アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of U.S Senate bills on Russian sanction in June 15, 2017

上先週上院議会は、ほぼ満場一致でロシアに対する制裁を増加する法案及びNATO憲章を保護する法案を通過した。ロシア制裁の法案にはイランの制裁も含まれている。また、上院議会はNATO憲章第5条に明示されている相互防衛の教義を支持する投票に満場一致で同意した。超党派の上院議員らは投票を通して、トランプ大統領がロシアに対する制裁を解除することを防止するだけでなく、米国の同盟国に深い忠誠を示していないトランプに対する驚異的なメッセージを送った。 Read the rest of this entry »

Related image

米国は総じて人口動態的な変化が顕著であるが、特に米国の農村地域では移民、人種、及び宗教など文化的に非常に異なる態度及び思考傾向がある。都会と農村部は異なる経済状況であるが、一部の人々に同類の葛藤があることを示唆した。ドナルド.トランプに投票した人々は農村地域に多く、その理由は都市部に比べて、経済的低迷も一因であるが、農村地域社会の雇用の懸念とトランプへの支持には直接深い関連性はない。むしろ、農村地域の人々は有色人種及び移民に対する偏見があり、圧倒的に宗教的価値を重視している。 Read the rest of this entry »

Image result for Images of Jared Kushner and Russian Bank

トランプ大統領が司法妨害で捜査の対象になったことを受けて、副大統領マイク.ペンスは個人の弁護士と契約した。ドナルド.トランプの娘婿ジャレッド.クシュナーは現在特別捜査官の調査下に置かれていることも同じく15日夜報告された。クシュナーは単にFBIから注目されていた事態から状況は更に進展しているが、米国の選挙にサイバー攻撃したロシア関連の調査とは別件である可能性がある。主にクシュナーの財政的及びビジネスが調査の焦点であると推測されているが、幾つかの疑問が提起されている。ホワイトハウスの混沌たる状況下でトランプはヒステリー気味であることが今日報告された。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Robert Muller vs Trump

トランプ大統領に対する犯罪捜査は初期段階を迎えた。特別捜査官ロバート.ミュラーは個人的に面談する人物のリストを公表した。ミュラーはトランプが司法妨害を犯したかどうか、及び 資金洗浄を含む潜在的財務犯罪を調査する方向性であるが、現時点では情報を集める初期段階である。 8日に開催された上院情報委員会での元FBディレクター、ジェイムス.コミの証言によって転換期を迎えたトランプに対する初期段階の犯罪捜査は何を意味するだろうか? Read the rest of this entry »

Image result for images of Trump vs Jimmy Carter

ワシントンD. C及びメリーランドはトランプ大統領を告訴したが、その後48時間以内に議会メンバー約200人は議員の立場から、別の理由でトランプに対する訴訟を14日提起した。オバマ大統領の移民政策、医療保険政策、及びエネルギー政策に反対する議会、州、及び宗教関係者などを含めて、幾つかの訴訟がオバマ政権下で提起されたが、議会メンバーが大統領を告訴する例では今回が最大規模である。憲法の報酬条項に違反し、米国議会の集団訴訟に直面する大統領はトランプが米史上初めてである。歴史上、大統領に就任する前、質素な個人ビジネスを運営していたジミー.カーターと比較すると雲泥の差がある。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Jeff Sessions on June 13, 2017

司法長官のジェフ.セッションズは 13日の上院情報委員会での約3時間の証言中、予測通り重要な質問にはほとんど答えなかった。ある場面では、元FBIディレクターのジェイムス.コミを解雇した理由について選挙前の発言と矛盾する証言をした。彼はロシア外交官との会合で不適切な会話をしていないと主張し、ロシア問題には一切関与していないと述べた。セッションズはトランプとの会話に関する質問には全て応答することを拒否したため、委員会パネルを怒らせた。トランプ大統領に対する驚異的な忠誠心があることを示唆した彼の証言には幾つかの注目すべき瞬間があった。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Russian hacking on U.S voting system

ロシアによる2016年大統領選の投票システムへのハッキングは最初に報告されていた規模より遥かに深刻な全米広範に及んでいたことが判明した。特に、11月8日の選挙数日前に集中的な侵入があったことが今日報告された。この報告は、先週逮捕された25歳の女性が漏らした機密情報に関連性があるが、幾人かの議会委員会での証言を裏付けていることを示唆した。 Read the rest of this entry »

Image result for images of travel ban

第9巡回控訴裁判所はドナルド.トランプ氏の旅行禁止令に挑戦したハワイの主張を支持したことが今日判明した。先月メリーランド州第4巡回米国控訴裁判所も同様の決定をしたが、両方の挑戦者は最高裁にトランプの旅行禁止令を打破するよう要請した。メリーランド及びコロンビア特別区(D.C)はトランプを利益相反による憲法違反で告訴した。トランプは就任後からわずか3か月間で130回以上、連邦裁判所に訴訟が提起されている。正常な範囲を超えるトランプ政権下の訴訟は慢性化しつつある現状で、共和党にとって深刻な問題はトランプの頻繁で有害なツイートであり、複数のメンバーは苛立ちを表明した。 Read the rest of this entry »

Image result for images of George Wallace vs John F. Kennedy on June 11, 1963

1963年6月11日、ジョンF.ケネディ大統領はアラバマ州知事ジョージ.ウォレスに対して、裁判所命令を遵守させるため大統領宣言を発行した。ウォレスは近代政治史の中で、人種差別政策を最も露骨に行使した政治家として知られているが、その6日前、アラバマ州連邦裁判所は、入学資格のある2人のアフリカ系アメリカ人学生がアラバマ大学のタスカルーサとハンツビルの二つのキャンパスへの入学阻止を禁止する裁判命令を発行した。しかし、ウォレスは裁判所の命令を無視する前代未聞の司法妨害を犯した。現在頻繁に司法妨害の疑いが懸念されているドナルド.トランプ氏の例とは異なる歴史の一例である。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Trump on June 9, 2017 at Rose Garden

8 日に開催された上院情報委員会での元FBIディレクター、ジェイムス.コミの証言に対する反響は予想以上に多大である。議会の主要メンバー及び複数の委員会のメンバーは党派的に異なる反応を示したが、共和党は益々ドナルド.トランプ氏を擁護することが困難になっている現状に直面している。トランプは調査の対象になっていないとコミは公的に述べたため、9日の記者会見でトランプの表情には幾分安堵が見られたものの、コミをリーカー(情報を漏らす人)と呼んだ。彼の弁護士は大統領との会話を漏らした苦情で、告訴する計画があると公表したため、複数の専門家はコミのリーク(漏洩)は違反ではないと述べているが、コミの証言は法的論争に発展する可能性がある。既に下院委員会は会話を録音したテープの提出をトランプに要求している事も含め、その告訴はトランプの立場を更に混沌たる状況に追い込むと予測されている。コミの証言は幾つかの側面でロシア関連の調査が転換期を迎えた事を示唆している。 Read the rest of this entry »

Image result for Images of James Comey's testimony on June 8, 21017

今日東部時間午前10時から上院情報委員会で開催された元FBIディレクター、ジェイムス.コミによる宣誓下での証言には一部を除き新たな情報はなかった。しかし、コミが提供したトランプ大統領との会話を記録したメモに焦点を当て、パネルの質問には共通のパターンがあった。幾つかの点でコミはパネル.メンバーの疑問を明白にしたが、現在特別捜査官が調査を進めている課題に直結する質問には答えられないことを明白にした。公聴会の主なテーマはトランプが司法妨害を犯したかどうかがである。この日、3人の著名な超党派の議員はトランプとの会話において、コミに顕著なミスがあったことを連続的に指摘する場面があった。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Senate intelligence committee on June 7, 2017

今日開催された上院情報委員会の公聴会には4人の諜報上層部の関係者が同時に召喚された。4人は前政権から継続またはトランプ政権下で新たに指名された現役の上級役員である。委員会のパネルは繰り返し、トランプ大統領はロシア関連の捜査を弱体化する動きがあったか?との質問に集中した。彼らはトランプ大統領との個人的会話の中身を語ることを拒否したため、委員会メンバーを苛立たせた。しかし、この中の一人は3月トランプ氏とのホワイトハウスでの会合で、元国家安全保障顧問のマイケル.フリンに集中していた FBIディレクターのジェイムス.コミの捜査に介入することができるかをトランプに聞かれたことを匿名者がある主要メディアに語った。宣誓下で基本的な質問に答えないという前代未聞の腐敗を示唆したトランプ政権の体制をマフィア.ファミリーと呼んだ有力者もいる。 Read the rest of this entry »

Image result for Images of Reality L. Winner

元FBIディレクターのジェイムス.コミは上院情報委員会での証言を木曜日に行うが、昨日連邦諜報部門の請負業者の女性がロシアのハックングに関する機密情報をメディアに漏らした容疑で逮捕された。これは米国政治史上前代未聞の告訴に当たる。その前日、NBCの独占インタビューで、ロシアの大統領ウラジミール.プーチンはロシアが米国の選挙に干渉したとの米国の主張は幻想であると述べ、その事実を否定したばかりであるが、絶妙なタイミングでプーチンの虚偽が証明された。トランプ大統領は、大統領の特権を利用してコミの公聴会での証言を阻止しない正しい選択をしたが、ロンドンでの連続的テロ攻撃を受け、異常なほど旅行禁止令を主張している。更に、特別検察官を任命する結果になった責任の矛先を彼が指名した司法長官に向けているため、トランプは制御不能な状態であると批判されている。 Read the rest of this entry »

Related image

幾つかのアラブ諸国はテロリストを支持していると判断しているカタールとの外交関係を切断する決定をしたことが今日報告された。トランプ大統領は5月20日サウジアラビアを訪問し、21日には 50か国のイスラム世界のリーダーが結集した首都リヤドでテロリストと戦うための行動を促し、団結する事を要請した。この決定はそのわずか約2週間後である。突然の決定の理由は何か?具体的にどのような方法で外交関係を切断するのか? カタールの経済的影響、及び米国のテロ政策に何らかの問題があるだろうか? Read the rest of this entry »

Image result for Map of London Bridge and Market where attack occurred

昨夜イギリスのロンドン橋及びその近辺で発生したテロ攻撃は3ヶ月間で3回目であるが、警察は前代未聞の反撃を展開した。ロンドンの市民は、ほとんど冷静で過剰反応していないが、英国政府はテロ政策を変える必要性を表明した。英国での連続的なテロ攻撃に反応しているトランプ大統領はロンドン市長のコメントを誤解していることを示唆するツイートを投稿した。2日前、トランプ政権は現在複数の連邦裁判所で停止されているイスラム国からの旅行を停止する大統領令を復活するため、最高裁に誓願書を提起した。英国のテロ攻撃は旅行禁止令の復活要求を再燃させる可能性がある。 Read the rest of this entry »

トランプ大統領のパリ協定離脱発表後、オバマ前大統領はトランプ大統領の名前を出すことはなく、2015年パリ協定の経緯と成果を簡明に説明する短い声明文を発表した。米国の富豪者を先頭に多数の市長、州、都市の代表者はパリ気候協定に合意した他国に参加するため国連との交渉を進めている。多数の世界のリーダー及び組織の代表者は地球を救うことの決意を発表し、気候変動に米国大統領がどのような態度であろうと、動揺されることも影響を受けることもなく、益々パリ協定に真摯な熱意で取り組む決意を表明した。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Trump at Rose Garden in June 1, 2016

ドナルド.トランプは東部時間午後3時半から、彼の政権閣僚及び記者団が参加したホワイトハウスのローズ.ガーデンでパリ協定からの離脱を決定したと発表した。30分以内のスピーチは非常に悲観的で、米国優先のナショナリストの立場を明白にした。 パリ協定について近日中決定すると先週公表して以来、離脱の方向に傾注していることが予測されていた。欧州委員会のトップ幹部は、先日のG7でトランプはパリ協定について理解していない事を知り、トランプが離脱を決定した場合でも即時に効力を発揮することはないと説明した。米国40州は気候変動と戦うため既に画期的なプログラムに忠実である。トランプは、米国だけでなく世界の挑戦を受ける可能性があるが、政権の劇的な変化は何を意味しているだろうか? Read the rest of this entry »

Image result for Images of Ivanka Trump brand

2月初旬、複数の高級デパートはイバンカ.トランプのブランド製品の販売を中止することを公表した。その理由を示唆する幾つかの状況が判明しているが、ビジネスを保持した状態で3月末にはホワイトハウスに入ったため、倫理的懸念は残ったままである。労働者の権利を守ることを目的としたニューヨークに本拠を置く非営利組織である中国労働者ウォッチ(China Labor Watch, CLW)の創始者は、イバンカ.ブランドの靴製造工場の労働慣行を調査している複数の活動家が行方不明又は拘束されていることを今日報告した。その調査は地元の中国警察によって阻止された可能性があり、その考えられる唯一の理由はブランド名の所有者が米国大統領の娘であるからである。イバンカは手紙での連絡に応答していないという。今日公表された調査記録はイバンカ.ブランド海外工場の労働者が搾取されていることを示唆している。 Read the rest of this entry »

Image result for Images of Portland stabbing 3 victimsポートランド3人のヒーロー

先週金曜日、オレゴン州ポートランドの列車の中でイスラム系2人の若い女性に対して、反イスラムの罵声を浴びせていた男性を阻止する事を試みた3人の男性が刺され、二人は死亡し、一人は致命的な負傷を受けた。この事件直後、ポートランド市長は記者会見を行い、これらの男性の名誉を称え、右翼系二つのイベントをキャンセルする意向を表明した。この事件は白人至上主義者の犯行として注目されたが、トランプ大統領は海外からの帰国後、多数のツイートを投稿したにも関わらず沈黙を続けていた。大統領から何の声明もないとの強い圧力があった後、昨日大統領のツイート.サイトにこのような犯行は「受け容れられない」と投稿した。ポートランドでの刺殺事件は何かを伝えている。 Read the rest of this entry »

Image result for Images of warm temperature and lack of sleep

科学者は約10年間で76万人以上を対象に、夜間に気温が上昇する気候変動の影響と睡眠の喪失との関係について調査した。これは気候変動と人間の健全な睡眠との関連性についての最初の調査である。米国の調査回答者のデータと夜間の気温データを使用した研究で、気候の異常と睡眠不足には関連性があることを発見した。その状況は2050年までに2倍になり、特に低所得者及び高齢者が影響を受けると警告した。高温による睡眠不足は幾つかの健康合併症を引き起こす可能性がある。米国のどの都市が夏場に平均気温が高いだろうか? Read the rest of this entry »

Image result for Images G7 in Sicily 2017

ドナルド.トランプは最初の外交旅行で中東を訪問した最初の大統領である。また、中東では非常に歓迎されたが、 ヨーロッパでは特にNATOに対する認識と尊厳不足による否定的な発言により、多くの同盟国のリーダーに失望されたことは顕著な失敗である。ドイツのアンゲラ.メルケル首相は今日、米国を頼らずヨーロッパの運命は各国の手に委ねる決意をする必要があると表明した。これは最初の国際舞台が非常に成功したとのトランプの主張とは異なる現実を示唆している。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Trump and Kushner

上院及び下院別々の調査委員会、FBIを含む複数の米国諜報機関、及び特別検察官ロバート.ミュラーは大統領選を干渉したロシアとトランプ陣営との間に共謀または調整があったかどうかを調査しているが、その幅と深さのスケールは拡大している。ドナルド.トランプは彼が指名した情報当局者の上層部2名に共謀はないと公言するよう要請していた事が最近報告された。上院は財務省からトランプの財務情報を求め、憲法修正第5条を盾に上院の召喚を拒否したマイケル.フリンに対して、第5条適用不可能なビジネス関連に召喚を送った。長期的な戦いになることを悟り始めたホワイトハウスはトランプが弁護士を雇うことを考慮し始めたと公表した。加えて、FBIは顕著な情報を握っていると見ているジャレッド.クシュナーを重要な証人として注目し始めた。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Greg Gianforte

モンタナ州の広範地区で、内務省の長官に就任した元米国下院議員の空席を埋めるための投票は今日開催されている。驚くことに、昨日共和党の候補者は記者に肉体的暴力を振るった容疑に基づき昨夜軽犯罪で告訴された。その共和党候補者の報道官は虚偽の証言をし、記者が攻撃的であったため両方が衝突したと主張したが、目撃したフォックス.ニュースの記者及び多数の目撃者の証言によって真実が判明した直後、地元の警察当局は劇的な選挙前夜にこの候補者に対して罪状を発行した。明らかに、米国下院議会の候補者としての適正が疑問視されるが、民主党の対抗者と幾分接戦状況下で、多数の有権者は既に早期投票または郵送での投票を終えていた。複雑な問題に直面した下院議会は、軽犯罪の罪状を受けた候補者が勝利した場合、彼に重要な議席を譲ることが可能であるか? Read the rest of this entry »

Image result for images of Manchester in England on May 24, 2017

イギリスはテロ攻撃が今後も発生する可能性があり、警戒が増加したため、米国でも幾つかの主要都市で警備態勢が強化された。22日当地時間午後10時33分に発生したマンチェスターのテロ攻撃の捜査で同市の警察署長イアン.ホプキンスは、最初単独犯行であると信じると述べていた。しかし、24時間後には単独ではないとの見解に変わるなど顕著な進展があることを示唆した。これまでの捜査で何が判明しているのだろうか? Read the rest of this entry »

Image result for Images of Manchester bombing on May 22, 2017

昨日英国のマンチェスター.アリーナで発生した自爆テロ攻撃事件で22人が死亡し、約60人が負傷したと報告されている。今日容疑者の身内と思われる別の男性が拘束された。テロリズムの可能性があるが、今回もイスラム国(ISIS)は犯人の一人が彼らの仲間であると主張し、ISISの責任であることを自負している。警察当局は現時点で単独による犯行であると見ているが、このテロ攻撃は実際にISISの犯行かどうか不明である。 Read the rest of this entry »

Related image

トランプ大統領に9日解雇された元FBIディレクターのジェイムス.コミは近々公的に証言する予定である。トランプはコミを解雇した翌日、ロシアの外交官二人を招待した大統領執務室で、解雇の理由が「多大なプレッシャー」であったことを告白し、コミを「狂人」と呼んだことでベテランの共和党議員にさえショックを与えた。また、その日テロリズム戦略に関する高度機密情報さえ漏らした。これらはホワイトハウス内での個人的または秘密の会話情報が次から次に漏れている最新の例である。その漏れの根本的な要因を追求せず捜査のみを強調しているトランプは3月、オバマ大統領が盗聴したと根拠のない発言をした。複数の専門家は、頻繁に情報がメディアに漏れる原因がトランプ自身にあることを示唆した。 Read the rest of this entry »

Image result for Images Trump received gold King Abdulaziz medal

トランプ大統領は19日にホワイトハウスを発ち、20日から最初の海外訪問をしている。驚くことに、ホワイトハウスの側近のほとんどは一緒に同行している。今回の外交旅行は9日間でサウジアラビアの首都リヤド、イスラエル東部のエルサレム、ローマーのバチカン、ベルギーのブリュッセル、最後G7に参加する為イタリアのシチリアなど中東及びヨーロッパを含む5都市を訪問する。 土曜20日の初日にはサウジアラビアの首都リヤドで歓迎を受けた。トランプ家族の女性二人は中東でスカーフを使用するかもしれないとの期待があった。20日サウジアラビアと米国は億単位の顕著なビジネス取引に合意した。日曜21日、約50か国のイスラム世界のリーダーが結集したリヤドで、トランプ氏はISISと戦うため団結することを訴えた。 Read the rest of this entry »

Image result for images of Obama vs Trump

不法移民の取り締まりを強化することはトランプ大統領の公約の一つである。トランプ政権は就任後から最初の100日間で41,000人以上の不法移民を逮捕した。移民税関執行当局(ICE)による不法移民取り締まりの執行優先事項、最初の100日で移民法違反による逮捕数を含む複数の状況をオバマ政権と比較した場合、トランプ政権はほぼ全ての不法移民をターゲットにしていることを示唆している。続きを読む

Image result for images of Rob Rosenstein

司法省の長官ジェフ.セッションズはトランプ陣営の一人であるため、ロシアとトランプ陣営との関連調査を辞退している。事実上ロシア関連の調査で司法長官としての役目を果たす副司法長官ロッド.ローゼンスタイン(上部)は昨日午後、特に民主党が強く望んでいた特別検察官(弁護士)を任命した。民主党は彼が任命しない場合、辞職するべきであるとプレッシャーをかけていたが、次々に驚異的な情報が公開されている現状下で、多数の共和党議員も独立した特別検察官の必要性を認めている為、絶妙のタイミングである。米国法務執行の歴史上最も優れているとの評判が高く、圧倒的に超党派の支持を得た特別検察官はロバート.ミュラー(下部)である。意外な人物がジェイムス.コミの解雇を促進した事が判明しているが、特別検察官の任命に対するホワイトハウス内の反応は? その特別検察官はどのような人物か? なぜ彼が超党派の議員に支持されているのか? Read the rest of this entry »

Image result for people want Trump impeached

元FBIのデイレクター、ジェイムス.コミの同僚は、2月トランプ大統領との会話でコミは、ホワイトハウスの元安全保障顧問マイケル.フリンの捜査を停止するようトランプから依頼されたとの劇的なメモがあると報告した。上院情報委員会及び多数の共和党リーダーは両氏会話のメモを提示することを求めている。コミは長年、不可解な状況に直面した時メモを取る習慣があり、全てが文書化されていると昨日報告があった後、議会は蜂の巣を突いたような騒ぎになっている。会話に関する全てのメモを求める共和党の声、トランプの弾劾を求めて誓願書に署名した米国民は100万人以上に達した現在、弾劾のプロセスを開始することを要請する議員の声、大統領選の干渉に関するトランプ陣営とロシアとの調整があったかを調査する独立した検察官を要請する共和党議員も徐々に増え爆発的な展開になっている。 Read the rest of this entry »

Image result for Images of Trump two Russian official at White House on May 10, 2017

FBIディレクターのジェイムス.コミを9日に解雇した翌日、トランプ大統領はロシア外相のセルゲイ. ラブロフ及び米国駐在のロシア大使セルゲイ.キスリャクをホワイトハウスに招待した。 トランプはNATOの同盟国にさえ共有されていなかった高度機密情報を米国が敵国であると見ているロシアに漏らしたことが昨日夕方判明した。今日、その機密情報は米国の一同盟国から提供されたものであることが報告された。次から次に驚異的な出来事が報告されている現在、ダメージの調整に奔走しているホワイトハウスは土台が崩れ始めているように見える。トランプは新たなプレッシャーに直面しているが、彼の行為は何を意味する? Read the rest of this entry »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。