アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「同性結婚」タグがついた投稿

同性結婚:米国最高裁判定の強烈な余波

米国最高裁は26日、全米で同性結婚を合法化する画期的な判定を下し、歴史的な瞬間を記録した。この判定は強烈にエコーし、その余波は想像以上に著しい。一部の州は宗教の自由を保護するため法案を起草することで対抗している。結婚は男女間の結合であるとする信念に固執する人達は最高裁の決定に挑戦の構えをみせているため、2016年大統領選の複数の共和党候補者は憲法改正の必要性を表明している。従って、同性結婚は2016年の紛争の課題になる可能性もあるが、最高裁の判定は人々の信念に関与している為、過去の例と同様、今後長い紛争を繰り返す可能性がある。しかし、憲法改正は幾つかの理由に基づき歴史的に困難である。 (さらに…)

最高裁の歴史的判定: 米国の同性結婚は合憲

米国最高裁は、この時期に対処しなくてはならない幾つかの判例のうち、オバマケアの助成金と同様、重要な同性結婚についても歴史的な決定を下した。今朝、最高裁の前には多数の同性結婚の支持者および反対者のグループが集まっていた。最高裁は5対4で、同性結婚は全米で合憲であると判定した。オバマ氏はホワイトハウスからの記者会見で、最高裁の判定についてのスピーチを披露した。短い声明には判定の意義について幾つかの要点が含まれている。 (さらに…)

ルイジアナ州知事は強固な同性結婚反対者

ルイジアナ州議会は昨日、宗教の自由法案の制定を拒否した。この法案は、宗教的理由により、結婚は男女間の結合である事を信じている人々を保護する法律である。2016年の大統領候補者の一人として、来月正式に出馬の決定をすると述べている同州知事のボビー.ジンダルは、議会が拒否した宗教の自由法案に対して、知事令を施行すると発表したため論争的である。 (さらに…)

喧騒的なRFRA論争は文化戦争?

インディアナ州はすでに署名された法を改正し、アーカンソー州の知事とほぼ同じタイミングでいずれも2 日、宗教の自由回復法案に署名したことを公表した。インディアナ州の知事マイク.ペンスは、先日差別を正当化する法律ではないことを明白にすると述べ、幾つかを修正した後に署名したと述べた。しかし、 彼が公言した事は全て真実ではないことが証言者の発言により判明した。現在、宗教の自由回復法(RFRA) 論争はキリスト教の権利とゲイの権利の衝突による文化戦争に発展したと言われている。なぜ今、RFRA なのか? 2016年の大統領選での論争点になると言われている理由は何か? (さらに…)

進歩的な同性結婚合法化の現状

1996年9月21日、連邦政府は同性結婚を禁じる結婚防衛法(DOMA:通称ドマ)を制定して以来、 同性結婚を認識および定義しておらず、州の判断に委ねていた。2004年にマサチューセッツ州が最初に同性結婚を合法化して以来、2013年上半期までに合法化した州はわずか13州とD.Cのみであった。2013年6月米国最高裁は、連邦政府のドマは憲法違反であると判定した。その後2013年には4州が合法化し、2014年には僅か1年間で18州が合法化した。米国最高裁は今年10月、同性結婚の禁止は違憲であると判定した5州の裁判所の結論に関与しないことを明確にしたが、別の5州で分裂があった為、再び同性結婚に関与する歴史的な決定を表明した。 (さらに…)

同性結婚紛争の終焉を迎えた米国

米国最高裁の判事達は7月以来の休暇を終え、先週から法廷に戻った。6日、最高裁は同性結婚を禁止している州の法律を却下している地元裁判所の決定に挑戦しないことを明白にした。また、同性結婚の合法性を支持しながらも、その判定を保留している州の控訴裁判所にも肯定的な影響を及ぼすため、米国は圧倒的に大多数の州と地域が同性結婚を合法化し、結婚許可書を発行する動きになる。 1980年代後半から同性結婚の支持は上がり、この傾向は毎年上昇している為、同性結婚を否定する州は少数派として、いずれ時勢の波に押されることが予測される状況になった。 (さらに…)

連邦契約企業に対する大統領令の意義

オバマ大統領は21日、ホワイトハウスのイースト.ルームで、全米の各地でゲイが解雇されている現実は受け入れられないことであると語った。また、「連邦政府の契約業者はアメリカ人を差別するべきではない」と述べ、連邦政府の請負業者がLGBTに対する差別を禁ずる大統領令に署名した。この大統領令は幾つかの点で画期的であり、その歴史的意義は深い。 (さらに…)

同性結婚合法化の最新の状況

今月、同性結婚を検討し合法化する動きが活発になっている。同性結婚の法的状況は少なくとも5つのカテゴリーに分類することが可能である。現在、同性結婚を完全に許可している地域はワシントンD.C と19州であり、わずか6 州のみが完全に禁止している。 (さらに…)

反同性結婚表明の過ちを後悔したキャシイ氏

ワシントンD.Cおよび35以上の州で1,600以上のチェーン店を持つ米国最大手のファースト.フード.レストランであるチックフィレイの社長ダン.キャシイ氏は、2012年8月、公然と同姓結婚を否定する発言をしたため、全国的なボイコットおよび激しい抗議運動に直面した。あれから19ヶ月が経過した今日、キャシイ氏は当時の発言を後悔しているとの声明を発表した。 (さらに…)

差別意識が潜む聖パトリック日のパレード

今日3月17日は聖パトリック日の休日である。 16、17日は、全米の各地で聖パトリック日を祝うパレードが開催されているがその裏側には政治的な亀裂と一部のグループを排除する差別的な側面がある。ボストン市長のマーティ·ウォルシュ氏(左)およびニューヨーク市長のビル.デ.ブラジオ氏 (右)はそのような差別的なパレードに抗議し、参加をボイコットしたことで注目を浴びた。 (さらに…)