アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「テロリズム」タグがついた投稿

JASTAとは何か?

Image result for images of Status of Forces Agreement

米国上院議会は28日、ジャスタまたはJASTA( Justice Against Sponsors of Terrorism Act )と呼ばれる法律におけるオバマ大統領の拒否権を覆すことに同意した。この法律は最近議会が通過したばかりであるが、撤廃の動きが台頭し、オバマ大統領は先週金曜日、撤廃投票に対する拒否権を発動した。しかし、上院の投票結果は必要な2/3を無理なく克服し、ほぼ満場一致で通過した。下院議会も今週末までには投票する予定である。制定されたばかりの9.11法を撤廃する理由と圧倒的な投票結果の背景は何か? (さらに…)

大統領候補者のテロ政策論議に発展した三大事件

Image result for Obama at New York Press Conference on Sept. 19, 2016

17日、マンハッタン及びニュージャージー州エリザベス市の海岸公園で爆発事件が発生し、マンハッタンでは29人が負傷した。また、ミネソタ州ショッピング.モールで起きた突刺事件で9人が負傷したと報告された。今朝ISISは、モールで起きた事件の犯人は 15年間米国に住んでいたソマリア人であると宣言した。ニューヨーク州知事アンドリュー.クオモは、マンハッタンの爆弾をテロ行為であると宣言した。2州での爆発事件の犯人は今朝逮捕された。共和党大統領候補ドナルド.トランプはこの事件に反応し、移民及び難民に対する人種及び宗教の点検の必要性を強調した。一方、民主党の大統領候補ヒラリー.クリントンはトランプの表現の危険性を警告した。爆弾事件は、テロ行為より恨みによる犯罪の可能性もある。 (さらに…)

同時多発テロから15年後:進化したテロリズム

Image result for images of 9.11 anniversary events

2001年 9月11日、約3,000人が死亡した前代未聞の同時多発テロから15年目を迎えた今日、ニューヨーク及びペンタゴン(国防総省)では15周年記念行事が開催された。オバマ大統領はペンタゴンで犠牲者に敬意を表する挨拶のスピーチを披露した。15年前、アルカイダ組織の創始者が死亡し、アルカイダ組織が著しく弱体化した後に台頭したイスラム国には二つの略称(ISIS、ISIL)があるため、共和党大統領指名候補者さえ混乱しているようである。ジョージW.ブッシュ政権下で開始されたテロ戦略を受け継いだ 米国先導のグルーバル.テロリズム対策は、シリアでのロシア介入も含めてどのように変わっただろうか。 (さらに…)

連邦当局関係者は米国でのテロ攻撃を懸念

By Reuters (ロイター)

イスタンブールのアタテュルク国際空港で28日夜発生した自爆テロで、41人が死亡し、230人以上が負傷した。ISISが攻撃計画に関与していた事が今日判明した。同都市が頻繁にテロ攻撃のターゲットになっている一因はトルコの国際化であると言われている。しかし、トルコがテロ攻撃のテーゲットなった主要因は明らかに同国の反ISIS戦略に関する米国との外交政策である。複数の連邦当局関係者は今後米国が攻撃されることを懸念した為、米国の幾つかの空港では警戒態勢が強化されたようである。 (さらに…)

銃規制法案投票日の絶妙なタイミング

最高裁は今日2州で禁止されているアサルト銃の銃法に対する下級裁判所の判定を不服として最高裁に上訴していた銃保持権利グループによる聴聞の要請を却下した。偶然、20日夕方から上院議会は上院リーダー格の4人が草案した銃規制の投票が予定されている。12日に発生した銃撃事件は 2001年9月11日の同時多発テロ以来、最大のテロ攻撃であると定義された為、殺人の目的で利用されるアサルト銃がテロリストの手に渡ることを防ぐ法律の制定には意義がある。常識的な銃措置の法案は過去に数回提起されたが、多数の共和党は反対し続けた為、制定には至らなかった。上院議会の4つの法案の通過には60票が必要であるため、今回も法案が通過するとは予測されていない。 (さらに…)

米史上最悪のテロ攻撃の政治的余波

フロリダ州オーランドで起きたテロ攻撃事件は、単独犯行の過激化した米国市民があまりにも多くの人々を殺害できる能力があったことを示唆した為、政治家の間でも国土安全保障の問題として懸念が広がっている。大統領選の共和党指名候補者であるドナルド.トランプは昨日イスラム教徒を閉め出す発言を再度提起したことで共和党を失望させ、「オバマはイスラム過激主義という言葉を使わない」と批判した為、オバマ大統領はいささか怒りを表明し、トランプの「締まりのない杜撰」な発言を叱責した。また、銃規制から米国安全保障に至まで、党派の路線を分ける論争が再燃している。米史上最悪のテロ攻撃は政治的にも余波が著しいことを示唆している。 (さらに…)

同性愛、テロリズム、銃規制:最悪の銃撃事件に潜む問題

銃撃の犯人を含めて50人が死亡したフロリダ州オーランドでの米史上最悪の銃撃事件から24時間以上が経過した今日、ショックの波は全米に拡大し、メディアはほぼ全面的にこのニュースに集中している。大量殺戮の異常性は新たな正常になりつつあるが、ナイトクラブでの 銃撃事件は同性愛、テロリズム、銃規制の3つの最も論争的な問題に全て関連性があることが特徴である。犯人は2013年FBIのウォッチ.リストに記載され、監視を受けた人物であったショッキンな事実が判明した為、この事件の衝撃を増加している。その反応として、昨年共和党に阻止され通過しなかった銃規制措置の制定が上院議会で再度推進されている。この事件は現存する幾つこの問題を示唆している。 (さらに…)

政治化された米史上最悪の銃撃事件

12日早朝フロリダ州オーランドのナイトクラブで発生した大規模な殺戮事件の犯人の身元は判明し、動機が推測されている。LGBTの地域社会で起きたため、憎悪犯罪の可能性もあるが、法務執行当局は犯人がイスラム国過激派(ISIS)に傾注していた可能性があるとして調査中である。この事件の犯人による動機は政治的に論争的である。両党の主要候補者はこの事件のコメントをツィートし、オバマ大統領はテロ行為と憎悪犯罪の二重動機であると推測するコメントを提起した。幾つかの理由により共和党はテロ攻撃又はイスラム過激派に結びつけ、この事件を早速政治化している。 (さらに…)

論争的なJASTAとは何か

2001年9月11日、米国は3,000人以上の死者を伴う前代未聞の同時多発テロに直面した。2002年から合同議会による情報委員会の調査が開始され、翌年この調査結果が報告された。この報告は、サウジアラビアがこの事件の背後にいる可能性があることを示唆したが、一部の情報はジョージW.ブッシュ政権及びオバマ政権により完全に公開されていない。約10年後、上院議会はサウジ王国に対する外国の訴訟を法的に保護する機能を除外することで、同時多発テロの生存者および被害者の家族がサウジを告訴する事を可能にする法案を紹介したが、制定されることはなかった。しかし、17日上院議会はJustice Against Sponsors of Terrorism Act (JASTAまたはテロリズムのスポンサーに対する公正法)を通過した為、長年の論争的問題を再燃させた。JASTAの論争点は何か? オバマ大統領はなぜこの法案に反対しているのか? (さらに…)

サイバー戦争とは何?

オバマ大統領は今日、新たに250人の兵士をシリアに派遣する計画を公表したが、オバマ政権は最近イスラム国家(ISIS)に対するサイバー戦争を開始した。この新たなサイバー戦争は、 従来のISIS戦略と併用される新機密サイバー兵器を駆使したキャンペーンである。ハイテクを利用したテロリズム戦略の実態は機密要素が高い為、詳細な内容はほとんど知られていないが、幾つかのメリットを含む基本的情報が提供されている。 (さらに…)