アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「有権者ID法」タグがついた投稿

複数州の有権者ID法に対する最高裁決定の意味

総体的に論争的な有権者ID法は特に選挙前の現在、複数の州では下級裁判所で紛争が続発している。最高裁はその法律に何らかの欠陥があった場合、そのような論争的な州の法を拒否する場合もあれば、一部の有権者に不利な投票条件がある法でも一時的に保持する場合もある。ここ数週間で、最高裁が介入した州はウィスコンシン、オハイヨ及びノース.キャロライナ州である。また、テキサス州の連邦判事は、同州の有権者ID法を却下した為、選挙前の混沌状況になる可能性がある。最高裁のこの3州での決定は何を意味しているのか? (さらに…)

政府機関による有権者ID法の影響調査

今年上半期までには30以上の州が有権者ID法を定めているが、8日に米政府調査機関(GAO)は2008年以前の投票参加率に焦点をあてた他の10の研究も含めて、2008年から2012年の総選挙で有権者ID法が及ぼす影響を調査した結果を発表した。この法律が厳しい州では、特定の人口層の投票参加率が減少したことが判明した。 (さらに…)

ノース.キャロライナ州の有権者ID法紛争

有権者ID法の問題は選挙年には特に重要であるが、昨年論争的な有権者ID法を通過したノース.キャロライナ(NC)州に対して、米国司法省はこの州の投票法は著しく少数派、特に黒人に不利であるとして、その法改正の必要性を求め昨年告訴に踏み切った。また、NC州の学生の一部は、NC州の投票法は憲法違反あるとして、連邦政府のグループ側に参加し、戦いに挑んでいる。 (さらに…)

ペンシルベニア州の有権者ID法は却下

17日、ペンシルベニア州のコモンウェルス裁判所は2012年に制定された同州の有権者ID法を却下した。この判定は中間選挙がある今年、民主党にとって有利であり、公民権運動の勝利でもある。 (さらに…)

少数派に不利な有権者ID法制定の波動

ノース.キャロライナ州の知事パット.マクローリィ氏は、12日論争的な有権者ID法に署名した。7月23日に法案が通過して以来、同州の法案は、全米で最も厳しく最悪であるとして論争的であったため、少数派グループや民主党などは知事の署名に対して強烈な批判を浴びせた。 (さらに…)

米国司法省はテキサス州の投票権法に挑戦

米国司法省の司法長官エリック.ホルダー氏は25日、フィラデルフィアで開催された全米都市同盟の恒例会議でテキサス州の投票権法に挑戦することを表明するスピーチを行った。 (さらに…)

最高裁はアリゾナ州の有権者ID法を打破

米国最高裁は今日、アリゾナ州の有権者ID法は非合法であると判定した。有権者は投票する前に市民であることを証明する必要がある、と義務づけたアリゾナ州の投票条件に対して、最高裁判事らは7対2の圧倒的な差で同州の有権者ID法を却下した。 (さらに…)

明日オバマ氏に政治的祝福があるか?

投票日が明日に迫ったオバマ、ロムニー両氏はハード・スケジュールで最後のキャンペーンに全力投球し、オハイヨ州および他のボトル・グランドをフル回転しているようだ。 (さらに…)

有権者ID法に伴う重大な不安要素

23日、ビル・クリントン氏は、オバマ氏が無党派州で勝利していることを理由に、11月の大統領選に勝利すると思うと述べたが、その詳細については語っていない。確かに、最近のニューヨーク・タイムス、CBSニュース、他多数の調査会社の世論調査は、オバマ氏が3つの最も重要な無党派州でロムニー氏をはるかにリードしていることを示唆している。26日の『Talking Points Memo(TPM)』の報告によると、オバマ氏はオハイヨ州で10ポイント、フロリダ州で9ポイント、ペンシルベニア州で12ポイントもロムニー氏をリードしている。この3州では、それぞれ51%の有権者は国の経済をオバマ氏に任せたいと願っていて、各3州の約60%がロムニー氏よりオバマ氏の方が、彼等の問題を理解し、真剣であると評価している。 (さらに…)

ペンシルベニア州の有権者ID法に伴う喧騒

15日、『CBSニュース』は、94歳の白人女性、ビー・ブックラーさんが、最近有権者ID法に反対し、    「運転免許証を 所持していないから投票できない」という理由で州の裁判所に訴訟を起こしてい たことを伝えた。彼女は、「これまで、大統領選挙の投票をしなかったことは一度もない。選挙は全国民が投票できるような体制を奨励すべきなのに、できないように仕向けるのは民主主義に反する。 信じられないことだ」と述べていることを報じた。 (さらに…)