アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「気候変動」タグがついた投稿

オバマ政権の気候変動対策を撤廃したトランプ氏への反動

Image result for images of Trump's executive order on March 28, 2017

トランプ大統領はキャンペーン中、石炭産業の地域の支持者に彼らの仕事を戻すと公約していた為、オバマ政権の気候変動対策による規定を撤廃すると主張し続けていた。主にその公約を果たす為、及び輸入エネルギー依存を停止する為との理由に基づき、今日オバマ政権の二酸化炭素ガス排出量基準を撤廃する大統領令に署名した。専門家は二つの重要な要因に基づき、トランプ氏の執行命令は石炭市場の雇用を拡大しない為、経済的にはさほど向上しないと推測した。オバマ政権の気候変変動政策であるクリーン.パワー計画に関する排出量の基準を書き換える為には裁判所を通す必要があり時間を要する。現在、再生エネルギーの仕事は石炭産業の仕事より遥かに多く、既に国内生産のエネルギーで満たしている。一方、米国の石炭産業は40年以上衰退傾向である。現在、圧倒的に多数の州はオバマ政権による2025年の炭素排出量削減の目標に沿った努力をしている。従って、複数の環境団体はトランプ氏の執行命令に法廷で戦うと主張している。 (さらに…)

トランプ移行チームのDOEに対する要請の謎

Image result for images of Bill Gates on Trump tower

次期大統領ドナルド.トランプの最も不可解な政策または彼の真の方向性が不透明な課題はクルーン.エネルギーである。クルーン.エネルギーの取り組みはエネルギー省(DOE)の管轄であるが、トランプ移行チームは先週DOEにクリーン.エネルギーに取り込んでいる労働者名簿の提供依頼も含めて70以上の質問リストを送った。その要請の理由は不可解であるが、今日DOEはその名簿リストを 提供しないと決定した。気候変動に関するトランプの明白な意思が不明であることが最大の要因である。トランプは、DOEを廃止すると主張した元テキサス州の知事リック.ペリーをDOEの長官に指名した。一方、トランプは先日気候変動の先駆者である2000年の大統領候補者であったアル.ゴアと面談した。また、気候変動に対抗するため、クリーン.エネルギーの投資に積極的なビル.ゲイツと先日電話で会話し、ゲイツは今日トランプ.タワーを訪問した。ゲイツは先日トランプと電話で会話した内容について、技術革新に言及した。 (さらに…)

カーボン排出量削減は義務の時代?

パリで開催された気候変動サミットで196カ国は 13日間の交渉を続け、12月12日歴史的な協定に同意した。この協定は今後数十年維持し、これらの国は官民一体となってグローバル温暖化に対処しなくてはならない。世界は二酸化炭素排出量を減少させることが義務になる時代が到来したとの希望もある反面、期限設定が悠長であり、目標を達成しない国に対して罰則がないなど、強い公約条件が不足しているため、このような協定に進歩を期待できるのか、または実行可能であるかどうかを懸念する側面もある。それらの合意の主要点は何か? (さらに…)

緊急且つ重要な気候変動サミット

11月30日からパリで開催されている気候変動サミットは幾つかの点で歴史的に緊急且つ重要な会議である。しかし、大半の国は気候変動に対処するため二酸化炭素排出量を削減することが困難な幾つかの理由がある。気候変動対策では世界をリードする目標を掲げているオバマ大統領は30日、世界のリーダーに気候変動の問題に共に取り組んでほしいと要請した。米国最大の富裕者を含む慈善家グループは、気候変動に積極的に対処するため投資すると発表していることが最大の吉報である。 (さらに…)

ウイリアム. ラッケルズハウスの歴史的貢献

ウイリアム.ラッケルズハウス 2012年

24日夕方開催された大統領自由勲章の授与式で17人が受賞した。これは文化的及び世界平和の努力、特に米国の国益に貢献した個人に対して、国家最高の名誉を称えるイベントである。この17人の中に興味深い人物がいる。この人物の経歴を知ると、如何に共和党が自らの党の名誉と伝統を傷つけているかを感じる。彼等がもっと歴代の共和党大統領および元共和党高官が国の為に残した歴史的功績を学んでいたなら、連邦政府一部の機関を排除すると主張することはないかもしれない。あるいは気候変動の「科学を無視する」ことはなかったかもしれないが、皮肉な歴史の一面を思わせる。 (さらに…)

パイプライン建設:オバマ大統領の歴史的否認声明

オバマ大統領は6日東部時間正午からホワイトハウスでの記者会見でキーストーン.パイプラインの建設を拒否する短い歴史的声明を発表した。長年続いた環境保護団体の戦い及び、支持派と反対派の政治的論争は遂に終焉を迎えた。この決定に対して、最も批判しているのは幾人かのGOP(共和党)であり、トランスカナダ社は失望を表明した。数年検討していた国務省が絶妙のタイミングで建設認可を却下した理由は何か?またその結論の展望は? (さらに…)

2016年大統領選候補者と気候変動

グローバル的に気候変動に対処することが常識的になっている近年、75%以上の米国民は気候変動が起きている現実を信じている。2016年の大統領選候補者の討論会では気候変動も提起され、その取り組みが重視されるようになっているが、民主党および共和党候補者の気候変動に対する考え方や政策は様々である。両党の主な候補者である 12名の違いを分類すると(1)気候変動を深刻な問題であると理解し、具体的な政策を提供している。(2)気候変動の科学を信じ現実に起きていることを認めるが、ビジネスの影響を懸念し総合的なアプローチを提起している。(3)気候変動を信じるが、人間の活動が起因している事を信じていない。(4)気候変動を否定することで何もする必要がないと思っている、など大まかに4つのグループが存在している。 (さらに…)

クリントンのクリーン.エネルギー政策とソーラー導入のトップ10州

既に具体的な再生可能エネルギーの構想を掲げているヒラリー.クリントンは27日、アイオワ州デモインのキャンペーンで米国を世界のクリーン.エネルギーのスーパー.パワーにすると公約した。 多数の州でソーラー.エネルギーを導入する家庭及び企業が増えているが、環境、消費者、および経済にメリットがあるクリーン.エネルギーを支持しているトップ10州とは? (さらに…)

反気候変動研究者と石油会社との密接な関係が暴露

ウィリー.スーンはハーバード.スムソニアン.センターの天体物理学者として、最近の風潮に反して、気候変動を否定する科学者として知られていたが、実際はハーバード大学には雇用されたことはない博士号を取得しているスムソニアンの従業員であることが判明。ここ数年、彼をモニターしていた気候変動のウォッチドッグは、彼が多数の石油関連企業から融資を受けていたことを暴露した。連邦政府の気候変動政策を妨害することで知られるコーク兄弟は事実上、顕著な気候変動政策の強敵であり、長期間、温暖化ガス排出を規制するワシントンの政策を妨害し続けている。コーク兄弟はスーンにも融資し、ある有名な共和党知事を利用していたことも判明している。 (さらに…)

両院は論争的なキーストーン.パイプライン法案を通過

上院議会はキーストーン.パイプラインの改正法案に29日夕方投票し、圧倒的な票差で通過した。下院は早くから独自の法案を通過しているため、両院での協議および調整後、最終的に通過する必要がある。上院多数派の共和党と少数派の民主党はそれぞれの記者会見で、上院の法案について非常に対照的な見解を披露した。論争的なこの法案に関して、オバマ大統領は拒否権を行使する可能性が高い状況である。 (さらに…)