アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

「2014年中間選挙」タグがついた投稿

中間選挙の上院議席競争は接戦の可能性あり

11月の中間選挙で、上院議会は100議席中33 、および退職などの空席を含む合計36議席が競われる。選挙を予測することで知られているネイト.シルバーは今年初期、共和党が多数派になる可能性があることを強調していた。しかし4日、共和党が上院で多数派になる可能性は現在「わずかながらまだ残っている」が、「11月の上院選挙は接戦になるようだ」と指摘している。その理由として、オバマ大統領に対する人気率はまだ低いものの、現時点では、オバマ氏よりはるかに議会の人気が最悪であること、総体的な世論調査は民主党が幾分有力であることなどを指摘している。上院で今年選挙に直面する州は共和党が19州、民主党が14州である。 (さらに…)

両党上院議員の確定的な最有力候補者の概要

20日のスーパー.チューズデイ及び過去の予備選では、辞職を含む幾つかの例外を除き、ほぼ現役が勝利したことが特徴である。過去の予備選の結果、および両党上院議員の確定的な最有力候補者に関する州別の概要は下記の通りである。 (さらに…)

スーパー.チューズデイのポイント

20日は、11月の総選挙でトップ候補者を選ぶため、スーパー.チューズデイと呼ばれる予備選の投票が複数の州で行われる。上院議会の場合、この予備選では100人の上院議員中33人が再選に挑戦し、33名中、共和党候補者は13名である。1つの議席に2人以上の候補者が存在し、予備選で50%以上の支持率を確保する候補者がいない場合、11月の総選挙前に決勝戦が行われる。今日のスーパー.チューズデイで特に注目されている州はケンタッキー、ジョージア、オレゴン、アイダホ、アーカンソー、アイオワの6州であり、それぞれ各党から1名ずつ総選挙での最有力候補者を絞り込むことが予備選の目的である。 (さらに…)

11月の総選挙でティーパーティの敗北が予測

歴史的に保守派の伝統を築いてきた正統派共和党に対抗しているティーパーティ候補者の勢力は、最近一段と弱体化しているため、ティーパーティは2014年の総選挙に敗北するとの見方が強くなっている。これまでの予備選で全国的に敗北し、最近の世論調査によると、一般国民がティーパーティに反対する風潮は、現在最も高いことが判明した。従って、11月の総選挙で、ティーパーティの影響力はほぼ皆無であり、引き続き伝統的な共和党が米国の主流であることが示唆されている。また、幾つかの州では11月の総選挙で、現役の上院共和党は民主党の候補者と接戦するか又は敗北する可能性がある。 (さらに…)

上院議席の獲得は幾分共和党が有利

ネイト.シルバー氏は先月23日、彼のウエッブサイトに2014年の中間選挙は上院議会で共和党が多数派になる可能性があると予測した。最近のニューヨーク.タイムス(NYT)の調査によると、共和党が上院で多数派になる可能性は数週間前から減少しているため、現時点ではその差が縮まっている。今後半年間でどちらが多数派になるかは不明であるが、その鍵を握る州は8州あり、民主党上院議員で議席を失う危険性がある6人が特定された。 (さらに…)

2014年中間選挙:上院での競争は共和党に有利?

2012年の大統領選挙、および33州中31州の上院議会の議席を正確に予測したことで知られるネイト.シルバー氏は、昨年7月ニューヨーク.タイムスを辞め、現在ESPN Five Thirty Eightの編集長およびABCニュースの特派員を務めている。23日、Five Thirty Eightに今年の中間選挙は、幾分、上院で共和党が好戦的であると予測した。しかし、オバマケアなど民主党の重要な政策が失われる可能性はないはずである。 (さらに…)

中間選挙は主流派共和党とティーパーティとの戦い

昨日最終日のCPACではストロー調査投票が行われ、2年連続でティーパーティに支援されているケンタッキー出身のリバタリアン上院議員ランド.ポールが引き続き1位を獲得した。また、先週は最初の予備選が行われたテキサス州で、現役の上院共和党議員であるジョン.コーニンは2名のティーパーティ挑戦者を打破することに成功した。これは、CPAC サークル内のティーパーティ議員の勢力と、実際の選挙で実力が試される2014年の中間選挙の動向とは異なっていることを示唆している。 (さらに…)

2014年中間選挙の注目のポイント

2014年の中間選挙は非常に大々的な総選挙である。議会選挙の場合、上院の現役100名中33人、及び下院で 435 の全議席を更新するため、現役431人の下院議員は議席を失うかまたは維持できるかどうかの挑戦に直面する。また、3月にはフロリダで特別選挙の投票が行われる。更に、同じ党に複数の候補者が立候補している州では、最有力候補者を選定するための予備選挙が行われる。そのスケジュールは州によって異なり、早い州では来月に始まり、遅い州では10月になる場合もある。地方選挙では知事選が36州で行われ、議会選挙と地方選挙はいずれも11月4日に投票が実施される。 (さらに…)

2014年中間選挙の両党の戦略

2014年の中間選挙の戦いは既に始まっていて、共和党は下院で現状を維持し、上院でも多数派になると予測している。民主党は上院で多数派を維持し、下院で議席を取り戻すことを目標にしている。民主党の強みはキャンペーンでの具体的な戦略があることである。一方、共和党は具体的な議題を明確にしていないが、引き続きオバマケアに焦点をあて、総体的に法の施行を遅らせる同じ戦略を利用する可能性がある。 (さらに…)

2014年の議会選挙は強硬姿勢の限界が顕著に?

2014年の議会選挙は、雇用拡大を含む経済向上の課題に並行してアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)又はオバマケアが最大の論点になりそうだ。共和党はこの法律のおかげで議席を増やすことができると主張し、共和党が支配する下院議会は15日、オバマケア制定の抜本的な目的を著しく弱体化する法案を通過させた。一方、下院共和党の空席をうめるため、ルイジアナ州第5地区からの候補であった二人の共和党議員はオバマケアに対する対照的な政策を掲げていたが、2014年の議会選挙に何らかの展望性を示唆する投票結果が判明した。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。