アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「エボラ」タグがついた投稿

全米の各地で看護婦のストライキ決行

北カリフォルニアでのストライキ

11 日午前中、ニューヨーク(NY)市は、米国最後のエボラ感染者であるクレッグ.スペンサー医師がエボラ.フリーになったと公表した。市長のビル.デ.ブラジオは、病院関係者、彼の妻、およびスペンサーと並んで喜びの声明を発表し、NY市はエボラ.フリーになったと宣言した。米国は今日の時点で、実質的にエボラ.フリー国になったが、医療関係者の間で医療機関の安全対策を求める声が拡大している。全米15以上の州で医療関係者のストライキが今日から開始される。カリフォルニア州の看護婦や看護師は今日から2日間、エボラから彼らと地域社会を保護する準備が不足していることを訴えるストライキを決行している。 (さらに…)

公衆衛生保健のパラノイヤと政治的妨害

医療任務の為、最近アフリカのケニアを旅行したケンタッキー州ルイビルにあるカトリック学校の教師は、住民のエボラに対するパラノイヤ(妄想)に直面し、学校を引退しなくてはならない事態に追い込まれた。この学校で宗教専門の教師であり登録看護婦であったスーザン·シャーマンは引退した整形外科医の夫と東部アフリカのケニアに4回旅行した為、彼女は学校の子供達がエボラに晒されるのではないかとの両親らの強烈な反応に直面した。ケニアから帰国したシャーマン対して、学校当局は彼女に21日間の予防休暇を取り、医師から健康診断書を取得するよう要請した。しかし、彼女は21日間の休暇を取る代わりに退職した。彼女の夫はルイビルの大司教区に書簡を送り「一部の両親と職員は、真実と理性より根拠のない恐怖」に脅えているとの苦情を表明した。また、夫妻はアフリカでの任務についての説明会を開催することを申し出たが、その説明会は隔離期間が終るまで延期された。 (さらに…)

科学者はエボラの深い謎の解明に熱中

数年前から、科学者の間でエボラは謎として熱心な研究の対象になっている。なぜなら、エボラで死亡する人も入れば、短期的に回復する人もいて、症状は重症から軽症に至まで様々な違いがあるからである。WHOが29日に公表した資料によると、エボラ被災地の西アフリカでは10月27日の時点で4,920人の死亡が報告されているが、エボラ感染の可能性があると報告されているケースは 13,703人である。最悪の被災地でさえ全員死亡しているわけでない為、科学者は誰が影響を受けるのか、遺伝に関連性があるのか、免疫システムとウイルスの関連性など、様々な角度から研究に取り組んでいる。そのような研究は、エボラ出血熱は必ずしも致命的な病気とは言えないことを示唆している。 (さらに…)

NY市初のエボラ感染者:懸念と素早い展開

ギニアでエボラ患者の治療に従事していた国境なき医師団の一人である米国人はエボラに感染したことが判明し、現在ニューヨークの病院で治療を受けている。初のエボラ感染者に直面したNY市では知事、市長、医療関係者による記者会見が行われ慎重な対応が開始された。初のNY市民が西アフリカで感染したことを受けて、国境なき医師団の状況も含む幾つかの懸念が提起されている。NYとニュージャージー州は、エボラ被災地で感染者と接触があった帰国者を自動的に隔離すると発表した。一方、先日死亡したリベリア系アメリカ人のトーマス.ダンカンを治療し感染した二人の看護婦は、予想外に早くエボラ.フリーになったことが判明した。 (さらに…)

エボラは米国で蔓延しない事を示唆する幾つかの進展

エボラ被災国と米国間の旅行を禁止することを要求している共和党議員はまだ存在するが、オバマ政権および国際保健機関はその提案に反対している為、禁止には至らない。しかし、疾病対策予防センター(CDC)のディレクターであるトーマス.フリーデン医師は22日、エボラ被災国3カ国から米国に入国する旅行者は全員モニターの対象になると発表した。米国での滞在先を限定する新たな規則を含む厳しい安全基準は来週月曜日から実施される。新しいガイドラインは、米国地域社会での蔓延を防ぐための最大の対策である。ここ数日、幾つか安堵するニュースが報道されている為、ヒステリックなエボラ恐怖は幾分落ち着いてきたようだ。米国で手に負えなくなるほどエボラが蔓延するとは信じ難い様々な進歩がある。 (さらに…)

エボラ根絶に挑戦:最大の貢献者は米国

オバマ大統領が9月16日西アフリカに3,000人の軍隊を派遣すると発表した後、その計画は着実に進行している。統合本部指揮センターを設立するため一部の査定チームは発表の2日前に到着している。現在派遣されている兵士はケンタッキー州にあるフォート.キャンベル基地の陸軍第101団であり、米史上最悪のエボラとの戦いは危険性の高い任務であるが、グローバル規模の蔓延を阻止する為、国際的支援活動に奉仕するその意義は幾つかの側面から多大である。国連は早急に資金を集めるため、エボラ緊急対応国連任務(UNMEER)基金を設置し、現在目標の35%以上を達成した。総体的には、国連の要請に対する世界の反応は遅いが、現地での人道的支援活動及び経済的側面から、米国は世界で最大の貢献者である。 (さらに…)

エボラにヒステリックな米国の現状

テレビ.ニュースはほとんどエボラに集中し、米国民の40%は非常に不安を抱いていていると報告されていて、概してエボラにヒステリックになっているようだ。米国で初めての死者となったエボラ感染者のトーマス.ダンカンを世話したテキサス州のダラス.ヘルス. プレスビュテリアン病院の看護婦二人が感染した。最初に感染した看護婦は現在良好な状態であると報告されているが、その二人目の感染者は、症状が表れる前に商用飛行機に搭乗したことが判明した。米国人はこれらの状況に反応している為、下院議会では16日聴聞会を開催している。疾病対策予防センター( CDC)のディレクターであるトーマス.フリーデン医師は、国民に対して毎日状況を報告しているが、今日厳しい尋問を浴びせられている。オバマ大統領は、今日エボラに関する大統領令に署名した。 (さらに…)

エボラ被災国の共通点と政府の腐敗

西アフリカのエボラ蔓延には地域的パターンがあると言われているが、特にその被災国と言われているリベリア、ギニア、シエラ.レオンには歴史、地形、文化的な幾つかの共通点がある。現場の状況を良く知る国際問題の専門家は、これらの国の文化的習慣や最悪な公共衛生システムについて言及し、感染のデーターは過小評価されている可能性があると指摘している。また、世界的に蔓延する可能性を懸念し、それがどのように拡大するのか語っている。国際調査機関は、西アフリカの幾つかのエボラ被災国で賄賂が世界的に高いことを報告している。更に、問題に対処する能力のない政府はエボラ感染を拡大している可能性があり、政府の腐敗と蔓延しているエボラとは何らかの直接的な関連性があることを示唆する報告がある。 (さらに…)

急増するエボラの不安:米国一部の空港で集団検診を開始

9月30日に米国で最初に発見されたエボラ感染患者のトーマス.ダンカン氏は死亡し、感染した可能性がある二人目の患者が発見された。また、ダラスでは現在48人が観察下に置かれている。スペインでは、最初に感染者が発見された後、複数の人も感染している可能性があり、グローバル的な流行病になることを恐れている人達が増えている。現在、致命的な死に至るエボラの恐怖は益々広がっている為、空港でのスクリーニング(集団検診)が提案されていた。オバマ政権の保健当局者は、昨日旅行者のスクリーニング開始を約束し、今日ホワイトハウスは、複数の大きな空港がスクリーニングを開始すると発表した。 (さらに…)

米国人エボラ感染者の状況が示唆している事

アショカ.ムクポー

リベリアで取材していたNBCのカメラマンは、当地で昨日気分が悪くなり、エボラに感染していることが12時間後に判明した。エボラの蔓延地で感染したアメリカ人は彼を含めて5人目である。米国内で感染者である事が確認された人物はトーマス.ダンカンだけであるが、彼もリベリアで感染した可能性がある為、この6人は全員エボラ被災地の西アフリカで感染したことになる。今後、エボラ被災地に滞在する米国人は増えるが、NBCのジャーナリストが伝えている事も含めて、米国人エボラ感染者のこれまでの状況を観察すると、示唆していることが幾つかある。 (さらに…)