アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of the first slave trade in 1619 in Virginia16198月:ジェームスタウン    By  National Park Service

2019年8月は、奴隷化された最初の人々が西アフリカからアメリカに到着して400年目を迎える。大西洋を横断し1619年8月にバージニア州のジェームスタウンで売られた最初少数のアフリカ人奴隷は、最終的に大規模な奴隷貿易で何百万人ものアフリカ人が当時「新世界」と呼んでいた米国で、奴隷制度の礎を築いたことになる。400周年記念として、ニューヨーク.タイムスは米国創設の基盤となった奴隷制度の歴史的背景とレガシーを理解するため、幾つかのプロジェクトを主催している。

400年前の8月下旬、アフリカ人奴隷を運んだ英国船は、当時イギリス領土であったバージニア州のジェームス川沿いにあるポイント.コンフォートに到着した。そこで、20人および奇妙な黒人の奴隷は食料と引き換えに売られ、一部は北米の植民地で奴隷労働の要求があったジェームスタウンに運ばれた。これは、英国北米で発生した最初の奴隷取引であり、400年後も論争的で重大な歴史的事件である。少なくとも1619年8月に最初のアフリカ人奴隷がバージニアで売られた事は、ヨーロッパの植民地における奴隷制度の長い歴史の顕著なイベントの一つであり、アメリカの奴隷制度の始まりの最初のステップであった。19世紀中頃までには、米国政府は奴隷制度下で強力な経済および政治体制を築いた。特に、タバコ経済に依存していたバージニア州の出身である初期の大統領ジョージ.ワシントン(初代)、トーマス.ジェファーソン(第3代)、ジェイムス. マジソン(第4代)、ジェイムス.モンロー(第5代)の4人は奴隷の所有者であった。自由と平等の建国精神に反し、人種化した奴隷制度は最終的に米国を分裂する南北戦争に導いたことは言うまでない。

奴隷貿易は18世紀から19世紀初頭にかけてピークに達しているため、北米に最初の奴隷が運ばれて以来、徐々に奴隷制度が定着したことを示唆している。イエール大学の歴史学者ジョン.マック.ファラチャーは彼が編集したAmerican Heritage Encyclopedia of American History の中で、アフリカでの奴隷は、アフリカ人自身が奴隷取引の役目を果たしているが、貿易の主要な役目を担ったヨーロッパ人は「資金調達を開始し、それを規制して市場条件を創造し、先住民族の代理人として、貿易の成功に不可欠な役目を果たした」ことに疑問の余地はないと述べている。また、アフリカ人が奴隷貿易を始めたとは言うものの、アフリカの多くの国は一般的に奴隷取引に反対していた。少なくとも彼らの家族や一族が奴隷の犠牲者になることを防ぐ為の葛藤を続けた。

18世紀から19世紀初頭にどれくらいの奴隷が売られたのか? ファラチャー教授によると、大陸間の商取引では、新大陸で奴隷労働者を提供するためアフリカ人捕虜が大西洋を横断して移送された。大西洋を横断する奴隷貿易は15世紀の終わりから19世紀半ばまでの期間に及んだ。アフリカから輸出された捕虜の推定総数は、1,190万から1,540万の範囲である。1700年から1810年の間に、約650万人のアフリカ人が輸出された時、貿易数は最高レベルに達した。輸出された奴隷の約60%は1721年から1820年の間に船で運ばれた。これは19世紀に奴隷貿易が益々批判された証拠の一部である。アメリカ人奴隷はアメリカ全体に広く分布していた。 南アメリカは49.1%、42.2%はカリブ海に送られた。北米(中米を含む)は6.8%、旧世界は1.8%である。米国で輸入されたアフリカ人の割合は、全体の約5%である。米国は1807年3月に奴隷の輸入を禁止する法律を制定した為、その米国連邦法が1808年に施行されるまでに奴隷は大幅に減少したが、それから約50年後には黒人の人口は大幅に増加した。南北戦争が始まる1861年頃までには黒人の人口は約400万人以上に達し、そのうちの約85%は奴隷であった。

ニューヨーク.タイムスは今月400周年を記念してイベントを主催している。主に、同紙の記者であるニコレ.ハンナ.ジョーンズによる相互作用的なプロジェクトとして、論文、詩、短編小説、写真エッセイなどの貢献があることが期待されている。その目的はアメリカの奴隷制度のレガシーを調査することである。この取り組みは「米国の歴史を再構築し、1619年を真の創設として理解し、奴隷制の影響と黒人アメリカ人の貢献、我々が誰であるかを語る物語の中心に置くことを目指している」と同紙は説明している。つまり、黒人アメリカ人が米国の歴史にどのような貢献をしたか、奴隷制度が今日のアメリカをどのように定義したか、米国人にとって彼らが誰であるかを知ることは意義深いことであり、それが 1619プロジェクトである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。