アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「最低賃金」タグがついた投稿

最低賃金引き上げは2016年大統領選の課題

4月15日は税金申告の締め切り日である。この日を意識的に設定し、全米多数の都市でファースト.フード労働者のキャンペーンが開始された。また、小売店など他の産業の労働者も参加し、カナダ、ニュージーランドやイタリアなどを含む他多数の国でも開催され、最低賃金引き上げの戦いはグローバル的に発展している。また一部の都市では、時給$15を2016年大統領選挙の投票課題に掲げている。 (さらに…)

新年の明るい経済ニュース

2014年12月の消費者信頼度感指数は2008年ぶりに最も高く、2015年1月1日の新年から20州の最低賃金が上昇し、3州で年内には段階的に増加する為、多数の労働者の収入が向上し、総体的に国内総生産(GDP)を押し上げることが予測されている。全米で最低賃金を定めていない州はディープ.サウスと呼ばれる保守の根強い5州のみである。しかし、まだ10以上の州が連邦政府と同じ時給であり、2州は約5ドルの最低賃金を採用している現状もある。 (さらに…)

最低賃金15ドルの戦いの運動

4日の今日は、全国の飲食業労働者による最低賃金引き上げ要求の大規模なデモが行われている。平和的なデモ活動であるが、正午を過ぎた頃には既に多数の参加者が逮捕されている。この運動は、労働組合が数ヶ月前から計画した「15ドルの戦い」 の草の根運動である。多くの州では、最低賃金も今年11月の投票課題であるが、オバマ大統領は2日、2年間続いているこの運動を支持すると表明した。 (さらに…)

延滞的な負債と低所得の相関関係

今日公表された都市研究所の報告によると、米国人の35%は請求書の未払いによる負債があり、生活苦に喘ぐ人口層であるという。主にどのような類いの負債なのか、負債の人口層が多い州および地域はどこか、根本的な要因は何か?これらはある側面で、最低賃金引き上げの重要性にも関連性がありそうだ。 (さらに…)

共和党が最低賃金上昇に反対する理由に根拠なし

全国チェーンのファースト.フード.サブウェイのCEOは最低賃金の引き上げは正常な事であるとして支持していることを表明した。また、驚くことに、最低賃金上昇は中小企業に有害であるとの共和党の主張に反して、中小企業経営者の大半は連邦最低賃金$10.10への引き上げを支持していることが判明した。 (さらに…)

富裕者が最低賃金上昇を支持する理由

上院議会は、30日連邦政府の最低賃金を時給$7.25から$10.10に上げる法案に投票した。通常の投票であれば通過していたはずであるが、共和党の圧力により失敗に終った。大半の共和党は最低賃金の引き上げを拒否しているが、一部の共和党の富裕層には道理的な理由に基づき、最低賃金の引き上げを支持し努力している人達もいる。 (さらに…)

2013年の時給労働市場の現状

米国労働省は2013年最低賃金の現状報告書を公開した。この報告国勢調査局労働統計(BLS)、最近の人口調査(CPS)などの調査および統計に基づいている。以下は、連邦政府基準の最低賃金と同額又はそれ以下の賃金を受けている労働者の性別、人種別、学歴別、産業別、および州別の概要である。

(さらに…)

オバマケア撤廃.対.最低賃金引き上げ戦略

中間選挙での両党の戦略はその後も全く変化はないようだ。民主党は最低賃金の引き上げをアピールし、共和党は相変わらずオバマケアの弱体化を推進している。今日、オバマ大統領はコネチカット州の中央コネチカット大学で経済的に困窮している米国民の最低賃金を上げることを再度力説した。一方共和党でコントロールされている下院議会は5日、オバマケアの個人強制加入の延期を認可する法案に投票し通過した。 (さらに…)

最低賃金引き上げのプレッシャーの波

最低賃金引き上げは、中間選挙の民主党の重要な戦略のひとつであるが、18日の議会予算局(CBO)およびホワイトハウスの報告を受けて、州や地域レベルでも最低賃金引き上げを検討する動きが始まった。ウォルマート(W.M)は最低賃金を上げることを考慮すると発表し、アパレル業界で大手のGAPは、GAPも含めて会社が所有する他6社の従業員の最低賃金を上げる決定をしたことを発表した。

(さらに…)

最低賃金の引き上げが必要な理由

超党派の議会予算局(CBO)は、18日最低賃金を$10.10および$9.00に引き上げた場合、90万人の貧困を引き上げるが、500,000人に相当する雇用が縮小する可能性があると報告した。これに対して、ホワイトハウスの経済委員会の顧問は、雇用減少の証拠はないとして、その根拠を説明し、最低賃金引き上げの研究について発表したCBOの要点を解説した。 (さらに…)

メディア.アピールを狙う最低賃金引き上げの抗議デモ

オバマ大統領は昨日経済的なスピーチを行い、最低賃金の引き上げについても語ったが、5日の今日はワシントンDC、およびニューヨークを含む100都市で、主にファースト.フード.レストラン関係の労働者を支援している労働組合のメンバーによる最低賃金引き上げ要求デモが行われている。オバマ氏の昨日のスピーチに鼓舞された側面もある抗議デモである 。 (さらに…)

ブラック.フライデー抗議デモの根本的理由

ウォルマートの労働者によるブラック.フライデーのストライキとデモ抗議は歴史的なイベントになっている。昨年、多くの州で抗議デモが行われ、ストライキを決行した従業員は数百名いると言われている。労働組合の結成を認められていない彼らがストライキまたは抗議活動に参加した場合、一時休職または解雇などのリスクが伴う。それでも彼らが戦いを止めない根本的な理由は何なのか? (さらに…)

カリフォルニアは労働者援助の先駆州

カリフォルニア州の上院及び下院議会は、12日および13日複数の法案を制定した。13日は不法移民に運転免許証を与える法案を通過し、同時に最低賃金を上昇させる法案も認可した。運転免許の法案や最低賃金の引き上げ法案に加えて、12日には超過勤務支払い法案も通過した。知事のジェリー.ブラウン氏は近日中に署名する予定である。カリフォルニア州は近年、低所得者や労働者の生活水準を上げることに貢献する数少ない代表的な州になっている。 (さらに…)

最近の最低賃金上昇要求の葛藤

オバマ大統領は先月24日、イリノイ州のノックス大学で、中産階級の経済向上を目指す演説を行い、その中で、現在の最低賃金は時代にそぐわないため上げる必要があることを強調した。最近、最低賃金上昇を要求する労働者の声は高まり、先週は全国各地でデモ抗議が開催された。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。