アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Val Demings on July 24, 2019 at House Intel Mueller's testimony2019年7月24日下院情報委員会でのヴァル.デミングス      By You Tube

ロシアの選挙干渉が投票を変えたという証拠があるかという質問も含めて、両党の議員は彼らが望んでいた重要な質問の回答を特別顧問のロバート.ミュラーから得られなかったが、6時間以上の長い公聴会での証言で、ヒラリー.クリントンを「汚す」情報の入手に関する質問も含めて、トランプ大統領の宣誓下での文書応答には幾つかの虚偽があった事を明白にした希な瞬間があった。トランプ大統領を弾劾する事を望んでいる下院民主党の支持者はその後増加している為、下院議会は弾劾検証を行うかどうかを含めて、トランプに対する弾劾に重みを置き始めている。同時に下院司法委員会は、召喚を無視したホワイトハウスの元弁護士に対する告訴を開始すると公表した。

24日の下院議会二つパネルでのミュラーの証言で、民主党は弾劾を強く押すために必要な多数の重要な質問の回答を得ることはできなかった。フロリダの民主党議院テッド.デッチは「私の最重要の質問は、なぜ米国の大統領は貴方が解雇されることを望んだのかということです」と述べた。それに対して、ミュラーは「その質問に答えることはできません」と述べた。ニューヨークの民主党議員ハキーム.ジェフリーズはミュラーの報告書には「司法省妨害の基準を満たす幾つかのエピソードがある」との疑問にたいして、ミュラーは「私が貴方と同様の方法で分析するとは限らない」と答えた。下院司法委員会での公聴会の後半で、共和党のグレッグ.スティーブは数万の書類を検討した22ヶ月間の調査で「ロシアの選挙干渉の結果として、アメリカの有権者は彼らの投票を変えたという証拠を取得しましたか?」と質問した。ミュラーは「私はそれについては話しません」と返答した。オハイオ州共和党のジム.ジョーダンは、ロシア政府がヒラリー.クリントンの何千もの電子メールを「汚れた」情報として入手したことをトランプ.キャンペーンの顧問(ジョージ.パパドプロス)に語ったロンドンに住む教授を「なぜ起訴しないのか」と質問し、その詳細な理由を尋ねた時、「私はそれに入ることはできません」と答えた。このような一行のセンテンスで、ミュラーは両党の議員の質問にはほとんど答えなかった為、事実上、彼の証言から得るものはほとんどなかった。

この壊滅的に見える公聴会は、ミュラーの448ページの報告書には多数の疑問が残されていたことを示唆した。しかし、上院情報委員会の公聴会の後半部分で、トランプ大統領は通常真実を語らない現実をミュラーが認めた予想外の瞬間があった。フロリダ州の民主党下院議員ヴァル.デミングスの質問は、それまでの公聴会の暗闇に突然光を注いだ。彼女の質問に対するミュラーの証言は、宣誓下のトランプ大統領の文書での証言に虚偽が含まれている事を明確にした。特にヒラリー.クリントンを「汚す」情報の入手に関して連絡を受け、事前に知っていたにも関わらず、ミュラーに提出した書類には知らなかったと答えた。25日のニューヨーク.タイムス(NYT)によると、2016年の夏の終わりに、盗まれた民主党のEメールをウキリークスが最初に多量出版した後、ドナルドJ.トランプはニューヨーク州のラガーディア空港に向かっている乗車中に電話を受け、側近に「もっと有害な公開がある」と言った。しかし、トランプはミュラーに対し、ハックされたメールやその内容の公表のタイミングについて、事前に知っていたことを否定し、車に同乗していた顧問のリック.ゲイツの話しと矛盾している証言をした。24日の証言で、ミュラーは幾つかの大統領の応答は真実ではないことを認めため、トランプの宣誓下での文書証言は「新しい精査」を受けている。

トランプの書類での回答は、彼に対する弾劾の調査を開くべきかどうか民主党の間で内部討論を増加させていると議会の補佐官はNYTに語った。更に、トランプは彼の長年の顧問および友人であるロジャー.ストーンを含む彼のキャンペーンに関連した誰かが、ハッキングされた電子メールについて、ウキリークスと直接または間接的に接触したかどうか知っていることも否定した。しかし、2ヵ月後のストーンの起訴状で、ミュラーの事務所は、ロシア人から盗まれたEメールを使用してヒラリー.クリントン.キャンペーンに被害を与える為、並行した取り組みがあったトランプ.キャンペーンとウキリークスとの間にリンクがあった事を明らかにした。ウキリークスが盗んだ電子メールを最初に多量公開した後、「トランプ.キャンペーンの上級担当者は追加の公開やその他の有害な情報について、ストーンに連絡するよう指示された。」また、起訴状はウキリークスがクリントン.キャンペーンについての情報を保持していた事を明らかにした。トランプの文書化された証言が完全に真実であるかどうかをミュラーに質問したデミングスは2017年からフロリダ州第10議会地区を代表する元警察署長である。彼女は「大統領がいつも真実であるとは限らなかった」と誘導的な質問をした時、ミュラーは「一般的にそうです」と反応した。これはミュラーが「彼の報告を超えて答えた希な瞬間」であった。

ミュラーの二つの委員会による証言後、26日までに弾劾を支持する議員は約100人に増加した。24日、午前中のミュラーの公聴会が終わった時点で公開されたロイターのリストによると、弾劾を主張している下院議会民主党議員は89人であった。28州からの民主党議員が支持し、最も多い州は49人の代表者がいるカリフォルニア州で下院代表者の19人が弾劾を支持している。わずか2日後にはトランプに対する弾劾を支持する民主党は増加した為、幾人かの民主党は非常に強くトランプに対する弾劾を主張し始めた。一方、公聴会後の24日午後の記者会見で、それが正しい方向であるなら「我々が行くべき場所はそこかもしれません」と語った下院議長ナンシー.ペロシは、まだ時が熟していないとの立場を変えていない。ニューヨーク.タイムスは2020年の選挙前にトランプが弾劾される可能性は「恐らくないだろう」と予測した。

一方、26日には、議会内外で弾劾の可能性についての論議が拡大しているが、弾劾プロセスに踏み切ることに迷いがある民主党リーダー達は、更なる調査および情報の収集を開始する方向性を示している。24日の公聴会中、ミュラーに苛立った民主党議員の幾人かは「貴方が答えないのであれば、我々が調査しなくてはなりません」と言い、諦めることはない強さを見せた。ミュラーは民主党にトランプを弾劾する確信を与えなかったが、その結果として、今後予定されている召喚を強化する為、法廷での争いに入ることを表明した。ホワイトハウスの多数の元顧問は召喚されているが、元弁護士であったドナルド.マクガンや司法長官のウィリアム.バァーは下院司法委員会に送られた召喚状を無視した為、彼らが告訴に直面するのは時間の問題である。下院司法委員会の委員長であるジェリ.ナドラーは25日下院のフロアーで、ミュラーの報告書の司法妨害に関連性のある主な人物である「マクガンの召喚状を執行するため、裁判所に行く」と語った。

即時に弾劾プロセスに入ることが困難な状況下で、民主党は2020年の選挙で勝利する以外に残された方法はないとの声もある。共和党から離党したトランプの厳しい批評家でMSNBCのMorning Joeのホストであるジョー.スカボロは25日、トランプを監視することには躊躇せず「選挙に勝つために必要なことは何でもする」必要があると民主党にアドバイスした。現在、民主党は大統領選に勝利する戦略についての論議より、弾劾の前の法的措置に追われている印象がある。26日、下院司法委員会はミュラーの報告書の基盤である大陪審員の機密資料を入手する為、請願書を連邦特別裁判所に提出したことが報告された。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。