アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「テロリズム」タグがついた投稿

マンチェスター.テロ攻撃捜査の進展と米国での警戒

Image result for images of Manchester in England on May 24, 2017

イギリスはテロ攻撃が今後も発生する可能性があり、警戒が増加したため、米国でも幾つかの主要都市で警備態勢が強化された。22日当地時間午後10時33分に発生したマンチェスターのテロ攻撃の捜査で同市の警察署長イアン.ホプキンスは、最初単独犯行であると信じると述べていた。しかし、24時間後には単独ではないとの見解に変わるなど顕著な進展があることを示唆した。これまでの捜査で何が判明しているのだろうか? (さらに…)

マンチェスター自爆テロ攻撃の犯行はISIS?

Image result for Images of Manchester bombing on May 22, 2017

昨日英国のマンチェスター.アリーナで発生した自爆テロ攻撃事件で22人が死亡し、約60人が負傷したと報告されている。今日容疑者の身内と思われる別の男性が拘束された。テロリズムの可能性があるが、今回もイスラム国(ISIS)は犯人の一人が彼らの仲間であると主張し、ISISの責任であることを自負している。警察当局は現時点で単独による犯行であると見ているが、このテロ攻撃は実際にISISの犯行かどうか不明である。 (さらに…)

JASTAとは何か?

Image result for images of Status of Forces Agreement

米国上院議会は28日、ジャスタまたはJASTA( Justice Against Sponsors of Terrorism Act )と呼ばれる法律におけるオバマ大統領の拒否権を覆すことに同意した。この法律は最近議会が通過したばかりであるが、撤廃の動きが台頭し、オバマ大統領は先週金曜日、撤廃投票に対する拒否権を発動した。しかし、上院の投票結果は必要な2/3を無理なく克服し、ほぼ満場一致で通過した。下院議会も今週末までには投票する予定である。制定されたばかりの9.11法を撤廃する理由と圧倒的な投票結果の背景は何か? (さらに…)

大統領候補者のテロ政策論議に発展した三大事件

Image result for Obama at New York Press Conference on Sept. 19, 2016

17日、マンハッタン及びニュージャージー州エリザベス市の海岸公園で爆発事件が発生し、マンハッタンでは29人が負傷した。また、ミネソタ州ショッピング.モールで起きた突刺事件で9人が負傷したと報告された。今朝ISISは、モールで起きた事件の犯人は 15年間米国に住んでいたソマリア人であると宣言した。ニューヨーク州知事アンドリュー.クオモは、マンハッタンの爆弾をテロ行為であると宣言した。2州での爆発事件の犯人は今朝逮捕された。共和党大統領候補ドナルド.トランプはこの事件に反応し、移民及び難民に対する人種及び宗教の点検の必要性を強調した。一方、民主党の大統領候補ヒラリー.クリントンはトランプの表現の危険性を警告した。爆弾事件は、テロ行為より恨みによる犯罪の可能性もある。 (さらに…)

同時多発テロから15年後:進化したテロリズム

Image result for images of 9.11 anniversary events

2001年 9月11日、約3,000人が死亡した前代未聞の同時多発テロから15年目を迎えた今日、ニューヨーク及びペンタゴン(国防総省)では15周年記念行事が開催された。オバマ大統領はペンタゴンで犠牲者に敬意を表する挨拶のスピーチを披露した。15年前、アルカイダ組織の創始者が死亡し、アルカイダ組織が著しく弱体化した後に台頭したイスラム国には二つの略称(ISIS、ISIL)があるため、共和党大統領指名候補者さえ混乱しているようである。ジョージW.ブッシュ政権下で開始されたテロ戦略を受け継いだ 米国先導のグルーバル.テロリズム対策は、シリアでのロシア介入も含めてどのように変わっただろうか。 (さらに…)

連邦当局関係者は米国でのテロ攻撃を懸念

By Reuters (ロイター)

イスタンブールのアタテュルク国際空港で28日夜発生した自爆テロで、41人が死亡し、230人以上が負傷した。ISISが攻撃計画に関与していた事が今日判明した。同都市が頻繁にテロ攻撃のターゲットになっている一因はトルコの国際化であると言われている。しかし、トルコがテロ攻撃のテーゲットなった主要因は明らかに同国の反ISIS戦略に関する米国との外交政策である。複数の連邦当局関係者は今後米国が攻撃されることを懸念した為、米国の幾つかの空港では警戒態勢が強化されたようである。 (さらに…)

銃規制法案投票日の絶妙なタイミング

最高裁は今日2州で禁止されているアサルト銃の銃法に対する下級裁判所の判定を不服として最高裁に上訴していた銃保持権利グループによる聴聞の要請を却下した。偶然、20日夕方から上院議会は上院リーダー格の4人が草案した銃規制の投票が予定されている。12日に発生した銃撃事件は 2001年9月11日の同時多発テロ以来、最大のテロ攻撃であると定義された為、殺人の目的で利用されるアサルト銃がテロリストの手に渡ることを防ぐ法律の制定には意義がある。常識的な銃措置の法案は過去に数回提起されたが、多数の共和党は反対し続けた為、制定には至らなかった。上院議会の4つの法案の通過には60票が必要であるため、今回も法案が通過するとは予測されていない。 (さらに…)

米史上最悪のテロ攻撃の政治的余波

フロリダ州オーランドで起きたテロ攻撃事件は、単独犯行の過激化した米国市民があまりにも多くの人々を殺害できる能力があったことを示唆した為、政治家の間でも国土安全保障の問題として懸念が広がっている。大統領選の共和党指名候補者であるドナルド.トランプは昨日イスラム教徒を閉め出す発言を再度提起したことで共和党を失望させ、「オバマはイスラム過激主義という言葉を使わない」と批判した為、オバマ大統領はいささか怒りを表明し、トランプの「締まりのない杜撰」な発言を叱責した。また、銃規制から米国安全保障に至まで、党派の路線を分ける論争が再燃している。米史上最悪のテロ攻撃は政治的にも余波が著しいことを示唆している。 (さらに…)

同性愛、テロリズム、銃規制:最悪の銃撃事件に潜む問題

銃撃の犯人を含めて50人が死亡したフロリダ州オーランドでの米史上最悪の銃撃事件から24時間以上が経過した今日、ショックの波は全米に拡大し、メディアはほぼ全面的にこのニュースに集中している。大量殺戮の異常性は新たな正常になりつつあるが、ナイトクラブでの 銃撃事件は同性愛、テロリズム、銃規制の3つの最も論争的な問題に全て関連性があることが特徴である。犯人は2013年FBIのウォッチ.リストに記載され、監視を受けた人物であったショッキンな事実が判明した為、この事件の衝撃を増加している。その反応として、昨年共和党に阻止され通過しなかった銃規制措置の制定が上院議会で再度推進されている。この事件は現存する幾つこの問題を示唆している。 (さらに…)

政治化された米史上最悪の銃撃事件

12日早朝フロリダ州オーランドのナイトクラブで発生した大規模な殺戮事件の犯人の身元は判明し、動機が推測されている。LGBTの地域社会で起きたため、憎悪犯罪の可能性もあるが、法務執行当局は犯人がイスラム国過激派(ISIS)に傾注していた可能性があるとして調査中である。この事件の犯人による動機は政治的に論争的である。両党の主要候補者はこの事件のコメントをツィートし、オバマ大統領はテロ行為と憎悪犯罪の二重動機であると推測するコメントを提起した。幾つかの理由により共和党はテロ攻撃又はイスラム過激派に結びつけ、この事件を早速政治化している。 (さらに…)

論争的なJASTAとは何か

2001年9月11日、米国は3,000人以上の死者を伴う前代未聞の同時多発テロに直面した。2002年から合同議会による情報委員会の調査が開始され、翌年この調査結果が報告された。この報告は、サウジアラビアがこの事件の背後にいる可能性があることを示唆したが、一部の情報はジョージW.ブッシュ政権及びオバマ政権により完全に公開されていない。約10年後、上院議会はサウジ王国に対する外国の訴訟を法的に保護する機能を除外することで、同時多発テロの生存者および被害者の家族がサウジを告訴する事を可能にする法案を紹介したが、制定されることはなかった。しかし、17日上院議会はJustice Against Sponsors of Terrorism Act (JASTAまたはテロリズムのスポンサーに対する公正法)を通過した為、長年の論争的問題を再燃させた。JASTAの論争点は何か? オバマ大統領はなぜこの法案に反対しているのか? (さらに…)

サイバー戦争とは何?

オバマ大統領は今日、新たに250人の兵士をシリアに派遣する計画を公表したが、オバマ政権は最近イスラム国家(ISIS)に対するサイバー戦争を開始した。この新たなサイバー戦争は、 従来のISIS戦略と併用される新機密サイバー兵器を駆使したキャンペーンである。ハイテクを利用したテロリズム戦略の実態は機密要素が高い為、詳細な内容はほとんど知られていないが、幾つかのメリットを含む基本的情報が提供されている。 (さらに…)

ブリュッセル自爆テロの重要な真相

少なくとも31人の死者および 250人以上の負傷者が出たベルギーの首都ブリュッセルでの複数の爆破事件から3日目を迎えた。ヨーロッパ、特にベルギーはISISジハード主義のターゲットになっている可能性が高いが、22日のベルギーでの自爆テロは意外な事実に加えて、幾つかの真相が明白になっている。米国の幾つかの大都市は安全対策を強化した。また、共和党大統領候補者の一人は恐怖を煽り、過激な提案をした為批判されている。オバマ大統領は旅行先のアルゼンチンで、名前を避け彼の過激な提案は賢い方法ではないと指摘した。 (さらに…)

パリ攻撃の首謀者を含む多数のISIS主要リーダーを打倒

国防総省は 29日、11月13日夜のパリでのテロ攻撃で130人が死亡した事件に直接責任のあるISISリーダーを含む主要人物10人を殺害したと報告した。28日、イラク軍はISIS(イスラム国またはISIL)に長く占領されていたイラク西部ラマディを奪回したと報告されたが、この日は同盟国との共同作戦において複数の場所で遠隔操縦を行いISIS多数の建物および兵器を破壊したことも判明。またペンタゴンの報道官は12月の空爆作戦で、10人の主要人物も空爆戦略で殺害したことを報告した。オバマ政権の「徐々に弱体化し、究極的に破壊する」ISIS戦略は功を奏でていることを示唆している。 (さらに…)

世界の商業機爆破の歴史

1988年12月21日は世界の航空史上、衝撃的で壊滅的な爆破事件が発生した日である。この日、ロンドン発ニューヨーク行きパン.アメリカン航空103便はスコットランドのロッカビーの空上で爆発した。単なる事故だったのか、テロ攻撃だったのか、または誰かが爆発装置を仕掛けたのか、事故直後様々な憶測が錯綜した。その後、一般的アメリカ国民はテロ攻撃だと思い、法務執行当局は報復の可能性を疑った。真犯人と動機が判明するまで10年以上が経過したが、ある日、一人の男性が偶然確定的な証拠を発見し、事件は劇的な進展があった。飛行近代史のグルーバル的航空機爆破事件の記録はどうなっているだろうか? (さらに…)

大統領選最優先課題は国家安全保障とテロリズム?

今朝、米国で最大の都市であるロスアンゼルス(LA)およびニューヨーク市(NYC)の学校区はいずれも 爆弾の脅威があるとの全く同じ脅しメールを受理したが、2つの都市の法務執行当局は全く正反対の決断を下した。同じ電子メールでの脅しに対して、なぜ全く異なる反応と行動が展開されるのか疑問が提起されている。先月パリでの多発テロ攻撃及びカリフォルニア州サンバナディノでのテロ攻撃後、米国ではテロ行為の恐怖が高まっている。2016年の大統領選は国土安全保障およびテロリズムが有権者の最大の関心になったと言われている。 (さらに…)

トランプのイスラム教徒閉め出し発言に国内外の多大な反響

カリフォルニア州サンバナディノの襲撃事件の容疑者二人は大分以前から過激化していたことが判明した。同日、共和党大統領候補者のフロント.ランナーであるドナルド.トランプはアメリカ市民のイスラム教徒を含め、全てのイスラム教徒の米国入国を禁止することを提案した。この発言に対する反響は圧倒的であり、8日国際社会のリーダーおよび大多数の共和党は否定的なコメントを送りトランプの発言を拒否した。ホワイトハウスの報道官は、初めて公然とトランプは大統領としての資格がないと批判した。 (さらに…)

謎に包まれた襲撃者の動機

Syed Farook and his wife <b>Tashfeen</b> <b>Malik</b> destroyed all of their digital ...

カリフォルニア州サンバナディノ市で2日午前11時頃発生した大量殺戮事件から3日を迎えた今日、法務執行当局は、犯人の自宅捜査に加えて、容疑者に関する国内外の痕跡を捜査している。二人の個人的背景はある程度まで判明しているが、FBIおよび捜査当局は容疑者の一人である女性がISISを支持していたことを示唆する証拠を発見した為、テロリズムの可能性が高いと判断している。しかし、容疑者はいずれも過激派リストに明記されていない事に加えて、テロリストのグループに関与した形跡もなく、前例のテロ攻撃に見られる共通点がない為、謎が提起されている。 (さらに…)

米国内で増加するISISの実態

現在ウッドロウ.ウィルソン国際センターの学者で2011年2月までカリフォルニア州の民主党米国下院議員であったジェーン.ハーマンは2007年、暴力的な過激と自国内で成長するテロ防止法の制定を提案した。下院議会で圧倒的な支持を得て通過したが、上院議会では投票を阻止された。8年後、多様な背景及び動機を持つ圧倒的に多数のISIS支持者又は同情者は、何らかのISIS活動に関与しているか、又はISISのイデオロギーに触発されているアメリカ人である。そのような米国内のISIS関連の活動家は既に 「前代未聞の規模」で増大し、多数の州で国内ISISテロリストが育つ土壌が構築されつつある驚異的な現状を浮き彫りにした。 (さらに…)

オバマ大統領がBOGを派遣しない人道的及び合理的理由

ISISによるテロ攻撃は激化しているため軍隊派遣の声がワシントンの内外から高まっている。しかし、対ISIS戦略は「機能している」と述べ、オバマ大統領は戦略を変える方針がないことを明白にしている。13日多発テロ攻撃を受けたフランスの要請に応じて、その戦略をもっと改善し強化させると公約したが、ブーツ.オン.ザ.グランド( 地面で戦う兵士)又はBOGを派遣する要求に応じない為、著しい抑圧が高まっている。多数の議員、特に共和党によるBOG派遣の要求は過去の教訓を無視した短絡的な主張であり、大統領が現在の戦略に固執する理由は幾つかの人道的および合理的側面があることを示唆している。 (さらに…)

主要な大統領候補者の最新のISIS戦略比較

13日のパリ攻撃事件後、メディアは圧倒的にISIS戦略の課題に集中している。24日オバマ大統領はホワイトハウス(WH)を訪問したフランス大統領フランソワ.オランドとの合同記者会見を開催した。一部の米国民は、米国に対するISISテロ攻撃の可能性を懸念している為、大統領は感謝祭前日の25日WHでの数分間の記者会見で、テロ攻撃の安全保障に関する声明を発表した。世界的に緊張が高まっている現在、2016年の大統領候補者はキャンペーン先で声高く彼等のISIS対策に集中している。最近の両党のISIS対策論争には集中の度合いがそれぞれ異なる4つの要点がある。 (さらに…)

大国連合によるフランスの対ISIS構想の現状

フランスは9月中旬にイスラム国(ISIS, ISIL)をターゲットにした最初の空爆をイラクで開始した。13日夜半に発生したパリでの多発テロ攻撃後、犯人グループはISISに属していることが判明した為、フランスは新たな空爆攻撃を追加し、大統領フランソワ.オランドは報復の執念を燃やしている。オランドの狙いは世界の主要大国であるイギリス、米国、ドイツ、ロシアと団結し、シリアでの内戦を終え、ISISを打破することである。フランス大統領が望んでいるグローバル同盟による対ISIS構想は、紛争をエスカレートさせる可能性があるが、彼が望むように事は運ばないと予測されている。この4つの大国はISISを撲滅することに同意しているが、その作戦について合意に至ことは幾つかの点で困難である。世界の各地でテロ攻撃の脅威が増大している現在、オランド大統領は23日、最初にイギリスの首相デビッド.キャメロンと会談した。 (さらに…)

他国のテロ攻撃と難民をリンクさせた政治ゲーム

幾つかの理由により、近年メキシコからの不法移民は著しく減少し、米国に入国する率より帰国している不法入国者が増えている意外な現状が報告された。テキサス州の国境では年間で20万以上の不法移民が逮捕されている統計があるため、国境警備は万全な体制であることを示唆している。しかし、世界的な難民危機に直面している現在、米国への亡命を求めるシリアを含む中東からの難民が中央アメリカからメキシコを経由し、国境付近で逮捕されている複数のエピソードが報告された。この状況は幾人かの熱心な不法移民および難民拒否者を発奮させ、ヨーロッパ諸国から閉め出される危機に直面しているシリア難民を、更に米国からも追放する政治ゲームに利用される可能性を与えた。 (さらに…)

国土安全保障:両党間で顕著なギャップ

パリのテロ攻撃以来、オバマ政権のISIS戦略は効力的ではないとの批判が高まっている現在、ヒラリー.クリントンは19日午前中、マンハッタンの外交関係委員会で国土安全保障の観点からオバマ大統領より強固なISIS戦略を提供した。フランスでの多発テロに影響を受け、総体的にアメリカ人はオバマ大統領の難民政策および対ISIS戦略の一部に同意していないことを示唆する世論調査結果が公表された。そのような国民の意志と並行し、下院議会は19日難民受け入れを著しく困難にする法案を圧倒的票差で通過した。 (さらに…)

グローバル的難民拒否の新たな波動

パリでのテロ攻撃後、最も否定的反動による直接的な被害者は難民かもしれない。ISISによるパリでの多発自爆テロ後、難民を拒否する動きはグローバル的である。フランスを含むヨーロッパ諸国および米国の多数の州は圧倒的に難民受け入れの拒否を表明している。パリでの事件は難民政策に関して、世界的に事情が変わってきた動向がある。シリアからの難民の移動はテロリストに利用されていることは明白である為、難民に対するヨーロッパの反動は想像以上である。しかし、米国では各州の知事が難民を拒否する合法的権利はない。 (さらに…)

大統領選に与えるフランスのテロ攻撃の影響と反応

13日夜半に起きたフランスでのテロ攻撃後、大統領候補者は多様に反応している。有権者は今後大統領選のキャンペーンで、国内問題および経済問題と同様、どの候補者が最もテロ対策や安全保障問題に綿密な計画があるかどうか注目する可能性がある。しかし、パリ攻撃のテロリストの一人は難民の移動に沿ってフランスに入国した事実を受け、多数の共和党は国内の安全を懸念し、難民受け入れを拒否した。週末からトルコを訪問しているオバマ大統領は現地での記者会見で、現在の対ISIS戦略を擁護し、宗教検証を条件に難民を受け入れるべきであると述べている共和党大統領候補者に反論した。 (さらに…)

フランスの同時多発テロ攻撃と米国のISIS戦略論争

CNN提供

13日金曜日午後9時頃パリで発生した同時多発テロ事件を捜査しているパリの検察当局は、当地時間14日の午後10時半頃、129人が死亡し352人(99人は危篤)が負傷したことを報告した。15日には死者数が幾分増加したことが報告されている。フランス大統領フランソワ.オランドは、事件直後「戦争の行為」であるとして緊急事態宣言を公表した。この宣言に加えて、複数のイスラム国(ISIS、ISIL)による犯行であることが判明した為、米国で緊張が高まっている。ドローン攻撃による対ISIS戦略を先導した米国ではなく、なぜフランスがイスラム過激派の標的になりやすいのだろうか? なぜフランス大統領の宣言は米国にとって重大な問題になるのか? (さらに…)

前大統領ブッシュ のアフガン戦争長期化予告は的中

アフガニスタンにある国境なき医師団が経営する医療サンズ.フロンティア(MSF) 病院が空爆 され、20人以上が死亡した。数日後、米軍に責任があったことが判明し、6日ペンタゴンは事故または誤操作によるミスであると公表した。MSF医療チームは、米軍を戦争犯罪で追求できないかを模索している。14年前の10月7日、反テロ戦争の名の下にアフガニスタン攻略を宣言した前大統領ジョージW.ブッシュは、アフガン戦争は米国最初の長期的戦争になると予告したがまさにその通りである。 (さらに…)

ベンガジ映画は反クリントンへのプロパガンダ?

Image result for images of movie 13 hours

アクション映画界の有名な監督マイケル·ベイの最新作品 13 Hours: The Secret Soldiers of Benghazi(13時間:ベンガジの秘密兵士)の予告編が29日公開された。2012年、リビアのベンガジにある米国大使館はテロリストに襲撃され、外交官を含む複数のアメリカ人が殺害された。その事件は非常に論争的になり陰謀説も浮上した。映画はその事件後、現場に派遣された6人の兵士をモデルに製作されたものである。2016年1月に一般公開される為、その数ヶ月後に予備選に直面するヒラリー.クリントンに不利な映画であると言われている。純粋なドキュメンタリー映画ではないが、反クリントンへのプロパガンダ映画である可能性がある。史実を基本にした映画と現実を混同しない為には幾つかの予備知識が必要である。 (さらに…)

頻繁に発生しているグローバル.テロ攻撃

国土安全保障省、FBI、及び国際テロ対策センターは4日の独立記念日に米国でテロが発生する可能性があるとして警戒を強化するよう呼びかけている。具体的な情報は提供されていないが最近、観光地も含めて、米国、フランス、チュニジア、エジプト、他複数の中東地域で頻繁に射撃、爆弾、襲撃、自爆テロなどの事件が発生した為、強い警戒を呼びかけている。5月および6月に起きた世界でのテロ攻撃は頻繁であり、襲撃のタイプおよび加害者など幾つかのパターンがある。イスラム国(ISIS)のテロ攻撃が増え、世界的にテロの脅威が高まっている現在、特にニューヨーク(NY)全域で安全対策が強化され、明日の独立記念日のイベントで混雑が予測される場所での警戒を強めている。 (さらに…)

公開されたビンラディンの文庫が示唆している事

2011年 5 月2日に米国の特殊部隊に殺害されたオサマ.ビンラディンのパキスタンにある隠れ家で押収された文書が20日公開された。多数におよぶその書類はビンラディンの文庫と呼ばれている。その文庫に含まれる書類の幾つかは、ビンラディンが米国を攻撃する目標に固執し、アルカイダ.グループに圧力をかけていた事を含めて、幾つかの興味深い事実を反映している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。