、中産階級及び労働者には機能しないと批判した。トランプの莫大な税削減と規制廃止は結果的に一般の人々に何も利益を与えないことを強調し、経済格差を煽ると指摘した。トランプの経済政策の趣旨が「アメリカ優先」であることに対して、クリントンの経済政策のテーマは「家族優先」である。 (さらに…)

2016年米国民の退職預金現状

米国の中間所得は過去10年間で減少し、2016年の米国人1/3の人口は退職後の預金が全くない状況である。この傾向は総体的に全ての年齢層に見られるが、若い世代が最も顕著であり、更に女性は男性よりもっと深刻である。芳しくない米国民の退職預金状況の要因は何だろうか? (さらに…)

強く明るい経済状況を示唆する7月の雇用情勢

7月の雇用情勢は雇用及び賃金の着実な増加を示し、引き続き米国の経済は明るい見通しであることを示唆した。経済は大統領選で重要な課題であるため、共和党の大統領候補者ドナルド.トランプは具体的な経済政策を提供していないが、今日10人以上の経済顧問チームを紹介した。しかし、彼の選択は労働者の経済を重視することで庶民性をアピールしてきた彼の路線とはイメージが異なることを示唆した。 (さらに…)

好調な雇用情勢はクリントンに有利

6月の雇用は著しく拡大し、失業率は0.2%上昇したものの4%範囲を維持している。イギリスの欧州連合(EU)からの離脱に基づく経済不況が懸念されたが、8日その景気後退の懸念を払拭した好調な雇用情勢が報告されている。賃金も継続的に着実な増加を見ている為、総体的な経済向上は大統領選で民主党候補者に有利であると分析されている。 (さらに…)

反グローバルの動きに対する世界経済の影響

イギリスの 欧州連合(EU)からの離脱決定による反グローバルの経済的影響が懸念されている。英国民の意見を二分したBrexit投票後、英国民の数百万人は再度国民投票を行なうことを要求する請願書に署名した。最新の全国世論調査は、ドナルド.トランプがスコットランドの旅行先から反グローバル的なコメントを公表したことも一因として、複数の世論調査でヒラリー.クリントンは二桁代で彼をリードした。アジア諸国は世界経済の安定性に警戒し始めたが、米国複数の専門家は米国経済の影響に関して大半は楽観的な傾向がある。 (さらに…)

財政見通しが良くないメディケアと社会保障

社会保障とメディケアは連邦政府支出の割合が大幅に高いプログラムであるが、いずれも20年以内に枯渇すると予測されている。大統領選の両党の推定指名候補者はいずれも、国民にとって重要な二つのプログラムを保護する政策を打ち出しているが、現状はそのような公約は危ういことを示唆する事実が明白になった。その要因及び米国の社会保障の統計的現状は何を意味しているだろうか? (さらに…)

アメリカン.ドリームは文字通り夢?

景気回復の徴候として、8年ぶりに新築住宅の価格が急増している。中西部州を除くほぼ全米で新築一軒家の価格が高騰している傾向がある。総体的に在庫が不足している影響もあるが、カリフォルニア州の住宅価格も上昇している。4月のロスアンゼルス.タイムスの報告では特に南カリフォルニアで3月に5.6%の上昇があり、引き続き急増傾向である。 (さらに…)

2016年米国で最も物価の高い都市ベスト10

3月に公表されたイギリスに本部を置くリサーチおよび分析組織のエコノミスト.インテリジェンス.ユニット(EIU)の年間報告によると、2016年世界で最も物価の高い都市50の中でシンガポールは一位であり、米国の11都市が50番内に含まれている。 住宅費、飲食費、衣料費、光熱費、教育費、娯楽費などが物価基準の比較対象になっている。これらの基準に基づき、2016年に米国で最も物価の高いベスト10都市は下記の通りである。 (さらに…)

租税回避を示唆する驚くべきオフショアの事実

10日前公開されたパナマ文書は米国多数の企業もタックス.ヘイブンにリンクしていることを示唆した。世界中の貧困および不正を考慮した解決策を模索するため世界94カ国で活動している17団体の国際連合であるオックスファムは、今日25ページの調査報告書を公開した。その報告書によると、アップル、ゼネラル.エレクトリック、マイクロソフトのような米国50の大企業はオフショア(国外)に大金を保持し、多数の不透明な子会社に依存する大規模な組織的乱用があることを指摘した。 (さらに…)

米国の経済支援プログラム低迷の現状

3月の雇用情勢は215,000の雇用を拡大し、失業率はわずかながら2月の4.9%から5.0%に上昇した。米国の雇用は順調に増えている一方で、連邦政府の失業保険制度および栄養補給支援プログラムはいずれもここ数年間低迷している。今日4月1日から少なくとも50万の米国民はフード.スタンプと呼ばれていた栄養補給支援プログラム(SNAP)又はスナップを受理できなくなる。失業保険援助プログラムおよびスナップ制度の延長停止は、益々貧困家庭および低所得者を圧迫する結果になる。 (さらに…)

最低賃金上昇と大統領選

11月の総選挙では多数の州で最低賃金は重要な課題になっているため、8日の大統領選の投票日、複数の州は最低賃金引き上げの発議権に投票する。特に、カリフォルニア州は全米で最も進歩的な$15を目指している。また、多数の州で、2016年1月から 最低賃金が上昇した。7月及び8月から更に上昇する州もあれば、2018年までに施行される州もある。時代に即した生活賃金を目指す最低賃金の上昇はトレンドであるが、アラバマ州は先月、地元での最低賃金上昇を阻止する法案を通過した。 (さらに…)

11月の総選挙と2 月の雇用情勢

米国の2月の雇用情勢は24万以上の雇用拡大があり、失業率は8年ぶりに5%以下に低下した。米国の経済は正しい方向性を示唆したが、賃金の低迷は引き続き挑戦課題である。2016年の大統領選の共和党候補者で賃金の上昇を公約する人は誰もいないが、彼等はキャンペーンで、男女労働者および中産階級の向上をアピールしている。専門家はドナルド.トランプの支持者は長い間賃金の低迷を経験している部類に属する人達であると指摘している。また、個人の賃金状況には地理的および業界別を含む幾つかの条件によって差があると指摘した。 (さらに…)

社会保障の重要性を示唆した所得格差と寿命の相関関係

教育、医学、テクノロジーの進歩は全ての人々に向上の機会を提供しているが、高所得層の寿命と低所得層の寿命のギャップは過去40年間で大幅に拡大している。経済格差と寿命には相関関係がある。所得格差が中産階級の生活を向上させていないことを頻繁に強調している大統領選の候補者は特に民主社会主義者のバーニー.サンダースかもしれない。この問題を修正することは全ての国民が退職後健康でゆとりのある老後を生きていくために非常に重要な課題であることに気付く。社会保障庁は、所得格差と寿命のギャップの拡大は社会保障を維持する公約が重要になることを示唆した為、今後の予備選は個人の経済向上を重視する州で候補者がアピールするべき課題である。 (さらに…)

経済学者による2016年のグローバル経済予測

最近のグローバル経済は不安定な幾つかの要因がある。最近、米国株式市場はあまり芳しくないため懸念が拡大している。15日、ニューヨークの株式市場はパニックによる売りが相次いでいることが報告され、今年は景気後退に突入する可能性も懸念されている。そのような状況で、著名な研究所による複数の経済学者は2016年のグローバル経済を予測している。 (さらに…)

貧困への戦いが宣言された52年後の今日

1964 年 1月8 日は36代大統領リンドン.ジョンソンが一般教書演説で多数の国内政策プログラムを紹介し、貧困への戦いを宣言した日である。「貧困への戦い」は非公式の名称であるが現在頻繁に使用されている為、貧困の戦いは終っていないことを示唆している。52年前、ジョンソンは、特に黒人を意識した有色人種の貧困、失業率の高い若者の機会と経済向上を目指す野心的な多数の国内経済政策を打ち出したが、今日一部の成功者を除き黒人は相変わらず貧困である。最近、米国一握りの億万長者は年間億ドルの余剰収入がある事が報告されている一方、最新の国勢調査の貧困率と貧困者数の実態は50年前とさほど変化はなく、近年向上は低迷している現状である。 (さらに…)

2016年の政治および経済的予測

政治的に2015年は極右派台頭の年であった。社会的には暴力が目立ち、米国の異常気象は益々気候変動の顕著な影響を露呈した。現在トップ.ランナーのドナルド.トランプは2016年には大統領選の選挙キャンペーンを辞退すると予測されている。経済的には、米国多数の州でマリファナを合法化する為、税収が増えオイル価格は更に低下するが、ソーラー.エネルギーの使用率も増えると推測。更に、2016年の世界経済成長は減速傾向になると予測されている。 (さらに…)

ツーリズムはテロリズム及び自然災害に影響を受けない

2015年の国際旅行は増加することが予測されている。テロリズム及び自然災害はツーリズムに長期的影響を与えない。 感染病が流行した国及びテロ攻撃が発生しやすい国も含めて、グローバル旅行は最も雇用と経済を促進する部門の一つである。観光客に人気のあるフランス、日本、米国は歴史的に悲惨な事件発生後一時的にツーリズムが衰えたが、必ず回復しているとことを示唆するデーターがある。 (さらに…)

幾分確信が揺らぐ8月の雇用情勢

労働省の最新の報告によると、米国は8月173,000の雇用を拡大し、失業率は5.1%に減少した。雇用は医療、レジャーおよび歓待産業で引き続き拡大しているが、三ヶ月前に比較すると総体的に控えめな増大である。製造業は減少し、幾分ミックスした印象のある経済状況は、連邦準備制度が今月末に金利を引き上げる決定をするかどうか、確信的な手がかりを与えていないようである。 (さらに…)

米国の生産性と賃金の歴史的ギャップ

中産階級の経済向上は、2016年大統領選の重要な論争課題である。経済専門家の研究によると、米国の労働者の賃金は長年停滞している。1970年代以来、総体的な生産性の伸びと米国大半の労働者の賃金にギャップが増大していると指摘した。つまり、典型的な労働者の賃金および報酬は、生産性の伸びに反して大幅な遅れがあり、大多数の労働者は生活水準を上げる経済機能が中断している状況を反映している。従って、専門家は米国の歴史的な所得格差の原因を追求し、それに対応するため解決可能な経済政策を提案している。 (さらに…)

最新の住宅価格情報:全米主な都市の中間価格

住宅市場は、引き続き強い兆候を示している。 大手不動産業者リオターが今月公表した前月の住宅市場に関する分析によると、7月の一戸建て住宅価格は 昨年の同時期に比較して7.3%上昇し、一ヶ月で0.9%増加した。全米での住宅の中間価格は$234,000である。需要は引き続き高く、最近更新された全米の住宅中間価格は下記の通りである。 (さらに…)

24日の株急落とトランプのグローバル経済観

2週間前、中国は自国の通貨を切り下げたが、その主な理由は2つあると言われている。ここ数日間で、幾つかの米国大企業は多大な損失を受けており、世界の株式市場に何らかの影響を与えているようである。24日米国の株式市場は急落した為、経済に強いと自負しているドナルド.トランプは、ホワイトハウスを獲得する別の理由を見つけたと指摘され、株式の下落を選挙に利用していると見られている。トランプはジェブ.ブッシュの2倍の支持率を確保し遂に30%台に上昇した。 (さらに…)

最近の住宅価格上昇傾向

不動産業者の最新情報によると、住宅価格は上昇傾向である。WSJは、最近の米国の経済状況を見るポイントとして、 9月の金利引き上げの可能性、消費者価格、 製造業活動、住宅建設状況および中古住宅販売などを挙げている。住宅売り上げ数および中間価格は全米で上昇していることが最近報告されているが、住宅価格上昇は幾つかの点で問題があると指摘されている。 (さらに…)

興味深い新たな経済格差の調査報告

複数の経済学者による新たな研究によると、経済格差は益々拡大している。1/4の人口層は富を蓄積し、益々豊かになる一方で、3/4の大半の国民は葛藤を続けている。1989年から2013年まで40,000所帯を対象にした一連の調査で、人種、教育、年齢は経済格差に直接リンクしていることを発見した。誰が豊かになり、誰が低迷しているのか判断する上で、これらの人口動態的要素は新たな経済の重要な判断基準になっているが、今回の報告は主に年齢と富に集中している。この研究の専門家は、過去の世代に比較して学歴レベルが上がっている若い世代が必ずしも経済的に恵まれていないことを示唆し、幾つかのアドバイスも提供している。 (さらに…)