アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「ホームレス」タグがついた投稿

政府報告による2016年のホームレス状況

Image result for Images of 2016 Homeless in California

米国住宅都市開発省が今年11月米国議会に公表した2016年の年次報告書によると、2015年から2016年にホームレスが増加した州は13州であり、低下した州は34である。2016年に最もホームレス数が多い5州及び最も低い5州も判明した。総体的に過去9年間で米国のホームレスは減少傾向を維持している。 (さらに…)

米国の飢餓及びホームレスの現状と主な要因

多数の都市で緊急食糧と緊急非難所の需要が増加したと報告された。緊急食糧の需要はホームレスよりむしろ、家族所帯が大半であり、就労者である。見放される人達も存在し、調査対象となった20以上の都市の飢餓及びホームレス対策は需要に対して供給が追いつかない現状である。飢餓とホームレスの主な原因は明白であるが、それらの問題の解決に十分取り組んでいないと思われる州の指導者の政策にも一部密接な関係があると思われる。連邦および州政府で、労働者より企業の利益を優先する共和党にも一部責任がある。 (さらに…)

LAで激増するホームレス紛争

ロスアンゼルスで慢性的なホームレスが増えていることが問題になっている。ホームレスであるか又はホームレスの危機にある人達を含め、ロスアンゼルスの人口の約25%は、何らかの公的支援を受けていることが判明。一方、ロスアンゼルス(LA)市は公的スペースを占拠するホームレスを追い出すため、テント及び所有物を取り壊すか又は没収している。最近、個人が資金を集め、ホームレスの為に非常に小さな家を構築しているが、市議会はこれも除去できると主張している為、紛争が起きている。 (さらに…)

ホームレスの母親を救った警察官が教えている事

警察による横暴な事件のニュースが多い昨今、珍しく、優しい警察官による人道的で心温まる話題が報道されている。その警察官はカンザス州で6人の幼い子供を抱えたホームレスの女性がウォルマートで子供のために盗んだ製品の代金を支払い、彼女を刑務所に送ることを避けた。地域社会の人達はこの警察官に触発され、このホームレスに幾らかの寄付金を提供した。この女性は警察官に対する恩義の言葉を感動的に語った。一見当たり前に思える一個人の善意の行為が広く話題になる根本的な要因は一体何なのか? (さらに…)

日米ホームレス比較:NYCと東京

ホームレスはほぼ世界の何処にでも見られるグローバル的な問題であり、国連は世界人口の推定1億人はホームレスであると驚異的な数値を報告している。ホームレス問題で注目されている世界の都市の中でも、日本は総体的にホームレスが著しく減少し、東京は2014年に激減した事で知られている。ニューヨーク市( NYC)は全米で最も質の高いホームレス政策を掲げていることで知られ、ユニークな努力が見られる。日本はホームレスの高齢化が減少の要因であるが、米国は子供のホームレスが多いことが特徴である。 (さらに…)

ホワイトハウス侵入者は心身共に障害者の退役軍人でホームレス

先週末、ホワイトハウスで侵入者が逮捕された時、幸い大統領官邸は留守であった為、誰も被害に遭遇していない。オバマ大統領は就任後、歴代のどの大統領より多く暗殺の陰謀に直面している為、そのような目的で侵入したとしても不思議ではない。世界で最も保護されているはずのホワイトハウスのセキュリティもいい加減であるが、侵入者は、肉体的にも精神的にも障害があり、しかもホームレスの退役軍人であるというショックな状況が浮き彫りになっている。戦闘中に身体障害者となった軍人には障害給付金が支払われるが、この事件は、身体障害者になった兵士は精神障害にも陥りやすい事を見落としている例である。 (さらに…)

ホームレス援助の最前線に立つ公共図書館

近年、全米各地で野宿を余儀なくされているホームレスは、静かで本も読める場所を避難所として自由に利用している。それは、まさしく図書館である。図書館は、訪問者の好き嫌いに関係なく、事実上ホームレスのコミュニティ.センターになっている。また、多くの図書館の図書士や職員は、ホームレスを援助する「最前線」に立ち、ホームレス問題の解決に取り組んでいる。 (さらに…)

パラダイスの醜悪な側面

朝から深夜まで一年中、ジョギング、サーファー、及び世界中の観光客で賑わうワイキキ.ビーチで有名なホノルルはもはやパラダイスではない。人々は歩道に横たわっていて、何人かはほとんど服を着ておらず、ぼろぼろのシャツを着た男性が通りをさまよっていた。別の男性は、レストランから出てきた知事ニール.アバークランビーを認識し、彼に小銭を要求した。アバークランビーはポケットに手を伸ばし、1ドル札を与えた。近年、ホームレスが急増した為、重要な財源になっている観光を無傷のまま維持するため、ホノルル市はホームレスに厳しい対処をする決定をした。 (さらに…)

ホームレス救済のミニ.ハウス建設ブーム

厳しい寒さが続いた米国の各地では、ホームレスを救済する活動も活発になり、全国の各地で経済的な効率性があり、環境にフレンドリーなミニ.ハウスを建設する運動が推進されている。ホームレス問題の解決に関心を持つ一般市民と地域社会が結束し 、納税者に負担をかけることなく、ホームレスを救済する努力は様々な方法で着実に展開されている。 (さらに…)

多くの州で極端な天候に警告

3日の今日は全米20以上の州で記録的な低温と雪嵐に見舞われ死亡者さえ出ている。例年にない極端に寒い冬の各地で、交通遮断、飛行機のキャンセルおよび遅れが報告されている。(修正:気温  F、C両方で記載)

(さらに…)

ホテルを兼ねた異例のホームレス援助施設

ケンタッキー州のルイビルにホテル.ルイビルという名称のユニークなホテルがある。薬物常用者とホームレスの回復および職業訓練プログラムを提供する訓練所および避難所を兼ねたホテルである。ここで生きる人達は、清潔で安全な環境に無料で住み、「雇用治療プログラム」に基づいてホテル内のあらゆる仕事に従事するという、米国では他に類のないホームレス援助施設である。 (さらに…)

全米の各地で極寒の自然災害による警告続発

今年は例年より全国的に寒い冬であるが、全米の主要都市で停電や凍った道路状況により車での移動は多くの地域で最悪な様子である。各地で冬の嵐による停電の被害、飛行機のキャンセルが続発している。例年は比較的暖かいカリフォルニア州の一部の地域でも時間帯によって気温は0度F(-18度C)以下になり、ホームレスが低体温症で死亡するニュースも伝えられている。 (さらに…)

コロンビアの表面的なホームレス対策

サウス.キャロライナ州のコロンビアは最近ホームレスが増大し、特に地域のビジネスや住民など地域社会の悩みの種になっている。住民、商店の経営者、商工会議所、教会、地域代表者など、特にビジネス関係者は、コロンビアにはホームレス対策がほとんどない状態であるか、または現存の措置は効力がないとして、現状はビジネスに有害であると決定した。 (さらに…)

ホームレスの犯罪化 対 保護政策

ロード.アイランド州はホームレスを様々な差別から保護するための法律を2012年 6月に制定した。これに見習い、イリノイ州は今年5月に制定し、コネチカット州も同様の法案を6月5日に通過した。ホームレスの人々にたいして平等の権利を保障する保護政策を一般的に「ホームレス権利章典」と呼んでいる。この画期的な法律を制定している州はまだ少なく、ホームレスの犯罪化との戦いは始まったばかりである。 (さらに…)

ハリケーン.サンディとホームレス絶滅運動

2012年10 月 東海岸を襲ったハリケーン.サンディから半年が経過した 今日、特に、被害の大きかったニュージャージーやニューヨーク州では復興が遅れている。ジャージー海岸、ニューヨークやニューイングランドの沿岸地域は回復が遅く、これからの観光シーズンを目前にしてまだ多くのビジネスは閉鎖し、今年のハリケーンの季節に向けた準備は完了していないため深刻な問題を抱えている。更に、被害者の数百万人は現在でもホームレスのままの状態であるという。しかし、ホームレスが全く救われていないわけではない。 (さらに…)

オバマ政権のホームレス対策

クリスマスを目前にした今頃は、ホームレスにとって最も厳しい季節である。しかし、全米各地の教会や地域社会は、特に冬場になると食事と寝場所を提供するケースも多い。また、連邦政府およびホームレスを無くす運動を展開しているホームレス全国同盟(NAEH)組織は、様々な援助プログラムを準備している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。